本文へジャンプします。

ウィンタースポーツについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2019年1月18日

ウィンタースポーツについてのアンケート・ランキング

「今後やってみたいウィンタースポーツは?」「知っているスキー・スノーボードのブランドは?」「スキーやスノーボードのイメージは?」「ゲレンデで聴きたい曲は?」など“ウィンタースポーツ”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年12月21日~2019年01月03日/有効回答数:2,253

調査レポート

レポート01 人気ウィンタースポーツランキング、1位 スキー 72.9%、2位 スケート 67.2%

やったことのあるウィンタースポーツは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

やったことのあるウィンタースポーツについて調査しました。
総合で1位は「スキー」で72.9%、2位は「スケート」で67.2%、3位は「雪合戦」で60.0%、4位は「ソリ」で37.8%、5位は「スノーボード」で7.4%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 72.9%
2位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 67.2%
3位 「雪合戦」 60.0%
4位 「ソリ」 37.8%
5位 「スノーボード」 7.4%
6位 「スノーモービル」 5.7%
7位 「クロスカントリー」 4.6%
8位 「スピードスケート」 4.1%
9位 「フィギュアスケート」 3.2%
10位 「アイスホッケー」 1.2%

■男性の1位はスキー、女性の1位はスケート

男女別に1位をみてみると、男性の1位はスキー、女性の1位はスケートと異なる結果になりました。また、男女で差が大きかったのはスケートで女性のほうが6.2ポイント多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 73.2%
2位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 66.2%
3位 「雪合戦」 60.1%
4位 「ソリ」 37.7%
5位 「スノーボード」 7.9%
6位 「スノーモービル」 5.8%
7位 「スピードスケート」 4.4%

【女性】
1位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 72.4%
2位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 70.0%
3位 「雪合戦」 58.9%
4位 「ソリ」 36.3%
5位 「フィギュアスケート」 5.8%
6位 「クロスカントリー」 5.5%
7位 「スノーモービル」 4.2%

ちなみに地域別に1位をみてみると、ほとんどの地域はスキーでしたが、中国・四国ではスケート、九州では雪合戦になっていました。また、北海道はスピードスケートが全国平均の4.1%に対して26.6%、クロスカントリーは全国平均の4.6%に対して17.0%と、他の地域より高くなっていました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 興味のあるウィンタースポーツランキング、1位 スキー、2位 スノーモービル

今後やってみたい・興味のあるウィンタースポーツは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

今後やってみたい・興味のあるウィンタースポーツについて調査しました。「やってみたい・興味のあるウィンタースポーツはない」の55.1%を除くと、総合ランキングで1位は「スキー」で19.6%、2位は「スノーモービル」で13.2%、3位は「カーリング」で10.7%、4位は「スケート」で7.3%、5位は「スノーボード」で6.1%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 19.6%
2位 「スノーモービル」 13.2%
3位 「カーリング」 10.7%
4位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 7.3%
5位 「スノーボード」 6.1%
6位 「ソリ」 4.4%
7位 「雪合戦」 4.3%
8位 「クロスカントリー」 4.0%

■1位はほとんどの地域でスキー、中国・四国のみスノーモービル

地域別に1位をみてみると、ほとんどの地域でスキーでしたが、中国・四国のみスノーモービルになっていました。また、ベスト3に入った地域数をみてみると、スキーは8つすべての地域に、スノーモービルとカーリングが7つの地域に入っていました。

地域別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【北海道】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 19.1%
2位 「カーリング」 13.8%
3位 「スノーモービル」 11.7%

【東北】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 21.7%
2位 「カーリング」 15.0%
3位 「スノーモービル」 12.5%

【関東】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 19.9%
2位 「スノーモービル」 14.3%
3位 「カーリング」 11.3%

【北陸・甲信越】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 17.2%
2位 「スノーモービル」 8.2%
3位 「カーリング」 6.6%

【東海】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 18.6%
2位 「スノーモービル」 13.1%
3位 「カーリング」 10.4%

【関西】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 23.1%
2位 「スノーモービル」 13.0%
3位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 11.2%

【中国・四国】
1位 「スノーモービル」 10.5%
2位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 8.8%
2位 「カーリング」 8.8%

【九州】
1位 「スキー(自由にゲレンデ内を滑る)」 17.0%
2位 「スケート(自由にリンク内を滑る)」 13.6%
3位 「カーリング」 10.2%

ちなみに経験者の割合は低いけど、やってみたい人の割合が高いウィンタースポーツを調べてみると、最も多かったのはカーリングの10.3ポイント、次いでスノーモービルの7.5ポイントでした~。

