運動会で好きな競技と嫌いな競技調査 1位はどちらも「徒競走」

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2012年10月12日

スポーツ・運動会についてのアンケート・ランキング

「いつスポーツや運動をしていますか?」「運動会で好きな競技と嫌いな競技は?」など“スポーツ・運動会”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年9月28日~10月4日/有効回答数:3,520



レポート09 運動会で好きな競技と嫌いな競技調査 1位はどちらも「徒競走」

運動会の中で好きな(好きだった)競技はどれですか?複数ある場合は【最大3つまで】としてお答えください。
逆に運動会の中で嫌いな(嫌いだった)競技はどれですか?複数ある場合は【最大3つまで】としてお答えください。

グラフ
編集部まとめ

運動会の中で好きな競技は、「好きな競技はない」を除くと、「徒競走(かけっこ)」が26%でトップ。次いで、「リレー」で24%、「騎馬戦」で23%となりました。

男女で比較すると、女性は「玉入れ」「ダンス・踊り」が男性の3倍近く、男性は「棒倒し」「騎馬戦」が女性の3倍以上高くなっていました。

年代別でみると、60代以上は、「徒競走」「リレー」「綱引き」「騎馬戦」といった運動会の基本競技が好きなようです。特に60代以上の男性における「騎馬戦」の人気が突出していました。

一方、運動会の中で嫌いな競技は、「嫌いな競技はない」を除くと、好きな競技で1位だった「徒競走(かけっこ)」が35%でトップ。次いで、「ダンス・踊り」で26%、「リレー」で14%となりました。「徒競走(かけっこ)」「リレー」は好きな人と嫌いな人がはっきりとわかれる競技のようです。

こちらも男女で比較すると、女性は「徒競走(かけっこ)が47%と、半数近い人が嫌いな競技としていました。男性は、「ダンス・踊り」が苦手なようで女性より10%近く嫌いだと回答していました。

「リレー」が嫌いな人の気持ちがわからないんですよねえ…あれで盛り上がらないなんてねえ。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

「リレー」大嫌いでしたねえ…なんであんなに盛り上がるのか、不思議でしょうがなかったです。

調査団編集部:ポンシュク団長

イヤなガキだなあ…。それにしても60代以上は「騎馬戦」が圧倒的だな…年齢が上の方のほうが熱いねえ。

「調査団員の声」では、動会の楽しい・自慢したい思い出、または逆に消し去りたい思い出やエピソードをピックアップしました。

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
50代男性

自分ひとりで自慢に思っているエピソードです。小学生のころ、運動会の放送係をしました。種目、選手、成績のアナウンスです。自分は人前でしゃべるのが苦手で、放送係になったことを苦痛に負担に思っていました。当日、しょうがないな、と思いながら、やるべきことを淡々とこなしました。自分では、まあ、65点から70点と思っていたところ、当日、山で茸取りをしていた父親から、「校庭からいい声が聞こえてきた。あのアナウンスはとっても良かった。」と言われ、「いや、僕じゃないよ」と答えたら、「そうか?でも、あの組体操やリレーのアナウンスで男の子の声だよ」とのこと。まさしく自分が担当したところでした。父親だから、自分の子どもの声が分からないはずがない、ということと、その時にそんな声をかけてくれた、父親の気持ちが自分が子どもを持つようになり、しみじみと分かり、今でも涙がこぼれそうになります。 51才  東京都  既婚 男性

年代性別不明

中学生の頃。内気で運動苦手だったわたし。「小柄」というだけの理由で、騎馬戦で担がれ戦う役に…。しかし競技が始まった途端、怖さはどこかへ。自分から果敢に向かっていき…油断した相手の背後から…とか、姑息な手段で(笑)次々ハチマキを奪っていました。担いでいた(期待ゼロだった)同級生たちもビックリ。自分の中の闘争本能に目覚めた瞬間でしたー!

40代男性

クラスの団結力が問われる対抗リレーが良かったなぁ。日頃はあまり口を利かないヤツとも、目標に向かって協力できたし。それがきっかけで仲良くなったりねぇ。相手を知ろうとするいい機会だったと思う。それから、ダンスかなぁ、気になる女子と正々堂々と手をつなぐ事ができたしね。 49才  神奈川県  未婚 男性

40代男性

自他ともに認める運動音痴の私が一度だけ輝いたことがあります。徒競走ではぶっちぎりの最下位でしたし、組体操では力が足りず、人をリフトアップすることが困難でした。そんな私が最下位じゃなくなったのは小学6年の障害物競走の時のことです。最後の関門が竹馬でした。それまでは「盤石な体制の最下位」をキープしていたのですが、竹馬は日頃の秘密特訓の成果が上がり、前走者が竹馬を上手く操れずにもたついているところを、私がその横を軽く抜き去ったのです。いつも最下位の私しか見てなかった両親がそのシーンで感動して、その日の夕食時にはそれまでになかったくらいに褒められました。 42才  北海道  未婚 男性

