自分で育てたことがある花・植物 1位は「草花」2位は「野菜」

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2015年5月29日

花・植物についてのアンケート・ランキング

「過去に、自分で育てたことがある花・植物は?」「花をもらうならどんな花がいいですか?」「好きな花は?」など“花・植物”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2015年5月15日~2015年5月21日/有効回答数:3,370



レポート02 自分で育てたことがある花・植物 1位は「草花」2位は「野菜」

過去に、自分で育てたことがある花・植物は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「草花(朝顔、ひまわり、パンジーなど)」で63%、2位は「野菜(トマト、きゅうりなど)」で44%、3位は「観葉植物(ポトス、パキラ、バンブーなど)」で32%でした。

■男性は女性よりも“木”を育てる?
男女別で見ると、ほとんどの選択肢で女性が男性より上回っており、さまざまな植物を育てていることがわかりました。男性が上回ったのは、「花木・庭木(つつじ、ハナミズキなど)」(男性32%、女性29%)、「果物(みかん、柿、ブルーベリーなど)」(男性18%、女性17%)の2項目のみで、いずれも“木”でした。

女性は草花など、しっかりと手入れが必要な植物を育てているんですね~。私は、「放っておいても生きてるから」と言われたのでサボテンを、本当に何もせずに部屋に置いておいたら枯らしてしまったことがあり、それ以降植物は育てていません(・▽・`)

「調査団員の声」では、育てた花・植物について、結果的にどうなったのかの、エピソードを教えていただきました~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

バルコニーで念願のスイカとメロンを作ったが、直径20cm程度まで大きくなったときに網のキューブで猫や害虫対策をして藁を敷きつめ50cm程度のキューブ内で育てた。丸々としたスイカが鈴なりに実り収穫真近になったが、合計8個のスイカとメロンが約3週でゼロに。犯人は、害虫や猫でもなく身近の存在だった。息子が友人を連れて遊びに来るたびに減るスイカ。手塩をかけて作ったスイカとメロンを平らげていったのだ。四六時中手塩にかけた果物が……今年も挑戦中!(笑)息子は、にんまりとニヤケ顔が不気味です。(笑) 53才  岐阜県  既婚 男性

てっきり虫か猫か、でなければ鳥かと思ったら、息子www でもそれだけおいしくできたということですよね、今年もおいしいスイカとメロンがなりますように★調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

10年ほど前に、イチゴの苗をいくつか家の庭に植えました。ある年、忙しさにかまけて、収穫後のイチゴの株を放置していたら、イチゴの子株があちこちに伸びて育っていました。いまでは、花壇、畑のいたるところでイチゴが育っていて、雑草の中で野生化しているものもいる始末です。でも、イチゴの株をを始末しようとすると、収穫を楽しみにしている子どもから苦情がくるので、ひたすら増殖していくイチゴたち…。今年もたくさんイチゴジャムを作ることになりそうです。 42才  新潟県  既婚 女性

わー、自家製イチゴジャム、いいですね~(*´H`*) ジャムができるくらいいっぱいのイチゴが庭に、というのはすごいですが、お世話も大変そうです。がんばってください~!調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

「バナナの種」というのをいただいて、鉢植えですが育てました。独特な大きな葉っぱに育ち、花が咲き、なんと小さなグローブを伏せたような実がなってきました。知人のバナナ関係の問屋さんに聞くと、大きな身にはならないだろうが、もう少したてばかなり甘い蜜が出てくるのでそれを飲んだら、といわれ、楽しみにしていましたら、ある朝、鉢ごと無くなっていました。大きなお気に入りの鉢でしたのでせめて鉢だけでも返して!思ったのですが、当然帰ってきませんでした。情けなく、残念な思い出です。

エエエ、盗まれてしまったんですか!?Σ(`・Д・ノ)ノ それはひどいっ! 実が珍しかったんでしょうか…人のものを盗むなんて許せません!調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

