【鍋奉行派】が24%、【鍋奉行ではない派】が75%という結果に

本文へジャンプします。


何でも調査団
グルメ 2015年1月16日

鍋についてのアンケート・ランキング

「この冬、食べたい定番鍋は?」「あなたが鍋をするときに欠かせない、鍋にはコレ! という食材は?」「あなたは鍋奉行?」など“鍋”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2014年12月26日~2015年1月8日/有効回答数:3,875



レポート07 【鍋奉行派】が24%、【鍋奉行ではない派】が75%という結果に

あなたは鍋奉行(鍋料理で仕切る人)ですか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「鍋奉行ではない」で47%、次いで「どちらかというと鍋奉行ではない」で28%でした。「鍋奉行です」と「どちらかというと鍋奉行」をあわせた【鍋奉行派】が24%に対し、「どちらかというと鍋奉行ではない」と「鍋奉行ではない」をあわせた【鍋奉行ではない派】が75%で、どちらかというと【鍋奉行ではない派】が多いようです。

■年代が上がるほど【鍋奉行派】が増える傾向
年代別で見ると、年代が上がるほど【鍋奉行派】が増え、30代以下では10%なのに対し60代以上は25%でした。ちなみに、男女別では大きな差は見られませんでした。

4人いると1人が鍋奉行って聞いたことがあるので、まさにその割合ですね! 鍋奉行の人ばかり2人も3人もいたらぶつかっちゃうので、ちょうどいいのかもしれませんw^▽^

「調査団員の声」では、こうすると鍋はおいしく食べられる! といったこだわりや工夫を教えていただきました★
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

寒い冬には体が温まるので家で良く鍋を食べます。妻と2人所帯なので、一人用の土鍋を2つ用意して、食材は一緒でも豆乳、ちゃんこ、カレー、トマトなど違った味の鍋2つを作って楽しんでいます。もちろん相手の鍋を少しだけ分け合って食べるので、2種類の鍋を食べることができて飽きないですよ。食材も変えるともっと良いでしょうけれど、面倒が勝ってしまいそうで…。 68才  埼玉県  既婚 男性

1人鍋×2! これはいいですね! 居酒屋で真ん中が分かれた鍋で2種類の味を楽しむことはありますが、スープが違うだけで全然違う食べ物になるので家でもやりたいです、やろう>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

醤油ベースのお鍋は味が薄くなると醤油を足すのではなく我が家は昆布茶をお湯で説いて味を調整します。その方がスープの色も濃くなり過ぎないので美味しくしめも食べれます。しめにご飯を入れる時、海苔の佃煮で味を調整するのも美味しいです(食べ終わったらお歯黒に注意!!ですけど…美味しいです) 49才  愛知県  既婚 女性

昆布茶を追加も、締めのときに海苔の佃煮で味を調整も、すごくおいしそうです~! 鍋って定番なだけに決まったものを入れがちですが、合うものがきっといっぱいあるんですね、鍋すごい(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

毎年、ゆずの出るころに、皮だけをおろし金で下して、塩、一味と混ぜて「ゆずコショウ」を作っておく、その「ゆずコショウ」を鍋のときは、取り鉢に、鍋のスープと大根おろしを入れて、ゆずコショウをお匙で1杯ほど混ぜて、鍋の具を食べる。鍋に必ずうどん(乾麺から茹でたもの)を入れるので、うどんともよく合う。 76才  滋賀県  既婚 女性

自家製「ゆずコショウ」ですか、ステキ★ ゆずコショウって体もあったまるし、味のアクセントにもなるので大好きです! ゆずコショウの風味がきいたうどんもおいしくないはずないですね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

日本人の味に対する欲求は、すごいと思う。だいぶ前に、自分でカレー鍋やチョコレート(甘くないココア)鍋などテストして、これはいけるなど悦に入っていたことがある。それから数年。カレー鍋は人気の品目に。ココアもあるお店でやっているとか。となるとこちらも何か考えようと、トライしている。ムズカシイですね。 71才  東京都  既婚 男性

40代男性

一般的には切った野菜や肉、魚を鍋に入れてグツグツっていうのがイメージなんでしょうが。ほんの一手間、、、例えば魚や、鳥つくねは一旦軽く湯どうしとかすると鍋に臭みが出ないとか、野菜も隠し包丁を入れたり、軽く塩で揉むとか、、、本来鍋料理って豪快な漁師料理とか色々あるんだけど、、、それとは別に料理屋で出す繊細な味や、技を楽しむ事の出来る料理でもあるんだよね。ちょっとの手間を家庭でもやって欲しいものです。まあ、準備&片付けが楽って意見が大多数な料理のはずだけど(笑) 41才  東京都  既婚 男性

