テニスの魅力についての調査、1位は「適度な運動量で楽しめる」35.2%

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2018年9月14日

テニスについてのアンケート・ランキング

「テニスをしたことある?」「テニス用具のメーカーといえば?」「好きなテニス選手は?」など“テニス”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年08月31日~2018年09月06日/有効回答数:2,312



レポート02 テニスの魅力についての調査、1位は「適度な運動量で楽しめる」35.2%

テニスの魅力は何だと思いますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

テニスの魅力について調査しました。「テニスの魅力は特に思いつかない」の36.0%を除くと、総合で1位は「適度な運動量で楽しめる」で35.2%、2位は「子どもから高齢者まで長く続けられる」で28.3%、3位は「少ない人数でできる」で27.9%、4位は「健康が維持・向上できる」で17.6%、5位は「家族や友達と楽しめる」で16.4%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「適度な運動量で楽しめる」 35.2%
2位 「子どもから高齢者まで長く続けられる」 28.3%
3位 「少ない人数でできる」 27.9%
4位 「健康が維持・向上できる」 17.6%
5位 「家族や友達と楽しめる」 16.4%
6位 「ストレス解消になる」 15.9%
7位 「観戦が楽しめる」 11.0%
8位 「異性と気軽に楽しめる」 10.9%
9位 「始めるのに費用があまりかからない」 9.5%
10位 「戦略性が求められるので脳が活性化する」 7.8%

■ほとんどの世代が「適度な運動量で楽しめる」、40代は「少ない人数でできる」

年代別に1位をみてみると、40代を除くすべての世代が「適度な運動量で楽しめる」でした。40代は「少ない人数でできる」になっていました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「適度な運動量で楽しめる」 34.2%
2位 「少ない人数でできる」 23.7%
3位 「家族や友達と楽しめる」 15.8%
3位 「異性と気軽に楽しめる」 15.8%
5位 「観戦が楽しめる」 13.2%

【40代】
1位 「少ない人数でできる」 24.1%
2位 「適度な運動量で楽しめる」 23.8%
3位 「子どもから高齢者まで長く続けられる」 20.0%
4位 「家族や友達と楽しめる」 13.2%
5位 「異性と気軽に楽しめる」 12.4%

【50代】
1位 「適度な運動量で楽しめる」 31.7%
2位 「子どもから高齢者まで長く続けられる」 25.3%
3位 「少ない人数でできる」 23.8%
4位 「ストレス解消になる」 15.2%
5位 「健康が維持・向上できる」 14.3%

【60代以上】
1位 「適度な運動量で楽しめる」 40.9%
2位 「子どもから高齢者まで長く続けられる」 33.0%
3位 「少ない人数でできる」 31.5%
4位 「健康が維持・向上できる」 21.4%
5位 「家族や友達と楽しめる」 18.9%

ちなみに男女別にみてみると、1位はいずれも「適度な運動量で楽しめる」でした。男女で差が大きかった「観戦が楽しめる」(9.3ポイント差)は女性が多く、「異性と気軽に楽しめる」(8.1ポイント差)は男性が多くなっていました~。

「調査団員の声」では自分がテニスをしたり観戦したりして印象に残っていることやエピソードを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代女性

社会人になり、デビュー戦の公式大会で優勝したこと。各種大会の県代表となり県外選手と真剣に対等に戦えたこと等が懐かしい思い出となり残っています。また、遠征の度に県外選手との交流があり友達の輪が広がったこと。何歳になっても継続していれば良きこと、楽しみもも多々あるっていうのが醍醐味です。今ソフトテニス、硬式テニス両方でテニスを楽しみ、友達も一段と、増え悠々自適の日々を送っています。 70才  高知県  既婚 女性

デビュー戦で優勝してしまうなんて!優勝すると別の世界が広がるんですね!しかも今でも続けていらっしゃるのがまた素晴らしいです~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

中学生の時、軟式テニス(今はソフトテニスですか?)をしていました。球拾いに飽きたころ、3年生のキャプテンのラリーを仰せつかって、ラケットで球を拾うのに慣れてきた時、とっさにドライブをかけてみました。キャプテンは予想外だったためか全く追いつけず「すいません」という、私に「すげぇドライブだな。あれはなかなかとれん。今後は磨きをかければ強くなれるぞ」と言われました。なんか懐かしい思い出です(笑) 58才  鹿児島県  既婚 男性

