新聞の嫌なところ 1位は「古新聞の管理・処分が大変」で30%

本文へジャンプします。


趣味・嗜好 2017年4月21日

新聞についてのアンケート・ランキング

「どの新聞を購読している?」「新聞のいいところは?」「新聞の嫌なところは?」「新聞を読む以外の活用方法は?」など“新聞”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年04月07日~2017年04月13日/有効回答数:2,857件



レポート06 新聞の嫌なところ 1位は「古新聞の管理・処分が大変」で30%

紙の新聞の嫌なところはどこだと感じますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「新聞の嫌なところは?」という調査で、総合ランキング1位は「古新聞の管理・処分が大変」で30.8%、2位は「情報の速報性が低い」で27.8%、3位は「チラシ・広告が多い」で27.5%、4位は「自分にとって興味がない情報も多い」で25.3%、5位は「情報・主張が偏っている」で23.3%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「古新聞の管理・処分が大変」 30.8%
2位 「情報の速報性が低い」 27.8%
3位 「チラシ・広告が多い」 27.5%
4位 「自分にとって興味がない情報も多い」 25.3%
5位 「情報・主張が偏っている」 23.3%
6位 「価格が高い」 19.6%
7位 「暗いところで読めない」 15.8%
8位 「検索できない(読みたい記事を見つけられない)」 14.8%
9位 「購読の勧誘がしつこい」 14.4%
10位 「文字が小さくで読みにくい」 13.9%

■50代以下は「古新聞の管理・処分が大変」、60代以上は「チラシ・広告が多い」

年代別でみると、1位が異なり、50代以下では「古新聞の管理・処分が大変」に、60代以上では「チラシ・広告が多い」になりました。また、40代以上で「情報の速報性が低い」という意見も多くなっていました。30代以下では、速報性の低さよりも高い価格やしつこい勧誘に対して嫌だと感じているようでした。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「古新聞の管理・処分が大変」 36.6%
2位 「価格が高い」 22.5%
2位 「購読の勧誘がしつこい」 22.5%
4位 「自分にとって興味がない情報も多い」 21.1%
5位 「情報の速報性が低い」 19.7%
6位 「チラシ・広告が多い」 18.3%
6位 「暗いところで読めない」 18.3%

【40代】
1位 「古新聞の管理・処分が大変」 36.7%
2位 「情報の速報性が低い」 23.7%
3位 「情報・主張が偏っている」 22.6%
4位 「自分にとって興味がない情報も多い」 20.8%
5位 「価格が高い」 19.5%
6位 「購読の勧誘がしつこい」 19.1%
7位 「チラシ・広告が多い」 18.0%

【50代】
1位 「古新聞の管理・処分が大変」 36.4%
2位 「情報の速報性が低い」 28.2%
3位 「情報・主張が偏っている」 23.6%
4位 「自分にとって興味がない情報も多い」 23.5%
5位 「チラシ・広告が多い」 23.4%
6位 「価格が高い」 20.7%
7位 「検索できない(読みたい記事を見つけられない)」 16.9%

【60代以上】
1位 「チラシ・広告が多い」 35.2%
2位 「情報の速報性が低い」 29.7%
3位 「自分にとって興味がない情報も多い」 28.9%
4位 「古新聞の管理・処分が大変」 24.0%
5位 「情報・主張が偏っている」 23.9%
6位 「価格が高い」 18.4%
7位 「暗いところで読めない」 17.4%

1位は「管理と処分が大変」ですか、ですよね~(´▽`) 新聞は毎日来るからすぐたまっちゃうし、処分も面倒だなと私も思います~。

「調査団員の声」では、新聞に関する嫌いな点や、嫌な思い出を教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

東京で仕事をしていた時、通勤時間帯にも関わらず開いたままの状態で読んでいる人が極希におられて、ページをめくる度に肘や腕が当たって嫌な思いをした。満員電車でも開いた後に縦に折って細長くして読むとか、座っているときは四つ折りにして読むなど技があるもので、周囲の人を見ていれば自然と満員電車での新聞の読み方が判ると思いますが、意外と年配の方に迷惑な方が多かったことが印象に残っています。 52才  岡山県  既婚 男性

