新聞の人気ランキング 1位 朝日新聞(21.9%)、2位 読売新聞(21.8%)

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2017年4月21日

新聞についてのアンケート・ランキング

「どの新聞を購読している?」「新聞のいいところは?」「新聞の嫌なところは?」「新聞を読む以外の活用方法は?」など“新聞”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年04月07日~2017年04月13日/有効回答数:2,857件



レポート02 新聞の人気ランキング 1位 朝日新聞(21.9%)、2位 読売新聞(21.8%)

あなた自身(またはご家庭)は現在、どの新聞を購読していますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

どの新聞を購読していますか? という調査に対して「何も購読してない」の22.2%を除くと、総合ランキング1位は「朝日新聞」で21.9%、僅差で2位は「読売新聞」で21.8%、3位は「その他地方紙」で13.8%、4位は「日本経済新聞」で8.3%、5位は「毎日新聞」で5.6%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「朝日新聞」 21.9%
2位 「読売新聞」 21.8%
3位 「その他地方紙」 13.8%
4位 「日本経済新聞」 8.3%
5位 「毎日新聞」 5.6%
6位 「中日新聞」 5.4%
7位 「産経新聞」 3.4%
8位 「スポーツ紙(日刊スポーツなど)」 3.3%
9位 「北海道新聞」 2.6%
10位 「東京新聞」 2.2%

■40代以下の1位は読売新聞、50代以上の1位は朝日新聞

年代別でみると、40代以下の1位は読売新聞、50代以上の1位は朝日新聞と年代によって1位が異なることがわかりました。また、朝日新聞は、上の世代になるほど人気ということもわかりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「読売新聞」 14.1%
2位 「朝日新聞」 12.7%
2位 「その他地方紙」 12.7%
4位 「日本経済新聞」 11.3%
5位 「中日新聞」 5.6%

【40代】
1位 「読売新聞」 20.5%
2位 「その他地方紙」 13.7%
3位 「朝日新聞」 13.3%
4位 「日本経済新聞」 7.7%
5位 「中日新聞」 6.0%

【50代】
1位 「朝日新聞」 20.7%
2位 「読売新聞」 20.0%
3位 「その他地方紙」 16.5%
4位 「日本経済新聞」 7.5%
5位 「毎日新聞」 4.9%

【60代以上】
1位 「朝日新聞」 27.0%
2位 「読売新聞」 23.9%
3位 「その他地方紙」 11.4%
4位 「日本経済新聞」 9.1%
5位 「毎日新聞」 6.5%

ちなみに地域別にみると、北海道の「北海道新聞」(57.5%)と、東海地方の「中日新聞」(52.3%)は、その地域で50%超えでした。地域に根ざしているんですね~!

「調査団員の声」では、 購読したことのある新聞について、購読理由を教えていただきました。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

かつて一度住んでみたい札幌に居住するようになったとき、北海道の話題満載の「北海道新聞」を貪るように読みました。また富山へ1年余り出張した時も、現地の地方紙「北日本新聞」を購読していました。このようにしばらくその土地で暮らす場合、そこの現地紙を読むのは楽しみです。おかげでずいぶん詳しく情報を知ることができ、地方に対して理解を深めることができました。 60才  大阪府  未婚 男性

現地紙を読んでその土地のことを理解するってイイですね! せっかくその土地に住んでるなら、その土地の情報をたくさん知りたいですもんね>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

日経MJを購読していた。ショッピングが好きなので、物販業の事情もわかるし、日ごろのトレンドもわかるし、結構面白い。引越しをして継続をしたにも拘らず、届けてくれなかったのでやめてしまったが、今でも駅の売店で買っています。 51才  東京都  未婚 女性

日経MJ、おもしろいですよね~私も会社で購読しているので読んでます(´▽`)新商品情報とか、トレンド充実していて、話のネタになるものも多いなって思います♪調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

