お好み焼きにかけるもの人気1位はお好み焼き用ソース、2位はかつお節

本文へジャンプします。


グルメ 2017年5月26日

お好み焼き・たこ焼きについてのアンケート・ランキング

「お好み焼きはご飯のおかずになると思いますか?」「お好み焼きで欠かせない具材といえば?」「焼きあがったお好み焼きに何をかけて食べますか?」「利用したことがある、お好み焼き・たこ焼きのチェーン店は?」など“お好み焼き・たこ焼き”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年05月12日~2017年05月18日/有効回答数:2,643



レポート04 お好み焼きにかけるもの人気1位はお好み焼き用ソース、2位はかつお節

焼きあがったお好み焼きに何をかけて(もしくはつけて)食べますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

焼きあがったお好み焼きに何をかける? という調査です。総合ランキング1位は「ソース(お好み焼き専用)」で70.8%、2位は「かつお節」で68.5%、3位は「青のり」で67.3%、4位は「マヨネーズ」で60.8%、5位は「ソース(中濃)」で34.3%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ソース(お好み焼き専用)」 70.8%
2位 「かつお節」 68.5%
3位 「青のり」 67.3%
4位 「マヨネーズ」 60.8%
5位 「ソース(中濃)」 34.3%
6位 「ソース(ウスター)」 10.4%
7位 「七味唐辛子・一味唐辛子」 7.0%
8位 「醤油」 5.0%
9位 「ケチャップ」 4.5%
10位 「ポン酢」 2.6%

■若い世代ほど「マヨネーズ」をかける傾向がある

年代別にみてみると、「マヨネーズ」をかけて食べる人は、60代以上では51.1%。そこから年代が若くなる人ほど割合が増え、30代以下では71.4%と若い世代ほどお好み焼きに「マヨネーズ」をかけて食べる傾向があることがわかりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「かつお節」 74.3%
2位 「マヨネーズ」 71.4%
3位 「ソース(お好み焼き専用)」 68.6%
4位 「青のり」 60.0%
5位 「ソース(中濃)」 34.3%

【40代】
1位 「ソース(お好み焼き専用)」 73.1%
2位 「マヨネーズ」 71.0%
3位 「かつお節」 70.6%
4位 「青のり」 66.3%
5位 「ソース(中濃)」 39.2%

【50代】
1位 「ソース(お好み焼き専用)」 77.3%
2位 「かつお節」 69.7%
3位 「青のり」 69.0%
4位 「マヨネーズ」 66.1%
5位 「ソース(中濃)」 33.5%

【60代以上】
1位 「青のり」 66.6%
2位 「かつお節」 65.9%
3位 「ソース(お好み焼き専用)」 64.7%
4位 「マヨネーズ」 51.1%
5位 「ソース(中濃)」 33.3%

ちなみ地域別でみると、関西、中国・四国、九州では、「お好み焼き専用ソース」を8割以上が使っていました~。
私はソース、青海苔、マヨネーズをかけて食べてます~(*´H`*)

「調査団員の声」では、お好み焼きの思い出や、好きな種類や具材などについて教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
30代女性

普段は料理をしない父ですが、お好み焼きだけはこだわりがあるらしく、自分で作る。そして、具材はシンプル(キャベツ・豚肉・紅ショウガ)ですが凄く美味しいです。 39才  東京都  未婚 女性

普段料理をしないお父さんのシンプルお好み焼き、いいですねー>v< お好み焼きってひっくり返すとき重たいから、男の人がくるんって軽くヘラで裏返すとカッコいいなって思います!調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

生まれも育ちも生粋の大阪人です。結婚してから約33年間、1ヶ月に1回以上はお家お好み焼きを作っています。子供が社会人になった今も変わらない家庭の味を提供しています。多めに焼いて冷凍し、昼食やもう1品ーって時に出します。 55才  大阪府  既婚 男性

33年間、1ヶ月に1回以上作った料理は間違いなく家庭の味ですね(´▽`人)うちは母の作る卵焼きかな~、食べないとなんか物足りなくて、食べるとほっとするんですよね♪調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

