本文へジャンプします。

犬についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2018年11月23日

犬についてのアンケート・ランキング

「犬に対する印象・イメージは?」「犬を飼っていて良かったことは?」「好きな犬のキャラクターは?」など“犬”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年11月09日~2018年11月15日/有効回答数:2,452

調査レポート

レポート01 犬のイメージ調査 1位 主人に忠実・従順、2位 可愛い、3位 人懐こい

犬に対する印象・イメージはどんなものですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

犬に対する印象・イメージについて調査しました。
総合で1位は「主人に忠実・従順」で56.8%、2位は「可愛い」で55.9%、3位は「人懐こい」で52.9%、4位は「散歩や食事など世話が大変」で39.8%、5位は「人の役に立つ」で37.9%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「主人に忠実・従順」 56.8%
2位 「可愛い」 55.9%
3位 「人懐こい」 52.9%
4位 「散歩や食事など世話が大変」 39.8%
5位 「人の役に立つ(番犬や介護犬)」 37.9%
6位 「癒される」 35.8%
7位 「頭がいい」 33.2%
8位 「元気がいい」 29.9%
9位 「お金がかかる(予防接種・病院代など)」 27.9%
10位 「よく吠える」 25.4%

■1位は50代以下では「可愛い」、60代以上は「主人に忠実・従順」

年代別にみてみると1位は50代以下では「可愛い」、60代以上は「主人に忠実・従順」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「可愛い」 62.2%
2位 「主人に忠実・従順」 56.8%
3位 「人懐こい」 51.4%
4位 「癒される」 37.8%
5位 「頭がいい」 32.4%
5位 「よく吠える」 32.4%

【40代】
1位 「可愛い」 56.2%
2位 「人懐こい」 51.7%
3位 「主人に忠実・従順」 47.7%
4位 「散歩や食事など世話が大変」 35.3%
5位 「癒される」 32.8%

【50代】
1位 「可愛い」 57.8%
2位 「人懐こい」 56.0%
3位 「主人に忠実・従順」 54.0%
4位 「散歩や食事など世話が大変」 40.7%
5位 「人の役に立つ(番犬や介護犬)」 37.9%

【60代以上】
1位 「主人に忠実・従順」 61.5%
2位 「可愛い」 54.1%
3位 「人懐こい」 50.9%
4位 「散歩や食事など世話が大変」 41.3%
5位 「人の役に立つ(番犬や介護犬)」 40.4%

ちなみに男女別でみてみると、1位は男性では「主人に忠実・従順」、女性では「可愛い」と異なる結果になりました!こっちをジッと見ながら勢いよくしっぽを振ってたりするところを見ると、本当にカワイイと思います>//<

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 いま犬を飼っている人は11.1%、今まで犬を飼ったことがない人は40.0%

犬を飼ったことはありますか?

グラフ
編集部まとめ

犬を飼ったことがあるかを調査しました。総合で「今、飼っている」は11.1%、「昔、飼っていたことがある」は48.9%、「今まで一度も飼ったことがない」は40.0%という結果でした。

■40代以下の過半数は犬を飼った経験がない

年代別にみてみると、「今、飼っている」は30代以下は5.4%、40代は8.8%、50代は11.9%、60代以上は10.4%と、50代が最も多くなっていました。一方、「今まで一度も飼ったことがない」は、30代以下は54.1%、40代は53.2%、50代は43.8%、60代以上は33.5%と、40代以下の過半数は犬を飼った経験がないことがわかりました。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「今、飼っている」 5.4%
2位 「昔、飼っていたことがある」 40.5%
3位 「今まで一度も飼ったことがない」 54.1%

【40代】
1位 「今、飼っている」 8.8%
2位 「昔、飼っていたことがある」 38.0%
3位 「今まで一度も飼ったことがない」 53.2%

【50代】
1位 「今、飼っている」 11.9%
2位 「昔、飼っていたことがある」 44.3%
3位 「今まで一度も飼ったことがない」 43.8%

【60代以上】
1位 「今、飼っている」 10.4%
2位 「昔、飼っていたことがある」 56.1%
3位 「今まで一度も飼ったことがない」 33.5%

ちなみに地域別にみてみると、「今、飼っている」の割合が高いのは北陸・甲信越(12.5%)、東北(12.4%)、割合が低いのは九州(7.1%)、北海道(9.3%)でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 飼ったことのある犬の種類、1位 雑種(35.2%)、2位 柴犬(12.7%)

