本文へジャンプします。

雑誌・ニュースについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2016年9月2日

雑誌・ニュースについてのアンケート・ランキング

「現在も刊行中の週刊誌・漫画雑誌の中で、買ったことがあるのは?」「知っている女性誌(ファッション雑誌)は?」「よく見るニュースサイトは?」「よく見るニュース番組は?」など“雑誌・ニュース”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年08月19日~2016年08月25日/有効回答数:2,912

調査レポート

レポート01 若者よりも上の世代のほうが雑誌離れ!?年代別 週に読む雑誌の冊数調査

雑誌を週に何冊くらい読みますか?
※立ち読み、電子書籍、ネット配信も含みます。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「0冊(読まない)」で55%と約半数の人が雑誌は読んでいないようです。次いで「1冊」で25%、「2冊」で10%、「3冊以上」という人をあわせると10%でした。

■30代以下は「1冊以上」雑誌を読む人が半数超え
年代別に見てみると、30代以下のみ「0冊(読まない)」という人が50%を切っており、ほかの世代は50%超え。30代以下は「1冊以上」雑誌を読む人のほうが読まない人よりも多い、という傾向がありました。

若者の雑誌離れってよく見ますが、「雑誌を読まない」人は30代以下が最も少ないんですね、意外な結果です! むしろ雑誌を読んでいた上の世代の方々が雑誌離れしているから売れなくなってるんでしょうか?^▽^

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 買ったことがある週刊誌ランキング 1位は週刊文春、2位は週刊現代

現在も刊行中の週刊誌の中で、買ったことがあるのは?(複数回答可)
※漫画雑誌は除きます。

グラフ
編集部まとめ

買ったことがある週刊誌についてアンケート!
総合ランキングでは
1位 「週刊文春」 33%
2位 「週刊現代」 29%
3位 「週刊ポスト」 28%
4位 「FRIDAY(フライデー)」 28%
5位 「週刊新潮」 27%
6位 「週刊朝日」 19%
7位 「AERA(アエラ)」 18%
8位 「FLASH(フラッシュ)」 17%
9位 「日経ビジネス」 16%
10位 「週刊ダイヤモンド」 16%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

文春砲や文春爆弾という言葉がささやかれるほど今年スクープを連発した「週刊文春」が1位に。3人に1人が買ったことがある、と回答していました。

2位~5位の「週刊現代」「週刊ポスト」「FRIDAY(フライデー)」「週刊新潮」はいずれも約3割で僅差、トップ5までの週刊誌を買ったことがある人は多いようです。

また9位~11位にはビジネス系の週刊誌がすべて同率でランクイン。票数で順位付けしましたが、9位「日経ビジネス」と11位「東洋経済」の差はわずか22票でした。ビジネス系週刊誌を買う人は3種とも買ったことがあるのかもしれません。


■「週刊文春」が全年代でトップ3にランクイン

年代別のランキングでは
【30代以下】
1位 「週刊文春」24%
2位 「FRIDAY(フライデー)」22%
3位 「週刊新潮」14%
4位 「FLASH(フラッシュ)」12%
5位 「週刊現代」「週刊ポスト」「東洋経済」11%

【40代】
1位 「FRIDAY(フライデー)」29%
2位 「FLASH(フラッシュ)」21%
3位 「週刊文春」17%
4位 「AERA(アエラ)」16%
5位 「日経ビジネス」「週刊ダイヤモンド」15%

【50代】
1位 「FRIDAY(フライデー)」37%
2位 「週刊文春」29%
3位 「週刊ポスト」27%
4位 「週刊現代」25%
5位 「FLASH(フラッシュ)」23%