自分が点を取られたのに怒らないで褒めてくれるなんて、しっかりした先輩ですね★ 褒められると「もっとがんばろう!」って気になりますよね! ¬ω¬ジロッ調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

社会人になって最初に勤めた会社で、テニス好きの先輩上司諸氏がが「サークルを作ろう」と言い出して、無理やりメンバーにさせられたのがテニスを始めるきっかけでした。はっきり言って上達したとは言えませんが、週末に都内のテニスコートを借りて2時間ほど体を動かすのはとても気持ちが良く、親睦をはかるという意味でもとても有意義でした。その仲間たちと草津に「合宿」と称した飲み会を兼ねた一泊旅行に行ったのもよい思い出です(ちゃんとテニスもしましたよ)。 56才  神奈川県  既婚 男性

実は私、会社のテニス部の副部長をしていました~(今は普通の部員です)仕事とは別の一面が見られるし、仕事で関連のない部署の方と知りあえるのがいいです~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

軟式テニスが強かった私の高校では、体育の授業で必須競技でした。その時始めてラケットを握ったのですか、非常に戦略性に富むゲームだと感じ楽しんでプレイをしていたら、顧問や大会常連の部員から「女子の大会なら上位を狙える位のレベル」と言われて有頂天になりました。その後しばらくテニスに触れる機会はなかったのですが、社会人になってすぐに、取引先との懇親会で硬式テニスに誘われました。軟式と硬式は違うとは聞いてはいましたが、軟式テニスがそこそこ上手いという自負があり同じテニスだから大丈夫だろうと参加したところ、体にかかる衝撃が違い、相手のサービスを打ち返すだけでもやっとで、誰の相手にも全くならず恥ずかしい思いをしました。後に軟式テニスを披露する機会があったため、この時の事は笑い話となりましたが、軟式と硬式は全く別の競技と身をもって知る出来事となりました。 49才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

相手から来たロブを返す際、ラケットで強烈なバックスピンをかけて、相手のネット際すれすれに落とし、跳ねたボールはバックスピンのチカラで自コートに戻ってくるという、通称『魔球』という技を編み出しました。ただ、その魔球フォームが独特すぎて、相手がそれで魔球が来ると判断し、ネット際までダッシュして来てボレーで返される、ということもままありました。 52才  北海道  既婚 男性

50代女性

テニスがファッションだった時代があった。ラケットを抱えていた人が大勢。私はできなくて、置いてけぼりをくった感じがしたけれど。できないのに抱えるのは恥ずかしくって。でも、なんかみんなキラキラしてよかったな。みんながスマホを見て怖い顔をしている人たちが電車の大部分だから、たまにそんなこと考えてみたりする。 53才  東京都  既婚 女性

60代男性

20代後半頃から始めて、現在に至るが親子3代に引き継ぐスポーツになりました。親(私)息子、孫です、家族全員で行ってます。一番下の孫に至っては、小学校から高校卒業まで、これからも続くと思います。冬の3ヶ月休みですが、ほぼ、月一で市民コートを借りて、家族で楽しんでます。 69才  岐阜県  既婚 男性

50代男性

大学院時代にゼミ旅行でのリクリエーションで硬式テニスをやったことがあります。それまでには何度かテレビでプロのテニスの試合を見たことがありました。時代としては、ボルグがウィンブルドンの連覇記録を作っていたころです。やってみて思ったのが、打球のコントロールがすごく難しいことです。コートのどの位置にいても、ボールを打ち込める範囲が狭く、角度も無いと思います。ちょっと強く打ったらオーバーするし、弱いとネットにかかる。ボールを上げれば相手に打ち込まれ、低く打つとボレーを食らう。守るにしても、えらく走らされる。いやいや、見るだけなら良いけど、プレイするのがこんなに大変なスポーツもなかなか無いのではないでしょうか。錦織圭氏のプレイをテレビで何度か拝見したことがありますが、精密さ、腕力・脚力、スタミナ、どれをとっても、私から見たら100年修行しても絶対に到達できないようなレベルだと思え、まさしく天才と思いました。目指せグランドスラム。 56才  千葉県  既婚 男性

