好きな豚肉料理ランキング 1位 とんかつ、2位 生姜焼き、3位 豚汁

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2019年2月1日

豚についてのアンケート・ランキング

「好きな豚肉料理は?」「豚のブランドで知っているものは?」「豚のキャラクターで好きなものは?」など“豚”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2019年01月25日~2019年01月31日/有効回答数:2,283



レポート02 好きな豚肉料理ランキング 1位 とんかつ、2位 生姜焼き、3位 豚汁

好きな豚肉料理は何ですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

好きな豚肉料理について調査しました。総合ランキングで1位は「とんかつ」で82.8%、2位は「生姜焼き」で78.1%、3位は「豚汁」で69.7%、4位は「角煮」で50.5%、5位は「酢豚」で49.6%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「とんかつ」 82.8%
2位 「生姜焼き」 78.1%
3位 「豚汁」 69.7%
4位 「角煮」 50.5%
5位 「酢豚」 49.6%
6位 「肉じゃが」 46.3%
7位 「豚まん」 45.3%
8位 「チャーシュー」 43.5%
9位 「ポークカレー」 42.9%
10位 「回鍋肉(ホイコーロー)」 38.2%

■男性の1位はとんかつ、女性の1位は生姜焼き

男女別に1位をみてみると、男性はとんかつ、女性は生姜焼きと異なる結果になりました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「とんかつ」 86.3%
2位 「生姜焼き」 80.0%
3位 「豚汁」 70.4%
4位 「酢豚」 51.5%
5位 「角煮」 51.3%
6位 「肉じゃが」 48.1%
7位 「ポークカレー」 45.2%
8位 「チャーシュー」 44.9%
9位 「豚まん」 44.6%
10位 「回鍋肉(ホイコーロー)」 39.2%

【女性】
1位 「生姜焼き」 71.9%
2位 「豚汁」 67.1%
3位 「とんかつ」 66.6%
4位 「豚まん」 50.7%
5位 「豚しゃぶ」 49.6%
6位 「角煮」 47.2%
7位 「酢豚」 43.0%
8位 「肉じゃが」 39.3%
9位 「チャーシュー」 38.5%
10位 「回鍋肉(ホイコーロー)」 35.0%

ちなみに地域別にみてみると、豚丼は全国平均は30.8%でしたが、北海道では55.6%と約1.8倍になっていたのが特徴的でした。

「調査団員の声」では豚肉料理の思い出やエピソードを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

以前、BSEで輸入牛肉が減り、牛丼チェーン店が苦肉の策(?)で「豚丼」を出しいました。牛丼の肉を豚肉にすり替えて、味付けを多少変えたようなものでした。しかし、北海道に引っ越してみたら、「十勝の豚丼」、「帯広の豚丼」というのがありました。肉は大きく、味付けも全然違いました。最近ではテレビ番組で取り上げられる事もあるので、ご存じの方も多いと思いますが、豚丼は、牛丼チェーン店より、北海道だと思います。 58才  北海道  未婚 男性

北海道の方の豚丼好きの割合が他の地域の1.8倍だった理由は、これだったんですね!北海道の豚丼、食べてみたい(*´H`*) 調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

もう30年以上前の事ですが、出張で先輩とドイツに行ったときのこと。とあるレストランに入りメニューをみたらドイツ語のみで英語のメニューがなく、更に店員は英語が話せない状況。しかたなく、ダーツの旅じゃないけれど、指差しでオーダーしたところ、先輩のメインディッシュは豚の顔(頭?)の丸焼きでした。本当に鼻も耳もあるそのままの姿で首から上が燻製のようになったものが出てきたんです。あれには絶句しました。私のは豚の骨付きの太ももかな、、、まだマシでした。もっと驚いたのが、それを先輩がうまいって言って食ってるのを目の当たりにしたときですね。 60才  千葉県  既婚 男性

これはちょっとビックリですね!でも美味しく食べられたのは良かったです^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

富山県に3度転勤したが、「磯野ホルモン」の「豚の味付きサガリ」が忘れられない。町内会のキャンプでも地元の叔母さんが必ず大量に買い求め、肉はサガリだけを焼いて食べるのが定番だった。嫌いという人はいなかったように思う。あの独特の味付けとコリコリした歯ざわりは、一度食したら誰でもやみつきになる。 68才  高知県  既婚 男性

「豚の味付きサガリ」ですか、知りませんでした。「忘れられない」「必ず大量に買い求め」というワードでもう興味津々です(*´H`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