通勤時間に新聞を開いて読むのはマナー違反ですよね> < 私は背が高くないので、頭のところでバサバサしてたりしてつらいです。。。調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

夜中にまで勧誘員が不躾にまわってくること。言ってやりました「○○新聞では『天声人語』が読めないからいりません」と。一発で撃退できます。お試しあれ。はい。 70才  愛知県  未婚 男性

夜中に勧誘は迷惑ですね(´・ω・`)天声人語、なんという必殺技でしょうw それはぐうの音も出ませんねw調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

「新聞契約時に引っ越しなどがあるかもしれない」と伝え「引っ越しなどの場合は大丈夫」とのことで契約をしたが、いざ半年で海外転勤が決まった際に「新聞の契約を途中でやめられない」と言われ、だいぶもめたが結局は実家で残りの契約期間新聞を引き継いでもらう羽目にあった。新聞勧誘の方の勝手な言い分だったらしいが、それ以後未だにその新聞社の勧誘には一切応じていません。 52才  東京都  既婚 女性

えー、それはひどい。契約をとりたいからってうそをつくなんて(T T)そんなことされたところの勧誘を受け入れるはずないですよね。調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

地方紙のレベル差。特に東京にいると感じます。地域情報の量や質が、いわゆる「地方」のほうが丁寧に地域に寄り添った内容になっていて購買意欲がわきます。逆に、いわゆる「大都市圏」にいると、地域情報や文化欄はほんのちょっぴりで内容も薄い。地方紙買ってるのに「地方感が伝わらない新聞って何?」って思います。 47才  東京都  未婚 男性

60代男性

土足で人の家に踏み込むなんて、失礼極まりない態度を持つのが新聞記者である。ある暴力事件に関して、当方勤務先の玄関では靴を脱ぐべきところを、ほんとに土足で上がってきて強引な取材を受けたことがあった。発言相手を最初から疑ってかかる態度にもムカついた。「上司に確認しますが、よろしいですね?」なんて言う。 77才  福岡県  既婚 男性

40代男性

学生のとき、近々卒業するので新聞の契約を更新しないつもりでいました。数回、勧誘員が自宅へきたようだが、自宅にいなかったので断れず。そのうち留守電に更新をしてほしい連絡が入っていたが、こちらから連絡するのが手間だし契約はしないからと放置しました。その結果、新聞は止まりませんでした。どうも勧誘員が契約を偽造したらしく、何度か新聞販売店に契約は無効だと文句を言いに行ったことがあります。こんなことなら勧誘員にきっぱり断りの連絡をすればよかったと思いました。 46才  埼玉県  未婚 男性

50代男性

ある夏の夜の出来事、G出現!撃退用新聞紙を丸め、そっと近づきロックオン、そして一気に振り下ろす!バシーンという音!撃破成功!と同時に人差し指に激痛が走った!どうやら床に指を強打した様で、次の日紫色に腫れた指を病院で診せたら、何と剥離骨折で全治一か月と言われた!添木で包帯グルグル巻きの右手は仕事にも支障が。でもG撃破でミスったと会社に言えるわけがなく…以来新聞は読むものと決め、G撃破には殺虫剤を使うようになったのは言うまでもありません。。。 51才  東京都  既婚 男性

50代男性

やっぱり全てを鵜呑みに出来ないですよね。嘘とは言わないけど不正確だったり、推測が入っていたり。私が高速道路で交通事故を起こした時、入るはずが無いのにギアが高速走行中にバックに入り横転したんだけど、記事には「スピードを出し過ぎてハンドル操作を誤って」って書かれた。警察でもそんな発表はしていないのに。交通事故記事はきっと自動的にこういう書き方にされてしまうのでしょうね。その後、そのギア問題はメーカさんと話をする事態にもなったんだけど、これはまた別の話として。 52才  茨城県  既婚 男性

