ダイエットでデメリットと感じること、1位 ストレスになる

本文へジャンプします。


何でも調査団
ダイエット・美容 2018年8月3日

ダイエットについてのアンケート・ランキング 第3弾

「どんなダイエットをしたいと思う?」「使ってみたい・使っている健康・ダイエット器具は?」「ダイエットのデメリットは?」など“ダイエット”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年07月20日~2018年07月26日/有効回答数:2,266



レポート06 ダイエットでデメリットと感じること、1位 ストレスになる

ダイエットのデメリットはどんなことがあると思いますか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

ダイエットのデメリットにはどんなことがあるか調査しました。総合で1位は「ストレスになってしまうこともある」で42.5%、2位は「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」で36.8%、3位は「体調を崩しやすくなる場合がある」で31.8%、4位は「楽しく食事ができなくなる」で31.2%、5位は「栄養が偏ってしまう恐れがある」で30.8%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ストレスになってしまうこともある」 42.5%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 36.8%
3位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 31.8%
4位 「楽しく食事ができなくなる」 31.2%
5位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 30.8%
6位 「負荷のかけすぎで体を痛めてしまうこともある」 17.0%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 16.9%
8位 「皮膚がたるむ」 15.4%
9位 「摂食障害など深刻な病気になってしまう場合もある」 11.4%
10位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 11.2%

■女性のほうがデメリットに感じることが多い

男女別にみてみると、ほとんどの項目で女性の割合のほうが高く、男性より女性のほうがさまざまなデメリットを感じていることがわかりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「ストレスになってしまうこともある」 39.4%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 34.8%
3位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 31.7%
4位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 30.1%
5位 「楽しく食事ができなくなる」 30.0%
6位 「負荷のかけすぎで体を痛めてしまうこともある」 17.3%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 16.1%
8位 「皮膚がたるむ」13.4%
9位 「摂食障害など深刻な病気になってしまう場合もある」 10.4%
10位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 9.5%

【女性】
1位 「ストレスになってしまうこともある」 55.5%
2位 「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」 46.1%
3位 「楽しく食事ができなくなる」 35.4%
4位 「栄養が偏ってしまう恐れがある」 34.6%
5位 「体調を崩しやすくなる場合がある」 32.3%
6位 「皮膚がたるむ」 24.2%
7位 「筋肉量が落ちて代謝が悪くなる場合もある」 21.1%
8位 「肌が荒れる」 20.9%
9位 「便秘・下痢になりやすくなる場合がある」 19.1%
10位 「女性の場合、生理不順に陥ることもある」 18.3%

ちなみに年代別でみてみると、30代以下の1位は「リバウンドして逆に太ってしまうこともある」でしたが、40代以上の1位は「ストレスになってしまうこともある」と異なる結果になってました★

「調査団員の声」では、家族やまわりの人がダイエットをしているのを見て思ったこと・感じたことについて教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

私の周囲でダイエットの必要性がなさそうな人がダイエットに嵌った事がありました。余りに極端な手法を取る彼女の日常を見ていて、栄養失調になるのではないかとか、体調がおかしくなってしまうのではないかとか、心配で仕方がありませんでした。今は、ダイエットへの興味が前ほどは無くなったようで、少しほっとしています。 49才  神奈川県  既婚 男性

あまり極端な食事だとやはり心配になりますよね~。興味がなくなってホッとしたというのもわかります~。調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

母が昔、ダイエットの為に太極拳習ったことがある(たまたま近所でやってた)んだけど、元々運動しない人だったからか、メキメキ細くなっていったのにはびっくりしたなぁ。そんな自分も当時の母の年齢になり、ダイエットというか締めないとなぁ…とは思っているが、基本的に運動嫌いなのでどうにも続きません…。 46才  愛知県  既婚 女性

今まで運動してなかったのに運動を続けて、しかもメキメキ効果をだしていたなんて、すごいステキです >▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

偏らない食事と規則正しい食生活の上で、適度な運動。夫がダイエットする姿を見て、これに尽きると感じました。(成功しました!見直しました!)でも、その前にそもそもなぜ太りすぎたのかを、よ~く考えてみる必要があるのでは。原因がはっきりすれば、自ずとやるべきことが見えてくるように思います。 66才  神奈川県  既婚 女性