飼っている・飼ったことがる犬の種類は何ですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

飼っている・飼ったことがる犬の種類について調査しました。総合では「犬は飼ったことはない」の39.5%を除くと、1位は「雑種」で35.2%、2位は「柴犬」で12.7%、3位は同率で「ダックスフンド(ミニチュア含む)」と「コリー、ボーダーコリー」で3.3%、5位は「マルチーズ」で2.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「雑種」 35.2%
2位 「柴犬」 12.7%
3位 「ダックスフンド(ミニチュア含む)」 3.3%
3位 「コリー、ボーダーコリー」 3.3%
5位 「マルチーズ」 2.7%
6位 「プードル(トイプードル含む)」 2.7%
7位 「チワワ」 2.6%
※同率は票差で順位付け

■すべての世代で1位は雑種

年代別にみてみても、すべての世代で1位は「雑種」でした。2位は30代以下が「レトリーバー系」、40代以上は「柴犬」と異なる結果でした。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「雑種」 18.9%
2位 「レトリーバー系」 10.8%
3位 「柴犬」 8.1%
4位 「ダックスフンド(ミニチュア含む)」 5.4%
4位 「プードル(トイプードル含む)」 5.4%
4位 「ポメラニアン」 5.4%

【40代】
1位 「雑種」 27.1%
2位 「柴犬」 8.8%
3位 「ダックスフンド(ミニチュア含む)」 3.3%
3位 「プードル(トイプードル含む)」 3.3%
5位 「マルチーズ」 2.7%

【50代】
1位 「雑種」 35.3%
2位 「柴犬」 10.9%
3位 「コリー、ボーダーコリー」 3.5%
4位 「ダックスフンド(ミニチュア含む)」 3.0%
5位 「マルチーズ」 2.4%
5位 「プードル(トイプードル含む)」 2.4%

【60代以上】
1位 「雑種」 38.3%
2位 「柴犬」 15.1%
3位 「ダックスフンド(ミニチュア含む)」 3.5%
3位 「コリー、ボーダーコリー」 3.5%
5位 「チワワ」 3.0%

ちなみに「その他」には「スピッツ」「秋田犬」「シーズー」「ビーグル」「シェパード」「パピヨン」など多くの犬種をいただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 犬を飼っていて良かったこと 1位 可愛い、癒される、2位 懐いてくれる

犬を飼っていて良かったことは何ですか?(※飼ったことのない方はイメージで良いと思うことを選択してください)(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

犬を飼っていて(飼ったことのない方はイメージで)良いとおもうことを調査しました。「特にない・分からない」の26.3%を除くと、総合で1位は「可愛い、癒される」で52.4%、2位は「懐いてくれる」で39.2%、3位は「番犬として家を守ってくれる」で24.7%、4位は「心の支えになる」で24.3%、5位は「散歩が毎日できる」で24.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「可愛い、癒される」 52.4%
2位 「懐いてくれる」 39.2%
3位 「番犬として家を守ってくれる」 24.7%
4位 「心の支えになる(気持ちが沈んでいるときなど)」 24.3%
5位 「散歩が毎日できる(自分の運動にもなる)」 24.0%
6位 「幸せな気持ちになる」 20.6%
7位 「家族が増える」 19.3%
8位 「命の大切さを学べる」 17.7%
9位 「会話・話題が増える」 17.6%
10位 「犬好きの人たちと仲良くなれる」 10.1%