【60代以上】
1位 「週刊文春」46%
2位 「週刊現代」42%
3位 「週刊新潮」39%
4位 「週刊ポスト」37%
5位 「週刊朝日」28%

総合ランキング1位の「週刊文春」は30代以下と60代以上で1位、50代で2位、40代で3位といずれもトップ3に入る人気。

「フライデーされる」という言葉があるほど、写真週刊誌としての知名度は高い「FRIDAY(フライデー)」が40代と50代では断トツ1位でした。

1位が「週刊文春」というのは今年のスクープを見ていたら予想通りですね~! とはいえ年代別ではけっこう差がついたなという印象です。40代と50代の1位は「FRIDAY(フライデー)」でしたし(´▽`) ちなみに男女別だと男女とも1位は「週刊文春」でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 買ったことがある漫画雑誌ランキング 1位は週刊少年ジャンプ

現在も刊行中の漫画雑誌の中で、買ったことがあるのは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

買ったことがある漫画雑誌についてアンケート!
総合ランキングでは
1位 「週刊少年ジャンプ」 40%
2位 「週刊少年マガジン」 32%
3位 「週刊少年サンデー」 29%
4位 「ビッグコミックスピリッツ」 23%
5位 「週刊少年チャンピオン」 18%
6位 「週刊ヤングジャンプ」 17%
7位 「モーニング」 17%
8位 「週刊ヤングマガジン」 13%
9位 「りぼん」 10%
10位 「コロコロコミック」 8%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

三大漫画週刊誌というと思い浮かぶ「週刊少年ジャンプ」「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」、順位は現在の発行部数の順位と同じ、1位が「週刊少年ジャンプ」、2位が「週刊少年マガジン」、3位が「週刊少年サンデー」という結果に。

3位に迫る票数を獲得し4位にランクインしたのは「ビッグコミックスピリッツ」、『美味しんぼ』や『東京ラブストーリー』『めぞん一刻』など名作が数々連載されていた、男性向けコミック誌としては人気の雑誌ですね。

8位まで男性向けコミック誌が並ぶ中、9位には少女向けコミック誌から「りぼん」がランクイン。少女向けコミック誌では1位の人気でした。


■60代以上の1位は「週刊少年マガジン」、そのほかの世代は「週刊少年ジャンプ」

年代別のランキングでは
【30代以下】
1位 「週刊少年ジャンプ」44%
2位 「週刊少年マガジン」25%
3位 「りぼん」21%
4位 「週刊少年サンデー」20%
5位 「コロコロコミック」19%

【40代】
1位 「週刊少年ジャンプ」55%
2位 「週刊少年マガジン」34%
3位 「週刊少年サンデー」34%
4位 「週刊ヤングジャンプ」29%
5位 「ビッグコミックスピリッツ」28%

【50代】
1位 「週刊少年ジャンプ」50%
2位 「週刊少年マガジン」39%
3位 「週刊少年サンデー」35%
4位 「ビッグコミックスピリッツ」31%
5位 「週刊少年チャンピオン」28%

【60代以上】
1位 「週刊少年マガジン」26%
2位 「週刊少年ジャンプ」25%
3位 「週刊少年サンデー」24%
4位 「ビッグコミックスピリッツ」16%
5位 「週刊少年チャンピオン」11%

総合ランキング1位の「週刊少年ジャンプ」は30代以下、40代、50代で断トツ1位を獲得するも、60代以上ではなんと2位、60代以上の1位は「週刊少年マガジン」でした。
1960年代頃の「週刊少年マガジン」は、『巨人の星』『あしたのジョー』『ゲゲゲの鬼太郎』『天才バカボン』など名作が多く、人気が高かったようです。

そのほか、30代以下では「週刊少年サンデー」を抜き、「りぼん」が3位にランクインしているのが特徴的でした。

ジャンプ強し! と思ったら、60代以上ではマガジンでしたね、ビックリでしたが作品を見ていたら納得です^▽^ちなみに少女コミック誌の中では「りぼん」「なかよし」「花とゆめ」がトップ3でした。発行部数だといま1位は「ちゃお」ですが、ランク外でしたね。