我が家の庭の植物で長老は、ケヤキ。家を新築した時に、5年生で植木屋さんに植えていただき、20年過ぎました。長女が嫁に行くときにタンスにできるかな?(一番の問題は嫁の貰い手があるのかですね。まぁ、現在中1なので、そのうち奇特な方があらわれるかもしれません) かわいそうな植物代表は、「ビワ」友人から苗を頂き、3年目から実をつけ、8年くらいは我が家の胃袋を楽しませてくれましたが、3年前に虫にやられ、枯れてしまいました。甘い実が食べられないのが悲しいので、昨年は「イチジク」を植え、今のところ順調に育っています。 期待の星は、「バナナ」2年連続して実をつけたものの、追熟に失敗して、いまだ食べられず…今年は食べられるかな? 54才  鹿児島県  既婚 男性

50代女性

苔玉作り講習会の日は体調が悪かったのに、初めての参加が楽しみで無理をしてでかけました。外側に貼る苔からきれいな部分だけを取り分ける準備が何と言っても大変! 苔を貼るのも、ゆがみのない球形になるように糸を巻くのも大変! 松とヤブコウジの2作品に2時間以上もかかりました。こうして初めてながらまあまあの出来栄えと満足でした。…しかし、2つともじきに枯れました。水のやりすぎか、土の入れ方が悪かったのか。外を歩けば、道端や石垣に青々とした苔が生息しています。戸外の苔は、ほったらかしなのになんで元気なの? 苔はいろいろな種類があり、とても魅力的ですが、苔玉は難しいです。 58才  東京都  既婚 女性

60代男性

借りている家庭菜園でスイカの栽培に挑戦中。夏野菜としてはきゅうり、ナス、トマトが主であったが、2年前からスイカの栽培を始めた。それまで全く経験の無いことだったが、大きい立派なスイカが1年目は2個、昨年は4個も採れた。見栄えが良いので周りの畑の人達も見学にきて「うわー立派!」という声が次々聞かれたので多少鼻高々であった。しかし実のところその味は甘みが殆ど無くて失敗と言えるものだった。水のやりすぎか、それとも実を叩いてその音で判断した収穫時期がおかしかったのか、さっぱりわからない。今年こそ本当の意味の大成功を願っていろいろやって行こうと思っている。 73才  愛知県  既婚 男性

40代女性

我が家には、たくさん鳥がいるんです。それで、小松菜は欠かせないのですね。でも、これが、結構な量だし、経費も馬鹿になりません。それで、自分で、無農薬で小松菜を育ててみよう! と思ったんです。自分で作れば、安心だし、いつでも使えますからね。しかし、素人の考えは、やはり、甘かった! 無農薬で野菜を作るには、やはり、それなりの設備と経費と知識と、何より覚悟が必要なんです。素人が、のんきにプランターで育て始めた小松菜は、野鳥さんや虫さんたちに大人気! 収穫する前に、彼らのご飯になってしまったのでした。以来、野菜や果物には、手を出していません……。 48才  千葉県  未婚 女性

50代男性

桜は、染井吉野であるが、夏になると毛虫がすごく、固まって落ちてくるのでたまらず10年程度で切り倒してしまった。芝は、自分で張って25年程度たっても元気で充分広がっている。梅は、30年程度で枯れてしまった。枯れた木は現在も切らずに残している。元気だったころは、土用の丑に多量に梅干しや梅酒が製造できていた。柿は、渋柿だったが25年程度で枯れてしまった。高さは8m位だったが切り倒した。夏みかんは、20年程度たっても元気で毎年多量(大鍋に3杯位)のママーレードが製造できる。 56才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

5年程前にミカンの木を植えました。2年まえから5月に香りのよい白い花が咲き、秋には甘い実を収穫できるようになりました。とくに手入れはしておりませんがいっぱい実をつけるのでとても楽しみです。それと家庭菜園には今年は「加賀太きゅうり」をいっぱい植えました。5月中旬となったいま 花が咲いています。加賀野菜の掲載された金沢の情報誌を見せてご近所の方に宣伝しましたので 毎日のように皆さんがのぞきにこられ、おすそ分けを楽しみになさっているようです。私もちょっぴり鼻が高いです。 73才  広島県  既婚 男性