■男女とも2位までは同じ、3位は男性が番犬、女性は心の支え

男女別にみてみても上位2位は、男女とも総合順位と同じでした。3位は男性が「番犬として家を守ってくれる」、女性は心の支え「心の支えになる」でした。男女で差が大きかったのは「心の支えになる」(18.4ポイント差)、「幸せな気持ちになる」(11.7ポイント差)、「会話・話題が増える」(11.1ポイント差)でいずれも女性が多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「可愛い、癒される」 50.9%
2位 「懐いてくれる」 38.5%
3位 「番犬として家を守ってくれる」 25.0%
4位 「散歩が毎日できる(自分の運動にもなる)」 23.0%
5位 「心の支えになる(気持ちが沈んでいるときなど)」 20.8%
6位 「家族が増える」 18.3%
7位 「幸せな気持ちになる」 18.0%
8位 「命の大切さを学べる」 16.5%
9位 「会話・話題が増える」 15.2%
10位 「犬好きの人たちと仲良くなれる」 9.3%

【女性】
1位 「可愛い、癒される」 59.3%
2位 「懐いてくれる」 43.1%
3位 「心の支えになる(気持ちが沈んでいるときなど)」 39.2%
4位 「幸せな気持ちになる」 29.7%
5位 「散歩が毎日できる(自分の運動にもなる)」 27.8%
6位 「会話・話題が増える」 26.3%
7位 「番犬として家を守ってくれる」 22.0%
8位 「家族が増える」 21.5%
9位 「命の大切さを学べる」 21.3%
10位 「規則正しい生活ができる」 14.1%

ちなみに地域別でも2位までは同じでした。3位はほとんどの地域が「心の支えになる」でしたが、東海と中国・四国は「番犬として家を守ってくれる」、北海道は「幸せな気持ちになる」と異なる結果でした~。

「調査団員の声」では犬に関するエピソードを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

ウチの犬(8歳♂)は、私たちが仕事から帰ってきても知らん顔。呼んでも、寝転がったまま出ても来ない。でも、私が休みの日に監察していると、妻が帰ってくる時刻になると玄関に行って、オスワリして外の様子を窺っている。妻の車の音がすると、妻が玄関に入ってくる前に私の部屋に戻ってきて横になり、「淋しくなんかなかったよ」と言わんばかりに知らん顔を決め込む。妻が休みの日は、仕事から帰って来た私に対しても同じ態度を取るという。何とも「心の襞」が深いワンコである。生後3カ月のときからバッハ、ベートーヴェン、シューマン、ワーグナーを聴かせて育てた影響だろうか? 60才  栃木県  既婚 男性

すごい、そんな行動をとったりするんですね! ちょっと憎たらしいけど、かわいい~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

4~50年前ですが小学生のころ、通学途中の塀に挟まれた路地で放し飼いの飼い犬と野良犬4~5匹に取り囲まれ吠えたてられて恐怖で立ち尽くしていました。助けてと叫んだか定かではありませんが、「咬まれて死んじゃう!」と思って時が永遠に続くかと思われたその時、塀の中から大人が出てきて犬を蹴散らしてくれたので大事には至りませんでしたが、その時の恐怖は忘れることができません。その後もしばらく犬は恐怖の対象でしたが元来動物は好きなので他の動物(猫やウサギ)に噛まれたりしているうちに犬も直ぐに触れるようになりました。 59才  茨城県  未婚 女性

エッ、犬に慣れる方法が、他の動物に噛まれることですか? 私は子供の頃に追いかけられたコーギーがいまでも苦手ですT^T調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

息子が小学生の時、空前のペットブームがあり、彼の友達の多くが犬を飼い始めた。当然息子も我が家でも犬を飼いたいと駄々をこね、犬大好き派の父親とこっそり協定を結び、我が家にもビーグルの子犬がやってきた。最初は反対していた私と娘も子犬の愛らしさにやられてしまって、家族みんなが争って散歩や餌やりをするという溺愛ぶりだった。息子は進学や留学、就職で接触する機会は減ったものの、愛犬に会うために帰省するという状態が続いていた。そんな愛犬も15歳となり、獣医さんから旅立ちの準備をするようにとの宣告をうけた。その報を聞き、仕事先から飛んで帰ってきて、家族みんなで寄り添い看病した。獣医師の宣告どおり、2週間で逝ってしまったが、葬儀の折にも家族みんなで見送ることが出来た。今にして思えば反抗期のプチ家出も愛犬のご飯の時間には帰宅、そして愛犬を仲介に家族との日常を取り戻したように思う。亡くなって一年半が経つが未だにペットロス状態を抜け出せないが、家庭の中心で家族を結び付けてくれていた愛犬にはとても感謝している。 58才  兵庫県  既婚 女性