60代男性

水炊きをしたときは、ポン酢で頂きます。スーパーで買ってきたポン酢は醸造酢を使っているようですが、農家に遊びに行くと庭になっているゆずを頂いてきて、ゆずの中味から果汁をたっぷりしぼって醤油を合わせて生ポン酢で頂くのが、柑橘の香でおいしいです。(一般的には皮の利用でしょうが、ゆずの皮は刻んで砂糖か蜂蜜漬けにしています。) 64才  群馬県  未婚 男性

40代女性

まず、昆布で出汁をとりながら湯豆腐、次に大根、春雨、人参、ネギ、きのこでゆずコショウで食べ、豚を投入、さらに野菜を足し、ポン酢、ゴマだれで食べ、締めに味噌煮込みうどんにしたり、おじやうどんにしたりします。さっぱりから徐々に味をつけるので飽きずに美味しく食べられるます。 49才  三重県  既婚 女性

50代女性

鯛しゃぶをした翌日のスープでおじや。絶品です。一寸お酒や調味料を加え、卵でとじて浅葱を散らします。すき焼きの残りは、翌日野菜を出してから水を足して、ジャガイモを入れると、肉、白滝の入った美味しい肉じゃがができます。玉ねぎを加えてもグーです。 57才  東京都  既婚 女性

60代男性

食べた後、スープだけを濾し取り、再加熱したうえで冷蔵します。翌日!おでんを煮ていただくか、シチュー・カレーの隠し味にします。なおこれは南極観測越冬隊の秘伝に学んだのであります。はい。 67才  愛知県  未婚 男性

40代男性

昆布ダシはしっかりと!乱暴に濃い目でOKだと思います。いつもの和風でも、チョッと洋風でも、昆布は無敵の土台です。例外はトマト鍋でしょうか。旨味成分が同じグルタミン酸なせいもあるのでしょうが、昆布を強くとりすぎるとケンカになり、トマトの良さが出なくなるようです。 45才  東京都  未婚 男性

50代女性

七味唐辛子や胡椒など香辛料は定番ですが、ゆずと三つ葉、もみじおろしも我が家の鍋には必需品です。鍋が残ってしまいそうな時、途中で一旦、果物や甘い物をほんの少し口にして口直し(ホンの少しがミソ)すると又、鍋に手がでて完食してしまいます。 53才  神奈川県  既婚 女性

40代男性

しゃぶしゃぶをする時は、あれば干し貝柱を入れます。残り汁に麺やごはんを入れると半端無く上品かつ旨みのある味になります。しかし普段からあるわけではない高級食材なので、いつもは薄めたラーメンスープでしゃぶしゃぶしています。 48才  北海道  既婚 男性

40代女性

ノーマルなぽん酢だけにこだわらず塩ポン酢や濃厚なゆずぽん酢、いろいろな味のものを用意して、その都度変えながら食べている。あとは日によってぽん酢の種類を変えて食べるので飽きがこない。 47才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

うどん屋でうどんとだしを買う。おだしがとってもコクがあるので、寄せ鍋の具の味が引き立ちます。もちろん最後にうどんと冷やご飯を入れて、美味しいおじやの出来上がり。 58才  大阪府  未婚 女性

50代男性

白モツは水だけで5回煮て、長ネギの青いところと生姜を入れて2回煮て、最後に青ネギと生姜を捨てて、新しい生姜・減塩しょうゆ・みりん・三温糖を入れて煮る。 50才  東京都  未婚 男性

30代女性

肉と魚は同じ鍋に入れない。スープやだしは個性が強くないものの方が食材のおいしさが引きたつ。野菜の甘みも引き出します。魚の鍋のだしは雑炊にすると絶品です。 36才  大阪府  既婚 女性

50代男性

カニすきの場合。カニは炊きすぎると美味しくないので野菜などを入れる前にカニだけ先に食べる。出汁に食べる分だけカニを入れ沈んだカニが浮いてきたら食べ頃。 56才  大阪府  既婚 男性

40代女性

知られていることですが、〆で雑炊をするとき、冷ご飯を水で洗ってから入れた方が、ドローっとせずに上品に仕上がるので、これは手間かけて行っています。 43才  香川県  未婚 女性