広島に出張した時に食べたお好み焼きです。お好み焼きはもちろん、文句なしのおいしさ。それに加え、お好み焼きができあがるまでにカキを焼いてもらい、いただきました。地元もカキの産地ですが、広島も国内有数の産地。鉄板で焼いたカキのうまみを口の中に残しながら食べたお好み焼きは格別でした。 58才  宮城県  既婚 男性

わー、さすが広島! お好み焼きの前に鉄板で牡蠣なんて贅沢★牡蠣のうまみを口の中に残しながらお好み焼き…じゅるり(^q^)調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

中国山地のど真ん中で育ちました。現73才の小生が小学校4年生の時に、駄菓子屋のおばあさんと孫娘が、小さな鉄板を置いた屋台でお好み焼き屋を始めました。珍しい食べものの少なかった田舎町ではこれが子どもたちの間で大評判になり、小生も1週間に1回位通いました。溶いた粉を薄く敷いて、魚粉をパラリと散らし、一握りのキャベツと2、3切れの豚バラ肉、一つまみのねぎだけの簡単な物でしたが、それまでに経験のない味で非常に美味しく感じました。その後、町の食堂で本格的なお好み焼きが始まるようになりましたが、子どもたちはその店に通い続けました。残念ながら、小生が高校生のころおばあさんが亡くなられ、その店はなくなりましたが、同窓会ではよく話題に上ります。 73才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

大阪人のソウルフード、お好み焼き。母、義母、妻、私の作るお好み焼きは少しずつ異なり、個性がでるが、どれも美味しい。また、お店で食べるものもテークアウト専門の屋台お好み焼き、1枚500円前後の近所の豚モダン焼きのお店、有名チェーン店、こだわりの広島焼き、色々楽しんでいます。自分の作るお好み焼きは豚バラ、エビ、イカを具に、生地は小麦粉、卵、すりおろした山芋にだしの素少々で、天かす、こんにゃく、紅ショウガと小口切りのねぎを生地と具の上に乗せ、トッピングに乾燥小エビととろろ昆布で焼き上げます。ソースは大阪地元産のお好みソースにマヨネーズ、粉ガツオと青のりを振り、七味唐辛子を振って召し上がれ。 57才  大阪府  既婚 男性

60代男性

東京出身60代です。お好み焼きは身近なものではありませんでした。お好み焼きを初めて食べたのは20代前半のころです。幼少の頃は祭り屋台等では、お好み焼き風の通称「ドンドン焼き」と云う水溶き小麦粉のやや薄焼きに切イカをのせ薄いソースを塗っただけのクレープに近いものでした。自宅でもおやつとして具材のないドンドン焼きを食べていました。今では食べてはいません。貧乏家庭の腹満たしのようなものでしょうか。初めてお好み屋さんでたべたときは具材の多さと作り方食べ方の能書きの多さにおどろきました。その記憶があるのでしょうかシンプルなお好み焼きが好みです。 61才  東京都  既婚 男性

60代男性

長男の奥さんは、関西育ちでお好み焼きを作るのが大のお得意。結婚時の持参品は平らなお好み焼き用の鍋と小さな団子状が並んだとたこ焼き用の鍋で、長年愛用している。いつも我が家のパーティで張り切りで作ってくれるのが、奈良風お好み焼きだった、その特徴は山芋のすりおろしとサイコロに切ったお餅が入っていること。それにタマゴ、青ノリ、カツオ節とくる奈良風の食感は、いつも作って欲しいと希望が出るほど。でも、今年、夫と共に英国に住む事が決まった。もちろん例の鍋が一緒だからロンドンっ子の舌を楽しませてくれることだろう。でも数年後には素敵なロンドン風味のお好み焼きが味わえるはず、それが今からの楽しみです。 73才  東京都  既婚 男性