60代女性

映画館が今のように指定席制ではない頃、一人で入った映画館でのこと。ガラガラに空いていたのに、隣席に男性が座って来た。しかも暗がりの中、男性は私との間に新聞を広げてきた。「チカンだ。」とあわてて席を移動し、端っこの席に座り隣席に荷物をおいてブロックした。見たかった映画だったのに、ストーリーの導入部を見損ねてしまった。 61才  大阪府  未婚 女性

50代女性

ヤクザっぽい人が押し売りに来た。購読申込みではない用紙に名前を書かされ、それを根拠に毎日配達された。新聞受けに大きく「配達するのは勝手だが購読料は払わない」と貼っても、契約していない旨内容証明郵便を送っても止まらず、結局販売店に怒鳴り込んだらようやく止まった。穏やかな法的手段が効かないので、こちらもヤクザまがいの行動を取らざるを得なかった。 51才  東京都  未婚 女性

40代女性

兄の勤める会社のイメージがマイナスになる誤った記事が掲載されました。誤報だというのに謝罪は小さな小さな数行の記事だけです。父が取材を受けたときも、発言していないことを記事にされました。最初から結論ありきの報道など不必要だなぁと、しみじみと感じました。報道の自由だなんだと言いますが、自分たちが嘘を掲載している事にかんしてはあれこれと言い訳ばかり。あきれるばかりです。 44才  北海道  未婚 女性

50代女性

スポーツ欄や株価など、全く目を通さない記事も含めて料金を払わないといけないことに納得がいかない。特にオリンピックの時期は「スポーツ新聞か!」と言いたくなるほど全面スポーツ記事。こんなのに高い料金払っているのかと思うと腹が立つ。郵便受けに新聞を取りに行くのが高齢の母の楽しみだったが、施設に入ったので次回の更新時に解約しようと決めている。今は数社のネット無料会員になって読んでいるので、これで十分。 55才  大阪府  未婚 女性

50代男性

結婚したら、妻が「芸能記事が充実しているから」と自費で産経新聞をとるようになった。何年か読みもしなかったが、いざ読んでみると毎日のようにヘイトデマや煽り、誤解誤認が乗っていることに驚いて「こんな新聞は嫌です」と妻に言ってやめてもらった。 54才  東京都  既婚 男性

40代男性

学生時代、非常に高飛車な新聞勧誘員が来て、いきなり「卒業まで何年?」と聞いてきて答えたら「じゃあ明日からよろしく」と言うので、断ったら怒り出して申込用紙をクシャクシャと丸めて投げつけられた。 45才  愛知県  未婚 男性

60代女性

新聞社は長期購読者に対してサービスが悪い。新たな勧誘をするときだけサービスをするので、我が家では半年周期で新聞を変えています。実際はネットニュースで十分と思っているのですが、新聞がないと不便なことも多いんです。野菜を包んで冷蔵保存したり、何か汚れ作業をするとき下に敷いたり…。一週間に1回契約というサービスがあったら嬉しいんだけどなぁ。あるいは夕刊だけとか。 61才  東京都  未婚 女性

50代女性

仕事でいつも帰りが遅いため、新聞の集金人は私を夜の仕事だと思ったらしく「どこのお店に勤めているの。今度、ボク、行きたいな♪」と。その後、その新聞の契約は更新せず現在に至ります。 57才  東京都  未婚 女性

50代男性

混んでいる朝の通勤電車で「某経済新聞を読んでいるんだ。意識高いだろ、自分は。文句あるか」とでもいいたげに傍若無人で広げている人に、しばしば出くわす。 57才  埼玉県  既婚 男性

40代男性

何はともあれ「事実」が書かれていないことが多く、何のための新聞かわからない。朝日新聞の謝罪は全世界に向けないと!(慰安婦の捏造記事です) 44才  福岡県  未婚 男性