3年前に入院していた時のことです。病院での食事がとろみのついたものから普通食に戻って数日経った頃に、担当医から「何が食べたい?」と聞かれたので、「ホイコーロー」と答えました。担当医は「プリンとかケーキとか言う人が多いんですよ」と笑っていましたが、なんと2日後のメニューがホイコーロー。私は「あの先生は若いのにメニューまで決める権限をもっているのか」とびっくり。もちろん、あとで確認したら単なる偶然だったようですが…。病院食なので、味については特に覚えていないのですが、ホイコーローを食べることが出来た嬉しさは忘れられません。 51才  埼玉県  既婚 男性

40代女性

豚肉好きな私のために母が豚ピカタ、角煮大根、スブラキ、薩摩芋とズッキーニのポークラザニア、檸檬とローズマリーのポークチョップ、豚のフェイジョアーダ、など、豚肉料理で誕生日をお祝いしてくれた。大食の母とそれを引き継いだ私は各大皿料理(5、6人家族用お皿に大盛り)を完食、豚肉食欲増進効果から、手作りのカスタード・生クリームたっぷり(イチゴ、黄桃、etc.フルーツも沢山)ホールケーキ6号もキレイに無くなった。やはり好物だからか、微塵も苦しさ感じる事無く本当に美味しかった。一升の白米も米粒一つ残らなかった… 42才  神奈川県  未婚 女性

60代男性

終戦の年の6月に予科練に志願した。毎日が特攻訓練と土木作業の連続で、「土科練」と自嘲していた。食事は麦飯と何が入っているのか分からない汁だけだった。やがて敗戦になり軍規は弛緩して烹炊所でもサボる奴が出て来たらしく満足な食事が出ない日があった。そんなある日教班長が「おい、いいものを貰って来たぞ」とどこで仕入れたのか知らないが大きな豚肉の塊を出した。とても1班(14人)で食べ切れるような量ではない。器用な班員が細かく裂いて他の班にもおすそ分けしてたき火で 炙って夢中で食べた。帝国海軍の終焉だった。 88才  京都府  既婚 男性

60代男性

ポークカレーライスが大好きでした。私は転勤が多く、26歳を皮切りに田舎から、名古屋、千葉、東京、地元に戻り、再び千葉となっており、通算では、田舎が29年半、名古屋が半年、東京が4年、千葉が26年(現在)です。母にカレーライスを教わって家を出て、一旦、地元に帰った時に母に自作カレーを振舞いました。中辛が基本でしたので、S&B赤缶+ハウスジャワカレー中辛で作りました。喜んでくれた母には、その後も帰省時に作って振舞っていましたが、数年前に特養に入り、作ってあげることはなくなりました。 60才  千葉県  未婚 男性

50代女性

沖縄に引っ越したときに、見た事の無い豚肉の食材がたくさんあって驚きました。関東出身なので豚足などそれまで縁が無かったし、豚の顔の皮やら耳やら食べる習慣もありませんでした。角煮に使う肉は三枚肉で皮付きだし、正直気味が悪い感じがしました。しかし、時間が経つにつれそのおいしさに気がつき、沖縄を去る時はそれらの食材が身近に手に入れることが出来ないのが、残念でありませんでした。 55才  福島県  既婚 女性

50代男性

子供の頃ですが、小学校の近くにお肉屋がありました。我々小学生の中ではかなり人気のお店だったんです。人気の秘密は、豚ばら肉を串に刺して焼いたものです。値段は1本50円。コロッケが1個30円でしたので、割高なんですが、みんな食べる食べる。今でも味は覚えているんですが、どうしても再現できません。お店ははるか昔に無くなってるし、こういうレシピは残していきたいものです。 52才  栃木県  既婚 男性

60代男性

小学生(凡そ60年前)の頃、親戚のおばさんにデパートのお好み食堂に連れていってもらった。おばさんはそこでそこで一番高そうな「握り鮨」をさも当然に薦めてくれた。しかし、私は「かつ丼」の盛り上がったカツと卵とグリーンピースの鮮やかなサンプルに魅せられ、強硬に「かつ丼」を主張した。おばさんには呆れられたが、美味しかった。思えば、この時が、今に至る生活習慣病の始まりだった。 67才  東京都  既婚 男性

