本文へジャンプします。

ダイエットについてのアンケート・ランキング 第3弾

本文へジャンプします。


何でも調査団
ダイエット・美容 2018年8月3日

ダイエットについてのアンケート・ランキング 第3弾

「どんなダイエットをしたいと思う?」「使ってみたい・使っている健康・ダイエット器具は?」「ダイエットのデメリットは?」など“ダイエット”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年07月20日~2018年07月26日/有効回答数:2,266

調査レポート

レポート01 31.0% が「ダイエットする必要があるが、していない」

今、ダイエットをしていますか?

グラフ
編集部まとめ

今、ダイエットをしているかどうかについて調査をしました。総合で【ダイエットをしている】(「ダイエットする必要があるので、している」と「ダイエットする必要がないが、維持・より向上のためしている」を合わせたもの)は30.2%でした。
「ダイエットする必要がないので、していない」と「ダイエットする必要があるが、していない」「事情があってダイエットできない」を合わせた【ダイエットをしていない】は68.6%でした。また【ダイエットをしていない】のうち、「ダイエットする必要があるが、していない」は31.0%でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「ダイエットする必要がないので、していない」 35.3%
「ダイエットする必要があるが、していない」 31.0%
「ダイエットする必要があるので、している」 17.0%
「ダイエットする必要がないが、維持・より向上のためしている」 13.2%
「事情があってダイエットできない(体調面など)」 2.3%

■女性は過半数が「ダイエットの必要がある」と回答

男女別に【ダイエットする必要がある】(「ダイエットする必要があるが、していない」と「ダイエットする必要があるので、している」を合わせたもの)をみてみると、男性は46.1%だったのに対し、女性は55.7%と過半数になっていました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「ダイエットする必要がないので、していない」 37.3%
「ダイエットする必要があるが、していない」 30.4%
「ダイエットする必要があるので、している」 15.7%
「ダイエットする必要がないが、維持・より向上のためしている」 13.3%
「事情があってダイエットできない(体調面など)」 2.1%

【女性】
「ダイエットする必要がないので、していない」 27.2%
「ダイエットする必要があるが、していない」 33.8%
「ダイエットする必要があるので、している」 21.9%
「ダイエットする必要がないが、維持・より向上のためしている」 12.5%
「事情があってダイエットできない(体調面など)」 3.3%

ちなみに年代別に見てみると、「ダイエットする必要があるので、している」が他の年代より多かったのが40代、「ダイエットする必要があるが、していない」が他の年代より多かったのは50代でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート02 ダイエットで一番人気なのは「基礎代謝を増やすための運動」

どんなダイエットをしたいと思いますか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

どんなダイエットをしたいかについて調査しました。総合で1位は「基礎代謝を増やすための運動」で33.8%、2位は「カロリーを消費する運動」で31.7%、3位は「カロリー制限」で24.8%、4位は「食べ物の制限」で23.2%、5位は「痩せやすい体質にする食事」で13.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「基礎代謝を増やすための運動(筋トレ、体幹を鍛えるなど)」 33.8%
2位 「カロリーを消費する運動(ウォーキングなど)」 31.7%
3位 「カロリー制限」 24.8%
4位 「食べ物の制限(糖質制限、脂肪を減らすなど)」 23.2%
5位 「痩せやすい体質にする食事(乳酸菌ダイエットなど)」 13.7%
6位 「ながら運動(テレビを見ながら運動する、器具をはめるなど)」 11.2%
7位 「サプリを飲む」 6.0%

■男性の1位は「カロリーを消費する運動」、女性の1位は「基礎代謝を増やすための運動」

男女別にみてみると、男性の1位は「カロリーを消費する運動」、女性の1位は「基礎代謝を増やすための運動」と異なる結果になりました。男女で差が大きかったのは「痩せやすい体質にする食事」(14.5ポイント差)、「ながら運動」(10.8ポイント差)、「基礎代謝を増やすための運動」(10.1ポイント差)でいずれも女性が多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「カロリーを消費する運動(ウォーキングなど)」 32.0%
2位 「基礎代謝を増やすための運動(筋トレ、体幹を鍛えるなど)」 31.9%
3位 「カロリー制限」 24.7%
4位 「食べ物の制限(糖質制限、脂肪を減らすなど)」 21.9%
5位 「痩せやすい体質にする食事(乳酸菌ダイエットなど)」 11.2%
6位 「ながら運動(テレビを見ながら運動する、器具をはめるなど)」 9.3%
7位 「サプリを飲む」 5.2%

