お弁当選びで重視する点 1位は価格、2位は好物が入っているか

本文へジャンプします。


グルメ 2017年3月17日

お弁当についてのアンケート・ランキング

「お弁当を選ぶときに重視する点は?」「入ってると嬉しい、お弁当の定番おかずは?」「お弁当に入れてほしくないおかずといえば?」など“お弁当”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年03月03日~2017年03月09日/有効回答数:2,752



レポート04 お弁当選びで重視する点 1位は価格、2位は好物が入っているか

お弁当を選ぶときに重視する点は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

お弁当を選ぶときに重視する点の調査結果です。総合ランキングで1位は「価格」で54.8%、2位は「好物のおかずが入っているか」で42.8%、3位は「栄養バランス」で31.0%、4位は「ボリューム」で30.2%、5位は「見た目・彩り」で25.4%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「価格」 54.8%
2位 「好物のおかずが入っているか」 42.8%
3位 「栄養バランス」 31.0%
4位 「ボリューム」 30.2%
5位 「見た目・彩り」 25.4%
6位 「野菜の量」 19.2%
7位 「賞味期限」 18.5%
8位 「食べやすさ」 17.6%
9位 「カロリー」 12.6%
10位 「季節性・旬の食材の有無」 12.0%

■「価格」「ボリューム」は、女性より男性がより重視している

男女別でみると、全体的に女性が男性の割合を上回っており、女性のほうがさまざまな点をチェックして購入していることがわかりました。男性が女性の割合を上回ったのは「価格」「ボリューム」の2つのみでした。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「価格」 56.1%
2位 「好物のおかずが入っているか」 40.8%
3位 「ボリューム」 32.6%
4位 「栄養バランス」 28.4%
5位 「見た目・彩り」 23.8%
6位 「賞味期限」 17.3%
7位 「野菜の量」 16.8%
8位 「食べやすさ」 16.3%
9位 「カロリー」 11.5%
10位 「季節性・旬の食材の有無」 10.3%

【女性】
1位 「好物のおかずが入っているか」 50.4%
2位 「価格」 48.4%
3位 「栄養バランス」 41.0%
4位 「見た目・彩り」 31.4%
5位 「野菜の量」 29.9%
6位 「賞味期限」 24.4%
7位 「食べやすさ」 23.0%
8位 「ボリューム」 21.5%
9位 「季節性・旬の食材の有無」 18.4%
10位 「カロリー」 16.8%

私がお弁当を買うときは「好物が入っているか」と、「嫌いなものが入っていないか」をチェックしてます★

「調査団員の声」では、お弁当にまつわる嬉しかった思い出やエピソードを教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

高校生の時に始発で部活に行っていた子供に3年間お弁当を作っていました。部活の最後の集まりの時に、最後までお弁当を持ってきていたのは家の子だけだったと聞き、部活の他のお母さんから褒められたことです。毎朝4時に起きて作って大変でしたが、やり終えて良かったと思いました。 58才  神奈川県  既婚 女性

始発で出て行くお子さんに、毎日欠かさず3年間…すごいです、母の愛は偉大ですね(つω;`)私の母も、私が中学、高校とずっとお弁当だったのに毎日欠かさず作ってくれて、本当に感謝しています~!調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

母が作ってくれたお弁当に入っていた卵料理。玉子焼きか目玉焼きのどちらかだったのですが、卵焼きについては塩味・砂糖を使ってちょっぴり甘口・間に海苔を挟んだりシーチキンを混ぜたりといろいろレパートリーがあり、また時々入る目玉焼きはアルミホイルのおかず入れをフライパンにのせてその中にウズラの卵を複数入れて焼くという弁当箱に収まりやすい(かつ食べやすい)大きさのものだったりと今考えるととても懐かしいです。 53才  愛知県  既婚 男性

お弁当の玉子焼きなんて、シンプルな玉子焼きしか見たことないです、すごいー! お弁当箱に収まる目玉焼きもいいなーいいなー>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