「調査団員の声」では、漫画雑誌にまつわる思い出を教えていただきました★
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

学生の頃(30年くらい前)はとにかく早く続きが読みたくて、フライング販売しているところの情報交換をしてました。○○駅の売店には発売日前日の何時頃にはある、と聞くと、通学の途中の駅で下車して買いに行ったりする連中もいました。2時間に1本しか列車がないので、買ったら読みながら列車待ち。まあ、その場所をみんなが知ると、そこで買う人が増えて競争になり、フライングでは入手できなくなって、結局近場で発売日に買うのですが。 49才  大阪府  既婚 男性

フライング販売求めてどこまでも! やりましたやりました>▽< ちょっとでも早く続きが読みたくて、隣町まで自転車飛ばして…とか、いま思うと必死だったなーw調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

三姉妹だったので、別マ、別フレなどを買って回し読みしてました。私は三女なので順番が最後。姉の横から覗いたりしてました(笑)。りぼんを買うようになったのは、高校生になってから。当時、人気だった陸奥A子さん、田渕由美子さん、太刀掛秀子さんのグッズが欲しくてお小遣いをやりくりして買ってました。 56才  東京都  既婚 女性

三姉妹で回し読み、いいですね~(*´∀`*) 私は弟と2人姉弟なので、雑誌より漫画を回し読みしてました♪ かぶりそうなものは、事前にアレ買う? って聞いたりして。ふふ、懐かしいです~。調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

私が小学生の低学年の頃に流行った、少女雑誌(りぼん、なかよし、少女、マーガレット)などには、女の子の喜びそうなおまけがついていました。その付録だけをまとめて売っている本屋さんがあって、母とその前を通るときには、必ず買ってくれました。全部の本に目を通せなくても、おまけだけで十分満足できました。どんなに想像力を掻き立てられたか、忘れられない嬉しかった思い出です。 73才  群馬県  既婚 女性

付録だけが売ってる本屋さん? えー、いいなー!>▽<少女雑誌の付録ってすごく豪華なんですよね! 私のときは自分で組み立てて使うものとか多かったですが、最近はさらに豪華になって、え? コレ付録? みたいなのも多いですよね。調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート04 知名度の高い女性誌(ファッション雑誌)ランキング 1位はanan(アンアン)

知っている女性誌(ファッション雑誌)は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

みんなが知っている女性誌(ファッション雑誌)についてアンケート!
総合ランキングでは
1位 「anan(アンアン)」 67%
2位 「non・no(ノンノ)」 66%
3位 「Seventeen(セブンティーン)」 54%
4位 「CanCam(キャンキャン)」 53%
5位 「JJ(ジェイ・ジェイ)」 49%
6位 「ViVi(ヴィヴィ)」 37%
7位 「MORE(モア)」 29%
8位 「Olive(オリーブ)」 22%
9位 「with(ウィズ)」 22%
10位 「CLASSY.(クラッシィ)」 17%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

5割を超えたのは「anan(アンアン)」「non・no(ノンノ)」「Seventeen(セブンティーン)」「CanCam(キャンキャン)」の4誌で、いずれも20代向けの女性誌(ファッション雑誌)でした。

ちなみに「特にない」と答えたのは29%で、全体の3割。つまり約7割がなんらかの女性誌(ファッション雑誌)を知っている、ということがわかりました。


■男女とも「anan(アンアン)」「non・no(ノンノ)」が1位&2位

男女別のランキングでは
【男性】
1位 「anan(アンアン)」62%
2位 「non・no(ノンノ)」61%
3位 「Seventeen(セブンティーン)」49%
4位 「CanCam(キャンキャン)」48%
5位 「JJ(ジェイ・ジェイ)」43%
6位 「ViVi(ヴィヴィ)」30%
7位 「MORE(モア)」21%
8位 「Olive(オリーブ)」17%
9位 「with(ウィズ)」14%
10位 「CLASSY.(クラッシィ)」10%

