日常生活で役立ちそうな資格・検定ランキング1位「管理栄養士」

本文へジャンプします。


仕事・キャリア・資格 2016年2月26日

資格についてのアンケート・ランキング

「今後とりたい資格・検定は?」「もっているとモテそうな資格は?」「意外な資格を持っている芸能人は?」など“資格”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年02月12日~2016年02月18日/有効回答数:3,199



レポート04 日常生活で役立ちそうな資格・検定ランキング1位「管理栄養士」

以下の中で、日常生活で役立ちそうだなと思う資格・検定は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「この中に役立ちそうだと思う資格はない」の32%を除いて総計を見ると、1位は「管理栄養士」で28%、2位は「英検(実用英語技能検定)」で22%、3位は「ファイナンシャル・プランナー」で21%でした。

■30代以下では「管理栄養士」が4割超え
年代別でみると、「管理栄養士」は40代、50代、60代以上ではいずれも3割以下なのに対し、30代以下では41%で4割超えと飛び抜けて多くなっていました。また、年代が上がるほど「英検」の割合が高くなっており、上の世代ほど語学力を重要視しているようです。

ちなみに「管理栄養士」は、男女別でみても、女性39%、男性24%で男女とも1位を獲得してました! 普段の料理、栄養バランスを考えて作るのって難しいけど大事ですもんね><

「調査団員の声」では、役に立つだろうとに思ってとったけど、役立たなかった資格・検定を教えていただきました!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

大学の授業で測量実習という科目を選択し、それを活かして将来役に立つかもと思い測量士の資格をとりました。街かどで三脚を立てて望遠鏡のようなものを覗いて方角や距離を測定して結果を図面に画くことができる資格です。ですが、就職してもその資格を使うことが無く、もちろん給料に反映されることもなく、全く意味がなかったですね。 69才  埼玉県  既婚 男性

大学でとったものの、就職したら使わなかった資格ってありますよね…(´▽`)私も簿記を大学でとったのですが、就職して全然違うことをしているので、あまり役に立たずすっかり知識は薄れてしまいました。汗調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

22歳の時ボイラー技士と危険物取扱を取りました。当時は燃料が石炭が中心で、ボイラーの実地研修は石炭を投げ込むなどでしたが、あっという間に石油、ガスなどに代わり、マニュアルからオートに変革してゆきました。当時の工場や風呂やさんも大きく変わっていったので結局資格を持っていても新しい勉強をしないとついてゆけないことになりました。今の車の免許と同じですよ。今ではマニュアル車運転できないですね。 64才  北海道  既婚 男性

マニュアル車どころか、そのうち自動運転車が出てきそうですもんね! 時代の変化にあわせて新しい勉強…ツライ(T▽T)調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

ワープロ検定。すぐにパソコンの時代がやって来て、パソコンもマウスで操作する時代が来て、速くキーボードを打てる意味も薄れてきて、今ではワープロそのものも存在を見かけなくなってしまいました。 56才  福岡県  既婚 女性

ワープロ検定をとったのにパソコンの時代が…という声はほかにもたくさんいただきました~! 私もワープロ使っていたので、その頃はこんなにパソコン時代になるとは思いませんでした(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

若いうちから定年後の再就職などを考え、仕事とは全く畑違いの行政書士の資格を取りました。会社で同僚と持っている資格の話をしていると、聞きつけた課長に「独立するの?」と尋ねられ、それ以来、どうも課長との距離が微妙に……。それから10年、異動もあって上司も変わり、早期退職の募集もありました。面談で「辞めても開業できる資格持ってたよね?」と言われて絶句。資格だけで開業できるならとっくにしてますって。仕事に関係ない資格は、手当でも出ない限りは取っても黙っておいたほうがよさそうです。 49才  大阪府  既婚 男性

40代女性

簿記検定(日商)。実際事務処理するわけではないので不要です。昔はコンピュータ処理は簿記系(お金の計算処理)が多かったので関係づけて取得させられました。システム開発で関係のシステムを作るときに、用語や意味が分かる程度でしか役立っていません。各処理の要件定義はまた別ですから。 48才  福岡県  未婚 女性

40代女性

教員免許。教育学部でなくてもとりあえず取れるから取ったけれど、先生になりたいとは全く思えなかった。教育学部の友達は、教育実習に行ったらますます先生になりたいと思ったと言ってたけれど、私はますますなりたくないと思ってしまった。やっぱり向き不向きはある。 49才  愛知県  既婚 女性

