本文へジャンプします。

ラーメンについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
グルメ 2012年8月10日

ラーメンについてのアンケート・ランキング

「ラーメンに欠かせないトッピングは?」「ラーメン屋で食べるラーメンに、1杯いくらまで払える?」など“ラーメン”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年7月27日~8月2日/有効回答数:4,042

調査レポート

レポート01 ラーメンが好きな人の割合は78%、嫌いな人は0.4%

ラーメンは好きですか?

グラフ
編集部まとめ

「死ぬほど好き!」から「まあ好きかな」まで含めた【好き派】が78%と約8割。カレーにおいて同様の質問をした際の【好き派】は82%だったので、それよりも若干落ちていますが、それでもラーメン好きは非常に多いという結果が出ました。

一方で、「嫌い!」から「死ぬほど嫌い!」までの【嫌い派】は0.4%と1%にも満たず、嫌悪している人の割合も少ないようです。

女性よりも男性が、また若い年代ほど【好き派】が多い傾向。さらに地域別に見ると、「北海道」「東北」「九州」において、「死ぬほど好き!」「大好き!」という【好き派】の中でもさらに熱狂的な人の割合が高く、全体の40%を超えていました。

やはり国民食ですねー。ただ、以前調査を行った「カレー」には好き度合いでは若干負けてます。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

カレーですよやはり。夏はカレー。でも暑い時期に汗かいて食うラーメンもうまい。特にからし高菜満杯のとんこつとかね。

調査団編集部:ポンシュク団長

えー。この暑い時期によくラーメン食べられますねえ? ていうか、なぜ我々はこんな暑い時期にラーメンの調査をやったんですかねえ…。

「調査団員の声」では、ラーメンに対する熱い想いを語っていただきました!

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
50代男性

【死ぬほど好き!派】物心ついたころからチャルメラの笛の音に鋭く反応。親の話ではラーメンを食べるまで寝つかなかったという。学生時代はうまいラーメン屋を探し回り、ここだ!という店に飛び込んでアルバイト志願。お金を稼ぎながら毎日ただでうまいラーメンにありついた。いっそのことラーメン屋になろうと思ったこともあったが、自分でつくるラーメンがまずかったら地獄なので冷静に思いとどまった。社会人になってからも外食費のほぼ70%はラーメンに。まさにラーメンのない人生は考えられない。 56才  山口県  既婚 男性

30代女性

【そんなに好きでもない派】鼻水が出っ放しになるから人前では食べられない。家に一人でいる時じゃないと食べられない。 38才  東京都  未婚 女性

50代女性

【まあ好きかな派】ラーメンも好きだけど、他にもおいしいものがたくさんあるので。塩ラーメンは大好きだけど豚骨はあまり好きじゃないし…味によって好きさ加減が違うので「まあ好きかな」にしました 50才  宮城県  未婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート02 ラーメンを食べる頻度「月1回」以上が9割/最もよく食べるのは「平日の昼」

ラーメンを食べる頻度は?季節によって変わる、という場合は1年で平均してお答えください。
ラーメンを最もよく食べるタイミングは?

グラフ
編集部まとめ

ラーメンを食べる頻度、最も多いのは「月に2~3回」で29%、次いで「週に1回」で24%、「月に1回」で18%でした。なんと、90%が「月に1回」以上食べているという結果に。

男性の方が女性より食べる頻度は高く、またレポート01でとったラーメンの好き度合い別に見ると「死ぬほど好き!」な人は、なんと7割が「週に2~3回」以上食べていました。ちなみに、「そんなに好きでもない」と答えた人でも4割が「月1回」以上食べているのも特徴的。

ラーメンを最もよく食べるタイミングは、「平日の昼食に」で33%、次いで「休日の昼食に」で28%、「特にこれといったタイミングはない」で19%でした。

年代別に見ると、60代以上の人は「平日の昼食に」、50代以下は「休日の昼食に」がトップ。男女別では、男性が「平日の昼食に」、女性が「休日の昼食に」が多いという傾向も見られました。

まー、みなさんよく食べてらっしゃいます。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

確かにラーメンといえば昼なんだけど、弁当派の俺にとってのラーメンは、酒飲んだあとの真夜中の締めだな。あの罪悪感。あのカタルシス。たまらないぜ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

そんな時間にラーメンなんて身体に悪いですよう。あ、でも「死ぬほど好き!」な方々の栄養のバランスも心配になっちゃいますが…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート03 ラーメンに欠かせないトッピングは「ネギ」、セットで頼みたいのは「餃子」

ラーメンに欠かせないトッピングは?
ラーメンとセットで頼みたいのは?

