本文へジャンプします。

写真・カメラについてのアンケート・ランキング 第3弾

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2018年6月15日

写真・カメラについてのアンケート・ランキング 第3弾

「写真を撮るときに使う機器は?」「最近のカメラに付いている機能で良いと思うものは?」「撮った写真を他の人と共有する方法は?」など“写真・カメラ”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年06月01日~2018年06月07日/有効回答数:2,442

調査レポート

レポート01 写真撮影に使う機器の人気ランキング 1位 コンデジ、2位 スマホ

写真を撮るときに使う機器は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

写真を撮るときに使う機器について調査しました。
総合で1位は「コンパクトデジタルカメラ」で65.0%、2位は「スマートフォン」で51.0%、3位は「携帯電話(フィーチャーフォン)」で19.5%、4位は「デジタル一眼レフカメラ」で19.2%、5位は「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」で7.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「コンパクトデジタルカメラ」 65.0%
2位 「スマートフォン」 51.0%
3位 「携帯電話(フィーチャーフォン)」 19.5%
4位 「デジタル一眼レフカメラ」 19.2%
5位 「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」 7.7%
6位 「一眼レフカメラ(フイルム)」 6.3%
7位 「デジタルビデオカメラ」 5.1%
8位 「コンパクトフイルムカメラ」 2.0%
9位 「使いきりカメラ」 1.5%
10位 「インスタント・カメラ」 0.6%

■コンパクトデジタルカメラは上の世代ほど多く、スマートフォンは若い世代ほど多い

年代別にみてみると、コンパクトデジタルカメラは30代以下は46.3%ですが、上の世代ほど割合が高くなり、60代以上は74.5%になっていました。一方、スマートフォンは30代以下は75.6%と高い割合ですが、上の世代ほど低くなり、60代以上では38.2%になっていました。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「スマートフォン」 75.6%
2位 「コンパクトデジタルカメラ」 46.3%
3位 「デジタル一眼レフカメラ」 7.3%
4位 「一眼レフカメラ(フイルム)」 4.9%
5位 「携帯電話(フィーチャーフォン)」 2.4%
5位 「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」 2.4%
5位 「コンパクトフイルムカメラ」 2.4%

【40代】
1位 「スマートフォン」 66.3%
2位 「コンパクトデジタルカメラ」 53.7%
3位 「携帯電話(フィーチャーフォン)」 18.2%
4位 「デジタル一眼レフカメラ」 13.4%
5位 「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」 5.1%
6位 「デジタルビデオカメラ」 4.3%
7位 「一眼レフカメラ(フイルム)」 2.9%

【50代】
1位 「スマートフォン」 60.1%
1位 「コンパクトデジタルカメラ」 60.1%
3位 「携帯電話(フィーチャーフォン)」 17.6%
4位 「デジタル一眼レフカメラ」 15.8%
5位 「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」 7.3%
6位 「一眼レフカメラ(フイルム)」 5.1%
7位 「デジタルビデオカメラ」 4.4%

【60代以上】
1位 「コンパクトデジタルカメラ」 74.5%
2位 「スマートフォン」 38.2%
3位 「デジタル一眼レフカメラ」 23.2%
4位 「携帯電話(フィーチャーフォン)」 22.3%
5位 「ミラーレス一眼カメラ(デジタル)」 8.3%
6位 「一眼レフカメラ(フイルム)」 8.2%
7位 「デジタルビデオカメラ」 6.0%

ちなみに、4年前の調査と比較すると、スマートフォンが18.7ポイント増えて、携帯電話(フィーチャーフォン)が15.0%減っていました!私もスマートフォンで撮影することが多いです★

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 28.2%が週に1回以上、写真を撮ると回答

写真を撮る頻度はどのくらいですか?

グラフ
編集部まとめ

写真を撮る頻度を調査しました。「ほとんど写真は撮らない」の11.5%を除くと、総合で最も多かったのは「月に2~3回」で22.2%、次いで「月1回」で12.7%、「1シーズンに1回程度」で11.8%の順でした。「毎日1回以上」から「週1回」までを合算した【週に1回以上】は28.2%でした。

■30代以下は34.1%が【週に1回以上】写真を撮る

年代別にみてみると、【週に1回以上】写真を撮るのは30代以下が34.1%、40代が27.0%、50代が29.3%、60代以上が25.8%と、30代以下は他の世代より高い割合になっていました。