60代男性

総務部門にいた時に取ってもらわなければ困ると云うことで、防火管理者や安全運転管理者等の資格は取った。これらは、法令の定めにより資格者がいないと組織が困る資格。だが、この資格が定める権限は、組織の上司の命令の前には歯が立たない。そのポストにいるには必要な資格だが、組織の責任を引き受ける資格。役に立つか立たないかよりも、取りたくはない資格だ。 65才  群馬県  未婚 男性

50代男性

ホームヘルパー2級。10年ほど前に「これからは介護の時代」と考え、取得したが、最後の実地研修にて現実を目のあたりにして、「自分にはできない」と挫折した。でも、自分の父母が末期がんになった時には、この時の知識が役にはたったが、自分の親だから、短期間だったからできたと思わざるをえない。 56才  埼玉県  既婚 男性

40代女性

日本語能力検定(外国人が受験する日本語検定とは別物で、日本人が自分の国語力を試す検定)。自分の普段の話し方や手紙の書き方などが改まるようにはなったが、検定自体の認知度が低く、仕事のような実務的なことにはあまり役に立っていない。 46才  京都府  既婚 女性

年代性別不明

医療事務と調剤薬局事務を取得したが、いざ就職しようとすると、経験が無いとダメと言われ、全く役に立たなかった。通った所が就職請負も兼ねた学校だったが、連絡が来たのは二年後で既に全く違う職種に就いた後だったので断った。

60代男性

ソフトボール審判の資格を取り、審判を重ね上級に挑んでいたが、審判活動中心の生活となって家庭を振り返る余裕すら忘れ、家族との会話が徐々に減っていったので辞めてしまった。 62才  福岡県  既婚 男性

50代女性

バイリンガル・セクレタリー、外資系の秘書に転職するつもりで取ったが、秘書は特殊な職種だと思うが、経験や語学力、上司にあたる人との相性などが重要で、資格そのものに価値がないことを実感したことがある。しかし、医師免許や弁護士資格など、一部の国家試験を除いては、概ね多くの資格・検定など就職などの実利ではなく、勉強することや資格・検定をクリアーしたことで自信になったり、日常で役に立つと考えることが良いと思う。 59才  東京都  未婚 女性

60代女性

主人を亡くし医療事務の資格をとり就職活動すれど私30代半ば、20代の人にはかなわず就職できず結局資格も年齢も問われなかった看護助手で12年子育て終わる迄勤めました。自分に合った仕事で結果オーライでしたが。 65才  北海道  未婚 女性

60代男性

自宅の電気のコンセントを増設しようと、電気工事士の資格を取ったが、それから10年近くたち高齢となり、壁に穴を開けたりするのもめんどくさくなっていまだにやっていない。 66才  千葉県  既婚 男性

年代性別不明

MOT(マイクロソフトオフィシャルトレーナー)。マイクロソフト認定の資格だが、受験料も高いわ、初期の頃は1年に1回1万円くらい?払って更新をしなければいけなかった。その後はヴァージョンが変わるたびに試験を受けて更新しなければいけなくて、お金がかかる割には何も役に立たなかった。結局今は更新していないし、お金を使った割には何にも役に立たなかった。

40代男性

私が持っているわけではありませんが、持っていても意味のない国家資格といえば調理師免許でしょう。一日の講習で取得出来る「食品衛生責任者」でことが足りますし、調理技術に関する資格でもありませんし…。まぁ、給食施設で働く際には必要な場合が多いですし賃金にも影響しますが、それ以外では意味の無い資格です。 45才  茨城県  未婚 男性

60代男性

友人の話になるが、小型船舶の資格を取った奴がいた。早速つりに誘われて待ち合わせの場所へ。しかし、彼には船を買う余裕がなかった。結局みんなで桟橋に腰をおろしておき行く船を眺めながら寂しく釣りをした。 60才  宮城県  既婚 男性

50代女性

大正琴とカンテレの師範資格。お年寄り相手なのでなかなか覚えてもらえないのを我慢しなければならないと聞き生徒募集しないまま今に至る。 55才  北海道  未婚 女性

40代男性

行政書士。会社の先輩に薦められて資格を取得しましたが、現在の業務には全く関係ないので、当然資格手当は支給されない。行政書士が主人公のマンガがありましたが、独立開業して生活するのは難しいのでは?官公庁への認可等の手続きは今後簡素化になると思うので、需要も少なくなる可能性があります。 45才  千葉県  未婚 男性

50代男性

学生時代、実家が町工場の友人がいたのでなんとなく「アーク溶接」の資格を取ったが、サラリーマンになって30年触れる機会も無く、何も覚えていません。やってみたら思い出すのかな? 56才  秋田県  既婚 男性

