本文へジャンプします。

カレーの隠し味 1位は「にんにく」、3人に1人が入れていると回答 調査結果


趣味・嗜好 2012年6月29日

カレーについての本音・実態調査

「カレーの辛さ、お好みは?」「おいしいカレーを作る秘訣は?」など“カレー”に関することを調査しました。さて、どんな結果になったでしょうか?
アンケート実施日時:2012年6月15日~6月21日/有効回答数:13,482



レポート07 カレーの隠し味 1位は「にんにく」、3人に1人が入れていると回答

カレーに隠し味として入れているものは?

グラフ
編集部まとめ

トップは「にんにく」で31%、次に「ウスターソース」「牛乳」「りんご」「しょうゆ」がいずれも20%超えでした。

男女別で特徴的が見えたのは、「にんにく」と「しょうが」。「にんにく」は男性が29%に対して女性は40%が、「しょうが」は男性が11%に対して女性が20%選択していました。

また、北海道では「牛乳」が30%超えと、「にんにく」「ウスターソース」を抜いてトップでした。

「コーヒー」っていうのに驚いたんですけど…入れるとほんとに美味しくなるの? 調査団編集部:ヨーダ心理分析官

香りのバリエーションが増えて複雑な味わいになる、ような気がします。入れすぎると取り返しがつかなくなるので注意。 調査団編集部:ポンシュク団長

それにしても、こんなにもいろんな素材が入れられる混乱っぷりはすごいな。カレー鍋の中ではいろいろな素材同士のバトルとマリアージュが繰り広げられているのだな。

「調査団員の声」では団員の皆さんの「隠し味」にまつわるエピソードをご紹介。 調査団編集部:ヨシダ主任分析官

調査団員の声
30代男性

普段あまり料理はしないのですが、カレーだけは学生時代から自分で作るほど好きでした。コクを出すのにチキンコンソメを使ったり、ソースなどの隠し味を使うなど自分なりの好みを作り上げました。結婚してから、まったく料理などしなかったのですが、ある日妻が外出し遅くなる時に急に思い立って学生時代に良く作ったカレーを作りました。すごく美味しく出来て子供も大満足、帰宅した妻もとても美味しいと言ってくれました。いまでは有休休暇で平日休む機会があると、必ずカレーを作って家族の帰りをまっています。 38才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

小さいとき母が留守の時に父に作ってあげたカレーが大好評でした。隠し味は醤油でね。子供子ごろにうれしくなった記憶があります。 61才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

父方の祖父の家は北海道東北部の田舎だったのですが、幼い頃よく遊びに行ってました。祖母がよく作っていたのがカレー粉と小麦粉で作ったルーのカレー。いわゆる昭和カレーなのですが、祖母なりにやぎの乳やソース、醤油を入れたり、時にはさつま揚げやトマトの入ったカレーは本当においしかったです。夏になると思い出し祖母の作ったカレーを再現しようとしていますが未だにあの味をだせていません。 59才  埼玉県  未婚 女性

40代女性

キャンプで鍋担当者が隠し味だと言ってカレーにインスタントコーヒーを入れたのを目撃した時は最初ショックだった。でもカレーは普通に美味しかった。 46才  東京都  未婚 女性

40代女性

子どもが辛いというので、隠し味にバナナを入れたら、フルーティーになりすぎ、文句を言われた。とほほ…。 43才  大阪府  既婚 女性

40代男性

子供の頃、母が外泊の時、親父が夕食のカレーをつくってくれたが、隠し味の塩が利きすぎてしょっぱくてたまらんかった。そんな親父が亡くなって1周期を迎えたが、しょっぱいカレーの味は今でも思い出す。 49才  静岡県  既婚 男性

40代男性

若い頃はアレを入れたりコレを入れたり隠し味の研究をしたが、今はルウのレシピ通りに作ることがベストの味だという結論に至っている。 48才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

昔付き合った彼女が作ってくれたカレー。隠し味にニンニクをすりおろしたものが入ってた。別れてからは10年ほど手作りカレーは食べてない。市販のみ。忘れたくない味だから。 46才  愛知県  未婚 男性

40代男性

母の日に初めて自分でカレーを作ったが、隠し味のリンゴを入れすぎて、甘いカレーが出来てしまった。とても不味いカレーだったが、家族は皆文句を言わず、おいしいと言って食べてくれた。 49才  神奈川県  未婚 男性