ちなみに、6年前の調査では【週に1回以上】撮るのは30代以下が32.4%、40代が28.8%、50代が26.2%、60代以上が28.5%でしたので、30代以下と50代は増え、40代と60代以上は減少していることがわかりました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 カメラ機能の人気ランキング 1位 手ブレ補正、2位 広角・ズーム

最近のカメラに付いている機能で良いと思うもの、改良されていると思う機能を教えてください(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

最近のカメラに付いている機能で良いと思うものについて調査しました。「良いと思う機能は特にない」の21.2%を除くと、1位は「手ブレ補正が高性能になっていること」で55.6%、2位は「広角・ズーム機能が高度になっていること」で28.3%、3位は「夜景に強い」で27.8%、4位は「高解像度の「写真」を撮影できる」で25.8%、5位は「防水・防塵対応している」で22.8%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「手ブレ補正が高性能になっていること」 55.6%
2位 「広角・ズーム機能が高度になっていること」 28.3%
3位 「夜景に強い」 27.8%
4位 「高解像度の「写真」を撮影できる」 25.8%
5位 「防水・防塵対応している」 22.8%
6位 「連写でシャッターチャンスを逃さない機能」 22.0%
7位 「高画質の「動画」を撮影できる(4Kなど)」 17.4%
8位 「カメラの高速起動」 15.1%
9位 「人の笑顔を検知して撮影する機能」 12.4%
10位 「スローモーション撮影ができる」 9.0%

■「高解像度の撮影」「広角・ズーム」は女性より男性が魅力に感じている

男女別でみてみると、男女とも「手ブレ補正」が過半数で1位になっていました。男女で差の大きかったものをみてみると、「高解像度の写真撮影」(8.5ポイント差)、「高画質の動画撮影」(7.7ポイント差)、「広角・ズーム機能」(6.6ポイント差)でいずれも男性のほうが多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「手ブレ補正が高性能になっていること」 56.0%
2位 「広角・ズーム機能が高度になっていること」 29.0%
3位 「夜景に強い」 27.8%
4位 「高解像度の写真を撮影できる」 27.2%
5位 「防水・防塵対応している」 23.7%
6位 「連写でシャッターチャンスを逃さない機能」 22.2%
7位 「高画質の動画を撮影できる(4Kなど)」 18.3%
8位 「カメラの高速起動」 15.1%
9位 「人の笑顔を検知して撮影する機能」 12.5%
10位 「スローモーション撮影ができる」 9.9%

【女性】
1位 「手ブレ補正が高性能になっていること」 52.8%
2位 「夜景に強い」 26.8%
3位 「広角・ズーム機能が高度になっていること」 22.4%
4位 「連写でシャッターチャンスを逃さない機能」 20.9%
5位 「防水・防塵対応している」 19.4%
6位 「高解像度の写真を撮影できる」 18.7%
7位 「カメラの高速起動」 14.0%
8位 「人の笑顔を検知して撮影する機能」 11.8%
9位 「高画質の動画を撮影できる(4Kなど)」 10.6%
10位 「エフェクト機能が充実(ぼかし効果、スタジオ照明、フィルター処理など)」 7.6%

ちなみに年代別で見てみても、手ブレ補正がすべての世代で1位で、上の世代になるほど高い割合になっていました★ 

「調査団員の声」では写真や動画撮影する時に使う機能・テクニックを教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

ビデオ撮影が趣味の私。結婚式や子供の動画や、最近は動画サイトもよく見ますが、見ててすごく気になるのが、撮った本人は気が付かない(というか自己満足)の「伝えたいことわからん!」「尺ながっ」という動画の多いこと…動画を「見てもらう」ための基本。2時間撮ったら使える画は10分程度。「5W1H」厳守。1場の尺は5~10Sくらいなどなど、他にもいろいろありますが、それらはネットや本を参考にして編集してみましょう。すると2時間のダラダラが5分の感動ドキュメントに大変身、注目の動画になること間違いなし。編集は楽しいのでチャレンジしてみてはいかが? 52才  東京都  既婚 男性

うわっ、仕事のプレゼンと同じですね。余分なことは削ぎ落として、伝えたいことがハッキリわかるようにする。編集って大変そうだけど、見てもらうことを考えるとそこまでしたほうが良いんですね
> <調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

稲妻を採るときに、花火撮影モードにして一瞬の稲光に同調させたりしてます。タイミングがあった時の何とも言えない快感を楽しんでいます。こんな苦労をしなくてもやり方は他にもあるんですけどね…。また、微速度撮影で雲や星の流れを撮ったりしています。 76才  東京都  既婚 男性