最初の印象が良くなかったけど、家族をつなぐ存在になって、そして……。別れはとてもとても悲しいですが、家族の忘れらない思い出ですね(´;ω;`)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 働く犬といえば 1位 警察犬、2位 盲導犬、3位 牧羊犬

働く犬の職種について知っているものは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

働く犬の職種について知っているものを調査しました。総合で1位は「警察犬」で93.2%、2位は「盲導犬」で93.1%、3位は「牧羊犬」で81.4%、4位は「麻薬探知犬」で79.3%、5位は「救助犬」で77.9%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「警察犬」 93.2%
2位 「盲導犬」 93.1%
3位 「牧羊犬」 81.4%
4位 「麻薬探知犬」 79.3%
5位 「救助犬(災害救助犬、水難救助犬、山岳救助犬)」 77.9%
6位 「そり犬(犬ぞり) 」 72.3%
7位 「闘犬」 67.6%
8位 「軍用犬」 64.2%
9位 「セラピードッグ(病院などで働く犬)」 52.7%
10位 「聴導犬」 48.7%

■男女とも2位まで同じ、3位は男性が牧羊犬、女性は麻薬探知犬

男女別にみてみると、男性の上位2位は総合ランキングと同じ、女性は総合ランキング2位までが同率で1位になっていました。3位は男性が「牧羊犬」、女性は「麻薬探知犬」と異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「警察犬」 92.5%
2位 「盲導犬」 92.5%
3位 「牧羊犬」 80.7%
4位 「麻薬探知犬」 77.8%
5位 「救助犬(災害救助犬、水難救助犬、山岳救助犬)」 76.0%
6位 「そり犬(犬ぞり) 」 69.9%
7位 「闘犬」 66.2%
8位 「軍用犬」 64.3%
9位 「セラピードッグ(病院などで働く犬)」 47.4%
10位 「聴導犬」 43.8%

【女性】
1位 「警察犬」 95.7%
1位 「盲導犬」 95.7%
3位 「麻薬探知犬」 86.4%
4位 「救助犬(災害救助犬、水難救助犬、山岳救助犬)」 85.4%
5位 「牧羊犬」 83.7%
6位 「そり犬(犬ぞり) 」 82.3%
7位 「セラピードッグ(病院などで働く犬)」 75.6%
8位 「闘犬」 73.2%
9位 「聴導犬」 68.2%
10位 「軍用犬」 63.2%

ちなみに地域別にみても1位と2位の顔ぶれは一緒でした★ 3位はほとんどの地域が「牧羊犬」でしたが、北陸・甲信越と関西は「救助犬」、九州は「麻薬探知犬」になっていました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート06 犬のキャラクター人気ランキング、1位 スヌーピー、2位 ラッシー

好きな犬のキャラクターは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

好きな犬のキャラクターについて調査をしました。総合で1位は「スヌーピー」で53.2%、2位は「ラッシー」で43.1%、3位は「パトラッシュ」で32.3%、4位は「ハチ公」で32.0%、5位は「お父さん犬」で26.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「スヌーピー」 53.2%
2位 「ラッシー(名犬ラッシー)」 43.1%
3位 「パトラッシュ(フランダースの犬)」 32.3%
4位 「ハチ公(忠犬ハチ公)」 32.0%
5位 「お父さん犬(ソフトバンク)」 26.7%
6位 「ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)」 22.5%
7位 「豆しばシリーズ(枝豆しば、そら豆しば など)」 16.6%
8位 「プルート(ディズニー)」 14.0%
9位 「グーフィー(ディズニー)」 13.0%
10位 「シロ(クレヨンしんちゃん)」 12.1%

■1位は50代以下はスヌーピー、60代以上はラッシー

年代別にみてみると、1位は50代以下は「スヌーピー」、60代以上は「ラッシー」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「スヌーピー」 51.4%
2位 「パトラッシュ(フランダースの犬)」 24.3%
3位 「ハチ公(忠犬ハチ公)」 18.9%
4位 「シロ(クレヨンしんちゃん)」 16.2%
5位 「お父さん犬(ソフトバンク)」 13.5%
5位 「ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)」 13.5%
5位 「プルート(ディズニー)」 13.5%
5位 「チョビ(動物のお医者さん)13.5%

