本文へジャンプします。

たばこについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2014年2月7日

たばこについてのアンケート・ランキング

「たばこのデメリットは?」「ココは禁煙であってほしい!という場所は?」など“たばこ”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2014年1月24日~2014年1月30日/有効回答数:5,098

調査レポート

レポート01 一度もたばこを吸ったことのない人 60代以下は24%、30代以下は69%

現在、たばこを吸っていますか?

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「過去も現在も、吸っていない」で37%、2位は「現在、吸っている」で24%、3位は「過去に吸っていたがやめて21年以上経つ」で14%でした。ちなみに、過去に吸っていたがやめたという人は合計すると38%でした。

■若い世代はほとんどタバコを吸わなくなっている?
年代別で見ると、「過去も現在も、吸っていない」と答えたのは60代以上が24%と少数派だったのに対し、30代以下では69%と約7割。一方、現在も吸っているという人は40代、50代に多く、60代以上は喫煙をやめた人の割合も高いようでした。

男女別で見ると「過去も現在も、吸っていない」は男性が約3割だったのに対し、女性は約7割と、大きく差がでていました。私もたばこ、吸ったことありません(´・ω・`)

「調査団員の声」では、たばこを吸っている人は吸わない人に対して、吸わない人は吸っている人に対して、日ごろ思っていることをお聞きしてみました。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代女性

【過去に吸っていたがやめた】やめると楽になりますよ。会議や研修会の短い休憩時間に、喫煙室に行くべきかお手洗いに行くべきか悩まずに済むようになります(笑)。 54才  福岡県  未婚 女性

そういう意味でも楽に(笑)。私はたばこを吸わないので、確かに迷うことなくトイレに行きますがw調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

【過去に吸っていたがやめた】10年前、妹が癌を疑われると聞いて真っ青になってご相談申し上げました。「20年以上煙草を吸っているので心配です。一度私も検査してもらえませんか」と。たら、お医者様いわく「それは大変結構な心掛けです。でもどうせなら、懸念のもとを断つほうが先決では」こう言われては「お説ごもっとも」と禁煙を決断するしかありませんでした。もちろんこれは私の場合。あなたがどうされようとそれはご自由ですので、はい。 66才  愛知県  未婚 男性

ご、ごもっとも! お医者様の一言って重みがありますね…。禁煙のきっかけって、人それぞれで面白いなぁ。調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

【過去に吸っていたがやめた】若い頃は周りに人がいても平気で吸っていました。いざ自分がたばこをやめて吸わなくなると煙草をそばで吸われると匂いとその煙でむせてしまいます。とても嫌な気持ちになりますね。配慮はとても必要ですね。若い頃の自分の配慮のなさを反省しております。 57才  山梨県  既婚 女性

吸わなくなってみて、いろいろ気づいたという方はご意見でも多かったです。たばこに限らず、やっていない、知らないことでも常に配慮を持って過ごしたいですね><調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート02 1日にたばこを吸う本数は? 喫煙者の9割以上が「6本以上」と回答

たばこは毎日何本くらい吸っていますか?
日によって異なるという人も、平均的に吸う本数をお答えください。
※なお本レポートは、たばこを吸っている人のみの回答結果となります

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「16~20本」で32%、2位は「21本以上」で22%、3位は「11~15本」で19%でした。16本以上吸っているという人は54%、6本以上吸っているという人は92%と9割超えでした。

■男性は女性よりも1日にたばこを吸う本数が多い
男女別で見ると「21本以上」と答えたのは、女性が12%だったのに対し男性は24%と2倍。男性の方が、女性よりも1日に多くの本数を吸っているようでした。

吸っている人の半数以上は、1日1箱くらい吸っているんですね! 吸っていないので意外と多い印象なのですが、吸っている人からするとそうでもないのでしょうか?
ちなみに、そもそもたばこを吸ってないひとは73%でした。年々増えている印象ですね。

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート03 たばこをやめるきっかけ、1位は「健康でいるため/体力維持のため」

Q1にて「過去も現在も、吸っていない」と答えた人以外にお聞きします。
たばこをやめた理由・きっかけは?(複数回答可)
まだやめていない人も、こんな理由ならやめる、というものを選択してください。

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「健康でいるため/体力維持のため」で26%、2位は「具合が悪くなった/病気になった」で22%、3位は「消費税、たばこ税などたばこ代の値上がり」で18%でした。

■60代以上は「健康」のため、若い世代は「お金」のためたばこをやめている
年代別で見ると、60代以上の1位は「健康でいるため/体力維持のため」で35%と断トツ。逆に、30代以下の若い世代の1位は「消費税、たばこ税などたばこ代の値上がり」で、お金を理由にやめるという人が多いようでした。