稲妻! 怖いけど見るのは好きなんです★ あんな一瞬の稲妻が写真に撮れるなんて、思わなかった! 今度撮ってみたいナー
>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

普通に人を撮影するときには必ず笑顔になるようにしています。冗談や小ネタを用意して。写っている人が笑っているのが一番いいです。 56才  埼玉県  既婚 男性

笑顔の写真を見ると、見てる方も幸せになりますよね! でも、それを撮るために、冗談や小ネタを用意しているなんてスゴイです(´▽`*)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート04 よく取る写真の1位は同率で「草花など身近な自然」「空、山、海など風景」

よく撮る写真は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

よく撮る写真はどんな写真か調査しました。総合で1位は同率で「草花など身近な自然」と「空、山、海など風景」が46.5%、3位は「名所・旧跡・建造物」で39.1%、4位は「人物(家族)」で37.0%、5位は「犬、猫など動物」で18.1%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「草花など身近な自然」 46.5%
1位 「空、山、海など風景」 46.5%
3位 「名所・旧跡・建造物」 39.1%
4位 「人物(家族)」 37.0%
5位 「犬、猫など動物」 18.1%
6位 「人物(友人、知人)」 17.7%
7位 「食べ物」 17.2%
8位 「文字や図など(メモ代わり)」 15.4%
9位 「電車・車など乗り物」 14.1%
10位 「夜景(月、星を含む)」 11.5%

■60代以上は他の世代に比べて「草花など身近な自然」「人物(家族)」「名所・旧跡・建造物」を撮る人が多い

年代別に見てみると、他の世代に比べて60代以上は「草花など身近な自然」「人物(家族)」「名所・旧跡・建造物」「空、山、海など風景」を撮る人が多くなっていました。「犬、猫など動物」は他の世代に比べて30代以下が多くなっていました。

その他には「仕事の写真」という方が多くいらっしゃいました~。ちなみに6年前の調査と比べてみると、変化が大きかったのは「人物(家族)」(9.9ポイント減)と「草花など身近な自然」(5.3ポイント増)でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

小さいころの息子が妹のシャツのボタンをかけてあげている写真。若干逆光ながら綺麗に撮れいていた。どちらもカメラに気がつがず、自然な表情としぐさ。しばらくリビングのフォトフレームに飾られいていました。惜しむらくは、手元の使い捨てカメラで撮られネガもどこへいったやらw機材より撮りたい瞬間を感じ撮れたことが良かったと感じた一枚でした。 55才  栃木県  既婚 男性

なんか、すごく微笑ましい写真ですね! アッ、写真を見てないけど、ハッキリイメージできましたよ>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

年を重ね的な回顧趣味的なことになっているのかもしれませんが、自分の故郷に久々に帰ると、生まれたいときに住んでいた家、そのあと過ごした家、卒業した学校等めぐってみたくなります。そして、行くとそこの写真を撮ります。昔とほとんど変わっていない空気感を感じて感動したり、変わり果てた姿を見て感慨にふけったり、いろいろですが、正直、そのあとその写真を頻繁に見返したりはしないのですが、なにか心の洗濯というか、新たな活力を身に着けるとか、そんな意味合いが自分にはあるのかもしれません。そこに過ごした自分、その年代の時の自分の気持ちを今の自分に再現できるような気がするのです。 58才  千葉県  既婚 男性

日常生活はなかなか写真に撮ってないですからね~。思い出のたくさん詰まった子供の頃の場所に、私も写真を撮りに行きたくなりました(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

大昔、私の撮影した友人達の集合写真がささやかなコンテストで優秀賞をいただいたことがある。あのころは、みなまだ若くみんな屈託なく笑っていた。応募した写真のパネルは写っていた一人の女の子にあげちゃったけど、今でもあのみんなの笑顔は記憶の中にはっきりとある。それと、何年か前の結婚式での新郎と新婦のはじけるような笑顔の写真。やっぱり人の笑顔っていいよなと思う。 60才  岡山県  既婚 男性

屈託のない笑顔、はじける笑顔、いいですね! 笑顔の写真を撮る名人なのかもしれませんね>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 人気の写真共有方法ランキング 1位 メールで送る