50代男性

豚さんのお肉。好きなんですが、熱を加える前の何とも言えない香り(におい?)が苦手でした。嗅がなくて良いようにパックから離してフライパンに入れたり、香辛料をパックの中に先に入れたりしていましたが、ご当地鹿児島の黒豚さんの肉は、甘い匂いがして、とても使いやすいので大好きです(やや値段が高めなので常用できませんが…)きっとサツマイモをたくさん食べて育ってきているからかな? 58才  鹿児島県  既婚 男性

60代男性

社会人なりたての頃、本社が日本橋という立地であったこともあり、老舗や古くからのトンカツの店舗が多数点在してました。諸先輩方から日替わりで各トンカツ店舗の特徴(調理・味・盛り付け等)を伝授されて、好みの店舗を掌握したりして、トンカツ店舗の開拓をしていました。店舗開拓は、トンカツに限らず他種の飲食店舗も同様に広げつつ、時を経る度に後輩へ伝承したりしていました。 69才  東京都  既婚 男性

50代男性

私が初めて豚の角煮を知ったは大学生の時です。大学生協のメニューに豚の角煮を使った料理があったのでそれを食べたのが“角煮デビュー”でした。ご先祖様とは縁の無い今まで行ったことがなかったその土地で、その時初めて、この日本に、そばでもうどんでもそうめんでもない麺があることを知りました。その時生まれて初めて食べた豚肉料理“ソーキそば”は、おいしかったです。 52才  大阪府  未婚 男性

60代男性

昭和50年代の話しです。学食の「かつライス」と「上かつライス」、値段は70円ぐらい違ったかな。普通のかつライスでも贅沢だったが、ある日思い切って「上」を頼んでみました。すると学食のおばちゃん、かつの並んだトレイを探って、大きそうなのを選び出した。「え?それだけ?」70円、返せ~!(泣) 60才  東京都  未婚 男性

60代男性

「とん平」を最初に食べたのが岡山でした。岡山の小さなお店の創作料理と思っていたが、大阪に転勤から戻って数ヶ月後、お初天神通りを歩いて「本とん平」の看板が目に付き、入店して大阪発祥の料理と知りました。酒のアテにも良し、ランチにも良しで、家でも挑戦しましたが、秘伝のソースが決め手になっている様で、お店に行くしかないと思っています。 70才  大阪府  既婚 男性

50代男性

昔は豚肉が苦手で好んでは食べませんでした。「肉は牛が最高だ」なんて牛肉しか食べなかったんですけど、あるときを境に豚肉にも美味しさを感じるようになったんです。それは「自分で料理をするようになってから」なんですが、レシピ本片手に料理を始めてみると、豚肉料理の多いことに気づきます。そして「それでも豚肉を使ってみようか」って気持ちで食べたことのないレシピに挑戦すると、これが結構美味しかった。そこで分かったことですが、豚肉の味や食感というよりも、単なる「食わず嫌い」だったことが発覚したのでした。この経験から味への楽しみが増えたことが嬉しかった出来事でした。 54才  長野県  既婚 男性

60代男性

ラーメンのチャーシューが好きで、おいしいチャーシュー麺に出会えると幸せな気分になれますが、どこか難ありなことが多く、このチャーシューが食べたいから通う、という店はなかなかありません。近所に理想の店があるのですが、職人気質の寡黙な店主には気軽に聞けないので、自分で塊肉を買ってきて、味付けを変えたり圧力鍋を試したりと、いろいろやってみるのですが、なかなかうまくできません。角煮とかコンフィとかは素人でもそこそこの味になるのですが、チャーシューは奥が深い! 63才  東京都  既婚 男性

60代男性

子どもの頃のとんかつは衣だけ厚く、肉は薄く、あまり美味しいとは思いませんでした。しかし、学生時代、農家調査に行っていた農村で、養豚農家が直営するドライブインをたちあげ、そこで提供されたとんかつを食べさせてもらいました。衣は薄く、肉は厚く、かつジューシー! しかも定食屋レベルの安い値段!感激でした。とんかつとはこんなうまい物だったのか、と再認識させられた一瞬でした。あのときの美味しい、かつ安いとんかつ以上の物にはまだ出会っていないのが残念ですが。 70才  神奈川県  未婚 男性