50代男性

いつも「料理のセンスが無い!」と言われていた友人の奥様が、『今日は料理本のレシピ通りに作るから!もし不味かったら本のせいだからねっ!』と言って、作り始めたカレー 暫くして振舞われたカレーを一口食すと…「グッ…酸っぱ不味い!?…」目を見合わす一同・・・暫しの沈黙を破ったのは旦那の一声「作りたてなのに、傷んだ味だな!」爆笑する一同に、涙目で『この通り作ったのに!』とレシピを見せる奥様。そして原因が判明…奥様へ 隠し味は“少量のワイン”と書いてあります。 “ワインビネガー1本”入れちまったら…ねぇ?(苦笑) 51才  神奈川県  未婚 男性

60代男性

りんごと牛乳を入れて作ったら、結果的に量が多くなってしまい、食べ終わるのに3日かかった。この時、寝かせれば だんだん美味しくなるのがわかった。 62才  愛知県  既婚 男性

60代男性

単身赴任中普段家にいるときと同じ分量を作り、1週間カレーを食べることになってしまった。毎日牛乳を足したり、とろけるチーズを加えたりしているうちに美味しいカレーになっていきました。それからは、カレーを食べたいときは好きなレトルトカレーを買ってきて食べるようになりました。 70才  岩手県  既婚 男性

40代男性

余ったカレーに野菜ジュース他を加えて煮込んでいったらカレーとは別の物になってしまった。それはそれで旨かった。 45才  静岡県  未婚 男性

40代女性

実家のカレーはハウスバーモントカレー甘口でさらに砂糖を入れます。両親とも辛いのが嫌だというので、コショーも使いません。お子様用甘いカレーです。 48才  東京都  未婚 女性

50代男性

子供の頃、父が隠し味にりんごを入れてくれたが、丸々1個すり下ろして入れたので、隠し味でも何でもなく、リンゴカレーになってしまった。 51才  栃木県  既婚 男性

30代女性

父が作るカレーに母が勝手に隠し味を入れてしまうのですが、一度、ヨーグルトを入れ過ぎて美味しくなかったことがある。今でもたまに笑い話に出されます。 32才  大阪府  未婚 女性

40代女性

子供の頃、夕ご飯が遅くなり母が「レトルトのカレーでごめんね」と用意してくれましたが、中辛しかなく「辛いのやだー!!」って言ったらジャムを入れて初めは「えー!!」って思いましたが、母の「ルーにジャム入ってるのよ」で納得してしまい食べたらおいしかった。それ以来カレーにジャム!!!です。 46才  愛知県  既婚 女性

30代女性

キャンプ場でカレーを作ったとき、隠し味に入れようとしたにんにくをチューブ半分くらい入れてしまい、にんにく臭いカレーになってしまった。 39才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

わが家のみんなに好まれるカレーを求めて、いろいろ材料やルーを工夫してきました。牛肉のタイプ、鶏肉、豚肉、ミンチ、ビーンズなどそれぞれに合う具や隠し味とルーがわが家にはあります。その時々で、いろいろ楽しんでいます。 嫁いだ娘の家族や遠方で暮らす子どもたちは、久しぶりに帰ってくると、やはり大きなお鍋で炊いたわが家のカレーが食べたいと言います。すべての味が溶け込むカレーの優しさが、魅力なのかと思います。 56才  大阪府  既婚 女性

60代男性

カレーへのこだわりは年代とともに違ってきて、カレー粉や香辛料に本格的に凝った時期や市販のカレールウをいろいろ試した時期やカレーに入れる材料に拘った時期があり、現在のスタイルはある特定の市販カレールーを使い、ニンニクと玉ねぎをよく炒め、茄子を煮込んだ上、カレールーを入れてさらに煮込み、一番うまいと感じるのは翌日に、あるいは冷凍庫に入れて何日かたった後のカレーの味が最高! 60才  東京都  既婚 男性


カレーについての本音・実態調査
ページTOPに戻る

最新のお知らせ
何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

調査テーマ募集

調査テーマを随時募集中です。
こんなことを調べて欲しい、などご希望の調査テーマがありましたら、お気軽に投稿ください!

調査を依頼する

※調査依頼は団員でなくても可能です。
※いただいた依頼は編集部内で検討し、随時テーマに盛り込んでいきます。
※メアドを取得していないため返信はできませんが、依頼状況は定期的に週報の「副団長日記」でお知らせします!