60代女性

新聞は読むものなので他の利用をして文句を言うのは筋違いですが。野菜の保存とかクッション代わりに使った後はシワシワで結構かさばるんです。  74才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

新聞に限ったことではないと思うがマスメディアの姿勢が嫌い。よく「大衆は知りたがっている」と言う高慢なセリフを聞くが「そこまで知りたくはないぞ」とか、「そんな事より他にもっと聞くことがあるだろう?」といったことが最近特に多い。 61才  宮城県  既婚 男性

60代男性

何でもかんでも自民政権を批判するのがマスコミ報道の役目としているが良いものは良い、悪いものはこうした方が良いと評価すべきと思う。今の政権批判する新聞各社は「日本をどうしたいのか」の姿が見えない。ただ批判しているのみだ! 66才  千葉県  既婚 男性

50代男性

政府の広告に成り下がってしまい、権力の監視ができていない。全社が消費税UPの社説を掲載し、自由貿易を強く押し、トランプをこき下ろしている。賛成、反対それぞれの説を掲げる社があってもいいはずなのに、国民を一つの方向に先導しているのは、どう考えても間違っている。 52才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

ずいぶん前のことだが勧誘がしつこすぎた。明らかに私より年上だったが、あくまでも断ると「なぜ断るのか」とか。最後のセリフは「思い上がるんじゃないよ…」みたいなことだった。何様だと思っているのか!頼んでいるのだから付き合うのは当然だ・・・ということだったらしい。 80才  東京都  既婚 男性

50代女性

数年前ですが毎日入ってくるチラシ全ての3分の1程度が破れている(印刷機かなにかの工程だったらしい)ので集金の方にクレームを言ったことがあります。販売店に言っても・・・との意見もありましたが、やはり破れてるのを毎日見るのは気分の良いものではなかったので。現在は改善されています。 51才  群馬県  既婚 女性

50代男性

最近の新聞は整理が変なのを多く見受けます。「泣き別れ」「飛び降り」「両下り」「腹切れ」などの禁手を平気で(知らないで?)使っているのが気になります。とくに「泣き別れ」は圧倒的に多くなって読みにくいです。プロの整理マンが居なくなってんでしょうね。 56才  大阪府  既婚 男性

40代女性

引っ越しして新聞を読む時間がないので解約しようとしたら「途中解約はできない」と言われ、いざ解約したら押し売りのように景品を持って契約しようとする人が来た。 49才  北海道  未婚 女性

60代男性

新聞は、読者に与える影響が大きいことを考えると中立なものでなければならないと思うが、一方に偏りすぎている新聞が多い。誤った方向に読者を導く危険性が多い。批判をすることのみが正しい報道と思い込んでいるように思える。 68才  大阪府  未婚 男性

50代女性

電車で隣に座っていたお兄さんが新聞を大きく広げていたので、少し「邪魔です」アピールと肘で軽く相手の肘を押し返したら、ものすごい力で私の肘を抑え込んで動かないようにさせて我関せずと読んでいた。それも肘の骨の部分で私の肘の骨のすぐ上のところを押さえつけていたので痛いのなんの。久々に涙が出そうになったが「ここでないたら負けだ!」と思って、降りる時に思いっきり足を踏んだ。 51才  東京都  未婚 女性

40代女性

新聞など紙媒体は嫌いではないのですが…。転勤が多い上、引っ越し作業期間が短いので、その度に契約&解約をしたり長期不在の時に停止させたりと手間が多く、連絡方法が電話だと時間的制約や聞き漏らし(間違い)などもあって不便なので契約しなくなりました。地域によっては勧誘がしつこくて…ともかく引っ越し当日はやめてほしい。 49才  静岡県  未婚 女性

50代女性

偏った情報を事実のように書くのはいただけないと思う。感想のような個人のコラムならまだしも、ニュースや事件のあらましは真実だけを書いてほしいと思う。 53才  東京都  未婚 女性