50代男性

広島に住んでから鍋にかきは欠かせません。どんな鍋にもかきを入れます。焼く、酢がき、かきフライなど、いろいろあるカキの食べ方の中でも鍋が一番です。 59才  岡山県  既婚 男性

50代女性

一人用の土鍋で家族分作ります。自分のペースで食べられるので。皆で一つの鍋だと肉が真っ先になくなる。一人用だと肉を最後まで取っておくのに・・ 52才  宮城県  未婚 女性

40代男性

中華風のスープ(鶏ガラ)の時は味の変化を楽しむのに牛乳を入れます。また、〆のラーメンを入れる時にはごま油を少々入れます 49才  大阪府  既婚 男性

50代男性

いわゆる黒酢の「中国香酢」(+醤油、七味)で食べると、ちょっとエキゾチックな鍋になります。 59才  静岡県  既婚 男性

40代男性

鍋、ご飯、卵、だし、醤油少々…カミサンが寝込んだ時に私が作る鍋料理「タマゴおじや」です。カミサン、高熱でうなっていてもこれを食べたいと言います。早く元気になっておくれと思いつつ出来立てアツアツのおじやを枕元に、それを冷ましながら食べてるカミサンを見て「早く元気になれや…」と思う。そんな思いが詰まった逸品です。 49才  東京都  既婚 男性

50代男性

自分で寄せ鍋を作る時の工夫です。白菜は、準備する時点から、白い芯の部分と、柔らかい葉の部分を分けておきます。私の工夫点は、鍋に具を入れる時点で、まず鍋の底に白菜の白い芯の部分を敷き詰めます。そうすると、煮えにくそうな芯の部分に早めに火が通りますし、強火にしても他の具材が鍋の底に焦げ付きにくくなります。なお、白菜の葉の部分は、他の食材と同様に、適当に鍋に入れればOKです。 54才  北海道  未婚 男性

40代女性

最近はお鍋の後のシメに鍋用のラーメン(麺のみ)を入れることが多くなりました。なのでそれに合わせて鍋に入れる野菜も白菜や春菊からキャベツやもやしに、出汁もそれまでの和風一辺倒から白湯風とかに…シメに合わせて本体を変える、実に本末転倒状態になっています。 47才  東京都  未婚 女性

50代男性

キムチ鍋やトマト鍋の最後には,チャンポン麺(棒ラーメン状の乾麺を茹でたもの)を入れて黒コショーを挽きかけて味を締め,取り分けた後に粉チーズとパセリのミジン切りをトッピングして頂きます。シメにオススメ。考えただけで旨そうでしょ。他の鍋でもOK!ですよ。 58才  京都府  既婚 男性

60代男性

特にこだわりはないが、煮て味の出るしかもしつこくない具材を1種類か2種類入れる。寒いこの時期になると、鍋という呼び方はつかないが、日本海から揚がった真鱈をあらや臓物ごと白菜などと入れて大鍋で煮る山形県庄内地方の「どんがら汁」が恋しくなる。 83才  千葉県  既婚 男性

50代男性

すき焼きは、一日目が安い牛肉。残り汁に割り下を加えて二度使いすると美味しい。保存は、冷凍しておいて一週間以内にすき焼き!同様に残り汁を冷凍保存。後日、牛丼かうどんすきに使用すると良い。三度楽しめますよ!(笑) 53才  岐阜県  既婚 男性

40代男性

長ネギですね。あれは最初から入れて、とろとろにして食べるべきです。絶対にそれの方が甘くて柔らかくて美味しい! 鍋の底に入れて欲しいのですが、見栄えの問題か?上の方に配置されているので、なかなか柔らかくならないんです。(怒)  47才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

一般的な寄せ鍋を作る時に、ちょっと一手間。出汁など入れる前にニンニク、生姜のみじん切り(擦ってもOK)と油少々を入れ鶏など香りをつけて焼き出汁を入れて鍋を作ると食欲増進、滋養強壮などなどで、美味いよ! 52才  兵庫県  未婚 女性

60代男性

酒、ワイン、ビールなどをたっぷり使う。具材がやわらかくなり、魚などの臭みも取れる。ビール鍋もやったことがあるが、肉がとても柔らかくうまかった。ビールの臭いがしばらく部屋に籠もっていたが。 66才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