60代男性

トマトは大好物なので栽培法を入念に調べ、種まきから始めた。水分を押さえたりして、過酷な環境に置いて、甘いトマトを作ろうと。実が赤く色づき始めた頃、試しに数個食べてみたら、思いのほか甘味はなかったけど、ド素人にしてはまあまあだろう、と納得。そして、さあ、いよいよ本格的に収穫だ、と思っていた当日の朝。トマトは見るも無残に食い散らかされていた。鳥の仕業だった。数か月の苦労と楽しみが、消えた…。以来、トマト作りはやめました。 61才  東京都  既婚 男性

40代女性

可愛い鉢植えの手のひらに乗るサイズのウンベラータという観葉植物を育ててみた。日を当てたり少し栄養を与えたり丹精こめて可愛がって育てたその結果、5年の月日が流れ、今や、でかくて持ちきれないほどの鉢にはるかに私の身長を超え、そろそろ2メートルの高さをも超え天井にぶち当たってどうしていいかわからないほどの大きさにまで成長したこやつを、ほんとうに…どうしたらいいと思うか誰か教えてください(泣)。 43才  神奈川県  未婚 女性

50代男性

我家のゴムの木は、私が高校生の頃、今は亡き祖母が老人ホームに入居した際に贈られたもので、今では樹齢40年を優に超え、根元は足首ほどの太さになった。取り木で増やして、これまでに何十本も人に分けた。この木を慈しんだ祖母がそばにいてくれるような気のする形見だが、自分が死んでも、まだまだずっと生き続けるだろうと思うと、こんな鉢植でも、木というものの生命力には畏敬の念を禁じ得ない。 59才  東京都  既婚 男性

40代女性

サボテンを育てていたころ、冬に旅行に行って帰ってきたらガッチガチに凍結してしまっていた。結局そのまま枯れてしまった。ごめ~んっ!サボちゃん。一緒に育てていたパキラは急にぽきっと折れて枯れてしまった。あれは二つとも元カレからもらったプレゼントだった。結果私はいまだに独身。その後自分で買ったりいただいた観葉植物はみ~んな元気に育っている。 40才  東京都  未婚 女性

40代男性

一人暮らしを始めたころ、友達から朝顔の種をもらったので、マンションの小さな小さなベランダに小さな植木鉢を置いて、そこに種を蒔いたら、ちゃんと芽が出て、なんだか可愛くて、霧吹きを買ってきてしょっちゅうシュシュっと水をかけたりして育てていました。蔓がどんどん伸びてきたので紐をベランダの天井から床まで張って、そこに蔓を巻きつかせた。天井の先まで伸びて、なんかすごくけなげで「俺も頑張らなきゃ」という気持ちになれた。ただ、適当に育てていたので、花はすごく小さくて、立派な花は咲かなかったけど、それがかえって可愛さ倍増でした(笑)。 46才  埼玉県  未婚 男性

40代男性

去年、ベランダで朝顔とシロツメクサを育てました。プランターや土、ネット、農薬等いろいろと買いました。秋はバッタが何匹か棲みついて風流でした。大変だったのは、夏に毎日の水やりは結構ハードでした。イモムシやダンゴ虫が駆除しても次々と発生するし…。花まで食べるイモムシにはビックリ!!!ピンク色の糞までして…グリーンカーテンを楽しみにしてたのに、全然楽しくなかった。シロツメクサは楽でした。今でも育ててますが、水やりだけでOKです。なぜか雀がよく来ます。ゼラニウムも育ててますが、5年目にして初めて花が咲きました!嬉しくて写真を撮ってしまった。 44才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