素晴らしい旦那さんですね~。ダイエットにも成功して奥様にも見直されて、一石二鳥ですね(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

ダイエットの指導を飯の種にしている人がたくさんいるので、あまり言ってはいけないのかもしれませんが、あまりダイエットダイエットと一般庶民を脅迫しない方が良いと思います。確かに、血中に糖、中性脂肪やLDLコレステロールの濃度が高い場合は、循環器系の疾患にかかりやすいのは間違いありませんが、イコール「太っている」では無いと思います。(体質の関係で、ガリガリに痩せているのに、中性脂肪や悪玉コレステロールの量が多い人は確かに存在します。)ですので、「太っている=悪・醜い」とされる傾向は改められるべきだと思います。カレン・カーペンターはなぜ若死にしたのか、もう一度チェックする必要があると思います。本当に今の人は、(気にするべき人がいるのも事実ですが、)体形を気にしすぎです。最近は、痩せすぎのモデルさんは出演禁止にするファッションショーもあるようですが、個人的には良い傾向だと思います。なお、私は、ある程度肉がついていて健康的な女性を好みとしております。ですので、かみさんには、常々無理にダイエットしなくて良いから、体調維持を優先してくれと言っております。 55才  千葉県  既婚 男性

50代女性

3年前に他界した父は恰幅がよい人だったが、心筋梗塞や脳梗塞で入退院を繰り返している間に骸骨に皮膚を被せただけのようにやせ細ってしまった。最後の入院では誤嚥防止のため飲料水にまでトロミを付けなければ飲めなくなって、終末期にはそれさえ口に出来ず点滴のみで数週間延命させてもらったことから、人間の最期にはある程度の皮下脂肪がなければ延命すら出来ないのだなと思った。自分自信の余生がどれだけあるのかわからない年齢に達して、必要以上のダイエットのために食べたいものを我慢するのは口から食べ物を食べられることの有難さに反していると思うので食事でのダイエットではなく、最後まで自力歩行できるように足腰を鍛える運動で健康体重を維持していけたらと思っている。 57才  兵庫県  既婚 女性

60代女性

そもそも 普段の食事など 食べる量を トータルで 7分目にしてる娘を見てると太らないことがわかりました 30代になっても 20代の服がそのまま着られてますので 経済的?だし サイズが変わらないのは美しくもあり むだもなくやはり若いうちから 7分目でが一番のダイエット法だと思います 70才  宮城県  既婚 女性

60代男性

自分の経験から、ダイエットの結果、着るものなどで余計な出費がかかってしまったのと、ちょっと運動すれば簡単に減らすことができるんだとの安心感があった。しかし、年齢とともに思い道理にダイエットが進まないことを娘には事あるごとに話しています。 76才  東京都  既婚 男性

50代女性

「私は、太っている」という人を、現実に太っている私が観ると、「あなた、それ、強迫観念でない??」と首をひねることが多いです。デブの私が言うのも説得力がないでしょうが、がりがりに痩せている最近の若い女性を、私は全然きれいだと思いません。痛々しいです。健康的で、生き生きしている女性を観ると、安心しますね。生きているだけでストレスがたまることが多いんですから、まず、ご自分が楽しく生きることを、目指してほしいです。 52才  千葉県  未婚 女性

40代女性

本来の「ダイエット」とはやせることではありません。自分の適正体重(なりたい体重やスタイルではない)に落ち着いて維持していくことです。やせる必要が無いのにやせようと若い女性がダイエット(食事制限など)しているのを見ると、将来、妊娠するときや老齢になったときの骨の状態など余計な心配をしてしまいます…先進国でこんなにがりがりな女性ばかりあふれているのは日本くらいなのですが日本にいるとモデルを見て「やせたい!」と思ってしまうのかもしれないですね。なんだか先行きが心配になりますが…。 46才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