「調査団員の声」ではウィンタースポーツ競技や活躍中の選手について印象に残っていることを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

長野オリンピックのスキージャンプ団体競技。吹雪の中で行われた。岡部孝信が124メートル、斉藤浩哉が124メートルを飛び、吹雪のなかで、原田雅彦が137メートル、船木和喜が125メートルを飛んだ時、原田選手が雪の中に倒れこみ、金メダルを実感させた。自分にもジャンプの経験があるが、吹雪の中でバッケンレコードの飛行を行った選手の技量を考えさせるシーンである。 67才  静岡県  既婚 男性

スキーのジャンプ競技をされていたんですね。やっぱり、やったことのある人じゃないとわからないスゴサがあるんですね~!調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

アルベールビルオリンピックの女子フィギュアスケートで、伊藤みどり選手はフリーで1度転倒しているにもかかわらず終盤でトリプルアクセルを成功させ、ガッツポーズをしました。リアルタイムで見ていた私は思わず鳥肌が立ちました。見事日本人女子初の銀メダルを獲得した彼女の功績は大きいと思います。 50才  千葉県  既婚 男性

先駆者は、本当に尊敬します! 多くの日本女子フィギュア選手の活躍は伊藤みどりさんの影響も大きかったと思います^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

40代男性

ロコソラーレ北見の試合を見て、他のチームにはない明るさ、全員で次の手を考えるポジティブ思考の試合運びに感動して、カーリングにはまりました。もっとテレビでの中継を増やしてほしいです。 48才  大阪府  未婚 男性

カーリングのテレビ中継、私も増やしてほしいと思います~。4年に1度じゃなくて、もっと見たいですよね~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート03 スキーやスノボに年1回以上行く人は8.6%、20年以上行ってない人は50.3%

スキー・スノーボードに行く頻度はどれぐらいですか?

グラフ
編集部まとめ

スキーやスノーボードに行く頻度を調査しました。「スキー・スノーボードをやったことはない」の22.6%を除くと総合で最も多かったのは「20年以上行っていない」で50.3%、次いで「1年に1回以上」で8.6%、「11~20年に1回程度」で5.1%でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「1年に1回以上」 8.6%
「2~5年に1回程度」 3.6%
「5~10年に1回程度」 3.6%
「11~20年に1回程度」 5.1%
「20年以上行っていない」 50.3%
「スキー・スノーボードをやったことはない」 22.6%
「分からない・覚えていない」 6.2%

■北陸・甲信越 は18.9% が年に1回以上行く

地域別にみてみても、ほとんどの地域で「20年以上行っていない」が最も多くなっていました。しかし、九州は「スキー・スノーボードをやったことはない」が最も多くなっていました。また、年に1回以上行っている割合がもっと高かった地域は北陸・甲信越で18.9%、次いで東北が10.0%、北海道が9.6%でした。

ちなみに年代別にみてみると、年に1回以上行く割合は、30代以下は10.0%、40代は10.1%、50代は8.9%、60代は6.9%と、上の世代ほど低くなっているようでした!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 スキー・スノーボードのブランドといえば、1位はロシニョール

知っているスキー・スノーボードのブランドは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

知っているスキー・スノーボードのブランドについて調査しました。「知っているブランドは特に無い」の48.2%を除くと、総合ランキングで1位は「ロシニョール」で41.6%、2位は「サロモン」で37.2%、3位は「K2」で27.7%、4位は「ヘッド」で27.6%、5位は「アトミック」で25.6%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ロシニョール」 41.6%
2位 「サロモン」 37.2%
3位 「K2」 27.7%
4位 「ヘッド」 27.6%
5位 「アトミック」 25.6%
6位 「フィッシャー」 25.3%
7位 「エレッセ」 23.9%
8位 「オガサカ」 23.7%
9位 「バートン」 11.5%
10位 「フォルクル」 4.4%

■1位はほとんどの世代でロシニョール、40代のみサロモン

年代別にみてみると、1位はほとんどの世代で「ロシニョール」でしたが、40代のみ「サロモン」になっていました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「ロシニョール」 26.7%
2位 「サロモン」 23.3%
2位 「バートン」 23.3%
4位 「エレッセ」 20.0%
5位 「ヘッド」 13.3%
5位 「フィッシャー」 13.3%