「朝日新聞」。親が購読していて、学生時代に「天声人語」が受験に出ると言われていたので、若いときから代わっていない。いろいろ問題があったときに、新聞社を代えようかと考えたが、紙面の構成に見慣れてしまっていて、他紙が見にくく、結局今も代わらず購読している。 62才  岡山県  既婚 男性

「天声人語」が受験に出るから読んだほうがいいっていうの、私も言われた記憶があります、懐かしい!^▽^結局読まなかったんですけど。笑調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

今も昔も神戸新聞。全国紙でないから有名じゃないけど「イイミミ」という読者(電話)投稿欄がゆるくてたまりません。最近のニュース記事で印象に残ってるのは姫路の保育園が園児を水増しで入れていた事件。その給食量がいかに少ないか、写真ですっぱぬいていたのには、よくやったと言わざるを得ない。地方紙ながら頑張っています。 43才  兵庫県  未婚 女性

50代男性

「日本経済新聞」。出向した仕事先で同じく対等出資していた相手側の企業から出向されていた課長に勧められた。理由は、経済なら日経ということだったが、経済トレンドがわかる。依頼32年ずっと購読している。株価、商品市況など日本一だろう。昔は、本当に固いという経済紙だったが、土曜版などで、スイーツランキングなど出るようになって読みやすくなった。今でも、経済に関しては絶対であるし、以前、SEをしていたころは関連会社の日経BPの専門誌も自腹で購読していたことがある。本当に役に立つ。 58才  千葉県  未婚 男性

50代女性

子どもが小さい頃は「朝日小学生新聞」を購読していました。ニュースがわかりやすく、親子の会話にも役立つので、とても重宝しました。 56才  埼玉県  既婚 女性

50代男性

「朝日新聞」。紙はやめたけど、デジタル版で継続購読しています。病気で半身麻痺になり、大きな紙面をめくるのが大変になったからです。スマホでなら片手でも読むことができるし、古新聞を束ねて回収に出す手間も省けて楽です。新聞自体は、一人暮らしを始めて以来、約30年とり続けています。ネットでも事件事故の情報は見られるけど、生活面や地域情報などのネットでは偶然にしか拾えないような情報が、新聞にはある。自動検索もいいが、記者の目で足で集めた情報は一味違う。 58才  東京都  未婚 男性

50代男性

子供のころから、親が巨人ファンだったせいか、ずっと読売でした。たまに、他紙に変えざるを得ないときもあったようですが、読みにくく、元に戻ると安心した物でした。今でもずっと読売です。意見も読売の意見に最も頷ける点が多く、独自憲法草案も出すなど、オピニオン誌としては優良だと考えています。申し訳ないけど、他紙はオピニオンが薄いか、偏りすぎています。 52才  茨城県  既婚 男性

60代男性

最近テレビやラジオでも東京新聞の記事を取り上げるようになり独特の切り口が世間に広まってきたのかなと思う。昔は主婦新聞とも云われ家庭にやさしい記事や書き方が特徴だったと思う。新聞小説も切り取り一巻そろったところで読んでいる。4月1日のエイプリルフールの記事は昔騙されたことが有る。楽しい話題。 67才  千葉県  既婚 男性

40代女性

現在の住居へ引越ししたときに、勧誘に来た新聞販売店が中日新聞だった。これまで他紙ではあまりなかった「無料の試読」等もあり、購読することになった。実際に、「気に入っている」というほどではないが、文化欄等を読むことが好き。 45才  静岡県  未婚 女性

50代男性

子供の頃から、親や祖父母の時代から『毎日新聞』を定期購読して来ている。昨今家族も減って経済的にも厳しくなり古新聞の処分も面倒になって来たので正直購読を止めようかと思う事もある。只、大好きな西原理恵子・森下裕美・いしかわじゅんさんらの漫画は楽しみなのでなかなかやめられない! 58才  大阪府  未婚 男性

60代女性

読みやすさと内容が自分の考えに合っていたこともあり朝日新聞を購読していたが多忙のため読むことができなくなった。活字は好きなので読みたかったが積読のみとなり勿体ないからやめた。今は電子版を読んでいる。 69才  東京都  未婚 女性