女性が急激におなか周りに脂肪がつき、成人病、老人病傾向の検査データも出てきたり、医者にもダイエットするように言われるようになる年頃、真面目な母はきちんとカロリー計算、栄養学に気を付けた食事を作り、スタジオに通ったり順調にダイエットしていった。そのせいで癌に気づくのが遅れた(見つかりにくい癌で)。癌のせいでも痩せていっていたみたい。それにしてもちょっと何かがおかしいとずいぶん経ってからホームドクターが気がついてようやく治療に。 52才  東京都  未婚 女性

50代男性

病的な問題を孕む者は別として、太るという事は、食べ過ぎによるカロリー過多、運動不足等、原因がはっきりしていることが殆どだと断定しても、あながち間違いでは無いと思っている。故に必要最低限と思われるカロリー摂取。適度と判断し得る運動を行う事でダイエットを意識にのぼらせる必要性は皆無となるであろうと思う。因みに現在56歳の私は、身長170㎝。体重47~50㎏。 56才  奈良県  既婚 男性

50代女性

よくお金と時間をかけるダイエットを真に受けて、一時頑張っている人が沢山います。そして中途半端で辞めちゃうのでもったいないです。私の場合一切お金も時間もかけたことが無く、それでいて人間一人分の体重を自然にそぎ落とした経験があるので、なおさら気の毒になります。その後の維持継続(体調管理も含めて)も必要なんですけどね。みんなもとに戻ってしまうのですよね。 50才  福岡県  未婚 女性

40代女性

友達が、子供の頃から肥満で、高校生の間にダイエットしたと聞いていた。私が会った二十歳頃には、肥満なんて想像できなかったのですが、結婚するとすぐ太り出し、三十才頃には立派な肥満になっていました。趣味がインドア寄りで家からあまり出ない、美味しい食べ物が大好き、お酒も飲める友達なので、太りやすい人には理由があると知った身近な例でした。 49才  東京都  未婚 女性

60代女性

炭水化物を摂らないダイエットがあるそうだ。良質のたんぱく質やビタミン、ミネラルなど、お米の中にも多種あるので、ご飯を敵のように言うのはやめて頂きたい。ビタミンCやB類などは野菜で補い、味噌汁や根菜類の煮物、葉物の胡麻和えなど、和食はとても健康的な食事だと思う。好き嫌いなく美味しく頂いているが、ただ一つだけ「食べ過ぎ」に注意だ。 70才  神奈川県  既婚 女性

40代女性

仕事場の人は、1年以上糖質制限ダイエットを続けていて、しっかり結果も出ていて、飲み会に出てお酒を飲みながらも、体型維持、ダイエットを続けているので、その意志の強さがすごいなと思っています。自分は、結果が出るとすぐに油断して戻ってしまうのを繰り返しているので。続けるというのが本当に難しいなーと思います。。 44才  東京都  既婚 女性

60代男性

友人もたくさんいるが、ダイエット成功した者がいない。トレーニングによるダイエットは運動指導員か専属コーチが必要、生半可なダイエットは危険が伴う、友人が歩くトレーニング中転んで膝をつき負傷、治療しているがかなり歩行に時間が係る。治療後の方が時間かかるから、ダイエットは無理かな? 69才  岐阜県  既婚 男性

40代女性

私より4歳年上の義妹が、最近めちゃめちゃスリム(ビフォーとアフターの差が一目瞭然。別人)になったのでとても驚きました。ですが、間近で世間話などをしている時に顔を見ると、しわやたるみが以前よりはるかに多くなっているのにはとても驚きました。やはり身体のどこかしらにしわ寄せが来るのかな?と感じました。 49才  静岡県  既婚 女性

50代男性

健康器具を買うなとは言わないけど、如何にも効果なさそうなのはちょっと…今でも家にあるけど背中を押してくれる腹筋運動補助器具って効果あるの? 乗馬型の器具は結局カバン置き場になり、リサイクルショップも買取を拒否し捨てるのに難儀したなー、 53才  茨城県  既婚 男性

50代男性

会社の上司と食事に行った時のこと。その上司が炭水化物ダイエットをしていたのは知っていましたが、ランチの注文が「ご飯抜きのカレーライス」…。レストランのスタッフが困っていました。それ以来その上司との食事は、あらゆる理由を探して断るようにしました。 51才  埼玉県  既婚 男性