【女性】
1位 「基礎代謝を増やすための運動(筋トレ、体幹を鍛えるなど)」 42.0%
2位 「カロリーを消費する運動(ウォーキングなど)」 30.5%
3位 「食べ物の制限(糖質制限、脂肪を減らすなど)」 27.7%
4位 「カロリー制限」 26.0%
5位 「痩せやすい体質にする食事(乳酸菌ダイエットなど)」 25.7%
6位 「ながら運動(テレビを見ながら運動する、器具をはめるなど)」 20.1%
7位 「サプリを飲む」 9.7%

ちなみに年代別に1位をみてみると、50代以下は「基礎代謝を増やすための運動」でしたが、60代以上は「カロリーを消費する運動」と異なる結果になりました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート03 過半数が「ダイエットにはお金をかけない」と回答

ダイエットで1カ月にかけられるお金はいくらですか?(※ダイエットをしていない方は、ダイエットをすると想像してお答えください)

グラフ
編集部まとめ

ダイエットで1カ月にかけられるお金がいくらかについて調査しました。総合で最も多かったのは「0円(ダイエットにお金はかけない)」で55.2%、次いで「3000円程度」で10.3%、「1000円程度」で7.8%の順でした。

■女性のほうが男性よりかけられるお金が多い傾向

男女別にみてみると、女性のほうがダイエットにかけられるお金が多い傾向にあることがわかりました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「0円(ダイエットにお金はかけない)」 56.8%
「500円程度」 2.7%
「1000円程度」 7.5%
「3000円程度」 10.0%
「5000円程度」 7.3%
「1万円程度」 3.5%
「2万円以上」 0.9%
「わからない11.2%

【女性】
「0円(ダイエットにお金はかけない)」 49.1%
「500円程度」 2.8%
「1000円程度」 9.2%
「3000円程度」 11.2%
「5000円程度」 9.4%
「1万円程度」 5.6%
「2万円以上」 1.8%
「わからない」 10.9%

ちなみに年代別でみてみると、「0円」と回答した人の割合が最も少なかったのは、50代(51.1%)で、5,000円以上のお金をかけている割合が高いのも50代でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 健康番組の人気ランキング、1位 ガッテン、2位 世界一受けたい授業

テレビでよく見る健康関連番組は?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

テレビでよく見る健康関連番組について調査しました。総合で1位は「ガッテン」で32.6%、2位は「世界一受けたい授業」で15.4%、3位は「主治医が見つかる診療所」で15.2%、4位は「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で15.1%、5位は「林修の今でしょ!講座」で14.2%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ガッテン(NHK)」 32.6%
2位 「世界一受けたい授業(日テレ系)」 15.4%
3位 「主治医が見つかる診療所(テレビ東京系)」 15.2%
4位 「名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系)」 15.1%
5位 「林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)」 14.2%
6位 「健康カプセル!ゲンキの時間(TBS系)」 7.6%
7位 「きょうの健康(Eテレ)」 7.0%

■上の世代ほど多くの健康番組を見ている

年代別にみてみると、全体的に上の世代ほど多くの健康番組を見ていることがわかりました。しかし、すべての世代で1位になっていた「ガッテン」は、40代が19.6%、50代が22.3%だったのに対し、30代以下は35.3%、60代以上は44.7%と、40代や50代より多くなっているのが特徴的でした。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「ガッテン(NHK)」 35.3%
2位 「世界一受けたい授業(日テレ系)」 8.8%
2位 「林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)」 8.8%
2位 「名医のTHE太鼓判!(TBS系)」 8.8%
5位 「名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系)」 5.9%
5位 「きょうの健康(Eテレ)」 5.9%

【40代】
1位 「ガッテン(NHK)」 19.6%
2位 「世界一受けたい授業(日テレ系)」 15.9%
3位 「林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)」 12.1%
4位 「名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系)」 9.8%
5位 「主治医が見つかる診療所(テレビ東京系)」 8.4%

【50代】
1位 「ガッテン(NHK)」 22.3%
2位 「世界一受けたい授業(日テレ系)」 15.8%
3位 「名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系)」 12.7%
4位 「林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)」 12.4%
5位 「主治医が見つかる診療所(テレビ東京系)」 10.9%

【60代以上】
1位 「ガッテン(NHK)」 44.7%
2位 「主治医が見つかる診療所(テレビ東京系)」 20.9%
3位 「名医とつながる!たけしの家庭の医学(テレビ朝日系)」 19.2%
4位 「林修の今でしょ!講座(テレビ朝日系)」 16.3%
5位 「世界一受けたい授業(日テレ系)」 14.9%