8年前、マンションの1室でドラゴンフルーツを育てることにしました。通販で苗株を5本購入し、大鉢に移し、冬の間は部屋に入れ、25度を保ちました。ドラゴンフルーツはサボテンです。水は必要ありません。砂漠等の熱いところの植物です。殆ど知識のないままに、購入しせっせと水と液肥を与えました。10センチほどのドラゴンサボテンは2年目には1mほどになり、支柱も大変になり、部屋中がジャングルになり大変なことになりました。花が咲き、実がなるのをまちながら5年過ぎましたが、一向に実がなる様子はありません。ただ一つの鉢に突然花が咲きました。見事でしたが3日で終わりました。北海道で、まして鉢で育てるなんて所詮むりですね。植物園でないと!!。今では観葉植物のひとつにしてベランダに出してます。捨てるのもなんかかわいそうですから。欲しい方いたら差し上げたいです。 63才  北海道  既婚 男性

40代女性

家の中の観葉植物は冬を越せたと思う頃前後に必ず滅んでいく…。ベランダで育てたトマトはいい頃合いにことごとくカラスに、オクラはすじすじ、庭にミカンやレモンを植えると、ことごとくアゲハが卵を産み付けつんつるてんで光合成できなくなり何度も植えなおしている。おまけに、せっかくだからアゲハになるまで…と見守っているのに、まるまる太った青虫が突然いなくなることを思えば鳥が食べているのだと思う。気が悪いのか?…と思うが、異様にモッコウバラは成長しているし、夏はセミが驚くほど羽化しているし…。何とも言えない気持ちになる。 45才  大阪府  既婚 女性

60代男性

十数年前に友人から「ビワの果実」を頂きとても美味しかったので、家族でこんなのが毎年食べれるといいねと言って、庭にその種を埋めておいたらとても大きく育ち今では収穫量に差はありますが毎年美味しく頂いています。ただ生育がすごく剪定作業を怠ると葉が生い茂って果実どころではありません。忙しくて剪定をしなかった時にはあまりうっそうとしていたので「ヒヨドリ」が巣を作り雛が巣立って行きました。これは大変微笑ましい事ですが、やはり果実が頂きたいので昨年はバッサリと剪定したので、只今青い実を付けています。美味しく頂けたらと思っています。 64才  愛知県  既婚 男性

50代男性

アサガオ:小学校の時、「クラスで一番朝顔を育てるのがうまい」とおだてられたのを真に受けて、今でも毎年朝顔を育てています。去年は、7月7日から10月10日までの間に10株から737輪の花を咲かせることに成功しました。(記録をつけていました。)バジル:かみさんが好きなので、時々育てていますが、毎年必ず収穫前に青虫(たぶん、ヨトウムシ)にやられて失敗続き。後で食べるものですから、薬を使えないのがつらいです。今年はプランターをすっぽり覆うネットを買ってきたので、今年こそはと意気込んでいます。 52才  千葉県  既婚 男性

60代男性

幸福の木 ドラセナ。娘が小学校時代に遠足のお土産で買ってきた。当時は10cmほどの切株にちょろっと芽が出た程度だった。それが30cmを超えて鉢が小さく倒れるようになったので、鉢を大きいものに取り換えてやった。その時を境にグングンと成長し、今では高さが120cm、枝幅も70cmぐらいまで成長した。そいつがデンとして構えているため居間が小さくなった感じである。幸福の樹とのゆえんもあり、粗末にできないし、処分などは到底考えられない。家族3人で、毎日ため息をつきながら眺めている次第です。 72才  東京都  既婚 男性

50代男性

10年前にプランターでゴーヤを育て、緑のカーテンを実験してみた。9年前、当時借りていた30坪倉庫の西日対策として道路との隙間に植えてみた所、科学的なデータが得られた。翌年、土づくりから始めて二苗から30センチの実が付きました。300個の収穫です。西日対策なので実は近所に配りましたが、美味しいと評判でした。来年も頼むのリクエストが多くて、本格的に、。土を入れ替え、棚を組み、水やりと剪定を欠かさずにしていたら、近所でも評判のお化けゴーヤに成りました。西日対策なのにね。 55才  埼玉県  既婚 男性