【40代】
1位 「サロモン」 38.3%
2位 「ロシニョール」 36.8%
3位 「アトミック」 27.0%
4位 「K2」 25.5%
4位 「エレッセ」 25.5%

【50代】
1位 「ロシニョール」 49.1%
2位 「サロモン」 46.8%
3位 「K2」 33.6%
4位 「エレッセ」 33.1%
5位 「アトミック」 31.4%

【60代以上】
1位 「ロシニョール」 36.8%
2位 「サロモン」 28.3%
3位 「ヘッド」 27.3%
4位 「オガサカ」 25.9%
5位 「K2」 23.5%

ちなみに、地域別で1位をみると、ほとんどの地域で「ロシニョール」でしたが、東北のみ「サロモン」でした。また、総合で8位だっか「オガサカ」が北陸・甲信越では41.0%で3位に入っていたのも特徴的でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート05 スキー場・スノーボードのゲレンデで、一番人気なのは中級者コース

スキー場・スノーボードのゲレンデで一番滑りたいコースは?

グラフ
編集部まとめ

スキー場・スノーボードゲレンデで、一番滑りたいコースについて調査しました。「スキー・スノーボードはしない」の37.9%と「滑りたいコースは特にない」の18.1%を除くと、総合で最も多かったのは「中級者コース」で24.6%、次いで「初心者コース」で12.5%、「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」で5.9%の順でした。

■上級者コースの比率が高いのは北陸・甲信越で10.7%

地域別にみてみると、最も多くなっていたのはほとんどの地域で中級者コースでしたが、九州は初心者コースが最も多くなっていました。上級者コースの割合を比較すると、最も多かったのは北陸・甲信越で10.7%、次いで北海道で7.4%でした。

地域別の詳細は以下のとおりです。
【北海道】
「初心者コース」 7.4%
「中級者コース」 28.7%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 7.4%

【東北】
「初心者コース」 13.3%
「中級者コース」 24.2%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 2.5%

【関東】
「初心者コース」 11.9%
「中級者コース」 26.1%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 5.7%

【北陸・甲信越】
「初心者コース」 6.6%
「中級者コース」 27.9%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 10.7%

【東海】
「初心者コース」 13.1%
「中級者コース」 26.2%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 5.9%

【関西】
「初心者コース」 13.6%
「中級者コース」 23.4%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 6.5%

【中国・四国】
「初心者コース」 14.0%
「中級者コース」 14.9%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 3.5%

【九州】
「初心者コース」 22.7%
「中級者コース」 9.1%
「上級者コース(コブ斜面、急斜面)」 2.3%

ちなみに年代別でみてみてもすべての世代で中級者コースの割合が最も高くなっていました!上級者コースの割合が高かったのは、30代以下(10.0%)、50代(6.2%)、60代以上(5.8%)、40代(4.3%)の順でした!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート06 スキーに対するイメージ 1位 懐かしい、2位 寒い、3位 自然を感じられる

「スキー」のイメージはどんなモノですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「スキー」のイメージがどんなモノかを調査しました。総合ランキングで1位は「懐かしい」で31.4%、2位は「寒い」で30.5%、3位は「自然を感じられる」で27.0%、4位は「楽しい」で25.8%、5位は「お金がかかる」で24.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「懐かしい」 31.4%
2位 「寒い」 30.5%
3位 「自然を感じられる」 27.0%
4位 「楽しい」 25.8%
5位 「お金がかかる」 24.7%
6位 「怪我をする恐れがある」 23.9%
7位 「爽快感を味わえる」 22.8%
8位 「友人同士で楽しめる」 14.0%
9位 「カッコイイ」 13.1%
10位 「家族で楽しめる」 12.0%

■男性の1位は懐かしい、女性の1位は寒い

男女別にみてみると、男性の1位は「懐かしい」2位は「寒い」、女性の1位は「寒い」2位は「怪我をする恐れがある」と異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「懐かしい」 32.7%
2位 「寒い」 27.7%
3位 「自然を感じられる」 27.0%
4位 「楽しい」 26.9%
5位 「お金がかかる」 24.3%
6位 「爽快感を味わえる」 23.4%
7位 「怪我をする恐れがある」 22.8%
8位 「友人同士で楽しめる」 14.2%
9位 「カッコイイ」 12.9%
10位 「家族で楽しめる」 12.1%