母は遠足などのお弁当の時にはいつも可愛いメモ用紙に手紙を書いて入れてくれていました。「○○はどうですか?楽しんできてね」みたいな簡単なものでしたが嬉しくて、お弁当を食べる前のもう一つの楽しみでした。なので、私も子どもが小学校低学年までは手紙を入れるようにしていました。 44才  静岡県  既婚 女性

わ~、お母さんの優しさがステキでほっこりします(´ω`*) それだけでお弁当が10倍くらいおいしく感じそうですね~♪調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

昔を懐かしむような題名ですね、記憶の中では1度だけ家族で花見が思い出します。私が小学校高学年頃かな、妹二人弟一人と母の5人で花見ができる山の高台でおにぎりを食べた思い出があります、おかずに卵焼きそのおいしさに別世界に来た感じでした。当時、卵は貴重品で農家の私たちでも病気にならない食べられないものでした。今は、あり触れてるけど、兄弟で会うと、今でも口にします 68才  岐阜県  既婚 男性

50代男性

昭和50年ぐらいの事ですが、母が蒸発してすぐ小学校の運動会があったのですが、父は朝早く起きて弁当なんか作れないので、父がよく通っていた、ある飲食店のお兄さんが営業時間を無視して朝早くから弟と二人分のおにぎり弁当を作って、お金も受け取らずそっと運動会当日の朝に渡してもらった、あのお弁当の味が未だに忘れられません。世知辛い世の中は今に始まった事ではありませんが、こういう親切心のある方がいつの時代もいてほしいものです。 51才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

たまたま小学校の給食がお休みの日で、その日は弁当持参日だった。母が「おかず」と「ごはん」の2段重ねで弁当を作ってくれていたのだが「おかず」の方を入れ忘れたらしくお昼の時間になって弁当を開けてみると、ごはんの真ん中に梅干しがひとつだけの見事な「日の丸弁当」となっておりとても恥ずかしい思いをした。まわりの級友たちは特に大きくはやし立てるようなこともせず、おかずを少し分けてくれたりした。逆にそうされると家が貧しいのだと思われているのだろうかと思いさらに悲しい気分になった。もう40年以上前のことだが、その当時はすでに「日の丸弁当」の時代ではなかったので話には聞いたことがあっても「日の丸弁当」を持ってくる子は当然だれもいなかった。これがトラウマになったのか、今、家族のために弁当を作る時にはまわりから見られて恥ずかしくない弁当をすごく意識して作っている。 54才  群馬県  既婚 男性

40代女性

昔から大食漢で食いしん坊の私の為に、母が早起きをしてお弁当を作ってくれていた。友人達、近所の仲好くしているご家族間、両親の友人達の間でも評判の料理上手な母の作るお弁当がいつも楽しみだった。とても大きな2段のお弁当箱に色とりどり、様々な種類のおかずがぎっしり、ご飯類炭水化物は別のお弁当箱に。おにぎりだったり、ちらし寿司、焼きそば、パスタ、お好み焼き、と、こちらも毎日バラエティに富んでおり、更にフルーツ、手作りデザート入りのタッパーも入れてくれていた。自分で時折作る様になり、豪華で大量のお弁当作りは本当に大変だったろうな、と今更ながら母に大感謝(当時も有難く思っていたが)。 40才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

弟が小学校6年生の時の遠足のお弁当をピンチヒッターで作る事になった。母親が入院中で私は中学生。普段の家事は父親がやっていたが当日は夜勤だった。朝早起きして登校前に頑張って作ったが、弟の好物ばかりを作ったらフライなどが多く茶色いお弁当になった。今思い出すと人様に見せられないくらい恥ずかしいお弁当だったが弟は美味しいと言ってたのが嬉しかった。 53才  広島県  既婚 女性