ちなみに、男女別でみてみても、1位はいずれも「ガッテン」でした★ 男性の2位は「主治医が見つかる診療所」、3位は「名医とつながる!たけしの家庭の医学」だったのに対し、女性の2位は「世界一受けたい授業」、3位は「林修の今でしょ!講座」と異なる結果になってました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート05 ダイエット器具の人気ランキング、1位 腹筋や腕に貼る器具

使ってみたい・使っている健康・ダイエット器具はどれですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

使ってみたい・使っている健康・ダイエット器具について調査しました。総合ランキングの1位は「腹筋や腕に貼る器具」で16.9%、2位は「バランスボール」で11.9%、3位は「ダンベル、バーベル」で8.9%、4位は「フィットネスバイク」で8.6%、5位は「ルームランナー、ウォーキングマシン」で8.5%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「腹筋や腕に貼る器具(シックスパッドなど)」 16.9%
2位 「バランスボール(空気を入れただけのボール)」 11.9%
3位 「ダンベル、バーベル」 8.9%
4位 「フィットネスバイク(自転車をこぐタイプのエクササイズ器具)」 8.6%
5位 「ルームランナー、ウォーキングマシン」 8.5%
6位 「ステッパー(足踏み運動ができる器具)」 6.1%
7位 「振動するブレードに立って乗るとタイプのエクササイズ器具」 5.9%
8位 「トランポリン」 5.0%
9位 「ぶら下がり健康器」 4.9%
10位 「乗馬型の電動器具」 4.3%

■男性の1位は「腹筋や腕に貼る器具」、女性の1位は「バランスボール」

男女別にみてみると、男性の1位は「腹筋や腕に貼る器具」、女性の1位は「バランスボール」と異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「腹筋や腕に貼る器具」 16.4%
2位 「バランスボール」 9.8%
3位 「ダンベル、バーベル」 9.0%
4位 「ルームランナー、ウォーキングマシン」 8.8%
5位 「フィットネスバイク」 8.0%
6位 「ステッパー」 5.1%
7位 「ぶら下がり健康器」 4.9%

【女性】
1位 「バランスボール」 20.6%
2位 「腹筋や腕に貼る器具」 19.1%
3位 「振動するブレードに立って乗るとタイプのエクササイズ器具」 13.0%
4位 「トランポリン」 11.7%
5位 「フィットネスバイク」 10.4%
5位 「ステッパー」 10.4%
7位 「口にくわえて表情筋を動かす器具」 9.9%

男女別にみてみるといずれも1位は「腹筋や腕に貼る器具」、2位は「バランスボール」になっていました~。

「調査団員の声」では、自分のダイエットについてエピソードについて教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代女性

これまで大きな病気無しに健康で過ごしましたが、近年小さな異変(歩くと踵がいたい、時に腰が痛い)があるようになりました。折も折、77歳の時に友人仲間にゴルフを奨められ「まさか! この年から」と思いましたが、決断、仲間の手ほどきを受けて3年。始めて3か月ごろから体重が3キロ減り、その後多少の増減あり結局二キロの減量で安定しました。何よりは食べても太らない体質になっているか?と思えることです。歩くことが多いゴルフですが、自分には長年叶わず、いろいろ試した減量、わずかですがゴルフが叶えくれました。 80才  東京都  既婚 女性

77歳から新たな挑戦というポジティブさがスゴイ★ しかも楽しみながらダイエットできてしまうのは理想的ですね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

大学生の時は102キロありました。(身長は177センチ)就職して、仕事をしていて動くのがしんどいかったり、息切れをするので、ダイエットに取り組みました。女子栄養大学のダイエット食の本を買って、運動を併用しながら、2年ちょっとかかって、63キロにまで落としました。以後はリバウンドなしで、今に至っています。急激に痩せようとするのは良くないと思います。それときちんとした栄養学に基づく方法でないと、あとあと、体のいろいろなところに支障が出ます。 58才  香川県  既婚 男性

◯◯ダイエットのように、決まった食事ばかりしてしまい、ついつい偏った食事になりがちですが、正しい食事で痩せるのはいいですね~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

あるとき、会社の健診で「太り気味です。ダイエットしてください。」との所見が出ました。そこで、家族に話してみました。かみさん(一応、栄養士の資格あり):「体脂肪率は15%以下にしなくて良いよ。大病とか大けがとかしたときに、一気に体力を失うから。」母(本人も悩むほど痩せている):「気にしなくて良いんじゃない?人間、中年になれば太るものよ。」 ですので、未だに「太り気味です。」の所見が出続けています。 55才  千葉県  既婚 男性