60代男性

ISO14001審査員(補)。環境保全は大事だしこれから需要が拡大すると思ったが、企業としては一度獲得すれば後は維持するだけなので、新規の審査件数は見る見るうちに減少し、審査員のニーズはすぐに縮小してしまった。 66才  宮崎県  既婚 男性

40代女性

簿記検定やワープロ検定です。就職に有利かと思い2級をとりましたが、実際はとっている人が多いのかそれほど重要とは見られなかった感じでした。すでに就いている仕事のスキルアップとしてとるのなら良いとは思います。 47才  宮城県  未婚 女性

50代男性

笑い療法士。費用が掛かる割に何の役にも立たなかった。 54才  東京都  未婚 男性

40代男性

MOUS(現MOS)とその他のパソコン関連の資格。実務経験がないとダメという会社が多く、矛盾している感じです。 45才  埼玉県  未婚 男性

50代男性

30代の頃、PC使って図面を描くという「CAD」の資格を取りました。2Dや3Dの専用ソフトで建築そのた多岐にわたって図面や立体図を描く。かなり投資しディープに勉強しました。草創期で引く手あまたの資格でしたが、一緒に受講した20代の人たちが次々就職を決めていく中、30代以上は「設計未経験者不可」で就職に活かせず、結局宝の持ち腐れに。あれから10ウン年、3DCADの技術は仕事でなく趣味に活かされていまス。。。 50才  東京都  既婚 男性

40代男性

「役に立たない」といったら語弊がありますが、小学生の頃習ってた「珠算」、一応2級まで取得しましたが、実生活にはどうなのかな~。。と^^;ただそのうち「見取暗算」は結構実用的な科目だと思いますけどね^^ 47才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

高いお金を出して自家用固定翼操縦士免許(セスナ)、自家用回転翼操縦士免許(ヘリ)をアメリカで取り日本の免許に書き換えたけど、役に立たなかった。ただとても貴重な経験は出来た。 56才  長野県  未婚 男性

50代女性

着物の着付け、書道、茶道、華道の免許。せっかく習っているのだからと、級が上がるたびに高額な受験料やら、認定料を支払った。だが、私の場合は履歴書などに書く機会が一度もなく、免許と実力もほとんど関係がなかったから。 57才  石川県  既婚 女性

60代男性

社会人の時、金融機関検定、証券外務員、消費生活アドバイザー、資格を取りましたが、結局何も使わず、何の為に取ったのだろうと、今考えると不思議ですね。 62才  千葉県  未婚 男性

60代男性

小生の入社の頃はIBMの大型コンピューターでCOBOLを使って計算をしました。このプログラミングが上手くできるようにと情報処理技術者の3種を取りました。  もっと腕を上げようと2種の勉強を始めた頃、パソコンが導入され始めました。当時のOSはDOS、ソフトはBASIC、所謂コンピューターが身近なものになりました。これでクレーンの使用率計算をしましたが、それ以降、次第に各種の計算ソフトが販売されるようになり、職場も変わって、自分の作ったソフトで計算することはなくなりました。 情報技術者の資格と言うよりも勉強が本当に役に立ったのは1年程、後日は基礎知識としての資格になってしまいました。 71才  兵庫県  既婚 男性

30代女性

暗算のない珠算検定で珠算検定2級を取得しました。なので、全く暗算が出来ません。珠算ができる人は頭の中にそろばんが思い浮かぶので暗算が得意だという人が多いのですが、私は全くできません。暗算どころか、そろばんを使った割り算のやり方も覚えていません。 37才  静岡県  未婚 女性

50代女性

ホームヘルパー。仕事の内容のわりに収入が低いと聞いていたので、介護職に就くつもりは初めからなかったが、両親が介護が必要になった時に役立つかと思ったが、いざその時にはあまり役に立たなかった。 54才  兵庫県  既婚 女性

50代女性

簿記、教員、学芸員(会計、教員、学芸員の仕事はしないから)、TOEIC(海外での仕事には役に立たない)、漢検(まったく利用する機会がない)。 52才  東京都  既婚 女性

50代男性

うーん、質問の意図することと異なる回答になるけど。FPの資格は、資格としては多分食べられる資格ではないと思う。FPと名刺にかけないだけで、資格がなくてもFPとして独立してもよいわけだし、FPだけでは、土地取引も税の申告も保険も売ってはいけないので、資格では食えないと思います。でも、FP協会に入り、いろんな人の講演会にFPとして参加したり手伝ったりしているうちに、どんどん人脈が広がって、FPの資格がきっかけになって全く違う人、業界と出会いました。そこから新たな仕事が生まれるといいな。 51才  茨城県  既婚 男性