グラフ
編集部まとめ

ラーメンに欠かせないトッピング、1位は「ネギ」で67%、僅差で「チャーシュー」が65%、3位に「メンマ(しなちく)」で46%となりました。

「ネギ」「チャーシュー」「メンマ(しなちく)」を含め全体的に若い世代よりも50代以上の方が高い回答率となっており、50代以上の方がいろいろなトッピングを楽しんでいるようです。ちなみに、若い世代の方が高かったのは「味玉子・燻玉子」でした。

ラーメンとセットで頼みたいものは「餃子」が64%と断トツ1位。2位は「チャーハン」で33%、3位は「ライス」で16%でした。

「チャーハン」や「ライス」など炭水化物をセットで頼みたいという人の割合は、男性が女性の倍以上。特に50代以下では「チャーハン」が4割以上、「ライス」も2割以上という高い割合となっていました。

セットで必須なのは間違いなく「ビール」です。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

ナベカヅが珍しく断定調だな…。あと「餃子」ね。「チャーハン」は我慢できても「餃子」は我慢できない。俺はそういう男だ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

トッピングでいえば、私は「ネギ」が大事ですねえ。他はなくとも「ネギ」は超重要です。とんこつだったら「からし高菜」は必須。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート04 好きなラーメンのスープの味ランキング 1位は「しょうゆ」、2位は「味噌」

1番好きなラーメンのスープの味は?

グラフ
編集部まとめ

総計では「しょうゆ」が38%でトップ。2位と3位は僅差で、「味噌」が21%、「とんこつ」が20%でした。

年代が上がるにつれて「しょうゆ」派が増え、「とんこつ」派が減っています。また女性において、1位が「しょうゆ」というのは変わりませんが、2位が「塩」、3位が「とんこつ」、4位が「味噌」と、女性は「味噌」「とんこつ」よりも「塩」が好きなようです。

地域別で見ると、九州は「とんこつ」が断トツ! そこから北上するにつれ「しょうゆ」派に変わっていくのが特徴的。「北海道」での「味噌」の高さも地域性が表れています。

ちなみに、レポート01にて「死ぬほど好き!」と回答した人の中では「とんこつ」の割合が高くなっていました。

東京都内のラーメン屋さんを見てると「しょうゆ」のお店ってだいぶ少なくなってきている気がしますが、ここでは「しょうゆ」がダントツで1位。特に50代以上から圧倒的な支持です。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

私は「とんこつ」だなあ。30代以下だと「しょうゆ」と「とんこつ」が同率くらいですね。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

北海道では「味噌」が、九州では「とんこつ」が1位と、地域色も出ましたね。あ~札幌のラーメンが食べたいです~!

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

レポート05 好きな麺のタイプは「ちぢれ・中細麺~中太麺」、硬さは「ふつう」

ラーメンの麺はどのタイプが1番好みですか?
麺の硬さでお好みは?

グラフ
編集部まとめ

好みの麺のタイプ、1位は「ちぢれ・中細麺~中太麺」で27%、2位は同率で「ストレート・細麺」と「ちぢれ・細麺」でした。

地域別に見ると、西に行くほど「ストレート・細麺」の割合が増えており、「ちぢれ・中細麺~中太麺」の割合が減っていました。また「その他」のフリーアンサーでは、「スープに合えば、何でもよい」という回答が多くみられました。

麺の固さの好みは「ふつう」が56%でトップ。「硬め」が34%に対し「やわらかめ」が6%とどちらかといえば「硬め」の方が好きなようです。

年代別で見ると、若い世代ほど「硬め」や「バリ硬」を選ぶ傾向が見られました。ちなみに、60代以上で「バリ硬」を選んだ人はわずか4名でした。

意外と特色が出ましたね。北は「ちぢれ」で、南は「ストレート」が好まれると。

調査団編集部:ポンシュク団長

その土地のラーメンのスープとの相性ってことですね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

そうそう、何事も相性が大事! ガハハ! ところで「麺の硬さ」なんて昔は聞かれなかったよね? 硬くしておかないと損したような気になるから、わかったふりして「硬めで!」っていうけどさ。実際はどっちでもいいかもしれないな! ガハハ!