60代男性

53年前、お好み焼きをまだ食べたことなく、九州から大阪の会社に就職した。お好み焼き店で注文したところ、自分で焼くことが前提であることを知らなかったので、食材を前に途方に暮れた。優しい女将さんが見かねて、説明しながら焼いてくれた。人情がプラスされたお好み焼きは、特段においしかった。 77才  福岡県  既婚 男性

50代男性

私の学生時代を過ごした町では、高専ダゴ(今では結構ネットで検索するとヒットします)というソウルフードがあり、友達と連れだって月一位のペースでお邪魔していました。ここのウリは、大きさです。概ね縦80cm×奥行き40cm位の鉄板ほぼ一杯になる大きさのお好み焼きが特製で、若い頃は一人で食べていました。同じ味だと、どうしても飽きるので、はじめは店員さんの味付けのままで食し、ついでは、別添の辛口ソースを小皿にいただき、味に変化を加えて食べ進めます。それでも飽きてくるので、標準の甘口ソースを小皿に入れ、魚粉を山ほど加えて更に食べ進めます。たいていこれでなくなりますが、余った際は別添のマヨネーズで味をまろやかにして食べます。それでも食べきれない方がいた場合には、安心してください。「すいません残りを持ち帰りたいので…」と店員さんに言うと、持ち帰り容器とレジ袋も無料でくださいます。今度はいつ食べることができるかな、高専ダゴ! 56才  鹿児島県  既婚 男性

60代男性

我が家では昔はただ「お焼き」と呼んでいた。信州生まれの祖母を持つ母にとって「お焼き」は主食の一種で、よく昼ごはんにしていた。ただタコ焼きやせん餅、うどんなどを御飯のオカズにする京都育ちの祖父に、デンプン質をデンプン質のオカズにしない信州生まれの祖母が、普段は仲が良いのによい顔をしなかったのが面白い。子供の頃の食習慣はなかなか変わらないものらしい。 67才  鹿児島県  未婚 男性

60代男性

札幌勤務のころ、社内パーティでホットプレートを3個用意し、広島営業所に頼んで「おたふくソース」を取り寄せました。私が腕をふるって「関西風お好み焼き」をふるまったところ たいへん評判がよく、それまでみんなあまり好きではなかったお好み焼きが気に入ったようで以後なにかあるときリクエストされるようになりました。あるとき具材に「味付きジンギスカン」を使用したらおいしかったので広島に越した今でもジンギスカンを取り寄せて「サッポロ風お好み焼き」と名付けてときどきいただいております。 75才  広島県  既婚 男性

40代女性

実は小学4年生までお好み焼きの存在を知らずに育ち、いとこの家に遊びに行ったときに初めて食べに連れて行ってもらいました。こんな美味しいものの存在を知らないなんてお母さんかわいそうと思った私は家に帰ってすぐ、「ねえ、お母さん、お好み焼きって知ってる?」「うん」「え? じゃあなんで今まで作ってくれなかったの?」「ああ、おやつって感覚だったからご飯のときに作るって発想がなかった」ということで、それ以来たまに家でもお好み焼きをするようになりました。 48才  東京都  未婚 女性

40代女性

初めて広島県に行くことになり、広島出身の先生から情報をゲット。おいしいお好みやさんをピックアップしてもらっていざ広島!お正月から開いていたデパートに入っていたチェーン店のお店のみやっていて、並ぶこと40分。お好み焼きがこんなにおいしいなんて、目から鱗の思い出です。 42才  東京都  未婚 女性

40代女性

店で買ってくるお好み焼きは、それだけで「ごはん」です。家で作るお好み焼きは、千切りキャベツを小麦粉+山芋+卵+水でまとめて焼く、のが基本で、上に載せるものは、豚肉とかイカ、エビ、ちくわなどなど、その時あるもので作ります。あまり「粉もん」という感じにならないので、だいたいおかずとして、ご飯と一緒に食べています。 49才  大阪府  未婚 女性