【女性】
1位 「anan(アンアン)」85%
2位 「non・no(ノンノ)」85%
3位 「JJ(ジェイ・ジェイ)」74%
4位 「CanCam(キャンキャン)」74%
5位 「Seventeen(セブンティーン)」71%
6位 「MORE(モア)」64%
7位 「ViVi(ヴィヴィ)」62%
8位 「with(ウィズ)」52%
9位 「CLASSY.(クラッシィ)」45%
10位 「Olive(オリーブ)」43%

男女とも1位と2位は変わらず「anan(アンアン)」「non・no(ノンノ)」という結果に。女性では85%と非常に高いですが、男性でもいずれも6割を超えており、女性誌(ファッション雑誌)として高い知名度を誇っていると言えそうです。

また男女で大きく差が開いたのは「MORE(モア)」や「with(ウィズ)」で、それぞれ女性のほうが43%と38%高くなっていました。いずれも20代~30代のOL女性をターゲットにしており、この2誌は同日発売ということもあり比較されることが多いとか。

意外と男性のみなさんもいろいろな雑誌を知っている、というのがびっくりでした(´▽`) 私、ファッション誌は全然買わないので本当に知らなくて…。みなさんに負けている…。汗w

調査団編集部:マリカナ団長

レポート05 みんながよく見るニュースサイトランキング 総合&年代別 1位は…

よく見るニュースサイトは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

よく見るニュースサイトについてアンケート!
総合ランキングでは
1位 「@niftyニュース」76%
2位 「Yahoo!ニュース」58%
3位 「Google ニュース」15%
4位 「日経電子版」14%
5位 「MSN ニュース」13%
6位 「読売新聞(YOMIURI ONLINE)」 10%
7位 「アサヒ・コム」 10%
7位 「NHK NEWS WEB」 9%
9位 「産経ニュース」 8%
9位 「LINE NEWS」 4%
※同率の場合は、票数で順位づけ。
でした。

@nifty会員の多い何でも調査団での調査だけあり、1位は「@niftyニュース」で約8割と断トツ。

2位は「Yahoo!ニュース」で58%、3位以下が20%を切っているので、こちらも人気が突出していることがわかります。

ちなみに「特にない」と答えた人は10%、残りの約9割がなんらかのニュースサイトをチェックしていることがわかりました。


■「@niftyニュース」「Yahoo!ニュース」が断トツの人気

年代別のランキングでは
【30代以下】
1位 「Yahoo!ニュース」67%
2位 「@niftyニュース」61%
3位 「Google ニュース」11%
4位 「日経電子版」9%
4位 「LINE NEWS」9%

【40代】
1位 「@niftyニュース」76%
2位 「Yahoo!ニュース」65%
3位 「Google ニュース」15%
4位 「MSN ニュース」14%
5位 「日経電子版」10%

【50代】
1位 「@niftyニュース」76%
2位 「Yahoo!ニュース」64%
3位 「Google ニュース」17%
4位 「日経電子版」14%
5位 「MSN ニュース」14%

【60代以上】
1位 「@niftyニュース」77%
2位 「Yahoo!ニュース」48%
3位 「日経電子版」17%
4位 「Google ニュース」14%
5位 「MSN ニュース」13%

「Yahoo!ニュース」は40代以上で2位、30代以下で1位と若い世代ほど人気。特に30代以下では67%と約7割の支持を得ていました。

そのほか、「日経電子版」は上の世代ほど回答率が高く、30代以下では9%だったのに対し、60代以上では17%で3位にランクイン。逆に「LINE NEWS」は若い世代ののほうが人気で、30代以下のみ5位以内にランクインしていました。

@niftyニュースの圧倒的な回答率…っ、みなさん、いつもありがとうございます>▽< それを除くとYahoo!ニュースが圧倒的ですね、さすがです。

「調査団員の声」では、よく見るニュースサイトについて、何を、どんな目的で見ているのか、おすすめポイントなど教えていただきました★
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