60代男性

若い頃からカツ丼が好きでよく食べていた。ずいぶんと前のことだが、山梨県に出かけた時に、食堂に入ったらメニューに「カツ丼」と「煮カツ丼」があった。卵でとじたカツ丼しか知らなかったので、カツ丼を煮ちゃったらどうなっちゃうんだろう、と思いつつ「カツ丼」を頼んだら出て来たのは、どんぶり飯にキャベツとトンカツが載せられていてビックリした。その時初めて、所によっては「煮カツ丼」と言わないと、卵でとじていないカツ丼になることを知った。 67才  東京都  既婚 男性

60代男性

イランの田舎を旅行したことがあります。昼になったので田舎の食堂に入りました。メニューに豚肉がありました。早速注文すると出て来たものは、消費期限を過ぎたような古い肉でした。なんとか食べましたが、その時イランがイスラム教の国であることを認識しました(イスラム教徒は豚肉を食べません)。その後、しばらくは豚肉を食べる気になりませんでしたが、帰国して時が経つにつれてまた豚肉を口にするようになりました。日本の豚肉は一流品です。感謝! 88才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

「困ったら生姜焼き!」「気が付けば生姜焼き!」。おっさん一人飯が続く身としてというのもあるのでしょうけど、なんだか若いころから、気が付けばそんなノリです。外食でよく出てくる「甘~い豚生姜焼き」ではなく、昔ながらに醤油っ辛い、生姜がガツンと効いた豚生姜焼きが、ときどき無性に食べたくなります。豚肉は切り落としでもコマ切れでもOK!ごはんモリモリ、ビールのアテにも最高!簡単に作れるのも素敵なところです。 49才  東京都  未婚 男性

60代女性

「肉じゃがは牛肉」と思っていた。が、結婚して関東に来て社宅住まいの時に「ふつうは豚肉」と耳にして驚いた。豚肉の方が家計に優しく助かるので、早速作った。初めてなので美味しい豚肉を選ぶと美味しく、これもありかと。以後気になっていたが、テレビの料理番組では鶏肉でも作っていた。お惣菜なので「肉じゃがの肉はお好みで」家庭の味に。で、鶏も豚も作ってみたが、やっぱり子供の頃から慣れた味の牛肉が美味しい。 70才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

札幌に10年間住んでいましたが、北海道・十勝といえば「豚丼」が有名です。これを初めて食したのは札幌市内。職場の昼休み、昼食として食べました。タレの味がほどよく甘いんですね。旨かった。その味、今でも印象に残っています。後日、豚丼の本場である十勝の然別(シカリベツ)湖畔のレストランでいただく機会を得ました。その時、都会の札幌で食べるのと味が変わらないことに、妙に納得してしまった覚えがあります。 62才  大阪府  未婚 男性

60代男性

基本的には肉類はダメ。ベジタリアンを自負しているが、肉類は敬遠気味です。昔、幼稚園くらいに、父の知り合いの精肉店で冷凍庫の枝肉を見て卒倒したのが始まりだそうです(後から両親に聞いた話)それから肉を口にしなかったです。親戚の家で養豚をしていまして、良く手伝いに行ってまして、豚が懐くとかわいくて食べる気がしなくて、しかし、豚肉は口にできます。 70才  岐阜県  既婚 男性

60代男性

職場近くに、有名人もお忍びで訪れることがあるというちょっと知られたとんかつ屋さんがあります。しかし、出前を頼むときはいつも、とんかつではなく生姜焼き定食でした。とんかつ用の肉厚で、生姜の風味が絶妙に絡み合って言うことなし。付け合わせのポテトサラダも食欲を後押ししてくれます。今は出前をやめています。店に行っても並んで待たなければならず、なかなか食べる機会がなくなってしまいました。 60才  宮城県  既婚 男性

60代女性

アメリカツアー中に一度だけ、夕食が日本料理でした。出て来たのが豚の角煮です。それまで食べたことがなかったので、箸をつけずにいました。お店の人に「美味しいのになぜ食べないのか?」と問われ、「食べたことがないから。」と答えると驚いたようでした。結局、その時に勧められて食べた豚の角煮が、生まれて初めての豚の角煮となりました。 62才  大阪府  未婚 女性

40代男性

フードコートにとんかつのお店があったので、「ねぎまカツ」というメニューを頼んでみました。見た目は普通の串カツだったのですが、間に挟まれていたのが玉ねぎではなく長ネギでした。初めての食感で、最初は「えっ?なに??」と思いましたが、味わってみるとこれもアリです。 42才  群馬県  未婚 男性