40代男性

○○だけダイエットなど極端な偏食は、痩せるというよりやつれているだけのように見える。バランスよく色々な食材を食べながら摂取するカロリーを少なくし、摂取したカロリー以上のカロリーを消費する量の運動をするしか体重を落とす道はないと思う。 44才  新潟県  既婚 男性

50代男性

最近の若い女性は、細すぎる人が多すぎると思います。本来、女性はある程度ふくよかな方がよいし、魅力的だと思うのですが、「スリムが一番」のような風潮があまり好きではありません。そんなに気にしなくてもいいし、無理しなくてもいいとは思うのですが。。。 58才  神奈川県  既婚 男性

40代女性

無理なダイエットに挑戦しすぎる。いろいろ考えなくても消費カロリーが摂取カロリーを上回ればいいだけの話。ただ筋力が落ちると生活の質が落ちるからどっちにしても運動は不可欠。ハードに運動しなくてもちょっと車や電車やエレベーターを減らせばいいのに。 47才  岡山県  未婚 女性

50代男性

昔の人や野生の動物は、生きるために食べています。食べるために体を動かして食べ物を探します。現代人は食べ過ぎていて、痩せるために体を動かそうとします。現代人という動物だけが、他の動物と動く目的が違うのはおかしいことだなって最近気がつきました。 50才  千葉県  既婚 男性

60代男性

毎日普通の食事をして 普通の生活をしていればダイエットの必要はない。と病気をして実感した。偏食をせず、規則正しい生活をすれば 普通の生活を送れる。と言う事を身に染みて実感した。ただしこれが一番難しい事だと言うのも実感している。 73才  兵庫県  既婚 男性

60代女性

ダイエット=綺麗になるこの構図を否定しません。ダイエットは目に見える効果があり、その誘惑につい負けてしまいます。体に無理のないような方法をよく勉強し、容易に聞きかじったダイエット実行するべきではないと思います。難しいのですが。。 71才  宮城県  未婚 女性

50代女性

会社の同僚。職場の昼食はダイエットスープのみ、家でも炭水化物は控えていると言っているし、毎日犬を2引き連れて散歩して運動。なのに毎日巨大化している気がする。作業着の縫い目が張り裂けそう。 57才  北海道  既婚 女性

60代女性

太っていた友人が少しみないうちにスッキリと。訳をきくと近くにあるジムでプログラムを作ってもらって、週3回ほどのレッスンで無理なく痩せたとか。「お金払っているから続けられるの」と言っていた。やはりお金か~。 73才  北海道  既婚 女性

60代男性

今の日本で、ダイエットの意味を「健康維持のための規定され食事」という意味を理解している人はほとんどいないのではないだろうか。今や痩せる為の手段として、美容目的や肥満対策だけが大きな目的になっている。ある研究によれば、世界の3人に1人が過体重であり、10人に1人は肥満で、数多くの国で増大しているが。最近の太りすぎ順位という統計では、なんと日本は189か国中166位と驚くほど低い。こんな体にのバランスがよいという統計があるのに、なぜダイエット法がいろいろあり、それがブームになるのか?日本の社会の不思議の一つではないだろうか。あるときダイエット法がそれぞれ違う女性3~4人と食事会に参加したことがある。肉、魚、野菜とそれぞれに頼みたいのだが、パーティ食だとそうは行かない。そこで肉と魚など食べないものと食べられるものの交換会が始まった。お店側は顔をしかめるがお構いなし。その中で何でも食べる私のお皿は、双方の食べられない料理で山盛りになり、私は懸命に食べたが、結局はかなり残した。飽食日本は、食事に対する考え自体をダイエットつまり「正しく規定する」必要があるのではないかと痛感した。 74才  東京都  既婚 男性