40代女性

炎天下対策で大きなタオルを中東の遊牧民みたいなスタイルで被っていたら、たまたま地元の新聞の一面に猛暑ネタで写真で載った。 49才  東京都  未婚 女性

40代男性

男女ペアのダンスの直前に転んで人差指を怪我した。出血が完全に止まっていないので、手を繋ぐ相手に血を付けるのを恐れて指4本で相手の手に触れたところ、相手の女子に「そんなに嫌がらんでもいいじゃん!私だって嫌々やってるのに!!」と激怒された。 48才  京都府  未婚 男性

30代男性

中学3年の時、騎馬戦(男子)、竹(棒)取り(女子)において20人を超える出血者が保健室に運ばれる大惨事に。原因は熱くなり過ぎた者同士の暴力を交えた喧嘩になったから。以降の年からは両競技は廃止された。 31才  静岡県  未婚 男性

50代女性

昔、北海道の運動会は5月でした。(今は6月)短パンに半袖ではとても寒かった。タビで屋外を歩くのも足の裏が痛くて苦痛でしたね。運動神経は良かったのでいつも上位にいましたが、いい思い出は無かったです。運動会が運動靴になったのはいつからなのかな? 52才  北海道  未婚 女性

40代男性

100m走で猛ダッシュでスタートした途端にこけてしまい、隣のランナーがこけ、また隣の隣のランナーがこけ、結局全員こけてしまい、ブーイングを受けながら再スタートしたこと。 45才  栃木県  既婚 男性

60代男性

小中学生の時、体が小さくて体重も軽かったので、組体操のピラミッドなどでは、必ず頂点に乗せられた。頂点に上った時は誇らしくなるのだが、ピラミッドを崩す時、最高度から落下するので、いつも怖い思いをしていたことを思い出した。 61才  神奈川県  既婚 男性

40代女性

中学3年の組体操のラスト、自分たちのオリジナルで大ピラミッドを長崎の原爆記念像にアレンジして見事に作り上げ、平和を訴える組体操になりました。中学時代唯一誇りに思えることでした。 48才  大阪府  既婚 女性

50代男性

思い切り走れ、力一杯走れと言われても、どこにどう力を入れればよいのすら分からなかった。それを周囲に説明できず、やる気がないなど友達や先生に言われて辛かった! 50才  北海道  既婚 男性

60代男性

中学生当時、フォークダンスでしか女性の手を触る事は無かったので、奇麗な人が廻って来ると心臓がときめきました。憧れの人の手が、思っていたより冷たかった事を今も思い出します。 61才  静岡県  既婚 男性

50代男性

足が速かったので、いつもリレーのアンカーでした。最終種目のリレーで勝てば、自分のクラスが優勝という場面で、トップでバトンを受けあと少しでゴールという時に、勢いあまってバトンが手から遠くに飛んで行き、ビリになってしまい、クラス中に責められたのは一生忘れられません。 51才  東京都  未婚 男性

40代女性

徒競走のとき、前を走っていた人の靴が脱げてしまいました。なぜか私も一緒に立ち止まり、その子が靴を履くのを見届けてから、一緒に走りました。周りは大爆笑でした。 47才  鹿児島県  未婚 女性

50代男性

昔から美声で評判だったこの僕が、ある年の運動会を境にトンデモナイしょぼい声になっちゃいました、それは何故かって…応援合戦で張り切り過ぎて喉を潰してしまったからです。あれ以来ショボイ声のまんまです(+_+) 55才  静岡県  既婚 男性

40代男性

騎馬戦で、各馬の特性を、重戦車型・俊足型・通常型に分けて、重戦車型は相手を崩すのみ、通常型は帽子を取る、俊足型はとにかく生き残るという作戦を立てて、勝ったこと。 48才  神奈川県  未婚 男性

40代女性

校内TOP10に入る足の遅さだったので、楽しい思い出なんか欠片もありません。毎年雨が降る事だけを祈っておりました。消し去りたい思いでは運動会の事全てです。 40才  愛知県  既婚 女性

50代男性

男子全員参加の赤白対抗騎馬戦で大将騎に指名されたが、開始後敵全騎馬が大将騎に殺到、気がつけばわが身は全員の足の下に。 57才  東京都  既婚 男性

50代男性

小学校の高学年の頃、運動会の借り物競争で、「椅子」とあったので、夢中で誰も座っていない低学年のところから、勝手に椅子を持ってゴールして、1位になった。ところが、その椅子をどこから持ってきたのか、覚えていなかったため、返せなかった。あとで低学年生の弟から、クラスで椅子がなくなり、泣いていた子がいたと聞き、まずいことをしてしまったと、心を痛めた覚えがある。 53才  東京都  既婚 男性

スポーツ・運動会についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. はとバスの東京観光名所人気ランキング 1位 東京スカイツリー、2位 皇居周辺
  2. テレビ局の人気ランキング 1位 NHK、2位 テレビ朝日、3位 日本テレビ
  3. 東京23区で「行ったことがない区」のTop3は、板橋区、足立区、北区
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. 小池百合子都知事や都議会に期待することは49.0%が「都政の透明化」
  7. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査
  10. 買ったことがある週刊誌ランキング 1位は週刊文春、2位は週刊現代

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官