50代男性

学生時代、1人暮らしが始まると食のレパートリー(料理ではない)が一気に広がるよね。当時の友人に勧められて大学近くの中華定食屋の回鍋肉を初めて食べた時は感動する旨さだった。以来自分で再現しようと試みるも何十年出来ないまんま。まだあの店あるのかなあ、また行きたいなあ。 54才  大阪府  既婚 男性

50代男性

数年前、隣町の山奥で生産していると知った豚肉を炭火焼の塩胡椒で食べたところ、脂身は甘く赤身は柔らかく、大変美味しいものでした。どんな育て方をしているのだろうと興味を持ちました。そして現在、生業だった調理師兼栄養士を廃業し、昨年七月より、その養豚場で働いております。 52才  北海道  既婚 男性

60代男性

新入職員の頃、それまでは夏バテが酷く、夏は大嫌いでした。ところが寮生活で食べる豚カツが私の舌にピッタリで未だに初夏には必ず豚カツか豚焼き肉を食べて、夏バテ防止となっています。寮生に聞くとあんなに不味い飯はなかったよなと言われますが、私は密かに寮飯が大好きでした。 65才  千葉県  未婚 男性

60代男性

学生時代に養豚をやっている人の家に数人で遊びに行ったとき、「ちょっと留守番してて」と言われて留守番していたら、戻ってきてもつ煮込みを大なべで出してくれた。友達の一人が「さっき豚を連れて出かけてたよ」ということで、その豚だったようだが、美味しくいただいた。 67才  千葉県  既婚 男性

60代男性

20代のときの勤務先の近くに、金虎というレストランがありここのトンテキが格別にうまく、お昼に来客があれば一緒に行っていました。(経費で落ちます。)個人で行くときは、磯揚(鳥をのりで巻いて揚げたもの)が最高にうまく,かつ安い。 72才  愛知県  既婚 男性

60代男性

自分の家の肉じゃがは豚でしたので肉じゃがは豚と思いこんでいましたが社会人に成って肉じゃがの話が出た時に肉は牛だよと言われ”え!”と思い何も言えず、後で調べたら地方に依って牛、豚が有る事を知り何となく安堵した事を今でも覚えています。 70才  東京都  既婚 男性

50代女性

実家のお正月のおせちには母手作りの煮豚が入っていた。冷えたおせちを好まない子供たちもこの煮豚だけは先を争って食べるほどに人気の一品。年末になると数キロ単位で塊の豚肉をタコ糸で縛り、大きな鍋で煮こむ香りは懐かしい年末の香りである。 58才  兵庫県  既婚 女性

60代男性

現役の頃、会社近くの喫茶店の生姜焼きがお気に入りで、ランチタイムに良く利用していました。その味を再現したくて、調理の様子をじっくりと観察し、何とか我が家でも作ることが出来、今では私の得意料理となっています。美味しいですよ・・。 72才  埼玉県  既婚 男性

40代女性

北海道の場合『焼き鳥』となっていても実際『豚肉』です。鶏肉の焼き鳥が全くないわけじゃないけど、基本豚肉。また北海道各地に焼き鳥と称する豚串があります。ハセストの焼き鳥弁当も豚肉ですが、実は薄切りを串に巻いた牛串のが好きです。 40才  北海道  未婚 女性

60代男性

帯広の「豚丼屋」さんの支店が札幌にできたときに食べたのがきっかけで病みつきになり、広島に住んでいる今でもときどき取り寄せていただいております。そのお店の紹介で生ハムもときどきいただくのですが カマンベールチーズとともに「帯広ワイン」によく合います。豚と言えばお店の名前は忘れたのですが、札幌でよく通ったラーメン屋さんのチャーシューの味が忘れられません… 77才  広島県  既婚 男性

60代男性

高校生の頃、部活の帰りに寄ったラーメン屋さんが、チャーシュー特盛で麺が見えないくらい盛ってもらったのが、忘れられないですね。もちろん、当時はスープも残さずに完食しましたけど、今だったら半分くらい残すかもですね。今でも、クラブの同窓会で話題になります。お世話になりました。 65才  埼玉県  既婚 男性

60代女性

中学生の時にPTAの行事で母親対象の料理教室があり、母や参加して、そのときのメニューが食卓にのるようになりました。印象に残っているのが、豚薄切り肉に卵と粉チーズの衣をつけて焼いたポークピカタ。あまり新しい献立がなかったので、とてもおいしくて何度もリクエストをした覚えがあります。 61才  千葉県  既婚 女性

