“いきつけの酒場”に求めるのは【店主】の腕がよく、話が合うこと

本文へジャンプします。


グルメ 2012年7月20日

お酒についてのアンケート・ランキング

「1番好きなお酒の種類は?」「お酒にまつわる、やってしまった…という失敗経験」など“お酒”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年7月6日~7月12日/有効回答数:4,271



レポート08 “いきつけの酒場”に求めるのは【店主】の腕がよく、話が合うこと

いわゆる「いきつけのお気に入り酒場」はありますか? ある(もしくは過去にあった)としたら、それはどんな場所ですか?

グラフ
編集部まとめ

「店主の腕がいい(料理/酒のセレクト)」が1位で26%、僅差で「店主と話が合う(ウマが合う)」が続きました。“いきつけの酒場”のポイントは【店主】と言えそうです。

若い世代ほど「お店の雰囲気」や「料理」、「利便性」などを重視し、年代が上がるほど「店主と話が合う」や「来ているお客さんの雰囲気がいい」など【人】を重視している傾向も見られました。

「その他」のフリーアンサーでは、家ではなく「職場の近く」という回答や「適度な狭さ」といった回答も寄せられました。

女性は「店主の腕」、男性は「店主と話が合う」「店の雰囲気」「安さ」を重視してる点も興味深いです。料理も酒も店主の人柄も、どれも大事ですよねえ。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「家に近い」「安い」なんていう利便性もそりゃ重要だけど、なによりもやっぱり居心地の良さだよね。非日常を楽しむわけだからさ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

お気に入りの酒場があるってだけで救われることもありますからね、実際。

「調査団員の声」では、どんな酒場ならいきつけのお店にしたいか、具体的な希望や実際にあったお店について教えていただきました。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

調査団員の声
40代女性

某ホテル近くにある窓から見える街路樹の景色がいいラウンジが行きつけだった。静かでゆったり時間が流れていてお値段はそこそこだったが変な客もおらずマスターも穏やかで数回いくと「○○…で、よろしいですか?」といつも最初に注文する酒を覚えて出してくれる、そんな店だった。決まった曜日、大体同じ時間に同じ場所に座っていたが、毎回会う似たような客もいるようだった。張り詰めた糸が切れ、ほっと一息つけるいいところだったが残念ながら異動や引越しでもう数年行っていない。まだあの店は同じようにたたずんでいるだろうか? 40才  神奈川県  未婚 女性

40代女性

ワインが好きなので、店主と好みが合うところ。顔を覚えてくれたら大げさにいらっっしゃい!とか言うのではなく、軽く微笑んでくれるような、そしてメニューは沢山なくて、店主が美味しいと思ったものをその日のおすすめとして出すお店。特に魚のレベルは高い方がうれしい。 41才  千葉県  既婚 女性

40代女性

お店の人たちや、常連さんたちともつかず離れずの良い関係を保てたお店がありました。今は店主さんが引退しましたが、そのお店で働いていた子が独立したお店が自分も含め、当時の常連さんたちが集うお店になっています。10年以上たった今でも昔の仲間が集う、和気あいあいとした居心地の良いお店です。 44才  東京都  既婚 女性

60代男性

1間x2間の小さい店。どこか陰のある人が何故か多かった。当時は自分もその中の一人だったが。その陰のある方々と1年に1回旅行に行ってドンちゃん騒ぎをして憂さを晴らしてた。男3人女3人だった。その中の1組が再婚したのがとてもうれしかった。自分は、4年前に引っ越して今そこはオーナーが変わったらしい。 63才  茨城県  既婚 男性

60代男性

頼んだものを、全部食わせてくれる店。例えば、鯛を一匹頼んだら、1)刺身2)その食後、中落ちと頭で、鍋料理3)鍋を食べ終わったら、仕上げに雑炊ここまで面倒みてくれる料理人は、最近いませんよね。 61才  群馬県  未婚 男性

60代男性

学生時代に友人が始めた小料理屋があります。気の置けないところなので今でも遠くから通っています。お互いしたしきながらも礼儀ありといった感じです。座っただけで昔の雰囲気になり常に青春時代ですよ。押し付けなくわがままなくツウカーの感じです。 61才  埼玉県  既婚 男性

40代女性

いつも同じヤツが集まってるのに、一見さんが来ても何故か居心地が良くて仲間に混じってしまうような「一緒に飲も!飲も!」的な明るい店。でもうるさくなくて、隅っこには静かに飲める空間が自然にできてたりする店。 47才  富山県  既婚 女性