60代男性

人権侵害記事や誤報があっても、三面等の片隅に小さく訂正もしくは謝罪記事が掲載されるだけ。しかも本当に謝っているのか訂正しているのか真意が分からない文章で書かれている時「何言ってるんだ」と嫌になることがあります。ご都合主義は個人だけにして欲しいと思います。 73才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

新聞は人前で広げて読むものではない。我々の若い時代には先輩から「マナーを持って人に迷惑を掛けないように読め」を指導されたものですが、現在は指導しないのか?聞かないのか?但し若い人で新聞を読んでいるのを見たことない。 82才  愛知県  既婚 男性

50代男性

とある保守系の地方議員秘書をしていましたが「話したことと書いていることが違う」なんてことはしょっちゅうでした。それと「国民が知るべき重要な話を書かない」など。記者さんをとっちめると、革新系(というか俗に言う左翼ですね)礼賛以外はデスクで全てハネられるとのこと。報道しない自由、知らせない権利の行使をまざまざと見ました。(これ載せていただきたいですが無理なんでしょうね。@niftyもクソみたいな記事をTOPにリンクしていることが多くなってきてますし)。 51才  北海道  既婚 男性

50代男性

株をやってないので経済欄は必要ないし、スポーツも興味がないのでスポーツ欄も不要。ニュースはネットやTVで十分だし、そろそろ購読をやめてもよいかと思っているのだが、そうするとまた勧誘がひどくなるのでそれも鬱陶しいのが悩みどころ。学生時代の一人暮らしの頃、酒臭い息で勧誘に来たり、「俺はやくざに知り合いがいるぞ」などと脅迫まがいの勧誘をされた事もあるので。 51才  岡山県  未婚 男性

50代女性

皇室に対する記事が偏っているので朝日新聞の購読を止めました。止める時に「某記者の記事が皇太子ご一家に対して不敬だから」と販売店に伝えました。記事のかたよりは世論をミスリードする可能性もあるので怖いですね。 57才  東京都  既婚 女性

50代男性

昔の先生に、古新聞で頭をたたく方がおられましたね。音の割にはあまり痛くないので、他の生徒の見せしめには効果的だったと思います。え?私?私は結構いい子だったので、10回程しかたたかれていませんよ(結構多いほうですが…)。 56才  鹿児島県  既婚 男性

50代男性

やはり満員電車を始め、ところかまわず新聞を広げて読んでいる人は自己中心と思う。周囲に配慮出来ないマナーの無い人に首を傾げます。 57才  東京都  既婚 男性

60代男性

女房が留守中に、女房が契約したように説明され契約書にサインをしたが、嘘と分かり翌日クレームを入れた。解約はしたがそのしつこさには辟易。騙したことの反省、謝罪が感じられなかった。 72才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

中学生のとき新聞配達をしていたが、元旦の新聞や折り込みの尋常でない物量に辟易した。北海道では中央紙はあまり強くないので、取っている家は数軒おきにとびとびで、自転車を使っていたものの150部近い配達は結構時間がかかった。たまたま元旦に大雪が重なり、普段の3倍の時間がかかっても配達が終わらなかったことがある。新年のあいさつの広告で埋め尽くされた大量の新聞や広告を本当にみんな読んでるのだろうか?とか思いながら「ふーふー」言って配達するのはなかなか大変だった。 50才  大阪府  既婚 男性

60代女性

読売新聞の購読勧誘がしつこすぎて新聞社に電話して苦情を言ったら「販売会社はうちと関係ない」と言われた。信じられない返答だった。しつこすぎる勧誘にもうんざりしたが、電話での新聞社の対応にも唖然としてしまった。これが自信をもって新聞を作っている人の言葉かと思うと二度と関わりたくないと思った。 60才  兵庫県  既婚 女性