50代男性

自分、薬剤師です。バカ高価いダイエットサプリや健康食遺品にムダにおカネをつぎ込むおバカさん、愚か者が如何に多いか!ですね。例えばカロり**トなる健康食品(サプリ)ですが、新宿某所のリアル店舗で原材料を確認して、その原料の何処に痩身作用が在るのか薬理的な事を従業員に訊ねても真っ当な答えが有りません。「代謝をUP」な文言の根拠になる数学的・薬学的データの開示も拒まれました。痩身作用のある薬物やそれに準ずる薬効物質を医薬品以外に処方する事は明確な薬事法違反!。よってダイエット名義のサプリや健康食品には「薬効・効果無し」が明確で、ある種の詐欺的商品ですね。 56才  東京都  既婚 男性

50代男性

不思議なのですが、私の周りにはなぜかダイエット中とか、ダイエット必要という人がいないんです。会社の女子もダイエットの話してるけど、必要だなと思う体型の人いない。カミさんなんか逆に「太れ」って言われてるそうで…つまり私の周辺では、私だけ医者からダイエット厳命された、既に生活習慣病予備軍に編入されたメタボ症候群。それでもダイエットする気が起きないグータラは、更に最近の酷暑でグロッキー気味で…あーホントにマズイ、どうしよう。ホコリ被ったダンベル(5㎏x2)が怒ってます…。 53才  東京都  既婚 男性

50代男性

ジムのトレーナーの白人の女性と先日色々話していた時に聞いたのですが、女性はジムでみんなスタジオに入りたがって、ダンスとかエアロビとか色々何年もやっている人多いけどみんな腕とかお腹とかタプタプのまんま!やっぱり女性も筋トレしないとダメねって言ってました。自分もそう思います。健康的にとか楽しくとかほどほどなんて事じゃなくて筋トレもダイエットもがっちりやってイケテル体型を目指す! 55才  東京都  未婚 男性

50代男性

男性から見てそれほど太っているとは思えない女性までもがダイエットを口にするのはおかしいと思う。個人の思い込みで部分的コンプレックスを抱く気持ちはわからなくもないですが、ストレスになるほどのダイエットはしない方が良いと思いいます。男性については自分が痩せているせいもありよくわかりません(わたし的にはもっと太りたいと思っている)。 55才  愛知県  既婚 男性

50代男性

結婚して24年経ちますが、妻が太り気味であること若い頃から気にしておりました。しかしわたくしからみれば別に太ってもみえず、むしろ健康そうで良いと思っていました。なので、痩せる努力よりも考え方を変えて、太らない努力をしようよと言いました。現在、妻がどうなったかは訊かないでください。 52才  北海道  既婚 男性

60代男性

日本人は全員医者か?と、思うほど健康を気にしすぎ。ストイックに健康を追求するのは止めはしないが、巻き込まないでほしい。グルメにこだわったかと思うと、カロリーを気にする。巷にあふれるサプリメントのうちどれほど効果があるのか?他に目を向けるべきことがたくさんあると思う。 62才  宮城県  既婚 男性

60代女性

常にダイエットしていると言っている人ほど、私から見ると、糖分の入った飲み物を飲んだり、ちゃんとした食事をとっていないようにみうけられる。ダイエットの本来の意味とは違って、単なる口癖だったり、体重を減らすことだけだと受け取っている人がいると感じます。 60才  千葉県  既婚 女性

60代女性

太らないことが大切だと思います。ダイエットなんかに励まなくても良い生活をしていればいいに。 よく酒・麻薬・ゲームなどは 中毒症状だと騒ぐのに、美味しいケーキや料理を夢中で食べることには あまり責める感じが無いので ついつい食べてしまうんですよね。 75才  埼玉県  既婚 女性

60代女性

食事の量が減ったり、痩せてきた人に対して、「ダイエットしているの?」と尋ねる人がいます。あれは『体調が良くないの?・悩みがあるの?』とか聞きにくい時の質問の仕方なんでしょうか。慎重なようで能天気な質問のように受け取られそうです。 62才  大阪府  未婚 女性

50代女性

私はゆっくりより短期決戦型なので周りのダイエットやエクササイズを見ていると「緩い!」と思ってしまう。ダイエットと言いながら血糖値が高いとサプリ飲みながらケーキ食うな。と思うんですよ。怖いでしょ。 53才  福岡県  既婚 女性