40代男性

小学生のとき、将来なりたい職業に学校の先生と書いた。大学に入って5限目の授業(終わるのが夕方の6時)まで受ければ、中学校と高校の数学の先生の資格が取れたので、頑張って授業を受けた。大学4年のときには卒業した地元の高校で教育実習をさせてもらった。うすうすは採用が狭き門のため先生になれそうもないと思いつつ、小学生のときの記憶と持ってればどこかで有利になると自分に言い聞かせて免許を取った。それから20年、就職の際に履歴書の資格欄に教員免許と書けること以外、取っておいてよかったと思ったことは一度もない。 45才  埼玉県  未婚 男性

50代女性

教員免許。大学に行かないと取れない資格だけど、教師や塾講師にならないと活かせない。(というか、塾講師だったら教員免許は不要かもしれない) 52才  神奈川県  既婚 女性

40代女性

留学し、オーストラリアの専門学校のビジネスコースで短大卒業と同等の資格を取得したが、履歴書に"Diploma of Business course修了"と書いてもいまいち反応が薄く、詳しく聞かれることは無かった。 41才  東京都  既婚 女性

40代男性

薬剤師。卒業後、製薬会社に入社したため調剤の経験ゼロ。 49才  東京都  未婚 男性

40代男性

気象予報士:一握りの人だけで、就職にも日常生活にも関係ない。 48才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

取得までには至らなかったが、消費者センターの相談員になれる「消費生活専門相談員資格」の試験には何度かアタックしたことがあった。が、採用される人数の少なさから、あきらめた。 57才  埼玉県  未婚 男性

50代女性

珠算2級。実務で算盤の出番なし。小数点の掛け算や割り算を算盤ではしない。簿記2級の内、工業簿記は資格取得の時以来使った事がなくて忘れていると思う。 52才  広島県  既婚 女性

60代男性

防火管理士の資格を取ったが、実際には役立っていない。また、逆にこれが役立つ世界も、危ない世界だろう。 76才  福岡県  既婚 男性

50代女性

税理士事務所で働いている時に、役立つかと思って英文簿記の資格を取ったが、その後その事務所を辞めてしまったので、役立てることが出来なかった。 51才  広島県  未婚 女性

60代男性

専門的な資格になるが、業務で必要になると考えてプレストレスト・コンクリート技術者の資格を取ったけれど結局業務では使わなかった。まあ、技術者としての知識が広くなったかなと思える程度だった。 70才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

簿記検定…宝の持ち腐れといいますか、事務系に就職しましたが、あまり簿記とは関係ない部署でした。今もう一度!と思っても、もぅ忘れてしまってるので役には立たないでしょう… 50才  愛知県  既婚 女性

40代女性

図書館司書。就職先はほとんどないし、図書探しのカードの記入の仕方など覚えたけれど、今はすべてデータ管理。時代とともにきっと覚える内容もかわっていくのだなと思います。 42才  東京都  既婚 女性

40代女性

秘書検、簿記、英検、英文タイプライター、漢検。配属された部署ではこれらのどれも関係なく使う事がないまま10年が過ぎ、どれもこれもすっかり忘れてしまった(><) 47才  京都府  既婚 女性

50代女性

野菜ソムリエ。知識があったからほしかった資格だけど、お金がかかり断念。でも、食品関係の仕事に就くとかでないと必要ないかな~。 50才  東京都  既婚 女性

60代男性

ダイビングの免許、海外での潜水時のみ提示義務があるが、国内ではさして必要ないかと。しかし費用は高い。すべての資格についてだが、取得費用が高すぎる。これは価値感を上げるためのものなのかという疑問を感じる。 61才  山口県  未婚 男性

60代男性

毒物劇物取扱主任者資格を学生時代に他県に行って取得したが、公務員になり環境部に転勤した時はそれなりに役立ったが、その他の分野では必要ではなかった。 66才  三重県  既婚 男性

資格についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きなお餅の食べ方ランキング 1位 お雑煮、2位 磯辺焼き、3位 お汁粉
  2. 89.8%が北朝鮮情勢に関するニュースは「気になる」と回答
  3. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  6. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  7. 好きなラーメンのスープの味ランキング 1位は「しょうゆ」、2位は「味噌」
  8. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  9. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  10. 和食のいいところ 1位、2位は同率で「健康にいい」「季節感がある」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官