60代男性

幼少のころの思い出です。祖父母の家の裏に竹藪があり、竹の皮を拾ってきました。祖母におにぎりを作ってもらってその竹の皮に包んでもらったものです。おにぎりの中には梅干しが入っており、おかずといえばたくあんだけだったのですがそれを持って祖父と一緒にキノコとりや魚釣りに行ってふたりで食べました。当時はお肉屋さんでもお肉の包装に竹の皮を使用しておりましたが今ではまったく見かけなくなりました。いまでもタケノコ堀りに行くたびにやさしかった祖父母をおもいだして感傷に浸っております。 75才  広島県  既婚 男性

60代男性

出向して働いていた時、職場の近所の弁当屋で昼の弁当を毎日のように購入していました。その出向が終わるその日、店で「今日で帰ります、長い間ありがとう」と伝えたら、「こちらこそありがとうございました、お礼に今日はお弁当さし上げますから持って帰ってね」と言われ、さらにボトルのお茶までもらって帰りました。恐縮してしまったけど、親切で感じが良かったあのお店、今も繁盛してるかなあ。もう20年近く昔の札幌在住時代のお話でした。 60才  大阪府  未婚 男性

50代女性

高校生の息子とケンカした翌日の弁当は、私のストレス発散の場となっています。ある日は宇宙人(グレイ)のおにぎり、ある日は下にドライカレーを敷き、その上は白ご飯のみ、お昼に驚く姿を想像して作っています。ただ、高校での最後の弁当の卵焼きを普段は出汁のきいた味付けを息子が好むちょっと甘めな味付けに変えました。気づくかななんて思ったら、帰宅してお弁当と共に玉子焼きの味付けの事、お弁当を作ってくれたことへの感謝の言葉をもらいました。 52才  山形県  既婚 女性

60代男性

毎年家族で弁当持参のお花見をするのですが、桜の木の下で食べるお弁当は特別な品ではないけど、味は格別です。ただ時折強風が吹くと桜吹雪は風情あっても、慌ててタッパの蓋をしたり埃からお弁当を守るのも大変。今年も間もなくそんな季節です。 68才  東京都  既婚 男性

40代女性

中学校はお弁当だったのですが、クラスにある日だけ、やたら内容が豪華になる人達が。理由は、小学校でイベントがあると、給食がなくてお弁当なので、ついでに上の兄弟の分も豪華になるという。なので、中学校で小学校の行事予定が分かるんですよね(笑)。 44才  愛知県  既婚 女性

40代女性

遠足のときには、いつもサンドイッチをリクエストしていました。イチゴジャムのサンドイッチとポテトサラダのサンドイッチが大好きで、いつもお弁当が楽しみでしたが、母親からは作るのが楽で良かった!と言われます。大人になって思うと、おかずなしで、あんなにサンドイッチだけが大好きだったのが不思議です。 43才  東京都  既婚 女性

40代男性

子供の頃、千葉から鹿児島へ夜行列車で往復した帰り、駅弁に気に入ったのがなかったので、祖母に弁当をお願いしました。叔父の学校とき以来久しぶりと喜んで作ってくれて、たくさんだったので、夜行の中で3回に分けて食べました。おにぎりはちょっとしょっぱかったです。亡くなった祖母の話をするときに必ず出る話題です。 48才  鹿児島県  未婚 男性

50代男性

子供たち(2人)はいつも母親が作るお弁当に不満を持っていた。突然別の話になるが、7年程前から猫を飼い始めた。この猫が毎朝3時頃に「お腹がすいた」と私を起こしにくるようになった。ここから再び弁当の話。3時に目が覚めてしまって、出勤までに時間がたっぷり余るようになったので、一念発起!私が子供たちの弁当を作ってみることにした。母親の弁当に対する不満をいつも聞いていた(母親に直接言うと逆ギレされるので私に言う)ので、そこに配慮しながらいろいろ工夫し、新しい要望なども取り入れながら作っていったので、それなりに好評だった。そして今年、下の子も高校を卒業、お弁当作りも先日ついに終了した。感慨深いものがあります。 54才  静岡県  既婚 男性