30代女性

インテリアショップで見つけた万年竹、部屋のアクセントになるし、大した世話も必要ないと思って買いガラスのコップに入れて飾っていました。が、数年経ったら水面付近の部分にカビが生えはじめ、色も最初は緑色だったのがだんだんと黄色くなっていき、最後には枯れてしまったので捨てることに。植物を育てるのは苦手だと自覚しているのですが、よりによって万年竹を枯らしてしまうほどとは思っていなかったので、軽くショックでした。それ以来、自分で植物は育てていません。 39才  神奈川県  未婚 女性

60代男性

孫が小学校の頃、朝顔の栽培があったが、当時息子は近くのマンション暮らしで、ベランダが北向きで、水やりにも苦労するからと、私に管理を頼んできた。引き受けて一番日当たりのいい場所に植木鉢を置き面倒を見た結果、見事な朝顔が育った。みんなが学校へ持参することになり、孫も持って行ったが、先生がそれぞに感想を付けて返して下さった。孫の朝顔には「おじい様、おばあ様にも感謝しましょう」と書かれていた。先生は我が家の横を通って通勤していたので、カンニングがお見通しだったのだ。 85才  京都府  既婚 男性

50代女性

ここ三年ぐらい庭でとまと、キューり、豆、にんじん、ピーマン、なすび、大葉、パセリ、にら、アスパラを植えています。にら、アスパラは、一度植えると次の年も自然に生えてくるので、庭に植えておくと楽です。トマト、豆は、大変良く実がつきます。なすびは、実の付きが悪いので、買ったほうがいいかも。パセリ、大葉は、ベランダで育てて食べたい時にすぐ取れるようにしておきます。 50才  北海道  既婚 女性

50代男性

独身の頃、ひまわり。一等日当たりのよい場所に、添え木までして育てました。2階のベランダを超えて咲きました咲きました。アパートの2階のヒトも一緒に水やりと少しの肥料やりをしました。上の子が1歳の頃、サボテン。きれいな花を見せてくれました。当然ですが夜中ですから、ライトを持って来て写真撮りましたよ。子供は今度成人式です。サボテンは、かみさんの実家の庭に植え替えたら優に2メートルを超えてカクタスしています。 55才  大分県  既婚 男性

年代性別不明

学生のときに育て始めたハナキリンは、最初は高さ20cmくらいだったものが就職し、実家に戻ったときには1m以上に育っていました。その後、転勤のため実家を離れたため、ハナキリンを実家に置いていったら枯死しましたが、ひこばえを移植した子株が残っていたので、今度はそちらを育てました。その後の引越では「子」を連れあるき、今では親株同様の1m以上にまで育っています。

40代男性

子供の頃にスイカを植えて育てたのですが、結局 ソフトボール位の大きさで止まり、割れてしまった。中は赤くなっていたのですが、食べる勇気無く処分しました、割れて中身が見えている状態ですが蟻が相手しない物でしたので甘くなかったと思います 40才  兵庫県  未婚 男性

30代女性

習い事で余ったライムポトスを育てていましたが、5枚あった葉が次々に枯れていき、とうとう最後の1枚に。(それもへろへろな。)環境が悪いのかなと母に引き取ってもらったらそれが大正解(?)。すっかり元気になりました。今では葉が数百枚。。ジャングル状態です。鉢が十数個まで増えてお世話が大変そうなので母にはちょっと申し訳ない気がしています。 36才  東京都  未婚 女性

50代女性

毎年花壇で育てるプチトマトはご近所のどのプチトマトより立派に育ちます。毎日のお弁当の彩として活躍してくれます。最盛期には食べきれないほど採れます。去年初めてチャレンジしたパッションフルーツはグリーンカーテンとしては十分役目を果たしてくれましたが、花は3輪しか咲かず、なった実も食べられるようになる前に落ちてしまいました。 51才  茨城県  既婚 女性