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート06 ラーメン屋で食べるラーメン、1杯に払える金額は「700~800円」

ラーメン屋で食べるラーメンに、1杯いくらまで払える?

グラフ
編集部まとめ

総計では「700~800円」が24%とトップ。次いで「600~700円」で21%、「500~600円」で18%と、半数以上が500~800円程度、という回答になりました。

ちなみに「1,000円以上」払ってもよい、という人は非常に少なくわずか3%、「500円以下」つまりワンコインまでという人が14%でした。

年代別に見ると、若い世代の方が比較的高い金額を払ってもよい、と思っているようで、「700円以上」の割合は40代以下が50%以上、60代以上は33%となっていました。

どうも、いまだにラーメンというと1杯350円の印象が強いんですよね。団塊ジュニア世代ですけど。

調査団編集部:ポンシュク団長

350円って、いまや下手するとコーヒーも飲めませんよう。私の感覚では700円くらいですかねえ…。

調査団編集部:マリカナ副団長

最近は平気で1杯1,000円とかのラーメン屋もあるもんなあ。そういえば昔、朝方の歌舞伎町で屋台のラーメン食べたら2,000円くらい取られたことあったなあ。

調査団編集部:マリカナ副団長

レポート07 味以外に大事なポイント&美味しいラーメン屋を探すコツ トップ5

味以外にラーメン屋で大事なポイントだと思うのは?
美味しいラーメン屋さんを探す方法・コツは?

グラフ
編集部まとめ

味以外にラーメン屋で大事なポイントは「ラーメンの価格」が57%で1位。次いで「清潔感」が53%と、この2点はいずれも半数以上の人が大事だと回答していました。

女性は「清潔感」や「店の雰囲気」など店に関することを重視しており、男性は「ラーメンのボリューム」や「価格」などラーメンに関することを重視している傾向が見られました。

美味しいラーメン屋さんを探す方法・コツ、1位は「友人・知人からの紹介」で40%と断トツ。特に女性でこの項目をあげている人の割合が高くなっていました。

年代別で見ると、若い世代ほど「インターネット」や「雑誌・書籍」「テレビ」などいろいろな媒体を使って調べているようです。一方、60代以上は「混み具合」や「店構えの雰囲気」など実際に行ってみて確かめる派が多いという傾向も見られました。

女性の場合、やはり一人でラーメン屋さんに入るのには抵抗ありますからねー。「清潔感」「雰囲気」は重要かと思います。私は一人でも平気ですけども。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

私もけっこう平気ですねえ…。汚い方が美味しいんじゃないか、ってくらいで…。

調査団編集部:マリカナ副団長

私は入れないですねえ…。深夜の居酒屋は平気なんですけどねえ…。

「調査団員の声」では、美味しいラーメン屋さんを探すコツについて詳しく教えていただいたので、ご紹介します!

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
60代男性

コツなんて有りません。自分の舌で自分好みの店を見つけるだけです。人それぞれ好みが全く違いますから、人から勧められた店は必ずしも好みに合いません。だから自分で美味しいと思った店でも絶対に人には勧めません。前に美味しよと云った店が「あいつが、うまいと云った店たいしたことなかったよ」と陰で云っているの聞きましたので、それからもう人には云わないことにしています。 81才  北海道  既婚 男性

50代男性

昔はタクシーの運転手さんに聞くとか言ってましたが、好みは人によって違うので、あまりあてになりません。私が一番信頼しているのは、馴染みになっているラーメン店のオーナーや店長などの意見です。好きな味のラーメン店が進める味はほぼ間違いありません。彼らは毎日研究しているし他店のこと調べていますからね。時にはいっしょに探訪することもありますよ。 51才  福岡県  既婚 男性

40代女性

店頭に雑誌に取りあげられた時の記事が貼っていないお店、店内に有名人のサインがあまり貼っていないところ、厨房の上のほうや床が脂で汚れていない、店員が真摯で、行動が素早いお店はおいしいと思います。 43才  東京都  未婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート08 ラーメンVSつけ麺は「いつでもラーメン」派が68%と圧勝!