撮った写真を他の人と共有する方法は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

撮った写真を他の人と共有する方法について調査しました。「データとして保管するが特に共有しない」の31.7%を除くと総合で1位は「メールで送る」で36.7%、2位は「パソコンやタブレットに保管して見せる」で20.4%、3位は「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」で19.9%、4位は「自宅で現像・印刷したものを配る」で18.1%、5位は「LINEで共有する」で14.3%という結果でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
1位 「メールで送る」 36.7%
2位 「パソコンやタブレットに保管して見せる」 20.4%
3位 「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」 19.9%
4位 「自宅で現像・印刷したものを配る」 18.1%
5位 「LINEで共有する」 14.3%
6位 「Facebookで共有する」 10.1%
7位 「お店で現像・印刷したものを配る」 7.8%
8位 「インターネットの写真保管サービスを使って共有する」 7.7%
9位 「ブログにアップして共有する」 4.5%
10位 「Twitterで共有する」 3.8%

■30代以下は「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」、40代以上は「メールで送る」

年代別でみてみると、最も多かったのは30代以下では「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」、40代以上では「メールで送る」と異なる結果になりました。また、30代以下では他の世代に比べて「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」「LINEで共有する」「Twitterで共有する」が多かったとも特徴的でした。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」 31.7%
2位 「LINEで共有する」 29.3%
3位 「メールで送る」 19.5%
4位 「Twitterで共有する」 17.1%
5位 「パソコンやタブレットに保管して見せる」 9.8%
5位 「Facebookで共有する」 9.8%
5位 「インターネットの写真保管サービスを使って共有する」 9.8%
5位 「インスタグラムで共有する9.8%

【40代】
1位 「メールで送る」 32.6%
2位 「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」 21.7%
3位 「パソコンやタブレットに保管して見せる」 17.4%
4位 「LINEで共有する」 17.1%
5位 「自宅で現像・印刷したものを配る」 11.8%
6位 「Facebookで共有する」 10.2%
7位 「お店で現像・印刷したものを配る」 8.6%

【50代】
1位 「メールで送る」 34.2%
2位 「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」 19.7%
3位 「LINEで共有する」 17.0%
4位 「パソコンやタブレットに保管して見せる」 15.6%
5位 「Facebookで共有する」 12.9%
6位 「自宅で現像・印刷したものを配る」 11.1%
7位 「インターネットの写真保管サービスを使って共有する」 7.8%

【60代以上】
1位 「メールで送る」 40.6%
2位 「自宅で現像・印刷したものを配る」 25.9%
3位 「パソコンやタブレットに保管して見せる」 24.8%
4位 「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」 19.1%
5位 「LINEで共有する」 10.6%
6位 「Facebookで共有する」 8.1%
7位 「お店で現像・印刷したものを配る」 7.9%

ちなみに男女別でみてみても、「メールで送る」が最も多くなっていました★ 男女で差が大きかったのは「LINEで共有する」(8.0ポイント差)、「携帯電話やスマートフォンに保管して見せる」(7.7ポイント差)でいずれも女性が多くなっていました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート06 写真をSNSに投稿するキャンペーンに応募したことのある人は5.7%

写真を撮ってSNS(Facebook、Twitter、LINEなど)に応募するキャンペーンに参加したことはありますか?

グラフ
編集部まとめ

写真を撮ってSNS(Facebook、Twitter、LINEなど)に応募するキャンペーンに参加したことがあるか調査をしました。総合で最も多かったのは「キャンペーンは知っているが応募したことはない」で50.9%、次いで「キャンペーン自体を知らない」で43.4%でした。「応募したことがある」は5.7%でした。

■応募経験者は女性が多い

男女別でみてみても、男女とも「キャンペーンは知っているが応募したことはない」が過半数で最も多くなっていました。「応募したことがある」は男性5.2%に対し、女性は8.4%とやや女性のほうが多くなっていました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「応募したことがある」 5.2%
「キャンペーンは知っているが応募したことはない」 50.5%
「キャンペーン自体を知らない」 44.3%

【女性】
「応募したことがある」 8.4%
「キャンペーンは知っているが応募したことはない」 51.6%
「キャンペーン自体を知らない」 40.0%

ちなみに年代別にみてみると、「応募したことがある」は40代が8.6%で最も多く、60代以上が4.3%で最も少なくなっていました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 冬の味覚の料理ランキング1位 おでん、2位 すき焼き、3位 カキフライ
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 33.0%は、会話が1週間に1回以下
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  6. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  7. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  8. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  9. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  10. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官