60代女性

けっこうスタイルのいい人の方がダイエットをする。もっと磨きをかけたいということだろう。でも、健康被害や女性特有の不具合につながるし、精神面にも影響を及ぼしているケースがあると思う。心の病でもある、そんな気がする。 66才  東京都  既婚 女性

60代女性

一時的に痩せても結局もとに戻ってしまう、私の場合は食事制限をやってるけど体重は減りません、一番の原因は夜遅くまで起きていることだと思っています、やめられないゲームのせいです!ニフティさんなんとかしてよ。 68才  新潟県  既婚 女性

60代男性

ダイエットは毎日体重を測ることからスタートです。後は周りの協力です。奥さんの料理次第ですネしかし、食だけでは痩せません適度の毎日の運動は必須です。体重を測れば3日坊主で無くなる。外食の怖さが分かる。 70才  東京都  既婚 男性

40代男性

女性、特に若い娘は痩せたいと思っていても、傍から見たら全然太ってないし、むしろ多少肉付きがある方が魅力的で健康的である。タレントでもガリガリに近いような細い体形でまったく魅力的とは思わない。 48才  大阪府  未婚 男性

60代女性

最近流行のダイエットでかなりの金額をかけてダイエットに成功した人がいる。ちょっと羨ましいなと思ったが、彼女曰く「食事制限すれば、お金をかけなくてもできる」との事。でもそれが難しいのですよ。 70才  東京都  未婚 女性

40代男性

高い器具を買ったりウォーキング用のシューズを買って形から入っても続かない。まずは家の中でも良いから足踏みやスクワット、ストレッチをやればよいといつも新しい器具が通販から届くたびに思います。 45才  青森県  既婚 男性

50代男性

娘は 腹減ったを連呼しながらダイエットをやていますが、うちのかみさんは、娘と同じことをしながら、あまり苦痛を感じていない様子。新陳代謝のなせる業か、人生の経験がなせる業なのか… 55才  愛知県  既婚 男性

40代男性

TVや雑誌、SNSなどで盛り上がっているダイエット手法をやみくもに試している方が多すぎるなぁ、と思います。自分が何(脂質や糖質など)で太りやすい体質なのかを探ろうとせず、流行っている食材メインのダイエットなど、効果は限定的のはず。ダイエットは総合的に考えないと病的になると感じています。周囲で成功した方の例としては、玄米にしてみましたとかゆっくり食べるようにしてみましたとか、タニタ式のような手法であることが多いように思います。早食い・よく噛まない食いは、いずれにしてもダメってことですよね。きっと。 49才  東京都  未婚 男性

40代女性

主にBSやCS番組のCMでダイエット商品を紹介している通販番組が多いのですが、どのCMも見ていると痩せている人が多い。見るからに太っている人はほとんどおらず、逆にそんなに太っているのか?と思う人の方がものすごく気にしている気がする。 46才  神奈川県  未婚 女性

50代男性

食事を削ることばかり考えて体に必要な栄養素や物質を摂取することを忘れると間違いなくデメリットが目立って出て来て良くない結果を導くことになるので、体に必要な栄養素や物質が不足しないよう充分に注意する必要があると思います。 52才  大阪府  未婚 男性

50代女性

痩せたい痩せたい言ってる人の食事内容や過ごし方を見て「アンタには絶対無理」と思うことがある。何もしないで痩せるわけないし、ちょこっと歩くくらいで痩せるわけない!筋トレなくしてダイエットは成功しないと思ってます。 52才  東京都  既婚 女性

60代男性

とにかく急ぎ過ぎる。1週間や2週間で20kg痩せるなんて病的です。自分の経験から、時間を掛けることが必要です。やたら急ぐとリバウンドや病気の元になります。年間2kgぐらいのダイエットで健康被害防ぎたいですね。 65才  埼玉県  既婚 男性

ダイエットについてのアンケート・ランキング 第3弾
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 西洋人画家の人気ランキング 1位 モネ、2位 レオナルド・ダ・ヴィンチ
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  6. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  9. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  10. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官