40代男性

北海道に住んでいる人はほとんど北海道新聞を購読しているが、私が購読している理由は趣味の友人が新聞記者をしていて、私が主催イベントを行う時などは宣伝も記事も書いてくれる恩があるから。また主催しているイベント関連でお世話になっている作家先生が夕刊で連載を持っているのもあって北海道新聞以外の選択肢はないですね。 46才  北海道  未婚 男性

60代女性

例えば今人気中のクロスワードクイズ(毎日新聞)はなくてはならない楽しみの一つです。今更他紙に変更は考えられません。 81才  兵庫県  既婚 女性

60代女性

大手の新聞では地元のことがあまりよくわからないこともあり、地元の新聞を購読しています。地元といっても細かくいろいろと記事があるのでとても分かりやすく細かい情報が手に取るように知ることができて便利です。 60才  山梨県  既婚 女性

50代男性

実家で子どもの頃からずっと朝日新聞を読んでいるので、定期購読する時にはファーストチョイスになります。仕事柄、日経新聞を取ったこともありましたが、やはり朝日新聞に戻ってきます。 51才  神奈川県  未婚 男性

60代男性

前職で、災害情報の地域版がほしくて購読して、その流れで今日に至る。地方に住めば地方の情報は欲しいです、中央版はテレビ、ネット情報でとれる。 68才  岐阜県  既婚 男性

60代男性

購読は神戸新聞。中学時代から陸上競技で神戸や兵庫県大会、近畿大会などの試合で3位までに入賞すれば自分の名前が載るので、そのうれしさとその時の身近なニュ-スなどから購読して今年で59年、家にあって当たり前の存在。タブレットやパソコンがあっても無くてはならない物。 71才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

いろいろな論調の新聞があっていいと思うが、私個人は、戦前の軍国主義の反省に立った戦後民主主義の理念を支持しているので、リベラルな論調の朝日新聞を長く購読してきた。その朝日でさえ、最近の右翼的復古的な風潮の中でバッシングを受け、腰が引けている。今は、健全なジャーナリズム精神でがんばっている東京新聞も併読するようになった。時の政権をヨイショし、きちんとチェック機能を果たさないような新聞は、存在価値がない。マスコミは最低限、二度と国民を戦争に駆り立てるお先棒を担ぐようなことはしない、という自覚を持っていなければならない、と思う。 61才  東京都  既婚 男性

50代女性

日本経済新聞。実家で親が購読していたから。また、日経に慣れていると、他の新聞は広告ばかりに感じる。それから、嫌いな野球チームをもっている社の新聞は、そのチームを大きく取り上げるから読みたくない。 55才  神奈川県  既婚 女性

50代男性

家族全員それほど念入りに見るほうではないので、読みやすいことが一番。朝日新聞は読みやすい字を早くから取り入れています。 55才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

本来であれば全国紙を購読したいが、地域の情報が入らず西日本新聞を購読している。全国紙は図書館等で読む事が出来る。特に社説を読む事が楽しみである。 67才  福岡県  既婚 男性

50代男性

横浜に住んでいた頃、ベイスターズ重視の神奈川新聞を主張する私と、買物情報としてのチラシが多いと思われる読売・朝日などの大新聞社を主張した家族との話し合いで、巨人軍重視の読売は除外して、朝日新聞を購読していました。 56才  北海道  未婚 男性

50代男性

信濃毎日新聞という信州の地方紙を購読しています。おじいちゃんとおばあちゃんが主に読んでいますが、やっぱり地方特有のニュースを読めるのが良いみたいです。特に「おくやみ」には目を通していますね。「知らなかった」って事が無いようにしているみたいです。 52才  長野県  既婚 男性

60代女性

長年、日本経済と朝日の二紙を家族で読んでいました。一人暮らしになった時、どちらかにと迷いに迷って日本経済を残しました。経済面が充実しているのは当然ですが、自分には文化面の取材が多岐に亘り深いこと、週末の美術に関する両面の特集も楽しみでした。思い込みかもしれませんが、早くから働く女性にスポットを当てた記事も目立ちました。 79才  東京都  既婚 女性