ラーメンとつけ麺では、どちらが好きですか?

グラフ
編集部まとめ

「いつでもラーメン」派が68%に対し「いつでもつけ麺」派はわずか2%と、ラーメン派の圧勝。「夏はつけ麺、冬はラーメン」派は21%、残りは「どちらも好きじゃない」「その他」という結果となりました。

また、年代が上がるほど「いつでもラーメン」派が増え、「両方好きで選べない」や「季節関係なくどちらも食べる」などの「その他」回答が増える、という傾向が見られました。

最近多いですよねえ、「つけ麺」のお店。冷たいのと熱いのがありますけど、夏は冷たいのがやはり美味しいですよね♪

調査団編集部:マリカナ副団長

断然ラーメン派です。私にとって「つけ麺」って『ハウスのつけ麺』がスタンダードなんですけど、ああいう味のはなかなかなくて…あれは美味かったなあ…。

調査団編集部:ポンシュク団長

ぜんぜんわかんない話してますけど、夏はやっぱり「つけ麺」ですよ。涼しげにつるっと食べられます。

「調査団員の声」では、どうしてラーメン派?orつけ麺派?の理由をピックアップいたしました。

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
40代男性

【いつでもラーメン派】つけ麺、今のところ「食べず嫌い」です。ラーメンはやっぱり熱いのをハフハフ言いながら、額に汗をにじませ、箸ですくい上げた麺のスープのからみ具合を気にしながら食べたいですね。ジュルル… 48才  京都府  既婚 男性

50代女性

【夏はつけ麺、冬はラーメン派】季節に合わせて、暑い時は冷たいのを食べたい。しかし暑い時にクーラーきかせて熱いラーメン食べるのも好き。冬のつけ麺もたまにします。 55才  和歌山県  未婚 女性

50代女性

【その他:お店でつけ麺が一押しとしていればつけ麺にします】普段はラーメンですがお店のおすすめがつけ麺ならつけめんにしてみます。たまにつけ麺で自分の好きな味に巡り合えることがあったので 51才  神奈川県  既婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート09 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査

1番好きなインスタントラーメン(袋麺)のブランドは?
1番好きなカップラーメンのブランドは?

グラフ
編集部まとめ

1番好きなインスタントラーメン(袋麺)のブランド、1位は「サッポロ一番 みそラーメン」で16%、2位は「サッポロ一番 塩らーめん」で13%、3位は「サッポロ一番 しょうゆ味」で9%とサッポロ一番シリーズが上位独占となりました。レポート04で調査した「好きなスープの味」ではしょうゆ>味噌>とんこつでしたが、インスタントラーメンでは味噌>塩>しょうゆのようです。

年代別で見ると「サッポロ一番 みそラーメン」はどの年代にも満遍なく人気ですが、「サッポロ一番 塩らーめん」は50代に、「サッポロ一番 しょうゆ味」は60代以上に特に人気でした。

また地域別で比較すると、九州では「ハウス うまかっちゃん」や「マルタイ マルタイラーメン」、東海では「寿がきや 即席SUGAKIYAラーメン」、東北や北陸・甲信越では「明星 チャルメラ」、北海道では「東洋水産 マルちゃん 正麺シリーズ」、関西では「日清 チキンラーメン」など、種類によって地域性が見られる結果となりました。

対して、1番好きなカップラーメンのブランド、1位は「日清 カップヌードル」で29%と断トツ。2位は「日清 カップヌードル シーフードヌードル」で14%、3位は「日清 カップヌードル カレー」で8%とこちらは日清 カップヌードルシリーズが上位を独占していました。