50代男性

私の子供の頃は、お好み焼き屋が当時の田舎(静岡県の西部地方)の繁華街にできて、家族でよくいったものです。今は冷凍ものを買ってきて家でチンなので、もう行きませんが、当時はまだ、全国に普及し始めた頃だったのか、豚玉とかミックス玉はあったと思いますが、そばいりとか餅入りとかでさえ無かった気がしますが、自分で調理するってことをしたのは初めてだったのかもしれません。 58才  千葉県  未婚 男性

60代女性

山形では、「どんどん焼き」というものがお好み焼きの位置づけになっています。水で溶いた小麦粉を薄く焼いて、割り箸2本にくるくると巻き付け、魚肉ソーセージや海苔、紅ショウガ、青のり等をトッピング。お祭りの屋台には必ず出ていて、私は食べたくてたまらなかったのですが、母が「バイ菌がいっぱいだからダメ」と。あきらめることが多かったもので、今、たくさん食べてみたいです。 61才  東京都  未婚 女性

50代女性

バーベキューで大きな鉄板全面を使い、巨大お好み焼を作って25人ほどで食べた。生地を流すのも、ひっくり返すのも大騒ぎ。炭火のため焼け具合にかなり差ができたが、楽しくて誰も文句は言わなかった。 58才  静岡県  既婚 女性

40代男性

職場の広島出身の先輩に教えて貰ったモダン焼きにハマって、今でも1枚目は必ず広島風です。ノーマルの焼きそば入りも良いですが、1枚だけでガッツリ食べたい時は饂飩入りにします。モチモチ饂飩バージョンも食べごたえがあります。 45才  沖縄県  既婚 男性

60代男性

豚肉・イカの他、牛肉やタコなどのその他の魚介を色々入れたミックス焼きもいい。大阪生まれの大阪育ちとしては、お好み焼きやたこ焼きは子供の頃から慣れ親しんだソウルフードと云って過言ではないと思います。この歳になった今でもお好み焼きと焼きそばはどちらも2ヶ月に1回は、夕食のメニューとして登場します(土曜日(休み)が多いかな?)。 61才  京都府  既婚 男性

50代女性

高校生の頃、学校帰りにお好み焼き屋さんに寄ると女将さんが「若いんだからいっぱい食べなさい」ってお好み焼き(広島焼き?)に入れる麺を1玉の値段で1.5玉にしてくれました。先日、久しぶりに通りがかったらお店は健在、すっかりきれいになっていてうれしかったです。今度食べに行こうっと。 50才  東京都  未婚 女性

60代女性

東京風の、やや薄い、醤油味が好きです。屋台にはないので食べません。自分で焼く時には、醤油味にしたり塩胡椒にしたりで楽しみます。さらっとしたソースまでは大丈夫ですが、マヨネーズ・青のりたっぷりは好みではないので、屋台では食べません。 67才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

大阪の本社で社会人になったばかりの私を、年上の女性が帰社時間になると、食べに行くから一緒に来なさいと、半ば強制的に誘われていました。そこで連れて行かれたのがお好み焼き屋さん。福岡の田舎出身の私は今まで食べたことが無く、こんなに美味しいものが大阪にはあるのかと、誘われる度に着いて行ってました。お好み焼きは美味しくて、誘って貰える女性は年上の綺麗な方ばかりで、今でも素敵な思い出の一つです。はじめてのお好み焼きは豚玉で当然ご飯と一緒に食べます。 64才  千葉県  未婚 男性

50代女性

昔、住んでいた市川で、駅前のお店で「広島焼き」を、初めて食べましてね。私は、香川の出身ですが、広島焼きは知らなくて。焼きそばが入っていて、何とも、食べ応えがあるわけです。大食いの貧乏な学生には、助かるメニューでした。まだ、広島焼き、それほどメジャーじゃなかったころでしたねぇ、関東では。 50才  千葉県  未婚 女性

60代女性

関西出身の私は子供の頃から家でも外でもお好み焼きを食べていました。高校の時、昼休みに出かけてよい範囲があってその中のお好み屋さんには4時間目が終わりに近づくと早めに片づけを初めてチャイムが鳴り先生の礼が済むとダッシュでおみせに駆けて行ってお好み焼きを注文して食べていました。美味しかった! 64才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

