本文へジャンプします。

防犯についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


住まい・生活 2014年2月28日

防犯についてのアンケート・ランキング

「防犯に対する意識が上がるタイミングは?」「あなたの家で実際にしている防犯対策は?」など“防犯”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2014年2月14日~2014年2月20日/有効回答数:4,833

調査レポート

レポート01 「防犯」に対する意識 【高い派】は29%に対し【低い派】は13%

ご自身の「防犯」に対する意識は高いと思っていますか?
※時と場合による、という方も平均して、どのくらいかをお答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「ふつう」が最も多く57%、次いで「高い」で25%、「低い」で12%でした。「非常に高い」と「高い」を合わせた【高い派】は29%に対し「非常に低い」と「低い」を合わせた【低い派】は13%と、どちらかというと高い人の方が多いようです。

■年代が上がるほど意識が高い人が多くなる?
年代で比べると、【高い派】は30代以下が18%に対し60代以上は41%、逆に【低い派】は30代以下が18%に対し60代以上は7%と、年代が上がるほど意識が高い人が多くなる、という傾向が見えました。

男女なら女性の方が意識が高いのかな?と思ったんですが、意外にも男性の方が【高い派】は多いんですよね。同じくらいのことをしていても、まだ足りない!って思っちゃうんですかね。

「調査団員の声」では、なぜそう答えたのか、理由を教えていただきました。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代女性

【高い】実は以前、実家に空き巣が入ったことがあるのです。おそらく家人全員の外出中のわずか30分くらいのことで犯行は5分未満だろうとのこと(by警察)。更に、私自身も某スーパーでスリに財布をすられたことがあります。それ以降、かーなーりー!気を遣っています! 41才  神奈川県  未婚 女性

わわわ、空き巣にスリ…!ひどいです!(´;ω;`)実際に自分や身近な人が被害に遭って、意識が高まったというコメントも多かったです。調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

【高い】門に付けてあるチャイムを押して逃げる人(家人が門まで出てくるのをどこかで見て楽しんでいる?)がいて困ってました。それで、呼出ボタンを押したときに相手を照らす照明灯付きの録画機能付きドアホンに変更しました。我が家の前の電柱には街路灯が付いているので、ドアホンの前だけではなく、ドアホンの照明では届かないかなり広い範囲が録画されます。後日の押し逃げでは、照明されてびっくりしたのか、ダッシュで逃げていく録画があり、みんなで何回も再生して笑っちゃいました。それ以来、このいたずらはなくなり、ホッとしています。いたずらから始まる多くの愉快犯には、見られていることを早くから気がつかせ、大きな被害に遭わないようにしています。費用もかかるのは欠点ですが。でも、録画機能付きドアホンは、外出時にどなたがお見えになったかもわかるので、便利です。 63才  群馬県  未婚 男性

ピンポンダッシュ、一時期多いってニュースになってましたよね…> < 小さなことから大きなことまで、確かに費用はかかりますが、自分の身を守るためにお金をかけることは大事なのかもしれませんね(´・ω・`) 照明灯付きのドアホンいいなぁ…調査団編集部:マリカナ団長

30代男性

【非常に低い】まず盗むリスクを犯してまで持ち運べるものが家に無い。バイクにいたっては倉庫から出すにも目の前が病院・街頭・店、さらに数百メートル先からでも入り口を確認できる為、何かすれば病院のカメラに映る。また、転売で利益が出るものが家には無い為 空き巣に入られた時もジュース2L4本が盗まれただけだった。病院のカメラで男を特定、二日で御用 25才  高知県  未婚 男性

自分で防犯を意識せずとも、環境がばっちりなんですね!(笑)実際に泥棒も捕まってますし良かった!それにしてもジュース2Lを4本って…重そうw調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート02 防犯意識が上がるタイミング1位は「近所の人が被害に遭ったら」