40代女性

予約なしでも席に着けるがそれなりに客のいる、あまりテーブルの狭くない店が好ましい。日本酒やワインの銘柄がある程度揃っていて、もう一度食べたくなるような料理が一品でもあれば、いきつけのお店にしたい。 43才  京都府  既婚 女性

50代男性

歩いて行けて、コストパフォーマンスが良くて、おいしくて、にぎやかすぎなくて店主がオーナーであること。雇われ店長ではいろいろお話しても店の設立に対する思い入れなどが反映されないので駄目ね。お酒はどうせビールか焼酎だからこだわらなくてもいいよ。 52才  愛知県  既婚 男性

40代男性

いわゆる「おふくろの味」を大事にしていて、お客がこちらから何も言わなくても、そのときの雰囲気で裏メニューのような形で「おふくろの味」をさっと出してくれるようなお店だと、何回も通いたくなってくる。 47才  埼玉県  既婚 男性

30代女性

こじんまりとして、店主の配慮が行き届いていて、お酒の種類が多く、料理も何か一品目玉があって、お酒の飲めない友人を誘う時に「これ食べに行こうよ」と言える、明るい居酒屋を行きつけにしたいです。 39才  兵庫県  未婚 女性

50代男性

まず居心地がいいこと。店の雰囲気は店主の人柄が大いに反映されるので第一印象が大事です。ドアを開けていい音楽が流れていると、いきなりテンションがあがります。テーブルや椅子にちゃんと気を使っているかも重要です。そうした店は客筋も悪くないと思うので安心して通うことができます。 56才  佐賀県  既婚 男性

50代女性

やはり店主ですね、店主が嫌な人であれば飲んでても美味しくないし、気を使うのは嫌やし。それと自分の好みを知ってもらえるか、美味い物と美味い酒☆それがクリアーできれば行きつけにする 50才  兵庫県  未婚 女性

60代男性

店主・ママさんの人柄と店の雰囲気、客筋、店で出されるツマミ等個人的ではあるが気持ちがスーと溶け込むというか馴染むような店が良い。同じ飲むなら美味い物を食べて、気の合う仲間と雑駁に話ができて、店主や店員とも同様に話ができる店なら良い。知合いに連れられて行った店でも、イヤな時はすぐに帰るし二度と行きません。 69才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

地酒をたくさん置いているお店がいいですね。お客さんの業種がいろいろで、それぞれの苦労話などを聞きながら飲むと、どんどんいきそうな感じがします。時には若い人たちと飲むのもいいかもね。 62才  福岡県  既婚 男性

40代男性

酒のセレクトが自分の趣向にあっていること。酒の保存状態(または回転)がよいこと。店主が酒とのマッチングを気に掛けて料理を考えてくれていること。客相が良いこと(騒がしくないこと)。何よりも店主がその店で客が過ごす「時間」を大切に考えてくれていること(料理も酒もそのための手段)。 46才  岐阜県  既婚 男性

60代女性

孫も一緒に行くこともあるので、メニューが豊富で美味しい店がいい。また、アルコールを飲まない友人と行くこともあるので、和食の美味しい店がいい。歩いて行けるほど近くの美味しい店があれば一番いい。 64才  神奈川県  既婚 女性

30代女性

一人でも入りやすい、飲みやすいお店。店員がうるさすぎない、店長が干渉してこないところ。料理の量が少なく安いので、いろいろ頼みやすいお店。コース以外も嫌がらずやってくれるお店。 32才  山口県  未婚 女性

40代男性

気軽に入れる雰囲気、金額が手頃、客層が良い、そして何と言ってもおいしいお酒があること。近所の蕎麦屋は食事だけでなく飲む目的でも入れます。同年代のサラリーマンも多く、楽しい話題が行き交っているのでとても入りやすいんですよ!ご主人も、時間があれば半端になった一升瓶を差し入れてくれたり、また、これがおいしいお酒だったりするので、リピーターになってしまいます。 49才  神奈川県  既婚 男性

40代女性

秘密を守ってくれるマスターがいるところ。気楽に悩みごとが相談できて次回にはサラリと忘れ顔でいてくれる。また、その日の気分を言うと合ったカクテルを作ってくれる店。 48才  東京都  既婚 女性

お酒についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. はとバスの東京観光名所人気ランキング 1位 東京スカイツリー、2位 皇居周辺
  2. テレビ局の人気ランキング 1位 NHK、2位 テレビ朝日、3位 日本テレビ
  3. 東京23区で「行ったことがない区」のTop3は、板橋区、足立区、北区
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. 小池百合子都知事や都議会に期待することは49.0%が「都政の透明化」
  7. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査
  10. 買ったことがある週刊誌ランキング 1位は週刊文春、2位は週刊現代

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官