【女性】
1位 「寒い」 42.2%
2位 「怪我をする恐れがある」 29.5%
3位 「自然を感じられる」 25.5%
4位 「懐かしい」 25.3%
4位 「お金がかかる」 25.3%
6位 「楽しい」 19.5%
7位 「爽快感を味わえる」 18.4%
8位 「カッコイイ」 13.4%
9位 「友人同士で楽しめる」 12.1%
10位 「怖い・つらい」 11.6%

ちなみに地域別の1位をみてみると東北、東海、関西が「懐かしい」、関東、北陸・甲信越、九州が「寒い」、北海道は「爽快感を味わえる」、九州は「怪我をする恐れがある」と異なっていました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート07 スノーボードに対するイメージ 1位 怪我をする恐れがある、2位 カッコイイ

「スノーボード」のイメージはどんなモノですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「スノーボード」のイメージはどんなモノかを調査をしました。「特にイメージはない」の41.9%を除くと、総合ランキングで1位は「怪我をする恐れがある」で28.7%、2位は「カッコイイ」で13.8%、3位は「流行っている」で13.0%、4位は「寒い」で10.9%、5位は「お金がかかる」で10.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「怪我をする恐れがある」 28.7%
2位 「カッコイイ」 13.8%
3位 「流行っている」 13.0%
4位 「寒い」 10.9%
5位 「お金がかかる」 10.0%
6位 「おしゃれ」 9.5%
7位 「怖い・つらい」 8.4%
8位 「爽快感を味わえる」 7.5%
9位 「楽しい」 6.4%
10位 「自然を感じられる」 6.1%

■1位は男女とも怪我をする恐れがある

男女別にみてみると、1位は男女とも「怪我をする恐れがある」でした。2位は男性が「流行っている」、女性が「カッコイイ」と異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「怪我をする恐れがある」 26.3%
2位 「流行っている」 13.3%
3位 「カッコイイ」 12.0%
4位 「お金がかかる」 9.9%
5位 「寒い」 9.9%
6位 「おしゃれ」 9.1%
7位 「怖い・つらい」 7.8%
8位 「爽快感を味わえる」 6.7%
9位 「楽しい」 6.0%
10位 「自然を感じられる」 5.7%
※同率の場合は得票差で順位付け


【女性】
1位 「怪我をする恐れがある」 39.5%
2位 「カッコイイ」 20.8%
3位 「寒い」 15.5%
4位 「流行っている」 12.6%
5位 「怖い・つらい」 11.6%
6位 「おしゃれ」 10.5%
7位 「爽快感を味わえる」 10.0%
8位 「お金がかかる」 9.5%
9位 「自然を感じられる」 6.8%
10位 「友人同士で楽しめる」 6.6%

ちなみにスキーのイメージと比較すると、スキーの割合のほうが高かったものの上位は「懐かしい」(29.3ポイント差)、「自然を感じられる」(20.9ポイント差)でした。スノーボードの割合が高かったものの上位は「流行っている」(12.5ポイント差)、「怪我をする恐れがある」(4.8ポイント差)でした!

「調査団員の声」ではスキー・スノーボードにまつわる思い出やエピソードを教えていただきました~。

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代女性

雪国生まれなので、冬になると体育の授業はいつもスキー。それも校庭をぐるぐる回るだけで、つらいだけ。また、毎年、近隣の山でスキー大会があり、これもつらかったなぁ。40分くらいスキーとスキー靴を担いで山まで歩き、当時はリフトもないから、スキーを履いて山に登って滑り降りる。昼食は、ビニール風呂敷を冷たい地面に敷いて座り、カチカチに凍ったおにぎりを食べるんですよ。スキーにはつらくて寒い思い出しかないので、好き好んでスキーに行く人の気が知れません。 63才  東京都  未婚 女性

ええっ!? 雪国でのスキーの授業が想像していたものと全然違ってました^▽^ 屋上からなだらかな斜面を楽しく滑ってくる光景をイメージしてました。汗調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

高校の修学旅行は白馬でスキーでした。それが人生最初で最後のスキーでしたが、スキー自体よりも雪が積もっていることに興奮して、とにかく雪の中を歩いたり、ギュッギュと踏みしめたり、雪合戦したり、雪で何か作ったり、キットカットを埋めたり、と雪のある生活を楽しんだ数日でした。何せ大阪南部は滅多に雪が降らないし、積もっても数センチほどで、それも朝のうちだけ。なので、雪が積もっているだけで嬉しいのです。 57才  大阪府  未婚 女性

雪が楽しいってわかります~。東京にいる日常と比べると、一面銀世界って、夢の世界のようです~(´▽`*)調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