若い世代は「日清 カップヌードル シーフードヌードル」「日清 カップヌードル カレー」が、年齢が上がるほど「日清 カップヌードル」が好みのようです。

カップラーメンはダントツで「カップヌードル」ですね~。やはりスタンダードなノーマルのやつが一番美味しい気がします~ (*´∇`*)

調査団編集部:マリカナ副団長

私は「チリトマト」派です。いっぽうで袋ラーメンは面白い結果ですね。「サッポロ一番」の「塩」が女性に、「みそ」「しょうゆ」が男性に好かれています。あとなぜか「チャルメラ」は50代に人気ですね。

調査団編集部:ポンシュク団長

私は九州人なので「うまかっちゃん」「マルタイ」ですね。あと不思議なのは、関西で「チキンラーメン」、東北と北陸で「チャルメラ」、北海道で「マルちゃん正麺」が飛びぬけて人気なんですよ。地域ごとの好みの差なのか、たまたまそういうマーケティングだったのか…気になるところです。

「調査団員の声」では、そのブランドを選んだ理由をピックアップ。

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
50代男性

出前一丁は小さなときからうちで食べてた味で安心します。うまかっちゃんやサッポロ一番みそも好きですが頻度的には出前一丁ですね。カップヌードルは発売当時あまり好きではなかったのですが、その後「腹おさえ」の絶好のフードとして定着しています。私の中では、カップヌードルはラーメンではなく「食べるスープ」の感覚です。カップヌードルがすごいのは、お客さんがそれと気づかない間に日々進化を続けているということです。 51才  福岡県  既婚 男性

50代女性

サッポロ一番塩ラーメンは結婚してから夫の影響で食べるようになったが、大盛りキャベツと卵とウインナーを加えて作ると最高に美味しい。 そして、カップヌードルは何年たっても飽きない。偉大だ。 52才  東京都  既婚 女性

30代女性

日清 カップヌードル シーフードヌードル は亡くなったおじいちゃんが生前、一緒にプールに行った時にプール後に買ってくれたものでした。お腹がすいたプール後のカップヌードルはとっても美味しく、また、おじいちゃんの優しさも大好きで、そのシチュエーションがいつも楽しみでした。 28才  東京都  未婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート10 好きな麺類 1位は「ラーメン」、2位は「そば」、3位は「うどん」

1番好きな麺類は何ですか?

グラフ
編集部まとめ

1位は「ラーメン」で33%、2位は「そば」で23%、3位は「うどん」で13%でした。

男性は「ラーメン」や「そば」が、女性は「パスタ」や「うどん」が好きなようです。特に女性は「ラーメン」よりも「パスタ」の割合の方が高く、女性のパスタ人気がうかがえます。

年代で比較すると、60代以上において「そば」が大人気。60代以上の人のみ唯一「ラーメン」よりも「そば」の回答率が高くなっていました。

さらに地域別で見ると、「そば」は東日本で、「うどん」は西日本で強く、ラーメンは全国で満遍なく人気という傾向が見られます。

さらに、レポート01の「ラーメンの好き度合い」とクロスして見てみると、【嫌い派】は「そば」や「焼そば」「冷やし中華」などを選んでおり、【好き派】はやはり多くが「ラーメン」と回答していました。

ここまでラーメンで盛り上がっておきながら、女性の一番好きな麺類は「パスタ」、60代以上の男女は「そば」、という結果でした。まあ、男性と50代以下の男女では圧倒的に「ラーメン」なのですけどもね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

すみません、私も「そば」に一票入れました…。最近、調査団の60代以上の方と嗜好が似てきてて…。それにしても「そば」が好きな方って、ラーメンがあまり好きではない人が多いんですねえ。興味深いです。

調査団編集部:ポンシュク団長

私は「パスタ」に入れました。えっ? だって美味しいじゃないですか!!

調査団編集部:ポンシュク団長

調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 秋に行きたいところランキング 1位「紅葉の名所」2位「温泉」3位「ドライブ」
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 好きな女子テニス選手ランキング、1位 伊達公子、2位 杉山愛
  4. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  7. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  8. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  9. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  10. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官