60代男性

文化は「紙」なら電源が喪失しても残ります、「木版」ならもっと残るのだが…日刊紙は自宅で、電車を使うときはスポーツ紙をコンビニで買って乗る!! 66才  千葉県  既婚 男性

50代女性

実家が読売新聞だったのでずっと購読している。付き合いで他紙を取った事もあったがローカル色が強いのでまた戻した。ローカルの件は無料宅配のリビング新聞やネットで十分。読者の声は全国紙の方が話題の幅が広くて読みたいと思う。 53才  広島県  既婚 女性

60代男性

地方欄にお悔やみ欄があり、田舎では皆毎日見ている。同年・親戚・隣組等知り合いが亡くなれば香典を持って葬式に行かなければならない。特に隣組は葬式の手伝いに行かなければならない為。個人的には町の新聞を作成する編集委員をしているため、三面記事なども参考に読む必要がある。 66才  長野県  既婚 男性

50代男性

地方住ですが、全国の情報が欲しいのと、もともとは、父が野球の巨人ファンでその関係で読売新聞です。自分としても、野球の情報が載っているので継続しています。ただ、会社で併読している地方紙も捨てがたい。 57才  長野県  未婚 男性

40代女性

子供のころ毎日新聞を連載していた4コマ漫画ぐうたらママを理由に購読契約をちょびっとしていました。実は父親が某日経新聞広告部勤務だったので、基本日経家族でした。 49才  福岡県  未婚 女性

50代女性

子供の頃実家で取っていて、文芸欄が好きだったので何となくそのまま継続している。当時は好きな評論家や小説家がよくコラムを書いていたし、天声人語は有名だったし、「折々のうた」も好きだった。でも、何だか最近はちょっと面白くなくなってきてるし質も落ちてる気がする。 50才  愛知県  既婚 女性

60代男性

読売新盤を購読していますが、折り込み広告が一番多くて役に立つと、家族の希望を入れてですね。現役時代は経済ニュースに敏感でなければと、上司の勧めもあって日経新聞も購読していましたが、退職後は気になる経済ニュースがあると図書館で読んでいます。 70才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

日経新聞の経済関連ニュースの深さもさることながら、系列テレビ局のテレビ東京とも共通する、ある種の独自の世界観が好きでずっと購読してます。日本中が注目するようなスキャンダルでも、大きく取り上げず、取り上げたとしても無理やり経済に結び付けて報道する、その強引までな独自視点は、潔くてほれぼれします(笑) 51才  東京都  既婚 男性

60代男性

転勤で引っ越してきてから、地元のアレコレを知りたくて地方紙を購読、おかげでご近所さんとの会話がスムーズになりました。 79才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

家族の意見によって、数年ごとに読売新聞と朝日新聞に変えていたが、配達が不規則になった時に朝日新聞に変えて購読することになった。 70才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

数十年前から新聞でイベントを時々実施していた関係で、その内容が好きで新聞をずっと購読している経緯がある。相当継続購読しているので、今ではその新聞内容が自分たちにはわかりやすい内容となっている。 69才  宮城県  既婚 男性

60代女性

朝日→読売→東京→毎日と読み替えました。東京→毎日の場合は同一の販売所扱いなので面倒がなかったです。新聞代もばかになりません。が、紙は使うしチラシもみたいからとっています。内容はそれぞれ同じところが多い。 65才  東京都  既婚 女性

60代男性

生まれた時から、地元の新潟日報でしたので、理由は分かりません…。多分、皆がそうだったのではと思いますがね~。 62才  新潟県  既婚 男性

50代女性

朝日新聞なんですが、本当は…、東京新聞を読みたいんです。ただ、現在インコと暮らしている関係上、新聞がいささか大量に必要で…。現在、残紙提供のサービスを受けているんですが、これは朝日を取らないと、難しいので…(読売とかは、絶対に嫌なので)。 50才  千葉県  未婚 女性