50代男性

単身赴任先の住居に、大学受験に失敗した息子が有名予備校に通うためにやってきた。その間、7~8カ月だったが、節約のため毎日弁当を作って持たせた。我ながら良くやったなぁと思うが、平日は息子も夕飯を作っていてくれることもあり、持ちつ持たれつだった。 52才  岡山県  既婚 男性

40代男性

高校の体育祭。日曜日が雨で順延。平日になった。家族が見に来るというのが極端に減り、家は近く家族が来ていたが、きていない友達と一緒に食べたりしていた。それはそれで、家族受けもよかったし友達も普通のお弁当+うちの特別版が食べられてよかったらしい。日曜日開催だとなぜか不満な友達が多かった。 44才  福岡県  未婚 男性

50代女性

子供が通っていた幼稚園では、遠足の時には「おにぎり二個、おかずなし、デザートなし」と決められていたので、おにぎりの中にから揚げを入れたり、焼き肉を入れたり、苦労しました。小食だったので、手のひらに隠れるようなおにぎりをゆかりご飯で作り、ほうれん草を混ぜた玉子焼きを中に入れたり、ふつうのお弁当を作る時より手間をかけていたかもしれません。 57才  大阪府  既婚 女性

60代女性

幼稚園での思い出です。時々お弁当の日がありました。おかずは卵焼き・きんぴらごぼう・五目煮の汁を除いたものなどで大好きな焼き魚はどういう訳か入っていませんでした。親しい◎◎ちゃんにはいつも入っていたので少し分けてもらってました。勿論母には内緒でした。ある日残った骨でばれてしまい叱られました。 74才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

お弁当はいつも妻の手作り。管理職は、昼休みも緊急時の待機要員のため離席出来ない。買いに行くことも不可能なので人に頼むしかない。そうすると昼には食べられないので愛妻弁当になる。砂糖の入らない関西風の卵焼きが定番。だって夫婦ともに関西人だからです。関東の田舎では卵焼きに砂糖が入るので食べられない。夫婦にとってだし巻き卵が普通の卵焼きですから。 67才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

独身時代よく通った会社近くお弁当屋さんでは、給料前の時期になるとおかずを大目にしてくれたり、賞味期限が近いからってカップのお味噌汁なんかを無料でつけてくれたり、好き嫌いを聞かれたので、苦手な食材を言ったら他のものに替えてくれたりと…おふくろが作ってくれるお弁当みたいな感じだったな。 53才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

面倒くさがりだった私は、お弁当の後空きの容器を持って帰るのが嫌で、遠足のお弁当は銀紙に包んだおにぎりとおしんこのみ。これだとごみとしてすてられるので、本人的には満足だったのに、一緒に食べる仲間がいつも「これも食べな」とおかずを分けてくれた。キチンと理由を言ってるんだけど、毎回そう。優しい子に囲まれて幸せだったんだろうなあと思うけれど、自分に対しては今考えるととても恥ずかしい事だと、思います。 53才  福島県  既婚 女性

50代女性

奮発した食事に行ったとき、気に入った料理などでお弁当としても売ってるものがあったら買って帰ってしまいます。夕食のあとで「本日中に」というパターンはあきらめ、翌朝や昼まで大丈夫そうなのに限られてはしまいますが。奮発した食事+お弁当になるので出費はかさみますが、頻繁にではないしこれくらいの贅沢はしたいものだと思ってます。 53才  東京都  未婚 女性

60代女性

ボランティアの日は、おにぎり持参。朝の手作りやたまにスーパーで買うことも。手作りの時の梅干しも手作り。塩分を控えて自分で作るととても美味しい。時季になると、黄色く熟れた大き目の梅を選ぶのが美味しい梅干しになる。これまでに大小の梅や減塩も様々作ってきて、この梅選びが我が家の美味しい梅干しのコツ。毎年3キロ、色よく形よく味も良く漬かった時は嬉しい。この梅干し入りのおにぎりを海苔で包み、お昼に食べる時の幸福感は格別で美味しさも倍増。 68才  神奈川県  既婚 女性