半世紀位前の学生時代に、信州のスキー場でリフト係のアルバイトをした。週に1度の休みの日は1日中リフト代タダで滑り、毎日ナイタースキーもタダで滑っていた。中級クラスのスキーの腕前が上級になるのに時間がかからなかった。夜になると毎晩のように同じバイト仲間と当時流行っていたフォークソングを唄い、ギターも上手に弾けるようになった。正月前後の2週間のアルバイトのつもりが、いつのまにか5月連休までのフルシーズンになっていた。約5ヶ月間、最高の青春時代を送ったが、その後「留年」という厳しい現実も味わった。 68才  東京都  既婚 男性

五ヶ月間もスキー場でバイトなんて、スゴイ!と思いましたけど、そうなっちゃいましたか。。でも、最高の青春時代なら、悔いなしですね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート08 スキー場・ゲレンデで聞きたい曲ランキング1位 恋人がサンタクロース

スキー場・ゲレンデで聴きたい曲(邦楽)といえば何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

スキー場・ゲレンデで聴きたい曲(邦楽)といえば何かを調査をしました。「特になし」の46.6%を除くと、総合で1位は「恋人がサンタクロース」で28.9%、2位は「ロマンスの神様」で26.6%、3位は「BLIZZARD」で17.8%、4位は「クリスマス・イブ」で16.8%、5位は「ゲレンデがとけるほど恋したい」で16.6%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「恋人がサンタクロース(松任谷由実)」 28.9%
2位 「ロマンスの神様(広瀬香美)」 26.6%
3位 「BLIZZARD(松任谷由実)」 17.8%
4位 「クリスマス・イブ(山下達郎)」 16.8%
5位 「ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)」 16.6%
6位 「白い恋人達(桑田佳祐)」 14.1%
7位 「虹と雪のバラード(トワ・エ・モワ)」 11.6%
8位 「粉雪(レミオロメン)」 9.4%
9位 「冬がはじまるよ(槇原敬之)」 7.6%
10位 「White Love(SPEED)」 7.5%

■40代以下の1位はロマンスの神様、50代以上の1位は恋人がサンタクロース

年代別でみてみると、40代以下の1位は「ロマンスの神様」、50代以上の1位は「恋人がサンタクロース」と異なる結果になりました。また、総合で7位の「虹と雪のバラード」が60代以上では2位に入ったことも特徴的でした。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「ロマンスの神様(広瀬香美)」 20.0%
2位 「ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)」 16.7%
3位 「恋人がサンタクロース(松任谷由実)」 13.3%
3位 「DEPARTURES(globe)」 13.3%
3位 「Winter,again(GLAY)」 13.3%

【40代】
1位 「ロマンスの神様(広瀬香美)」 34.8%
2位 「恋人がサンタクロース(松任谷由実)」 30.4%
3位 「ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)」 26.4%
4位 「BLIZZARD(松任谷由実)」 19.1%
5位 「White Love(SPEED)」 15.4%

【50代】
1位 「恋人がサンタクロース(松任谷由実)」 40.0%
2位 「ロマンスの神様(広瀬香美)」 34.3%
3位 「BLIZZARD(松任谷由実)」 29.1%
4位 「ゲレンデがとけるほど恋したい(広瀬香美)」 22.6%
5位 「クリスマス・イブ(山下達郎)」 19.8%

【60代以上】
1位 「恋人がサンタクロース(松任谷由実)」 19.7%
2位 「虹と雪のバラード(トワ・エ・モワ)」 18.4%
3位 「ロマンスの神様(広瀬香美)」 17.1%
4位 「クリスマス・イブ(山下達郎)」 15.6%
5位 「白い恋人達(桑田佳祐)」 14.3%

ちなみに男女別では、男性の1位は「恋人がサンタクロース」、2位は「ロマンスの神様」でしたが、女性は1位と2位が逆になっていました。3位はいずれも「BLIZZARD」でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 韓国に対する印象の調査では、良いが4.1%、悪いが84.2%
  2. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  3. 演奏できるようになりたい楽器ランキング、1位 ピアノ、2位ギター
  4. 平成に国内で起きた災害で印象的なもの 1位 東日本大震災 87.8%
  5. 日本政府の半導体材料の輸出統制措置は賛成が83.1%、反対が8.5%
  6. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  7. 42.1%が日韓基本条約を締結した時点で強制徴用の個人の請求権は消滅と回答
  8. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  9. 離婚するのではと心配してしまう夫婦ランキング 1位は「浪費癖がある」
  10. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官