40代女性

高校の授業でテニスをしたが、テニス部のクラスメイトが技術において当然にレベルが高い。そのような中で、ラケットを細かく素早く動かすクラスメイトがいて、その動作がおかしくて笑った。そのクラスメイトは卓球部に所属していて、まさにテニスラケットを卓球のラケットのように扱っていた。身に付いてしまうと、どこでも出てしまうのか、と思ったものである。 46才  静岡県  未婚 女性

60代男性

在職時代奈良支社に5年ほど居たがそこの支社長がテニス狂だった。小さい支社だったが支社長ともなれば一応名士だった。それが人を評価する基準がテニスで、「あの人は俺よりデニスが上手い、大したものだ」「あの人は好い人だがテニスをしないのが玉に傷だ」と言う調子だ。もちろん部下の評価にもテニスが入る。当時私は結婚して社宅から通って居たが、社宅にはテニスコートが二面あったので結構楽しんでいた。それで支社内でも5本の指に入るほどだった。支社長の受けの悪かろうはずがない。しかし通勤に1時間半かかるのに、仕事が終わると「おい一丁揉んでやろうか」となる。くたくたになったが5年が過ぎて次の転勤では、地方の一小支社から高卒ながら本社へ転勤になった。今なら問題になるような話だ。 88才  京都府  既婚 男性

50代女性

テニスが好きで、テニスを生で見たいがために、ある大会のキャンペーンガールに応募したら書類審査を通ってしまった。最終審査の為、集合場所に行ってみると、1/3はすでにモデルとしての経験のある子、1/3はモデル事務所に登録して、これから活動しようとしている子、1/3はただの素人。山中湖(?)のテニスコート付きのコテージに着いても、「モデル組」は、翌日の審査に備えて、お化粧の練習したり、髪を巻いたりと準備の余念がない中、私を含め素人組は、まったく勝ち目がないとわかるや、タダでテニス旅行と割り切って、2日間テニスをしまくって帰ってきた。(参加賞で観戦チケットももらえました!) 57才  東京都  既婚 女性

50代男性

中学生のときに軟式テニス部で後衛をしていました。郡大会2週間前にダッシュ中に大転倒して、右手(利き腕)親指の付け根に大怪我をしました。1週間経ってやっとラケットを持って水平に持ち上げるのがやっとの状態で、とても後衛の仕事であるラリーなどできません。私が前衛に入り、ペアを組んでいた前衛の者が後衛をやるという、素人ペアのような布陣に変更しました。私は右手でボレーなどできないので左手でラケットを持ち、右手の4本指でラケットの角度を変えるという、変則的なショットしかできません。予想通り試合には負けましたが2セット取れたし、今となってはいい思い出です。 50才  千葉県  既婚 男性

50代女性

中学の部活はテニス部でした。といっても幽霊部員のようなものでほとんど参加しませんでした。中2になって中2でテニス部に入ったクラスメートに「私テニス部なんだ」といっても誰も信用してくれなく、他のクラスの中1からテニス部で何回か一緒に練習した人にテニス部ということを証明してもらったほどです。そんなある日久しぶりに参加したら何だか新入部員がものすごい入っていて驚きました。そういえば前年テレビで「エースをねらえ!」が放映されてたのを思い出しました。テレビの影響って大きいですよね。 53才  東京都  未婚 女性

50代女性

友達と旅行先で初めてテニスをしました。部活でバドミントンは経験していましたがテニスは初心者なので、まずラケットの持ち方と振り方を教わりました。とりあえずダブルスでやってみようかということになり、私は前衛に。で、しょっぱなから飛んできたボールをネット際でダイレクトに相手コートに打ち込んでしまい、友達をボーゼンとさせました。「ボールが来た、拾わなきゃ!」と思って打ち返しましたが、そういや、テニスはワンバウンドでもいいんだっけ…。 51才  大阪府  未婚 女性

50代男性

学生時代の体育の授業で筑波大の先生に教わったので、本格的に学ぶことができたんだけど。。。ボレーからしっかり教えてもらうカリキュラムのため、1年間の3/4がボレーで終わってしまい、ストロークはほんのちょっと。たから、サーブアンドボレーのネットプレーはそれなりなんだけど、グランドストロークはからっきしダメ。先生、1つのプレイを納得いくまで教えてくれるのはうれしいけど、バランスよく教えてもらわないと… 53才  茨城県  既婚 男性