50代男性

片親だったので、子どもの頃、母が運動会に作って来てくれた「おにぎり」はとても嬉しかった。昔は、離婚や死別は少なく、父がいないことで肩身が狭い思いがあった。しかし、仕事で忙しい中、毎日の食事を作るだけでも大変なのに、運動会の弁当でも手を抜かない母の生き方に感謝しています。 58才  千葉県  未婚 男性

50代女性

母は料理好きなのですが、子どもがたくさん食べないと、とても心配するのでした。お弁当も、おかずを何種類も入れた上、おむすびが大きいのです。表面の塩と真ん中の梅干しだけでは、単調なごはんの味が続き、完食するのはちょっとした試練でした。おかげで今は、大食いの大人になりました。 56才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

新潟新幹線が出来た頃、高崎駅を過ぎると「まいたけ弁当」が車中に持ち込まれ販売された。お弁当としては少し少なめの量であった。ごはん迄黒っぽく色が付き、まいたけの香りが今の養殖のものとは異なり大変強く、濃い味つけの美味しい弁当であった。まいたけの美味しさをこの弁当で知ったようなことです。帰りには家へのお土産にもし喜ばれました。 73才  千葉県  既婚 男性

30代女性

小学2年の時、遠足先でお弁当を広げた瞬間に地面に全部ひっくり返してしまい…半べそかいていた私に、クラスメイトが自らのお弁当のゴハンやおかずをちょっとずつ分けてくれて、3人前くらいの量が集まりました。私は感激して、一粒も残さぬよう全力で食べたことがありました。 29才  東京都  未婚 女性

60代男性

子どもの頃から旅先で食べる駅弁が大好きで楽しみだった。折箱の蓋の裏についた、経木の香りのする硬い米粒がおいしくて、それで硬めのご飯が好きになったように思う。今でも印象に残っているのは、高校の修学旅行の時、列車内で配られた福島駅の「煮込みカツ弁当」。幕の内弁当が中心で凝った弁当は少なかった当時として衝撃のおいしさだった。毎年、有名な京王デパートの駅弁大会が楽しみで通っているが、地味でも郷土色を生かしたロングセラーにがんばってもらいたいと感じるこのごろです。 61才  東京都  既婚 男性

50代女性

学生の時にお弁当を毎日母が作ってくれてて、昔だから今みたいな洒落たものじゃなくて煮物が中心で、よく汁がこぼれてて本にもついたこともあったから、玉子焼きとマルシンのハンバーグだけでいいからって言うと、そんなんだけじゃ栄養がないといつも言ってた。毎日マルシンのハンバーグと玉子焼きをずっと一年作ってくれてたし、工夫してご飯の間に鰹を入れてくれたりごま塩とか、懐かしい思い出。それでも私は嬉しかったな~ 55才  兵庫県  未婚 女性

60代男性

父が出征していた小学校二年生の疎開先で近くの山へ食糧確保も兼ねたウサギ狩りに行き昼になったが、たまたま母が急病で倒れて食事を作れず弁当はおろか朝食も食べずに山を駆け回って死ぬほど腹が減っていた。弁当が無いので皆から離れて我慢していたところへいつも厳しい先生がおいでになりおにぎりを分けて下さったときのことはいつまでたっても記憶から薄れること無く情景を伴って思い出される。 79才  愛知県  既婚 男性

50代女性

中学・高校の6年間はお弁当でした。ご飯とおかずが別々の容器のお弁当箱を使っていましたが、ご飯よりもおかずをたくさん食べたいので、母にお願いして、ご飯容器の1/5のスペースにもおかずが入っていました。毎日作るのは大変だったと思いますが、文句も言わずにいろいろ作ってくれた母に感謝です。 52才  大阪府  既婚 女性

50代女性

ウン十年前、大学入試のため親の知り合いの家に泊めてもらったのですが、入試当日、お弁当を作ってくれました。冷めても食べやすいようにと、ちょっと小さめのいなり寿司とスティック状の鮭?フライと卵焼きが入っていて、初めての入試で緊張していた状態でもしっかり食べられました。泊めてもらっただけでもありがたかったのに、心づくしのお弁当のおかげで無事合格する事ができました。 53才  鹿児島県  既婚 女性