1日目バラ肉と白菜やキャベツをタジン鍋のように蒸して好みのたれで食べて、下に溜まった汁をスープにトマト鍋にして2日目、さらに残ったスープでミートソースを作ると3日缶食べられます。 57才  北海道  既婚 女性

60代男性

味醂とかごま油とかケチャップとかコーヒーとかココアとかチョコレートとかインスタントラーメンのたれとかワサビとか山椒とか浅漬けの素とか、いろんな隠し味を試してみるのが楽しいです。 62才  千葉県  既婚 男性

50代女性

煮詰まってくると塩辛くなるので最初は極力薄めに作る。最初は空腹なので薄味でも美味しく食べられ、だんだんと味が濃くなってくるので〆まで飽きずに食べられる。 54才  兵庫県  既婚 女性

30代女性

きりたんぽ鍋を作る時に一緒に「だまこ」も入れるのですが、だまこを食べるのは翌朝になってから。当日食べるよりも一晩置いた方が味が浸み込んで、すごく美味しいです。 35才  秋田県  未婚 女性

50代女性

とにかく、だしをしっかり取って、下ごしらえの段階できちんとアク抜きをすれば、たいていの鍋は美味しくできると思います! 56才  石川県  既婚 女性

60代男性

金曜日の夜、鍋で食事する。スープは多めに残しておく。翌土曜日の昼、残ったスープに中華そばを入れて昼食。その日の夜は、ご飯を入れて雑炊にする。3食食べられる。 68才  大阪府  既婚 男性

50代女性

骨付きチキンを食べた後、骨を煮込んで出汁をとり、そのスープで鍋。けっこう旨い。 50才  東京都  既婚 女性

60代女性

煮ると旨みが抜けて繊維だけが残ってしまう食材(白菜やタラ等パサパサの魚など)は入れないほうがおいしい。ダシの出た汁を吸い込む練り製品などの食材は美味しくなる。 61才  愛知県  未婚 女性

30代男性

〆に炊いた米でなく生米を入れてリゾットみたいに仕上げると米が旨みを吸ってめちゃうまいです!!ちょっと時間はかかりますが…うまけりゃ待てる!! 27才  東京都  未婚 男性

50代女性

うどんすきのだしは、かならず昆布と削り節で自分でつくる。 50才  大阪府  既婚 女性

40代男性

スープを作る際に、大量の酒を水代わりに使う勢いで投入します。火にかけているうちにアルコールはほとんど飛んでしまいますが、旨味が桁違いに増します。 48才  岐阜県  既婚 男性

50代男性

いずれも料理の基本ですが、塩を十分に入れないと素材の味は引き出せません。それと、灰汁を丹念に取ると澄んだ味に仕上がります。 56才  栃木県  既婚 男性

50代女性

とにかく何種類も野菜や魚類を入れます。出汁をとらなくていいぐらい美味しくなります。 52才  新潟県  既婚 女性

50代男性

ごはんは一度水洗いしたものを使う⇒ぬめり・べたつきがとれてさらっと出来上がる。 58才  千葉県  既婚 男性

50代女性

どんな鍋でも日本酒と水を半々くいらい入れ沸騰させてからだしを入れると美味しい 54才  東京都  既婚 女性

40代女性

たくさんの人数でわいわい食べること。にぎやかであればおいしく食べられる。 44才  岡山県  未婚 女性

40代男性

シンプルに豆腐と白菜だけ。鍋の中央におろしポン酢を入れた大きな湯呑を置き豆腐や白菜をその温まったおろしポン酢に浸し、皿に取ってから食べると熱々で食べれます。ちょっと熱すぎるかも?でも体は温まります。 48才  奈良県  未婚 男性

50代女性

和風だしにガラスープを加えるとコクが出る。 54才  北海道  未婚 女性

60代女性

土鍋で作るのが本来の鍋料理なのでしょうが、鍋ではどうしても焦げてしまう事も、中華鍋は保温は出来ませんが、焦げも少なく最後までおいしく食べることが出来ます。 68才  宮城県  未婚 女性

鍋についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 住まいの中でおしゃれだといいなと思う場所 1位は「リビング」
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. 昼食時によく飲むものランキング 1位 緑茶、2位 コーヒー
  4. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  5. みんなの思う歴代の最強横綱ランキング、1位 千代の富士、2位 大鵬
  6. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 入院したときつらかったことランキング 1位は「お風呂に入れない」
  9. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  10. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官