数年前のGWに家族で関西旅行。5月3日に道頓堀でお好み焼きを食べようと(ガイドブックなど調べて)楽しみにしていたら、どこも大行列!こんなときに来たのが間違いだった!と深く後悔。行列大嫌いな私はめげかけて、「もう食べなくていいから、ホテルに帰ろうよ~」と弱音をはいたら、オットが並んでいない店を見つけてきてくれた。普通においしかった。冷静なオットを見直しました。でも、もうGWに道頓堀はいかないぞ! 55才  東京都  既婚 女性

50代女性

おいしい揚げ物を売っているお店の「あげ玉」を買ってきて、ネタに入れるとおいしいのが出来る。お好み焼きは家の日曜日お昼の定番で、ほぼ家で作って食べることが多い。外で食べると「この値段出したら、3人前作れる」と思ってしまって、相当おいしい所じゃないと食べない。 58才  福岡県  既婚 女性

40代男性

いまでも遊園地や夜店の屋台で時々売っているお店がある、いわゆる「安っぽい」お好み焼き。ペラペラで具なんてほとんど入っていなくて、ほんのり甘い、おやつのようなヤツ。お小遣いでも無理すれば買える値段で、子供ころ悩みながら買ったりしてました。今でも見つけると、郷愁に駆られて買いたくなったりします。 48才  東京都  未婚 男性

50代男性

子供の頃、東京下町に住んでいたのですが、近くのお寺の縁日の日に、お好み焼き屋さんの屋台が来ていました。純然たるお好み焼きのように、粉に具を混ぜて焼くものではなく、直径15cmくらいの大きさで、生地に桜海老とか、さきイカなどの具をのせて焼いたものに、ソースと青海苔がタップリかかったものでした。その中で、魚肉ソーセージの輪切りをのせて焼いたものが、大好きでした。 56才  北海道  未婚 男性

60代男性

小学校時代にそろばん塾に通っていたが、塾が終わった7時頃に、塾の先生からお好み焼き屋によく連れて行ってもらった記憶がある。1960年代中頃のことで1枚10円くらいの薄いお好み焼きだったけど、今でも懐かしい思い出になっている。 63才  長崎県  既婚 男性

50代女性

小学2~3年生の頃。学校の近くにできたお好み焼き屋さんによく通いました。キャベツと天かす焼きが10円!それに魚肉ソーセージが入いると20円!子供でも通える安さ!熱々が美味しくて下校時間には小学生で満席でした。引っ越しでその後はわからないけど、まだお店があったら今度はビールを飲みながら具だくさんのお好み焼きを食べてみたい。 56才  埼玉県  既婚 女性

50代女性

学生時代、なぜか南部鉄のすき焼き鍋を持っている関西出身の友人がいました。当時牛肉は高級品で、すき焼きなど学生の口に入るようなものではありません。なので、その鍋の出番はもっぱらお好み焼きを焼くときでした。ですが、厚手の鉄鍋で焼くお好み焼きはホットプレートで焼くよりも、ふっくらおいしく焼けたのでした。 57才  東京都  既婚 女性

40代女性

高校時代、学校の帰り道によく友達と「カナダ(…確か)(記憶がオボロゲ)」というお店のモダン焼きやオムそばがめちゃくちゃ美味しくて、よく食べに行きました。またそのお店で、細長いグラスに氷入りのジンジャーエールを知り初めて飲んだ事も今では懐かしいです。そのお店の店主のおっちゃんが、見た目は強面なんだけど気さくで面白い方でした。 48才  静岡県  既婚 女性

60代男性

両親は、お好み焼き、鉄板焼き大好き人間だったので、実家には業務用のお好み焼き用の台、鉄板などが揃っていました。お好み焼きは、豚肉、天かす、キャベツをたっぷり入れたのが好みです。具が沢山入っていて、お好み焼きと言うより豚肉入り野菜炒めを溶いた小麦粉で焼き固めた感じです。アツアツはもちろん、キャベツの甘みと豚肉のボリューム感がなんとも言えない美味しさでした。 64才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