速報はYahooで、じっくり読むのは日経で、ざっと現状をつかむのはniftyにて行っています。 49才  兵庫県  既婚 男性

3サイトを目的によって使い分けていらっしゃるんですね~、それぞれ特徴がありますもんね。その中の1つにニフティを入れていただき、ありがとうございます(´▽`人)調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

毎日はしていないが、複数のサイトを比べてみると、トップに取り上げられているニュースが違ったり、同じニュースでも視点が違ったりするのはおもしろいと思う。特に、たまに見に行く外国のニュースサイトでは全然違うことが話題になっていたりするので、考えさせられることがある。 64才  神奈川県  既婚 女性

「同じニュースでも視点が違ったり」これ本当に思います! あっちではあぁ言ってたのにこっちではこう言ってる…ってなると気になってほかのニュースも追いかけますね。調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

@niftyをホームページにしているので、ブラウザを立ち上げると@niftyニュースが目に飛び込んできます。国内、海外、エンタメ、スポーツ等の各タブを開いてはニュースタイトルを見て、興味があるとクリックして詳報を読む。この操作がスムーズにできるので気に入っています。 70才  埼玉県  既婚 男性

@niftyをホームページに、わぁ、ありがとうございますヽ(´▽`)/お気に入りポイントまであげていただきうれしいです♪ これからもどうぞよろしくお願いします~!調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 よく見るニュース番組 上位はNHK、報道ステーション、ひるおび!

よく見るニュース番組は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

よく見るニュース番組についてアンケート!
総合ランキングでは
1位 「NHKニュース7(NHK)」 48% 【夜】
2位 「NHKニュース おはよう日本(NHK)」 44% 【朝】
3位 「報道ステーション(テレビ朝日系)」 35% 【夜】
4位 「ニュースウォッチ9(NHK)」 32% 【夜】
5位 「ひるおび!(TBS系)」 21% 【昼】
6位 「めざましテレビ(フジテレビ系)」 19% 【朝】
7位 「NEWS ZERO(日本テレビ系)」 18% 【夜】
8位 「ZIP!(日本テレビ系)」 18% 【朝】
9位 「NEWS23(TBS系)」 16% 【夜】
10位 「情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)」 16% 【昼】
11位 「サンデーモーニング(TBS系)」 15% 【朝】
12位 「真相報道バンキシャ!(日本テレビ系)」 14% 【夜】
13位 「ワールドビジネスサテライト(テレビ東京系)」 13%【夜】
14位 「とくダネ!(フジテレビ系)」 12% 【朝】
15位 「Nスタ(TBS系)」 12% 【夜】
15位 「news every.(日本テレビ系)」 12% 【夜】
17位 「スーパーJチャンネル(テレビ朝日系)」 12% 【夜】
18位 「モーニングショー(テレビ朝日系)」 11% 【朝】
19位 「スッキリ!!(日本テレビ系)」 11% 【朝】
20位 「グッド!モーニング(テレビ朝日系)」 10% 【朝】
※同率の場合は、票数で順位づけ。票数も同じ場合のみ順位も同位とする。
でした。

1位、2位、4位はNHKニュースがランクイン。見る理由としては、時計代わりに見ている、過度な演出がほとんどない、全国ニュースだけでなくローカルニュースも知りたいから、などがあがっていました。

全体的に朝と夜の番組が多くランクインする中で、5位に「ひるおび!」、10位に「情報ライブ ミヤネ屋」と昼の番組がトップ10に。昼はこの2番組が人気のようです。


■NHK以外では、朝は「めざましテレビ」昼は「ひるおび!」夜は「報道ステーション」

朝・昼・夜と時間帯別のランキングでは
【朝】
1位 「NHKニュース おはよう日本(NHK)」 44%
2位 「めざましテレビ(フジテレビ系)」 19%
3位 「ZIP!(日本テレビ系)」 18%
4位 「サンデーモーニング(TBS系)」 15%
5位 「とくダネ!(フジテレビ系)」 12%