50代男性

実家にいたころ、牡丹と芍薬があったが、誰も手入れしていなかった。だんだん花がうまく咲かなくなったので、百科事典(当時はネットなどない)で調べて、適当に植え替え株分けしたところ、意外によく根付き、毎年見事な花をつけていた。数十年たって、また植え替えをしようかと思っている。こんどは一株鉢に入れて自宅に持ってきたい。 55才  京都府  既婚 男性

40代男性

小学校の夏休みの宿題「アサガオ観察日記」私は夏休み中ずっとイナカに行くので、そのままだと観察日記がつけられない、そこでアサガオも一緒にイナカに行くことになりました。貧弱だった私のアサガオ、イナカの新鮮な空気に触れた途端ムクムクと成長、結果、力強く育った私のアサガオの観察日記は先生のド肝を抜くとともに他の子の記録を圧倒!クラスで紹介され見事花マルをもらったのでした。あの朝露の中に咲いた大きなアサガオ、今でも忘れられないコドモの頃の思い出です。 49才  東京都  既婚 男性

30代男性

 団地のベランダで、苦瓜(ゴーヤ)を何年か続けて育てていました。 毎年、種から育てていたのですが、上手く発芽しない可能性を考慮して多めに種まきをすると、結構発芽率が高く、良い苗を選んで育てる感じでした。 ベランダだったので、プランターだったのですが、毎年5~6株を植えていました。 なかなか実らないな~?と思っていると、一気に実りはじめ、シーズンには毎日食べても追いつかないくらいの収穫高でした。 39才  北海道  既婚 男性

50代男性

小学生の頃に、クロッカスの球根を、透明なビンに入れて、水栽培しました。確か、夏休みの宿題か何かだったと思います。茎の上昇とともに、根が水の中に伸びるのが見えて、子供心に面白いと思って見ていた記憶があります。しかし、その後、それがどうなったか、さっぱり記憶がありません。もしかしたら、放置して、痛んでしまい、家族の誰かが廃棄したのかも知れません。そう思うと、ちょっと可哀想な事をしてしまいました。 54才  北海道  未婚 男性

60代男性

知人から貰った菊芋。小さな切片に分けて庭に埋めたら、春になると芽が出、雑草並みの速さで見る間に成長。しかし伸びすぎて夏になると台風に倒され、生き残りが菊のような花を咲かせるが、芋は小さすぎ。しかし年が明け春がくるとまた芽が出…と、語るも涙の大奮闘を続けている。植物も人間もいったい何を苦しんで生きようとするのか。今年もまた去年より増えている菊芋を見ながらそう思う毎日。 65才  鹿児島県  未婚 男性

50代女性

小学生のころ、我が家の小さな畑の一角に、ヤグルマギクの種を蒔いたら、その年の夏、ピンクとブルーの花が咲きました。特に種をとっておいて蒔きなおすということをしていなかったので、いつしか忘れてしまっていたのですが、数年後の夏には、濃淡の違いはあるけど、赤紫や青紫等、ほぼ紫系の色ばかりになっていました^^; 絵具みたいに、花の色も混ざっちゃうのか~と思った記憶がありますw 53才  香川県  未婚 女性

60代女性

マンションのベランダで大好きなミニトマトを育て丁度食べごろになって楽しみにしていた時、朝起きてみたらヒヨドリに突っつかれ食べられなかった!それも見える正面ではなく反対側を食べてる!それからはなんとか採られないように知恵比べでした。夫にはヒヨドリより早く起きないと取られるよ!と笑われさんざんでした。それでも沢山収穫できお裾分けもしてよろこばれました。 68才  東京都  既婚 女性

40代女性

放っておいてもはびこると言われるハーブを育てようとしたが、きちんと説明書通りにしたのに、何故か、一回目は芽が出ず、二回目は芽は出たものの、3cmほどから全く伸びず、諦めた。植物には心が通じるというので、あまりにも食べたい、食べたいと思って見ていたから、育ったら食べられる!と思って育たなかったんじゃないか、と言われた。…そうかもしれない。 49才  愛知県  既婚 女性