【40代】
1位 「スヌーピー」 47.1%
2位 「パトラッシュ(フランダースの犬)」 38.9%
3位 「ラッシー(名犬ラッシー)」 28.9%
4位 「お父さん犬(ソフトバンク)」 27.7%
5位 「ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)」 27.4%
6位 「ハチ公(忠犬ハチ公)」 21.0%
7位 「豆しばシリーズ(枝豆しば、そら豆しば など)」 19.5%

【50代】
1位 「スヌーピー」 56.6%
2位 「ラッシー(名犬ラッシー)」 38.0%
3位 「パトラッシュ(フランダースの犬)」 35.7%
4位 「お父さん犬(ソフトバンク)」 28.8%
5位 「ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)」 28.3%
6位 「ハチ公(忠犬ハチ公)」 24.4%
7位 「豆しばシリーズ(枝豆しば、そら豆しば など)」 18.4%

【60代以上】
1位 「ラッシー(名犬ラッシー)」 52.8%
2位 「スヌーピー」 52.7%
3位 「ハチ公(忠犬ハチ公)」 41.0%
4位 「パトラッシュ(フランダースの犬)」 28.1%
5位 「お父さん犬(ソフトバンク)」 25.3%
6位 「プルート(ディズニー)」 17.3%
7位 「ヨーゼフ(アルプスの少女ハイジ)」 17.0%

ちなみに男女別でも1位は男女ともスヌーピーでした~。2位は男性が「ラッシー」、女性が「パトラッシュ」と異なる結果になりました。

「調査団員の声」ではテレビや読みものなどの作品で印象に残っている犬について教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

Youtube上にある、猫の餌を盗み食いした事を飼い主に見つかって怒られ 微妙な顔をして反省する denver君の動画、いつ見ても笑えます。https://www.youtube.com/watch?v=B8ISzf2pryI 51才  千葉県  未婚 男性

テレビでも犬のYoutube動画が出てますよね! 世界中から集まった犬のかわいい瞬間の映像が見られて本当に癒やされます>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

漫画「ジョジョの奇妙な冒険」に出たイギー。ブサカワ系ですがやたら頭が良く漢気がありカッコイイですw(まぁ、犬があそこまでの思考をするとは思っていませんが) 47才  神奈川県  未婚 男性

ジョジョのイギー!いいですね!マンガにもたくさん犬が出てきますが、私はハンターハンターに出てくるゾルディック家のミケが印象に残ってます(∩´∀`;)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

A・クリスティのポワロシリーズ「物言えぬ証人」に登場するテリア犬「ボブ」。被害者の飼い犬であるボブは犯行の全てを目撃していた。しかし犬が人間に犯人を教えられるわけがなく、逆に加害者扱いされてしまう。だがポワロはボブの行動からボブの無実と、真犯人の決定的証拠を見出してゆく…設定等が小説とドラマで違うところが多いのですが、私は「ボブ」の健気さが伝わってくるドラマ版のほうが好き。最後に別れるボブとポワロが寂しそうに見つめ合うのが切なかったです。数あるポワロ作品の中でも、異色ながら見ごたえのある秀作です。 53才  東京都  既婚 男性

ウワッ、これはおもしろそう! 飼い主に忠実、話ができないという犬の特徴をうまく活かしてそうですね! 私もドラマ版で見てみたくなりました>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 豚がモチーフになっている商品でカワイイもの1位は蚊取り線香
  2. 興味のある趣味の集まり 1位 音楽・ライブ鑑賞、2位 旅行、3位 街歩き
  3. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  4. 好きな豚肉料理ランキング 1位 とんかつ、2位 生姜焼き、3位 豚汁
  5. 入院したときつらかったことランキング 1位は「お風呂に入れない」
  6. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  7. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」
  8. 牛丼のトッピング人気ランキング Top3は紅ショウガ、七味唐辛子、生玉子
  9. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  10. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官