国民学校2年生で終戦を迎えた身にその頃のごちそうはサツマイモ位のものだった。そのうち小麦粉が手に入るようになりすいとんだけでなく「だら焼き」と言って小麦粉を水に溶かしたものにサッカリンを加えてフライパンで焼いたものをお菓子として喜んで食べたものだ。その後近くの駄菓子屋でネギとかつを節で焼いた「お好み焼き」を食べたときはおいしくて感動した。そして家に帰って母に同じものを焼いてもらいおやつとして楽しんだ記憶がある。 79才  愛知県  既婚 男性

30代女性

お好み焼きに、甘辛く味付けした牛すじやこんにゃく入りがあることを教えてもらった時は、新鮮な驚きを感じました。さすが、お好みの名の通りの食べ物!色んな種類の味付けありと間口の広い食べ物なんだ~、感心しきりです。 38才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

岡山で生まれ育ったので、広島焼きでキャベツたっぷりふわっとタイプで育ちました。大阪の粉と具材を最初に混ぜて外パリッと中ふわっとに遭遇したときは驚きました。最近は日生の牡蠣オコにはまっています。 60才  大阪府  既婚 男性

50代女性

毎年、ウチウチの送別会をお好み焼きを食べに行く、ってことにしていた。「このメンバーの最後の集まり」だけど、思ったよりスムース、に焼き方ができたり、メニューを決めたり、盛り上がる。今年は全員集まって年長者の私はビックリしたし、嬉しかったし、なんかみんなの気持ちが可愛かった。「粉のものを焼くのは一体感ができるんですよ!」と昔いた若者が言っていたっけ。そこにママさんが入って上手に焼いてくれると「わあ!」ってなるよね~。楽しく終われる。必ずいつかいい思い出になる。 51才  東京都  既婚 女性

60代男性

たまに行くお好み焼き店の店主(60歳位のおばさん)が作ってくれるお好み焼きは実においしい。自分が作るものと材料等は同じなのに味が何故違うのだろうかと思う。きっと店主がお好み焼きを作る手の先の動きが味を作っているのではないかと思わざるを得ない。 69才  東京都  既婚 男性

60代男性

戦後間もない小学生の頃駄菓子屋さんで”一銭洋食”を食べるのが大好きでした。食料がままならない時期に現在のお好み焼きの元祖。水に溶いた小麦粉を薄く円盤状に伸ばし魚粉とみじん切りにしたネギをおき、上から小麦粉の水溶液を少し垂らして両面焼き、ウスターソースを塗って半分折にした状態で古新聞紙に包んでもらい熱々を食べていました。今から思えば切なく懐かしい時代でした。 70才  広島県  既婚 男性

50代女性

子供の頃、90円くらいでお好み焼きを食べられる駄菓子屋さんみたいなお店があった。キャベツと紅しょうがと細かいするめくらいしか具は無いんだけど(笑)、プールの帰りに食べるのが凄く楽しみで、焼いてくれるお店のご夫婦も優しくて、お小遣いのほとんどを投じるくらいお気に入りで「常連さん」と呼ばれてたのもまた嬉しかった。 53才  東京都  未婚 女性

50代女性

海外に住んでいた時に、数人の日本人で集まってお好み焼きパーティーをしたとき、関西出身の子は、「マイお好み焼きソース」持参。で、作り方、焼き方もそれぞれ「うんちく」があって、関東出身の私はだまってたべるだけでした。で、お醤油をかけて食べようとしたら、めちゃくちゃ怒られました。 51才  千葉県  既婚 女性

40代女性

カロリーをおさえるため、小麦粉を半量にして代わりにおからを使うことがある。生地が少しまとまりにくくなるが、問題なくおいしく食べられる。 47才  京都府  既婚 女性