60代女性

高校では軟式テニス部でしたが、春先から大会があり、会場校でもあるので下級生はボール拾いのため、コートにずっとついていました。練習もほぼ毎日で、5月あたりにはすっかりこんがりと日焼けしていて、ご近所や買い物に行ったお店で、ハワイにでも行ってきたの?とよく聞かれた思い出があります。高校を卒業してしばらくぶりに会った人たちには開口一番、「白くなったね。」と言われていました。 61才  東京都  未婚 女性

50代男性

中学生の頃ソフトテニス部で汗を流し、大人になってから硬式テニスを趣味で楽しみました。この硬式テニス、会社のサークルて始めたのですが、女性が多くて恥ずかしかった思い出があります。高原での練習や合宿、男性との会話は楽しかったんですが、女性とは最後まで話せなかったように思います。異性と気軽に楽しめるスポーツでもシャイな性格は災いしてしまうという経験は貴重でした。笑 54才  長野県  既婚 男性

60代男性

40年程前に、多摩川でフェデレーションカップの観戦をした時に、丁度当時のガールフレンドとテニスをした帰りでラケット持参で行き、グーラゴンコーリ(?)選手の練習を見ていたら、彼女に話掛けられて、10球程相手をさせられた。ところが、変化球で返球してくる為球についていけず、一球も返せなかった。つくづく、世界上位のプロは違うと驚かれた。(当たり前か!) 72才  千葉県  未婚 男性

50代男性

大学の体育の授業でテニスを取ったが、夏に骨折してその後行う機会が無かった。10年後、会社でテニスの試合に出ることとなり、練習に参加したら、私は白のウェアにラケットは木製だが、皆はカラフルなウェアで「カーボン製のデカラケ」!練習の帰りにスポーツショップに直行し、買いなおしました。道具、ルールの進歩を実感した1日でした。 59才  秋田県  既婚 男性

60代男性

学生時代シングルの試合で相手のマッチポイント12回をしのぎ逆転勝利した経験など粘りの効果を実体験した。、基礎体力・技術力に劣っていた自分の活路は「とにかくなりふり構わず相手より1本でも多く返すこと」に徹していた。逆況における粘りの効果を体験し、「忍耐と努力の精神」がその後の人生を支えてきたという自負がある。 85才  長崎県  既婚 男性

60代男性

ワンポイントのゴルフウエアが流行ったころ、デパートで何気なく買った「ラコステ」のポロシャツを着てコースに行ったら、ラコステはもともとテニスウエアであることを教えられました。それ以来、ウエアについてはゴルフはペンギン、テニスはワニと決めております。いずれも格好だけでプレーの技術はまったく進歩はありません。 76才  広島県  既婚 男性

60代男性

野球の冬場のトレーニングのつもりでテニスを取り入れました。対戦相手のラケットの角度やボールの当たり方を見て次の動作につなげていました。それをやっているうちに、野球での守備機会の時、一歩目の動作が早くなっていることに気が付きました。その後の野球人生の中で良い出会いをしたと今でも思っています。 76才  東京都  既婚 男性

50代女性

小学6年生の時、ウインブルドンで活躍する沢松和子選手をテレビで見て「中学に入ったら、絶対テニス部に入る!」と、決意。間に合わせで、おもちゃのバトミントンのラケットと、柔らかいボールで1人黙々と壁打ちの練習をしていました。結局、入ったのはバスケ部でしたが…。 54才  福島県  既婚 女性

40代女性

高校時代に部活で軟式テニスに入ってました。1年生のある時、蚊に刺された部員が居た為に練習が始まる前に殺虫剤をコートの草むらへ撒く事になり、その日の当番の私が殺虫剤をまいていたその姿を見かけた、部員のとある先輩の1人から「フマキラー」とあだ名を付けられました。懐かしい思い出です。 49才  静岡県  既婚 女性

60代男性

2年ほど前に、市民大会シングルスに出場した際、市のテニス協会(主催者)のPR用に撮影されたプレー中の自分の写真が新聞(朝刊)に掲載され、約30年のテニス歴中、初めてのことだったで、とても嬉しかったです。おめでとうコールもたくさんいただきました。 72才  福岡県  既婚 男性