男女別だと、男性の「家族に反対されて」が伸びていました。奥さまの反対をきっかけに…という感じでしょうか(´∀`*)
私の父も、結婚を機に喫煙をやめたと聞いたことがある気がします。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 たばこを吸うメリット、第1位は「気分転換ができる」

たばこのメリットは?(複数回答可)
吸わない人も、これは確かにメリットだと思う、というものを選択してください。

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「気分転換ができる」で42%、2位は「リラックスできる」で27%、3位は「ストレス解消になる」で24%という結果になりました。

■男性はたばこに癒やされ、女性はたばこでストレス解消する?
男女別で見ると、1位は共通して「気分転換ができる」でしたが、2位は男性が「リラックスできる」女性が「ストレス解消になる」と少し異なっていました。また、「特にない」を選んだ女性は男性よりも10%多く、女性の方が男性よりもたばこにメリットを感じていないようでした。

ちなみに、レポート01とクロスすると、吸っている人の1位は「気分転換ができる」が断トツなんですが、吸ったことがない人の1位は「税収を国にもたらしている」でした(笑)。お金面では納得している、ということですか、な、なるほど~。
私は、たばこ部屋でのコミュニケーションがすごく良いと聞くので、ちょっとうらやましいです。

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート05 たばこの欠点 喫煙者「お金がかかる」非喫煙者「周囲の健康を害する」

たばこのデメリットは?(複数回答可)
吸う人も吸わない人も、これは確かにデメリットだと思う、というものを選択してください。

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「ガン、肺炎など病気のリスクが高まる」で78%、2位は「周囲の人の健康を害する可能性がある」で73%、3位は「部屋がたばこ臭くなる・黄ばむ」で68%でした。

■非喫煙者の8割が「周囲の人の健康を害する可能性がある」と感じている
レポート01のデータとクロスすると「周囲の人の健康を害する可能性がある」は、「過去も現在も、吸っていない」人は81%で1位だったのに対し、「現在、吸っている」人では48%で4位と、回答率に差がでていました。ちなみに、「現在、吸っている」人の1位は「お金がかかる」で74%でした。

実際に吸っている人と、吸ったことのない人で感じるデメリットに差がでましたね。ちなみに、禁煙してから長い人ほど「過去も、現在も吸っていない」人の回答に近い傾向にありました。男女別だと、「美容に悪い」は女性が男性の倍以上なのが特徴的でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート06 禁煙であってほしい場所 7割の人が答えた1位は「路上(歩きたばこ)」

ココは禁煙であってほしい!という場所は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「路上(歩きたばこ)」で68%、2位は「新幹線」「飲食店、レストランなど」が同率で56%、4位は「自分の家の中全部」で53%、5位は「会社、職場の席周り」「ホテルの部屋」が同率で50%と、ここまでが半数超えでした。

■女性は色々な場所で禁煙を望んでいた
男女別で見ると、「特にない」を除くとすべての選択肢で女性の方が回答率が高くなっていました。特に「路上(歩きたばこ)」は79%と、約8割の女性が禁煙であってほしい、と回答していました。

年代別だと「自分の部屋」は若い世代ほど高くなっていて、総計では10位ですが30代以下では5位でした。そもそも「自分の部屋」を持っているのが若い世代の方が多い、ということかもしれません。

「調査団員の声」では、特に禁煙であってほしい場所とその理由を教えていただきました!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

会社です。非喫煙者の私としては、始業時間は完全禁煙にしてもらいたいです。こちらは休まずに働いているのに、喫煙者は「ちょっとタバコ」と言って席を外す。はっきり言ってズルイです。「タバコ吸いながら話して、いろいろ情報交換してるんだ」と言ってる営業のキミ、自分の営業成績を棚に上げて、言う事だけは立派だね。。。 48才  東京都  既婚 男性

たばこって、喫煙所で堂々と休憩できるのがいいな~って私も思います! 同じ時間、吸わない人がボーっとしてたらサボってるようにしか見えないし…なんか不公平な気がします(-∀-;)笑調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

路上や駅は、移動する空間。移動しているときまで吸う必要はないと、喫煙者の私でも思います。また、新幹線も基本的には禁煙がいいです。喫煙者の私でも、喫煙車両内に煙が充満するのは不快でした。JR西日本は新幹線内に喫煙ルームを設けていますが、これはとってもうれしい配慮。JR東日本も「はやぶさ」「こまち」など移動時間が長い新幹線には喫煙ルームを設けてほしいと思います。 58才  東京都  未婚 女性

「移動するとき」私もそう思います~>< 前の人が歩きながら吸っていたりするとその人を抜くしか逃げようがないですし(´;ω;`)調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

