よく聴く音楽ジャンルランキング 1位「J-POP」2位「歌謡曲」

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2016年12月16日

音楽についてのアンケート・ランキング

「クラシック作曲家で有名なのは?」「人気のジャニーズグループは?」「人気の往年のアイドルは?」「紅白初出場歌手で楽しみなのは?」など“音楽”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年12月02日~2016年12月08日/有効回答数:2,848



レポート01 よく聴く音楽ジャンルランキング 1位「J-POP」2位「歌謡曲」

よく聴く音楽のジャンルは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

よく聴く音楽ジャンルのランキング、総合ランキングでは、1位は「J-POP」で42.6%、2位は「歌謡曲・フォークソング」で34.6%、3位は「クラシック」で31.8%、4位は「ジャズ」で22.4%、5位は「ロック」で21.3%という結果でした。

若い世代ほどアニメソングが多く、上の世代ほど、歌謡曲、クラシック、ジャズが多い

年代別でみてみると、年代によってよく聴く音楽ジャンルが異なっていることがわかりました。若い世代ほどアニメソングが多く、上の世代ほど、歌謡曲、クラシック、ジャズが多い傾向。また、演歌は50代以下では5%以下だったのに対し、60代以上では、30%と、60代以上にのみ多いという結果になりました。

ちなみに男女別にみてみると、1位は男女同じだったものの、男性の2位は総合と同じ歌謡曲、女性の2位はクラシックと異なりました。特に60代以上の女性の場合、クラシックは、44%を獲得して1位になっていました。私も吹奏楽をやっていたので、クラシックは大好きです~(´▽`*)

調査団編集部:マリカナ団長

音楽についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 約3割が、記憶力を維持するために「頭を使うゲーム」をしていると回答
  2. お弁当の購入価格は平均557円。最も価格が安かった年代は40代で、432円
  3. ものを覚えるコツのトップ3は「声に出す」「語呂合わせをする」「何度も書く」
  4. 3割の人が、自宅の住所を何も見ずに答えられない?【記憶力調査】
  5. 終活をする理由、6割が「家族に迷惑をかけたくない」と回答
  6. マスクだと失礼だと思うシーン 「あらたまった食事会」が1位で6割超え
  7. ストレスの要因になっている人 1位は「会社の同僚、部下」23%
  8. 仕事したくないと思ったときの対処法ランキング 1位はいつも通り仕事をする
  9. 冬から春にかけてが多い? 体調を崩しやすい月 1位は「3月」で23%
  10. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官