60代男性

他社と数年おきに交互に購読していたが、朝日に固定。他の新聞に比べて、やや偏りが見られるものの、すぱっと切ってくる部分が好きなので。それと活字が読みやすい気がするので。 69才  大阪府  既婚 男性

50代男性

関西出身で、元々は朝日新聞を購読していたが、一度だけ読売新聞に切り替えた際、読売新聞の紙面の方が読みやすかったから、それからずっと読売にしている。 59才  千葉県  既婚 男性

30代男性

実家では日経だったが独り立ちして以降はネットオンリーです。各社で主観が違うのでできるだけ公平な立場でニュースを見るようにしている。その為、決まった新聞を取らないです。 36才  北海道  既婚 男性

60代男性

震災、原発事故で隣人、知人、友人がバラバラ、ご不幸の情報の入手も困難に。訃報欄だけの理由で全国紙から福島の地方紙に変更しました。 62才  福島県  既婚 男性

60代男性

日経は若い頃ゴルフと競馬の記事が多いので購読したのが、今尚続いている。読売はコンピュータ化(CTS化)した時、わが社のコンピュータを採用いただいたので感謝の意で購読している。 75才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

新聞は、親の代から70年以上、朝日新聞を購読していますが、他新聞の購読勧誘も、何回もあって読売新聞・毎日新聞・産経新聞・日本経済新聞は、読ませて貰いましたが、購読変更は一度もしたことがありません。 82才  大阪府  既婚 男性

50代男性

たまたま毎日新聞の関連会社に在籍していたことがあり、その時に社員割引のようなものがあったので購読し始めた。今はまったく関係がないが、他に変えるのが面倒なので、そのまま購読している。 59才  東京都  未婚 男性

50代男性

地元のニュース、身近なニュースが満載の河北新報は欠かせません。朝日新聞、読売新聞は両方を読むと「ニュートラル」になりそうな感じがします。スポーツ新聞は日刊スポーツ。野球(阪神、楽天)、サッカー(日本代表、Jリーグ、海外でプレーする選手)の確認です。ネットでニュースを確認するのもいいですが、毎朝配達されてくる紙の新聞をじっくり読むのがいいですね。 58才  宮城県  既婚 男性

50代女性

幼い頃から我が家は「朝日新聞」でした。結婚して他の新聞も購読しましたが、やはり読み慣れた新聞が一番ですね。今は同居している母が「天声人語」を楽しみにしているので、まだまだ朝日新聞が続きそうです。 53才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

現役のころ転勤が多かったので、家ではその土地の地方紙を購読し、会社で三大紙と日経新聞を読んでおりました。地方紙はそこのできごとや、催しを知るうえでたいへん役立ちましたが、プロ野球やサッカーなどについてはやむを得ないことなのでしょうが、地元優先での紙面構成となっており少々閉口しておりました。また、折り込みチラシは地方紙のほうが圧倒的に多く入っていたので妻は喜んでおりました。いまでも思っているのですが「方言」の使用法や解説があればと考えます。ときどきPCで「47ニュース」を開いて 勤務地だったところの情報を見て懐かしんでおります。 75才  広島県  既婚 男性

60代男性

最近の毎日新聞は過去の戦争に関する記載を多く掲載し、日本の現状の危機を過去の経験から発信していることがとても大切で良い。 67才  京都府  既婚 男性

新聞についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 東北の人気観光スポットランキング 1位 中尊寺、2位 松島
  2. 東北の人気ご当地グルメランキング 1位 牛タン、2位 笹かまぼこ
  3. 目玉焼きにかけるものは、6割が「醤油」と回答
  4. 東北出身の女性芸能人といえば 1位 あき竹城、2位 佐々木希
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. 男女で差が? お金以外に財布に入れているものランキング
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  10. 東北出身の男性芸能人といえば 1位 吉幾三、2位 サンドウィッチマン

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官