インフルエンザと腸炎に立て続けにかかって、2週間で5キロ痩せたことがありました(T▽T)そのときはちょっとは体重に余裕がないとまずいのかなと思いました!調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 ダイエットでデメリットと感じること、1位 ストレスになる

ダイエットのデメリットはどんなことがあると思いますか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

ダイエットのデメリットにはどんなことがあるか調査しました。総合で1位は「ストレスになってしまうこともある」で42.5%、2位は「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」で36.8%、3位は「体調を崩しやすくなる場合がある」で31.8%、4位は「楽しく食事ができなくなる」で31.2%、5位は「栄養が偏ってしまう恐れがある」で30.8%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ストレスになってしまうこともある」 42.5%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 36.8%
3位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 31.8%
4位 「楽しく食事ができなくなる」 31.2%
5位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 30.8%
6位 「負荷のかけすぎで体を痛めてしまうこともある」 17.0%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 16.9%
8位 「皮膚がたるむ」 15.4%
9位 「摂食障害など深刻な病気になってしまう場合もある」 11.4%
10位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 11.2%

■女性のほうがデメリットに感じることが多い

男女別にみてみると、ほとんどの項目で女性の割合のほうが高く、男性より女性のほうがさまざまなデメリットを感じていることがわかりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「ストレスになってしまうこともある」 39.4%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 34.8%
3位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 31.7%
4位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 30.1%
5位 「楽しく食事ができなくなる」 30.0%
6位 「負荷のかけすぎで体を痛めてしまうこともある」 17.3%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 16.1%
8位 「皮膚がたるむ」13.4%
9位 「摂食障害など深刻な病気になってしまう場合もある」 10.4%
10位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 9.5%

【女性】
1位 「ストレスになってしまうこともある」 55.5%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 46.1%
3位 「楽しく食事ができなくなる」 35.4%
4位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 34.6%
5位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 32.3%
6位 「皮膚がたるむ」 24.2%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 21.1%
8位 「肌が荒れる」 20.9%
9位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 19.1%
10位 「女性の場合、生理不順に陥ることもある」 18.3%

ちなみに年代別でみてみると、30代以下の1位は「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」でしたが、40代以上の1位は「ストレスになってしまうこともある」と異なる結果になってました★

「調査団員の声」では、家族やまわりの人がダイエットをしているのを見て思ったこと・感じたことについて教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

私の周囲でダイエットの必要性がなさそうな人がダイエットに嵌った事がありました。余りに極端な手法を取る彼女の日常を見ていて、栄養失調になるのではないかとか、体調がおかしくなってしまうのではないかとか、心配で仕方がありませんでした。今は、ダイエットへの興味が前ほどは無くなったようで、少しほっとしています。 49才  神奈川県  既婚 男性

あまり極端な食事だとやはり心配になりますよね~。興味がなくなってホッとしたというのもわかります~。調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

母が昔、ダイエットの為に太極拳習ったことがある(たまたま近所でやってた)んだけど、元々運動しない人だったからか、メキメキ細くなっていったのにはびっくりしたなぁ。そんな自分も当時の母の年齢になり、ダイエットというか締めないとなぁ…とは思っているが、基本的に運動嫌いなのでどうにも続きません…。 46才  愛知県  既婚 女性

今まで運動してなかったのに運動を続けて、しかもメキメキ効果をだしていたなんて、すごいステキです >▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

偏らない食事と規則正しい食生活の上で、適度な運動。夫がダイエットする姿を見て、これに尽きると感じました。(成功しました!見直しました!)でも、その前にそもそもなぜ太りすぎたのかを、よ~く考えてみる必要があるのでは。原因がはっきりすれば、自ずとやるべきことが見えてくるように思います。 66才  神奈川県  既婚 女性

素晴らしい旦那さんですね~。ダイエットにも成功して奥様にも見直されて、一石二鳥ですね(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 35.0%が徴用工問題は解決済みなので、誰も賠償すべきではないと回答
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  6. 使っている財布の値段「1万円未満」という人は57%
  7. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  8. 好きなお餅の食べ方ランキング 1位 お雑煮、2位 磯辺焼き、3位 お汁粉
  9. 牛丼のトッピング人気ランキング Top3は紅ショウガ、七味唐辛子、生玉子
  10. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官