60代男性

自分はテニスは数えるくらいしか経験は有りませんが見るのは大好きです。やはり2014年に錦織圭が全米オープンで決勝まで行った時の興奮は今でも鮮明に覚えています。その後怪我などで順位も下げましたが今また復活の兆しが見えているのので今後の活躍が楽しみです。 70才  東京都  既婚 男性

60代男性

日本で行われた国際テニス大会の決勝の電光掲示を15年務めたこと。ボルグ、エドバーグ、サンプラス、エバート、他、当時世界ランキング上位の選手のウエルカムパァーティーに招待されたこと。漫画家ちばてつや夫妻と深夜テニスをしたこと。 68才  東京都  既婚 男性

60代男性

海外駐在時代のことです。ビヨンボルグ選手とベッカー選手が中東でのエキジビション試合に参加、試合観戦後に面談ができ握手もしてもらいました。ビヨンボルグ選手の手首の太さ(筋肉の塊)、ベッカー選手の大男振りに驚きました。 68才  東京都  既婚 男性

50代男性

一番印象があるのは軟式テニスをしていた中学生の頃、特殊なラケットの持ち方をしていた他校の選手を見たことです。ちょうどジミーコナーズ(フラット打ち)とビョルンボルグ(ドライブ打ち:今では一般的)が出てきた時代で木のラケット(ウッド)でした。当時はインターネットは無い時代でテニスのニュースはテレビ(地上波しかない)でちょっとだけ流れるか、新聞の隅にちょっと出るくらいでしたが、結構テニス人口は多く私の田舎の中学校のテニスコートは、すぐ隣に市の20面くらいのテニスコートがあって大会でうまい選手の試合を観てました。(自分はレギュラーになれるような実力は無かったですが...)その時に、特殊な打ち方をする選手がいました。打ち方ですが、★普通の握りではなく、わざと手首を返して持ち、打つときに手首の甲が相手側を向くのです。つまり絶対にネットの上を大きく超えるホームランにならないように、ネットギリギリに打つんです。軟式は、それほどスピードは出ないのでフットワークが重要でとにかくラリーが長かったのですが、びっくりしました。市の大会でその選手が優勝したそうです。(その打ち方は後にも先にも見たことないです) 59才  千葉県  未婚 男性

60代男性

明治時代に日本に紹介された球技の中で、用具が高価なことと日本人の体型に合わせるという理由で独自に発達したものがある。例えば、ゴルフにはスモールボールがあり、野球のボールは牛革でも滑りにくく握った感じの小さい物が使われた。これらは戦後になって国際規格に統一されている。その中で、テニスと野球は、軟式という日本独特の球技が生み出される。私もテニス愛好家の一人だが、軟式(ソフト)テニスとは全く交流がなく、ボール、ラケット、ファッションからプレースタイルまでが違い、まるで別の競技のように思っていた。しかしある時、軟式テニスのダブルスの大学チャンピオンと、いわゆる硬式テニスの試合で私とペアを組んでもらった。彼はラケットの握り方にも苦労したが、前衛での動きはずば抜けて才能があり、相手のコーチクラスのアタックもことごとくブロックして試合をリードした。「いろんな点で違いはかなり大きいが、練習すればその差は埋められる」が感想だった。現在ソフトテニスは日本と北東アジア諸国、ハワイ、アフリカなどでプレーされ、アジア大会でも活躍している。いつか、この2つの競技がオリンピックに登場する日はくるのだろうか。 74才  東京都  既婚 男性

50代男性

社会人1年目の頃、同期入社の同僚と休日によくテニスをしました。しかし経験者がいなかったため、みんなで好き勝手にやっていたのでなかなか上達しませんでしたね。いつしかメンバーの集まりも悪くなり自然消滅しました。しかしこの時のなんちゃってテニスが後に活かされました。何年かして付き合った彼女が元テニス部。二人でコートに出かけるようになり、そこそこ打ち合うことが出来ました。おかげでめでたく結婚。もちろんテニスだけが決め手ではないと思いますが、共通の趣味を持つことが出来たのは大きな要因だったと思います。でも結婚してからはテニスしておりませんが。 51才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