30代女性

お好み焼きを伯母がたまに作っておすそ分けしてくれるのですが、さつまいもの細切りが入ってます。適度にシャクシャクとしていて歯ごたえがよく、ほんのり甘いのがおいしいです。 39才  北海道  未婚 女性

60代女性

スーパーでお好み焼きの素の実演販売を見て簡単にできそうと買ってから、時々子供のおやつに焼いたりしていました。安くてお腹いっぱいになるし野菜もたっぷりで育ちざかりには良いと思いました、今はご飯替わりに時々食べます。おかずにはしません。(子供は今は大人です) 67才  新潟県  既婚 女性

30代女性

うちでは、休みの日のお昼によく父が作ってくれました。なので、お好み焼きを屋台で買うとかお店に食べに行くとか、大学生までそういう考えがありませんでした。でも、そのおかげか、作るのが上手と友人にほめられました。 32才  宮城県  未婚 女性

50代男性

会社の同僚と某駅前の2階のお好み焼き屋で杯を重ねていると、隣のテーブルから真っ黒い煙がもうもうと上がった。我々は「少々煙いな」と思い窓を開けてなお、どんどんお好み焼きを焼き酒を飲んでいた。外がとてもうるさくなり覗いて見たら、消防車がどんどん到着し多くの野次馬がこっちを見守っていた。店の中を見回すと我々以外誰もおらず、店は真っ暗で我々が開けた窓から煙がどんどん外に出ていた。隣のテーブルは綺麗に焼けて無くなっていたが,それ以上は延焼していないようだったので、引き続きお酒を飲んでいたがフル装備の消防隊員が救助に来てくれたので引揚ざる得なかった。翌日の新聞に「火災の飲食店で救助を待つ人たち」として写真が載っていた。 58才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

シンガポール・マレーシア・インドネシアで駐在の時、現地の鉄工所でプレートを作り、ジャパニーズピザと言って社員・友人と食事会をした。ベトナムにはたこ焼きのプレートを日本から持って行き日本食レストラン向けの冷凍タコを購入し社員・友人を自宅に招きパーティーを開催。 65才  徳島県  既婚 男性

60代男性

高校のクラブ活動の帰りに世の中に「お好み焼き」と言う物があることを知りました。あのころは不格好でも自分で焼いて食べたんですよね。今では店員さんがきれいに焼いてくださいます。もっとも近所の「○てこ」チェーン店、マニュアル通りに温度・時間をきちんと管理、まではともかく、最後に本部支給の濃厚ソースをドバッ。ま、あれなら誰が何を焼いても同じ味に仕上がるには違いないのでしょうが。はい。 70才  愛知県  未婚 男性

50代女性

広島で食べたそばなし、キャベツ、もやし、天かすのみ。のクレープ風お好み焼きは呑兵衛だった私にはちょうど良いボリュームでしたが、本場大阪のお好み焼き。最初に入った汚いお店、「こんな店が美味しいにちがいない。」と、思ったのが間違い。とてもまずい。次に流行っているお店のお好み焼きの美味しい事。梅田をはしごしました。好きな具材は豚玉+いか。やはり美味しいお店は流行っていますね。大阪のちょっと京都寄り、高槻によく行きました。「ききょう」というお店がとても美味しくて。予約なしでは入れませんでした。まだあるのかしら。懐かしいな。 52才  福岡県  既婚 女性

60代男性

広島出張の時に、当地で食べた広島焼(お好み焼き)がボリューム満点で広島菜の漬物との相性も良く、帰りのフライトを一便遅らせて酔心大吟醸を呑みすぎました。 70才  千葉県  未婚 男性

お好み焼き・たこ焼きについてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きな80年代女性アイドルのランキング 1位 中森明菜、2位 小泉今日子
  2. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  3. 好きな70年代男性アイドルのランキング 1位 沢田研二、2位 西城秀樹
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  7. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」
  10. 昭和の歌番組 人気ランキング 1位 ザ・ベストテン、2位 夜のヒットスタジオ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官