30代女性

記者やジャーナリストは本来何物にも左右されず自らの意見を主張できる仕事にも変わらず、権力におもねる書きぶりが増えた。権力(政治・行政)を持つものが暴走することを容認するようになってきた。市民は自ら考えることもしないし、意見表明や運動もしないから権力にいいように操られてしまい、国の行くべき方向が過っていてもそれを止める力を持たなくなったように思う。 38才  大阪府  既婚 女性

60代男性

最近、世の中を動かそうという気概が感じられない。新聞記者も「紙面を埋めればいいと思っているのではないか」と思うことが多い。時の権力者と対立しても主張は通すべきだろう。まあ、国際情勢も複雑で難しいとは思うが。 73才  東京都  既婚 男性

50代女性

以前、読売新聞の勧誘が酷くて「数ヶ月だけ」の約束をしたのですが、そのまま配達され続け、断ったところ脅しのような言葉を言われた。現在はそういう勧誘はしないだろうが読売は二度と読まない。 53才  埼玉県  既婚 女性

50代男性

公共の場や人ごみが多いところで新聞を読まれると非常に迷惑。スーパーやコンビニのイートインで新聞を広げられると席幅以上に取られ、本来座れる場所に座れなくなる。 52才  沖縄県  未婚 男性

50代男性

1紙だけならまだいいんですが、複数紙を読み比べたくても価格が高くなってしまいます。本当は真逆の産経も取りたいんですけれどね。あと地域によっては夕刊がないこと。全国紙にしたって夕刊がない地域が圧倒的に多く(人口比では逆に少ないのかも??)それも嫌なところ。もうちょっと価格が上がってもいいから夕刊も欲しいなぁと思いますが、この不景気の世の中ではそれも無理かぁ。 52才  新潟県  未婚 男性

60代女性

紙なので仕方がないのですが、とにかく水に弱いのが困りもんです。雨の日に新聞を読もうと地下鉄に乗ったのですが、濡れていたためにビリビリ破れて、しかも手はまっ黒けで困った思い出です。 63才  大阪府  既婚 女性

40代女性

昔はそうでもなかったのですが今はネットに比べて情報が遅い、重大なニュースなのに掲載されていないなどの不満点があります。「ペンは剣よりも強し」その力は国民の為に使われて欲しいですね。 41才  大阪府  既婚 女性

60代男性

情報操作が多すぎる。偏向が多すぎる。取材方法を見ていると傍若無人。人権を言う割には、人権を無視している。犯罪記事で日本人だと姓名を出すが、外国籍では一切出さないなど基準が曖昧で身勝手な報道。 79才  福岡県  既婚 男性

50代女性

新聞そのものには罪はないが、販売店の対応がいい加減だったので定期購読をやめた。留守にするので留め置いてほしいと連絡しても伝わらず、ドアポストに新聞が入れっぱなしになり不用心なことが何度もあった。 58才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

混み合った電車内で読んでいる人がいるとガサガサうるさいし、広げて邪魔だし、横にいられるとしきりに腕を動かされて、疲れていても寝ても居られないのでほんとうに迷惑。電車マナーワースト1だと思うくらい迷惑なのでやめてほしい。「今はタブレットもスマホもあるだろ!」と思ってしまう。 51才  東京都  既婚 女性

新聞についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. みんなが見たことがある夢ランキング 1位は空を飛ぶ夢で32%
  2. カラダを洗うときは「ボディーソープ派」が54.4%、「石けん派」が42.5%
  3. トイレがなかなか空かない場合、ドアをノックしたことがある人は35%
  4. かっこいいイメージの高級外車といえば…1位は「フェラーリ」で40%
  5. 外出先のトイレで紙がなくて困った経験がある人は45.6%と約半数
  6. 汗対策グッズランキング 1位はハンカチ・タオル、2位はうちわ・扇子など
  7. 分別するときに迷うもの 1位は「保冷材」、2位は「使い捨てカイロ」
  8. 良くないと言われても寝る直前にやってしまうこと 1位はパソコンの操作
  9. 2020年東京五輪の開会式などに出て欲しいアーティスト1位は、坂本龍一
  10. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官