社会人になってからテニスを始めた私。バックハンドで相手のラインぎりぎりに決める、なんてプレイもできるのに、どうしても上手く出来ないことが一つ。それが「サービス」。せっかくエースを取っても、その後のサービスでダブルフォルト連発…仕方なくヘナチョコサービスで、それを思いっきり返されて…(だから粘り強いプレイするんだ、という声も一部あり…)悪いところはわかってる。なおそうと一生懸命練習すてる。だけど、インしない、ネットに当たる、最後にはホームラン…あー、大坂なおみ選手のような目の覚めるサービスエース、一度決めたいです…。 53才  東京都  既婚 男性

50代女性

父がずっとテニス部だったので、子どもの頃は休日に父がテニスに行くときについて行って、妹と少しやった。園児か低学年だった妹が熱射病になり、熱中症というのを初めて見た。それ以来、あまり家族で行かなくなったし、ほのかに怖い印象がセットになってしまって、大人になるまでやらずじまい。学校の旅行やお友達のお誘いなんかもあったが、ずーっとやらずにいたので下手くそで楽しめなかった。 53才  東京都  未婚 女性

50代女性

少女マンガ「エースをねらえ!」に憧れてテニススクールに入会したが、自分には向いていなかったようで半年ほどで挫折した。それでも華麗にコートを舞う夢は捨てきれず、娘には幼少期からテニスを習わせている。が、所詮は自分の子、才能があるはずがなく大した戦績は残していないが、大人になった今も機会があるごとにテニスを楽しんでいるようなので、結果オーライだったかな(笑) 58才  兵庫県  既婚 女性

40代女性

中学生の軟式テニスにて。順番に審判をするので、気軽に引き受けたが、考えてみれば審判の講習なども一切ナシ。サービスが入ったかどうか、から始まって、とにかくヒドイ有様で、両方のチームから罵声や怒号が響き……ようやく試合が終わった時には、「あの…申し訳ありませんでした」とつぶやくので精一杯でした。あの時の関係者の皆さん、本当にごめんなさい。 41才  茨城県  既婚 女性

60代女性

学生時代に楽しんだのは、軟式テニス。結婚後、二度目に住んだのが練馬区のはずれでした。家の近くの雑木林が、ある時、とつぜんに6面のテニスコートに変身。そのきっかけで、30代後半から5、6年、硬式テニスをけいけんしました。個人戦はまだしも、ダブルスの試合では、気が弱く、留守狙いができず、相手の足を随分ひっぱりました。若かった頃の懐かしい思い出です 81才  東京都  既婚 女性

60代女性

高校生になり、勧誘された先輩部長に魅かれて軟式テニス部に入部したが、もともと運動はあまりしないし体力もなく、夏休みの合宿ではばてて、体力が続かなくて9月に退部しました。でも、基本を教えてもらっていたので、その後、大学生の時は、合コンでみようみまねでテニスをしたり、大人になってから友人たちと硬式テニスを楽しんだりしました。 60才  千葉県  既婚 女性

60代男性

友人と始めて間もない頃会社のテニスコートを使ったので、使用料はゼロで助かったが互いに下手くそで思うところに球が行かずラリーが続くとへとへとに疲れきった。そのため靴は良くすり減って何度も変えるし、帰りの食事代もかさんで結構大変な思いをしました。下手くそ同志結局ちっともうまくなれず今では二人ともテニスには全く興味を感じていません。 80才  愛知県  既婚 男性

40代男性

今の天皇陛下がまだ皇太子の頃、軽井沢でテニスを楽しんでいるのを間近で観戦したことがあります。夫婦の出会いの場所でもあり、とても嬉しそうにテニスを楽しんでいたのが印象に残っています。また、母はご結婚前の美智子様を度々拝見しており、「やはり皇族とご結婚するだけあって、本当に綺麗だった」と今でも僕に話してくれます。 48才  千葉県  未婚 男性

60代男性

会社勤務時代、テニスコートに行ったら、テニス部の後輩がいました。冗談で後輩に俺がテニスプレーで鍛えてあげるよと言ってプレーを始めたら、後輩は全日本大会に出ている選手で、口とは逆にコテンパにやられました。さすがです彼の打つ球に触る事も出来ないスピードで、テニスコートに居る同僚たちの前で大恥をかいた事があります。 65才  千葉県  未婚 男性