大学。この年代で煙草を覚えるかどうかでその後の人生が大きく変わると思うのですが、私の出身大学は「全学禁煙」の掲示を掲げながらこっそり知る人ぞ知る許された場所で、偉い先生から20才になっているか怪しい学生までが常にたむろして狭い場所で吸っています。せめて若者だけは、煙草から遠ざけてあげてほしい。他者の影響も受けやすい年代ですし。 44才  東京都  既婚 女性

なるほど、大学で吸い始める人って多いですもんね。そういえば好きな人が喫煙所によくいるからって無理してたばこ吸い始めた友達がいたなぁ… 調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート07 並んでいるレストランで、喫煙席が空いても断る人は57%

レストランなど飲食店の分煙化が進んでいますが、「禁煙、喫煙、どちらでもいい」を選ぶ時、どれを選択することが多いですか? 最も多いケースをお答えください。
※お店の混雑状況にもよると思いますが、前に1組以上待っているケースを想定してお答えください。
※また、分煙状況にもよると思いますが、完全分煙の場合を想定してください。

グラフ
編集部まとめ

最も多かったのは「「禁煙」を選ぶし、喫煙席が先に空いたと言われても断る」で57%、次いで「「禁煙」を選ぶが、喫煙席が先に空いたと言われたら喫煙席に行く」で18%、「「どちらでもいい」を選ぶ」で10%でした。

■75%の人が、まず「禁煙」を選んでいる
総計では最初に「禁煙」を選ぶ人は75%、「喫煙」を選ぶ人は15%、「どちらでもいい」を選ぶ人は10%という結果になりました。
男女別では、女性は「「禁煙」を選ぶし、喫煙席が先に空いたと言われても断る」と回答した人の割合が男性よりも12%高くなっており、女性の方が喫煙席を嫌っているようです。

レポート01のデータとクロスしてみると、たばこをやめてから長い人ほど、「禁煙席」を選んでいるという傾向がありました。ずっと吸ってないと、だんだん煙が苦手になっていくのでしょうか…(・□・;)

「調査団員の声」では、レストランなどの分煙化について、どう感じているかを語っていただきました。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
40代女性

分煙はもっとどんどん完璧にするべき。ただ場所を分けるだけでなく、きちんと煙が漏れない作りで分煙してほしい。愛煙者・嫌煙者双方にとってそのほうが店の好感度も上がるし、無駄なトラブルも減ると思う。 42才  神奈川県  未婚 女性

分煙といって分煙できていないとトラブルの原因になりますもんね>< 愛煙者・嫌煙者片方だけでなく双方にとって少しでもよい方向に近づいていくとよいなと思います。調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

私は喫煙者ですが、食事の時はタバコの煙がない所で食べたいので、禁煙席をいつも選んでいます。ただ、例えば長距離トラックのドライバーなどが、食事ついでに一服したい、と言う目的でお店に来ることもあるでしょうから、全席禁煙を主流にするべきとは思いません。今進んでいる分煙と言うやり方がベストだと思っています。 44才  東京都  未婚 女性

ご飯食べるときくらい…って思ってたけど、なるほど、食事ついでに吸いたい人も確かにいますよね! 吸う人も吸わない人も快適に過ごせるように、分煙がすすむといいです!調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

レストランや列車や飛行機など、「分煙」にするよりも、「この店・列車・飛行機は禁煙/喫煙」で、店ごとにとか車両ごとにとかで分ければいいと思うのです。この世の中、「喫煙車」とか「喫煙飛行機」とかって、爆発的にウケると思います。特に長距離系は。飲食店も、流行りにゆだねずに自分の主張として、禁煙・喫煙を分ければいいと思うのです。美味しくて喫煙可なんてお店は、必ず大繁盛だと思います。 44才  東京都  未婚 男性

なるほど~。喫煙可なお店が減ってきて、逆にそこに人が集中し出した、という話も聞いたことがあるので、完全禁煙車だけではなく完全喫煙車もあってもよいのかもしれませんねw調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 「ごちそう」と聞いて、約6割が思い浮かべるのは「高級な食事」
  2. レトルトカレーの人気ランキング 1位 ボンカレー、2位ククレカレー
  3. 好きな缶詰ランキング 1位ツナ・シーチキン、2位さば、3位さんま
  4. バイキングのよくないと思うところ 1位はついつい食べ過ぎてしまう
  5. お弁当の購入価格は平均557円。最も価格が安かった年代は40代で、432円
  6. 牛丼を注文してから出てくるまでの理想の時間は「1分」が最も多い
  7. 好きなペットボトルのお茶ランキング 1位は「お~いお茶(伊藤園)」
  8. コーヒー ホット派 VS アイス派…68%がホット派と回答
  9. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  10. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官