40代男性

子供の頃、豚肉料理は余り好きでは無く積極的には食べなかったのですが、高校生位から大好きになり沢山食べるようになりました。何かの料理にきっかけがあったのか、それとも、成長の過程で味覚が変化してのか、理由はよく分かりませんが、それ以来ずっと豚肉料理が好きな事だけは確かです。 49才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

思い出・エピソードではないが、ハンバーグは豚肉100%じゃないと食べない。外食でハンバーグにわざわざビーフ100%と銘打ってるいるものがあるが、そういうハンバーグは絶対に食べない(豚肉100%というのはほぼ提供されていないので外食でハンバーグはないです)。 56才  茨城県  既婚 女性

50代男性

かつ丼であればどんな所で食べてもはずれは無いと思っていたが、ある所に出張した時、お昼に頼んだら不味くて食べられなかった。とうとう体調を壊したかと思いながら会計を済ませようとしたら、店主が味付けを間違えたので・・と言って出しなおしてきた。ちゃんと旨かった。 56才  長野県  既婚 男性

50代男性

30年以上前、ひとり暮らしを始めて、親元にいた頃は冷蔵庫にある限りにおいて食材は使い放題だったけど、自分でスーパーに買い物に行ったら牛肉との価格差がけっこうあることがわかって、たまたま味のいい豚肉を安く買えたことはけっこうその後への影響が大きかった。 55才  東京都  既婚 男性

50代女性

生姜焼きの添え物にキャベツの千切りをつけるところが多いんだけれど、何故同じお皿にマヨネーズが付いてくるのか?生姜焼き大好きなのに、たれがマヨネーズと混ぜ合わさるのが気に入らないんです。キャベツ好きだけどマヨネーズいらない。 53才  東京都  未婚 女性

40代男性

学生時代と言えばやはり手軽にも作れる生姜焼き。今はそこまで食べられないけど1皿に生姜焼きがあれば白米茶碗5杯とかはいけましたよ。今はよくて丼1杯程度牛肉と違ってお金の無い学生には、鳥の唐揚げと豚肉は定番。肉は元気になるから最高ですね。 40才  栃木県  未婚 男性

60代男性

学生の頃友人とホルモン焼き屋さんに行ったら、私は「ミックス」をただおいしくいただいているのに「これは心臓、ここは肝臓…」と「解説」されてややシラケてしまったことがあります。あ、このひと獣医学科の方だったな、とナットクしたのでしたが。はい。 71才  愛知県  未婚 男性

60代男性

関西人ですが豚カレーにビックリ。東京着任の歓迎で同僚が”ごちそうしよう!”自宅で振舞ってくれたのですが、関東で豚の格が高いことを認識しました。まさか、歓迎料理が豚カレーとは思わなかった。関西だと『シミッタレ....』と陰口たたかれそう 70才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

近所のとんかつ専門店に、孫がアルバイトしていると聞いて、その店にランチを食べに行った。カウンター奥の厨房で、ずっと下を向いてキャベツを切っていたので、顔を合わせることなく帰った。後日とんかつを食べに行ったことを話すと、なぜか怒られた? 70才  大阪府  既婚 男性

50代男性

肉といえば牛だが、経済的な豚肉はいろいろな料理にも使えて、重宝した。子どもが小さいころ、ブタの挽き肉を買ってきて、具を入れて餃子を作った。でも餡が多すぎて、最後の方はシュウマイのような形になった。味はよかったのだが…。 59才  京都府  既婚 男性

50代男性

京都の下鴨神社近くにあった定食屋に、糺の森定食と言うメニューがあり、懐に余裕がある時に食べた思い出が蘇った。中身は確か豚の生姜焼きをメインにした定食だったと思う。いつも食べている安い定食より豪華で旨かった。(と思う)。 54才  岡山県  既婚 男性

豚についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. ゴルフの印象調査で1位はお金がかかる、2位は接待で使われる
  2. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  3. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  4. 演奏できるようになりたい楽器ランキング、1位 ピアノ、2位ギター
  5. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  6. 24.8% が肩こりや腰痛で仕事や学校を休んだことがある
  7. 高級時計ブランドの人気ランキング、1位 オメガ、2位 ロレックス
  8. 宅配便の不満ランキング、1位 配送料やサービス料金が高い
  9. 好きな牛乳のメーカー 1位は「明治乳業」、2位以下は混戦
  10. みんなが見た海外ドラマランキング 1位は刑事コロンボ、2位は奥さまは魔女

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官