60代女性

子ども達が小学生だった頃の運動会。祖母を含め、5人分のおにぎりを握り、鶏の唐揚げを作り、卵焼きを作り、果物や野菜もお漬け物もたっぷり詰めました。年に一度ということで、気合がはいりすぎ(?)早起きしたにもかかわらず、お昼近くにようやく持っていくことができました。それが、ものの10分足らずでなくなり、嬉しいようなあっけないような、そんな思い出があります。 65才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

職場に「おにぎり弁当」を作って食べています。資格的に調理師ですので三角むすび2個(ゴマ塩)と、おかずの「鮭の切り身」「玉子焼き」「マヨネーズサラダ」「カボチャの天ぷら」「ウィンナー」等で食していますが、職場にいる中国人(女性)からおかずについて、褒められた事がありますね。ごく一般的かと思うのですが。 63才  北海道  未婚 男性

40代男性

つい先日小学2年生の娘のお弁当を初めて作ってあげた時。嫁が夜勤で居なくて、学校行事でお弁当が必要だったので前日娘とスーパーへお買いもの。入れてほしいおかずとごはんの状況を確認しながら買い物して、夕食の後、仕込みして翌朝の準備。 元々パパの卵焼きが大好きって言う娘に甘くてふんわりな卵焼きと、から揚げ、その他もろもろとごはんには少しだけ味海苔で詰めたごはん。それと少しだけ野菜。野菜嫌いな娘でいつもは残してくるのに、今日のお弁当は美味しかった~!って言いながら完食した弁当箱を嫁に見せていた。嫁に勝った!って思う瞬間!! 43才  東京都  既婚 男性

60代男性

東京駅に行った時各地のお弁当屋により、普段食べられない当地のお弁当を少し高めでも食べたい物を買って、自宅で食べるのが楽しみで、東京駅に行く時は必ず購入してくる。最近は催しで各県のお弁当を販売する時が多くこの時も価格は抜きで食べたいものを妻と二人楽しみに購入して自宅で食べる様にしている。 74才  東京都  既婚 男性

60代男性

丼ものが好きですが、スーパーは汁がご飯にしみこんでしまっており何か美味しく感じないが、コンビニではご飯と具が別々に(2段形式)入っており購入時点で温めてくれるので、自家製と変わらぬ味が味わえます。…こんなのは古い話ですがあまり買ったことのない私には気に入りました。 66才  奈良県  既婚 男性

60代男性

今回の弁当に駅弁を入れるならば、ボケ爺の記憶に残っているのは、東北新幹線で帰省するときの駅弁。法事などで帰省するときは上野駅で郷里の実家に電話し、留守を守る家族たちの希望を聞く。上野駅の売店から始まり途中駅であれこれと著名な駅弁を買いこんで7、8個抱えて郷里の駅に着くと姪などが車で迎えてくれる。実家に着いて皆で品定めしながらそれぞれの弁当を食べるのが楽しかった。仏壇にも土産代わりに駅弁を一つ供えたが、亡母の写真を見ると「今回は鯊の旨煮とアサリの入った深川飯はないのかい。贅沢だねえ」と云っている感じだった。 85才  千葉県  既婚 男性

50代男性

お弁当と言うのか、僕たちが小学生の頃は「運動会」は家族で昼食を食べるのが恒例でした。そんな中、僕の家ではお袋の「いなりずし」が定番で、その「いなりずし」の味を忘れることができません。今でも事あるごとに「いなりずし作ってよ」ってお袋にせがみますが、あの運動会の時と同じ味が僕を幸福にしてくれます。 52才  長野県  既婚 男性