50代男性

昔、オートテニスというバッティングセンターのテニス版のような所があって、たまに通っていました。速かったり、変化がついたりとバッティングセンターと変わらず、まさにバットがラケットになっただけです。でも、体を左右に振られたり、ダッシュしてボールを拾いに行ったりと結構な運動量で、終わるころには汗だくになっていました。 59才  宮城県  既婚 男性

60代女性

中学高校時代は卓球部だったが、体育の授業やクラスマッチではテニスも。時々、友達と楽しみでしていた。30代になって、隣人に誘われて近所のテニスコートへ、2~3年通った。卓球のフォームよりテニスの方が大振りな感じがしていた。テニスも好きでラケットなど一通り揃えたが今は使う機会はなく、テレビ観戦で楽しんでいる。 70才  神奈川県  既婚 女性

40代男性

中学校時代は、部活で軟式テニスにのめり込んでいた。大会などでも表彰台に何度も上り、今となっては楽しい思い出です。そのお陰で、社会人になって付き合った彼女と、硬式テニスを気軽にする事が出来ました。身体が覚えている!って、こう言う事なんでしょうね。 46才  茨城県  既婚 男性

60代男性

なかなかラリー続かないし、ボールは転がるし、実践の経験ではあまりいい思い出はない。観戦は良く見る方だと思っていて、最初に感動したのは、沢松・アン清村組がウィンブルドンのダブルスで優勝したこと。他に、ボルグvsコナーズ、ナブラチロワvsヒンギス、伊達公子vsグラフ等々、素晴らしい記憶が有ります。 61才  愛知県  既婚 男性

50代男性

子供とのペアで初めて市民戦に出て、タイブレークでマッチポイントを何度も握られながら逆転して勝って入賞したのがうれしい思い出。その時無理をして膝を痛めて半年間テニスも山登りもできなくなった。あれから1年半、今は子供のレベルが上がってしまい部活も忙しく、一緒に大会に出る事もなくなったのが残念。 51才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

ずっと昔に一度だけ『東レパンパシフィックオープン』を観に行ったことがあるが、会場の有明コロシアムが暑かったのと、トイレがどこも汚くてお粗末で、これが国際大会?をやるスタジアムなの!?と驚いた事がある。現地観戦したのはその時1回きりで、その後のコロシアムの事は知りませんけどネ(笑)。 64才  東京都  既婚 男性

50代男性

15年ほど前に中年の友達連中が愛好会を突然作ってやるようになった。私は忙しくて参加が遅れたが、もう一人遅れている友人がいたので、一緒に途中加入をしようと言い合ってラケットも入手したが、そこからまた3回ほど日が合わないで行けないでいるうちに、もう行ける感じではなくなってしまった。 55才  東京都  既婚 男性

50代女性

高校時代の友人がテニス部キャプテンでちょっとだけテニスを教えてもらったらものの見事にテニス肘を発症。その後しばらくテニスからは遠ざかっていたのですが大学の体育の授業でテニスをすることに。指導の先生から「テニスやってたの?」と聞かれたのがちょっと嬉しかった思い出です。 51才  大阪府  既婚 女性

60代女性

高校入学時、テニス部に入りましたが、他のスポーツも同じですが、返せないところを狙って打つというのに疑問を感じ卑怯だと感じ嫌気がさし2ヶ月で退部しました。幼児期から体が弱く寝ていることが多く、勝負するとか勝たねばならないとかいう精神が欠けていたようです。 72才  千葉県  既婚 女性

40代男性

中学生の時、部活で軟式テニスをやってて、その頃にひとりの女子部員に恋をしていました。辛いことがあっても、その子に会うがために休まずに練習を頑張ってました。結局、その恋は叶うことは無かったのですが、今となっては良い思い出です。 48才  福岡県  未婚 男性

テニスについてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  2. 33.0%は、会話が1週間に1回以下
  3. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  4. 宅配便の不満ランキング、1位 配送料やサービス料金が高い
  5. 孤独の印象ランキング、1位 時間が自由、2位 人間関係のストレスがない
  6. 今よりつながりたいのは「男女を問わず誰とでも」「同じ趣味・習い事の人」
  7. みんなの思う歴代の最強横綱ランキング、1位 千代の富士、2位 大鵬
  8. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  9. 約3割が親しい友人がいないと回答
  10. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官