60代女性

幸福の花を部屋で35年ほど育てているが、天井につくほど大きくなり、下の方から切断する事数回、そのたびに切った枝を水につけ根が出て増えた、その間花は3回ほど咲いた。シクラメンは一昨年の花がいまだに咲いている。木の芽は昨年枯らしてしまい根元から切ったが、水をあげていたら葉が出て使いきれないほどの量になっている。 67才  神奈川県  既婚 女性

40代女性

去年母が買ってきた斑入りのヤナギ。今年の新芽が出、やわらかそうな白と緑の葉がさわさわと風に揺れるさまがとても可愛いかったのに、GW前後に2日油断したら、ことごとくカッサカサの枯れ葉に……!!でも、すごいのはそこから。手を尽くしたら、また芽吹いてきたのです。あと2、3日もしたら、あの素敵な色味が復活します。楽しみ! 43才  神奈川県  未婚 女性

60代女性

フラワーアレンジメントや花束の花など花瓶にさしていると根が出てきます、鉢に移して、アイビー、ドラセナが育っています。リュウノヒゲも根が出て株が大きくなってもアレジメントに使ってあったような長い葉にならずアパートの庭におろしました。中菊も根が出て翌年咲きましたが、しょぼい姿で良い花が咲きませんでした。 69才  広島県  既婚 女性

40代女性

ベランダでパンジーを育てたら、アブラムシが異常発生して即座に処分しました(T_T)ポトスを吊るしたら、変色しておくことが出来なくなりました。ガジュマルちゃんを育てていたら水が無くなっていたので可哀そうになって与えたらみるみる枯れてしまいました…もしかして呪われているのでしょうか?(/_;) 44才  大分県  未婚 女性

50代女性

毎年、苺を育てるが、花が咲き実がなり、大きくなって赤くなり、「そろそろ、食べ頃」と楽しみにしているのに、毎年、ナメクジに先を越される。イチジクの実も、おいしそうに熟したら、蟻に先を越される。毎年、悔しい思いで、被害にあわずに食べられたときは、たとえ一個でも嬉しくて、本当に美味しく感じる。 57才  埼玉県  既婚 女性

40代女性

野菜類は硬くて食べられたものではなかった。観葉植物はとことん枯らす。草花はだんだん衰退していく。花木、庭木は放っておいても大丈夫だけど、どう剪定すればよいか分からす、自己流にやってたら変な形になってしまって…。犬や猫のように物申す生き物でないと細やかな世話が私には出来ないようです。 46才  京都府  既婚 女性

40代女性

小学校の夏休みの宿題で育ててたヘチマ。なかなか実ができない中、1個だけ大きくなったものがあり観察日記をつけていたが、台風が過ぎた後、成長が止まってしまいそのまま枯れてしまった。学校で育ててたジャガイモも突然の雹で葉っぱに穴が開いて、成長に影響が出た。何かを育てるって大変。 41才  東京都  未婚 女性

50代女性

昨年、初めていちごを育てました。毎日洗濯ものを干しがてら実が大きくなるのを見守っていました。だんだん赤くなっていって、今日は一粒採れたというだけで嬉しい気持ちに。2粒、3粒採れる日もありました。収穫すると、すぐに水で軽く洗って口に。一粒を食べるだけでも、ちょっと贅沢な気持ちになりました。 59才  東京都  未婚 女性

50代男性

小学生だった頃、学校のお花当番で花にちゃんと水を与えていたのに腐らせてしまったことがあります。あとから知ったのですが、水の与えすぎで根が腐ってしまったことのようです。 51才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

住宅の新築時にほぼ業者の言うなりに植樹をしたものの、10年、15年経ってみるとまったく成長が早く、景観の維持には気を使う。 71才  東京都  既婚 男性

花・植物についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 秋に行きたいところランキング 1位「紅葉の名所」2位「温泉」3位「ドライブ」
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 好きな女子テニス選手ランキング、1位 伊達公子、2位 杉山愛
  4. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  7. みんなの思う歴代の最強横綱ランキング、1位 千代の富士、2位 大鵬
  8. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  9. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  10. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官