60代女性

昔からお弁当作り大好き。子供の幼稚園時代に始まり、給食のない小学校の時期も、子供に必要なくなってからは自分が職場に持参。最近は友人と梅見に自作のお弁当を持参しました。好評の秘訣は色取り、味付けしっかり、水気はダメ、食べ易く(大きさ硬さなど)漬物も主役、空き箱利用で遊び心も。献立は臨機応変、自在に。食べる場面とその人を思い浮かべて作ります。喜び上手に会う度に、こちらも嬉しくなりました。 79才  東京都  既婚 女性

60代男性

アメリカの人たちと山歩きをした時、彼らの弁当がとても寂しい物でした。おかずの無いパンやりんごの丸かじり、お菓子の袋からキャンディーなどでしたが、我々の日本人側のお弁当はたくさんのおかずや色とりどりの惣菜でとてもきれいで家族の愛情がいっぱい詰まっている内容でした。彼らはとても羨ましいと言っていました。 77才  神奈川県  既婚 男性

60代女性

私が子供のころは今のようにコンビニとかスーパーもたくさんなくて、日々のお弁当も母が作るものでした。小学校のころは、親戚や父の会社の人たちとよく花見に行きましたが、母が巻きずしやらいなりずしやら作ってくれて、普段とは違うお弁当で、しかも大勢で食べて子供のころの思い出になりました。母のお寿司は最高でした。 61才  広島県  既婚 女性

50代男性

10年ほど前、夜の勤務の時、いつも出前(しかも好きな生姜焼き定食)を頼んでいました。そのうち、案の定、高血圧になるなど体調を崩し病院通いをすることになり、以来、妻手作りの弁当を持参するようになりました。今は昼の勤務だけということもありますが、妻の弁当と薬のおかげで落ち着いています。 58才  宮城県  既婚 男性

50代男性

下の子が4歳の時から父子家庭になったので、調理経験のほぼまったくなかった私がお弁当も作らねばならなかった。「タコさんウィンナー」の足がどうすれば反り返るのかわからずにいたが、やってみて当たり前のように反り返ることに感動した。 59才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

母が作ってくれたお弁当は地味な色味のお弁当で、友達のカラフルでかわいいお弁当がうらやましかったです。でも、いつもおいしくて、嫌いなものは入れないようにしてくれていたんだなと思います。家族にお弁当を作るときには、母が作ってくれたおいしいお弁当のおかずを思い出しながら作っています。 53才  茨城県  既婚 女性

60代女性

駅弁が思い出としての記憶は鮮明。父と電車で出かけるときは必ずお茶と弁当を買ってもらいました。一番記憶にある当時としては器に入った釜めし弁当!自分が働くようになってからは仙台駅のひもを引くと熱々になる牛タン弁当で、はじめは不思議でしょうがなかったですね 68才  宮城県  既婚 女性

50代女性

誰かにお弁当を作ってもらう事がほとんど無い人生でしたので、大人になって友人と一緒に野球観戦に行った時に、その友人がお弁当を作って来てくれて、前日から下ごしらえをして、沢山の種類のおかずが入っていて、味もとっても美味しくて、感動して思わず涙が出てしまいました。 57才  福岡県  既婚 女性

40代男性

小学校のとき、先生に「お弁当の玉子焼き美味しそうだなあ」と褒められたこと。母の手作りの玉子焼きでしたが、焦げ目がないのが美味しそうに見えたとのこと。焦げ目がない玉子焼きは作るのが難しいと、その時に初めて知りました。今でも玉子焼きは好物ですが、どうしても焦げ目の有り無しを気にしてしまいます。 46才  千葉県  未婚 男性

お弁当についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 期待の2017年春ドラマランキング 1位 ひよっこ、2位 警視庁捜査一課9係
  2. 0時前には寝る人、30代以下は37%、60代以上は76%
  3. よく読まれている新聞の紙面ランキング 1位は「一面・総合面」2位は「社会面」
  4. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. 男女で異なる? コンビニでよく買うもの調査!
  8. お酒で失敗したことがある人は3人に2人&具体的な失敗ランキング
  9. 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査
  10. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官