人気レポートランキング
  1. 子どものころ遊んでいた場所 1位は「空き地」で68%
  2. 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査
  3. 大阪の名物ランキング 1位はたこ焼き、2位はお好み焼き
  4. 好きなコーヒーチェーン店ランキング 1位は「スターバックスコーヒー」
  5. 男性をかっこいいと思う瞬間 1位はさりげない気配りをしてくれた時
レポート一覧

趣味・嗜好 遊びについての本音・実態調査

  1. 8割の人が子どものころ遊んでいたのは「近所の友達」と回答
  2. 子どものころ遊んでいた場所 1位は「空き地」で68%
  3. 子どものころの遊ぶ場所、「屋外」は89%、「屋内」は11%
  4. 屋外で道具を使う遊び、6割以上がやっていたのは「球技」「めんこ」
  5. 屋外で道具を使わない遊び、約9割がやっていたのは「鬼ごっこ」
  6. 1人で道具を使ってする遊び 1位は同率「けん玉」と「ヨーヨー」
  7. 道具を使わない屋内の遊び、50%超えで人気はしりとりと指相撲

その他 戦国時代についての本音・実態調査

  1. みんなが好きな時代ランキング 1位は「安土、桃山時代(戦国時代)」
  2. 戦国時代に触れるきっかけ 1位はドラマ、2位は城、寺、神社
  3. 戦国時代の魅力ランキング 1位は「魅力的な武将」で47%
  4. 戦国時代にタイムスリップ! 持っていきたいもの1位は「カメラ」
  5. 総理大臣になってほしい武将ランキング 1位は「徳川 家康」
  6. みんなはどのタイプ? 最も多かったのは「徳川家康タイプ」
  7. 「織田 信長」を演じた俳優、1番ピッタリだと思うのは「高橋 幸治」

その他 バスについての本音・実態調査

  1. バスに乗るのが好きな人は61% 嫌いな人は39%
  2. バスを利用する頻度「週に1回以上」という人は16%
  3. 家から最寄りのバス停まで「5分以内」という人は約7割
  4. バスを利用するときランキング1位は、交通手段がバスしかないとき
  5. 行ってみたい日帰りバスツアーランキング 1位は「自然観光」
  6. バスの良いところランキング 1位は「自分で運転しなくていい」
  7. バスの悪いところランキング 1位は「時間通りにこない」で55%

健康 散歩についての本音・実態調査

  1. 散歩の頻度、2人に1人が「1週間に1回以上」と回答
  2. 1回の散歩で歩く時間、約3割が「30分以上1時間未満」
  3. みんながよく散歩をする時間帯は「午後」から「夕方」にかけて
  4. 散歩で歩くのによいと思う場所 1位は「森・林など緑のあるところ」
  5. 散歩に必要だと思うもの 77%が答えた1位は「歩きやすい靴」
  6. 散歩のよいところ 1位は「体によい」2位は「気分転換になる」
  7. 散歩するならどの季節? 最も多かったのは「秋」で55%という結果

趣味・嗜好 写真・カメラについての本音・実態調査 第2弾

  1. 2012年と2014年で使う機器に変化は?【写真を撮る時に使う機器調査】
  2. 見て「いいな」と思う写真ランキング 1位は「風景の写真」
  3. 4割が大切にしている写真と答えたのは「人物(子ども孫)の写真」
  4. 7割の人が「ヘタだなぁ」と思う写真は「ピントが合っていない」写真
  5. 写真を見返すとき 1位は「操作中に偶然目に留まったとき」
  6. 圧倒的に、写真は撮られるよりも撮るほうが好きな人が多い
  7. ピースをするとき、最も多いのは「肩の高さでピース」

編集部員ご紹介
マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。いきなり1人ぼっちから…かわいい女子をゲットしてほくほく♪
カワンヌ副団長 最年少、元気いっぱいの新メンバー!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長 調査団まとめ役。「さよならなんていわないさ」と言い残して新プロジェクトへ…
ヨシダ元主任分析官 アンケート分析の責任者。いじられキャラも世間の荒波にもまれて別部署へ… ナベカヅ元情報分析官 編集部お母さん。分析のノウハウは教え尽くした、と新たなビジネス創出へ… ヨーダ元心理分析官 クールでヤンキーな雰囲気ながら退団に涙する一面も。ナベカヅお母さんと新ビジネス創出へ…