【昼】
1位 「ひるおび!(TBS系)」 21%
2位 「情報ライブ ミヤネ屋(日本テレビ系)」 16%
3位 「ワイド!スクランブル(テレビ朝日系)」8%
4位 「直撃LIVE グッディ!(フジテレビ系)」4%
5位 「白熱ライブビビット(TBS系)」3%

【夜】
1位 「NHKニュース7(NHK)」 48%
2位 「報道ステーション(テレビ朝日系)」 35%
3位 「ニュースウォッチ9(NHK)」 32%
4位 「NEWS ZERO(日本テレビ系)」 18%
5位 「NEWS23(TBS系)」 16%

朝 2位の「めざましテレビ」は、ニュースだけでなくトレンド情報を入手できる、ニュースだけでなく笑ってしまうような雰囲気があり好き、「めざましじゃんけん」でのポイント積み立てが1番の目的、などニュース以外の部分に魅力を感じている人が多いようでした。

昼 1位の「ひるおび!」は、30代以下では9%でしたが60代以上の3割から支持を得てランクイン。昼はやはり会社員は見づらい時間帯なので、しっかり上の世代の支持を集めているのが強さの秘密でしょうか。

夜 2位の「報道ステーション」はその前のNHKニュースから続けて見ている、という声が多く見られました。

NHK強いですね~! それ以外だと、朝は「めざましテレビ」昼は「ひるおび!」夜は「報道ステーション」なんですね。私も朝は「めざましテレビ」です~(´▽`)

「調査団員の声」では、よく見るニュース番組について、何を、どんな目的で見ているのか、おすすめポイントなど教えていただきました~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代女性

朝と晩のニュースは殆どNHK。天気予報や画面の隅の時間だけでなく、毎日見ていると番組の進行具合によって時間の見当がつく。朝は忙しく、あれこれ用事をしながらちょっと見て今何時何分かがわかるのでいい。常子さんが出てくるまでに台所の片付けとゴミ出しも済ませ、テレビの前にちょっと座る。 68才  神奈川県  既婚 女性

「番組の進行具合によって時間の見当がつく」ってありますね! NHKじゃないですが、占いが始まったら歯を磨く、とか私もしてます^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

目的はないです、ドラマを見ていてそのまま見続けるか次に見たいものがある時、チャンネルを替え忘れないために見ているか、いい加減なものです。つまり見たい番組が前後にあれば見るということでしょうか。 66才  新潟県  既婚 女性

これ、ありますね~。見たい番組の前後、特に見ていた番組を見終わってそのままついていて、ニュースだから見る、っていうパターンは私もよくあるなって気づきました(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

朝のニュースはグッド!モーニング(テレビ朝日系)と決めている。松尾アナ、新井アナ、田中アナの可愛い笑顔を見ると、「今日も頑張ろうか!」と気合が入ります。 46才  千葉県  未婚 男性

特に朝は、見て「がんばろう!」って思えるの大事ですね! やっぱり気分よく出かけたいですもんね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. ペットを飼っていて困ること 60代以上の4割が「旅行ができない」
  2. 動物園の人気ランキング 1位 旭山動物園、2位 上野動物園
  3. 「猫好き」だと思う芸能人ランキング 1位 田中裕二、2位 中川翔子
  4. 宇宙を舞台にした映画の人気ランキング 1位 スター・ウォーズ、2位 猿の惑星
  5. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  6. 犬派は63.0%、猫派は37.0%【犬と猫、どちらが好きかの調査】
  7. 猫っぽいなぁと思う女性芸能人ランキング 1位は「ローラ」
  8. 人気の動物園ランキング 1位は「上野動物園」、2位は「多摩動物公園」
  9. 好きな動物ランキング 1位 犬、2位 猫、3位 ペンギン
  10. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官