防犯に対する意識が上がるタイミングはありますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「近所の人が被害に遭ったら」で52%、2位は「身近な人が被害に遭ったら」で43%、3位は「実際に被害に遭ったら」で36%と、TOP3はすべて自分もしくは周りが被害が遭ったら、という結果になりました。

■女性は「テレビや雑誌などで特集されているのを見たら」防犯意識がぐっと上がる?
男女で比較すると、「テレビや雑誌などで特集されているのを見たら」は女性の回答率が男性より突出して高く、男性が25%に対し女性は37%。この選択肢は女性の中では3位となっており、「実際に被害に遭ったら」よりも高い、というのも特徴的でした。

男女別だと、ほぼすべての選択肢で、女性の方が回答率が高くなっていました。
逆に、女性よりも男性の回答率の方が高かった選択肢は「結婚したら」「誰かと一緒に住むことになったら」でした。守る人ができると、男性は防犯意識が上がるのですね(´∀`*)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 空き巣や泥棒、スリや置き引きなどの被害に遭ったことがあるのは約2割

自宅が、空き巣や泥棒に入られたことはありますか?また、外出先で、ひったくりやスリ、置き引きなどに遭ったことはありますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、自宅が、空き巣や泥棒に入られたことは、「1回もない」が84%、「1回以上ある」が16%。また、外出先で、ひったくりやスリ、置き引きなどに遭ったことは、「1回もない」が82%、「1回以上ある」が18%。
いずれも8割の人が被害に遭ったことがないと答えていました。

■年代が上がるほど被害に遭っている人は多い
年代別で比較すると、空き巣や泥棒に入られたことも外出先で、ひったくりやスリ、置き引きなどに遭ったことも、年代が上がるほど増えており、特に空き巣や泥棒に入られたことは、30代以下が90%「1回もない」と答えているのに対して60代以上は81%が「1回もない」と答えているように、約10%の差がありました。

8割以上が被害に遭っていない=被害に遭っていない人が多いとは思えないですね…2割も被害に遭った方がいるなんて…皆さん、お気をつけください(;ω;)
私も被害はないですが、置き引きというか、自転車を盗まれたことはあります。でも偶然その後戻ってきて難を逃れました。

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 ドアホン 3割が「画像確認はできないが、会話はできるタイプ」

あなたの家のドアホンは、どのようなタイプですか?

グラフ
編集部まとめ

総計で最も多かったのは「画像確認はできないが、会話はできるタイプ」で30%、次いで「会話もできるし、玄関先の画像確認もできるタイプ」で28%、「音がなるだけ(家の中と会話する&画像確認などはできない)」で25%とほぼこの3パターンに分かれる、という結果となりました。

■未婚の人は「音がなるだけ」タイプ、既婚の人は「画像確認もできる」タイプが多い
未既婚別で見ると、「音がなるだけ(家の中と会話する&画像確認などはできない)」は未婚の人が既婚の人より11%ほど高く、逆に「会話もできるし、玄関先の画像確認もできるタイプ」は未婚の人が既婚の人より10%ほど低いという結果に。

「その他」のフリーアンサーには、「そもそもドアホンがない」という声が多数届いておりました。扉をノックしたり、直接「ごめんください~」と呼ぶ形式ですね。選択肢に入れ忘れてしまい、すみません(´;ω;`)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート05 実際にしている防犯対策 1位は「郵便をためないようにしている」

あなたの家で実際にしている防犯対策は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「郵便受けに郵便をためないようにしている」で44%、2位は「手紙や郵便物の個人情報を消して捨てるようにしている」で42%、3位は「ドアに補助錠をつけている」で32%、4位は「ドア錠を防犯に効くものものにしている(ピッキングに強いなど)」で31%、5位は「近所づきあいを心がけている」で28%でした。

■50代、60代以上は「ご近所づきあい」を大切にしている?
年代別で見ると、年代が上がるほどいろいろな対策をしているよう。特に「ドア」や「窓」の補助錠については60代以上を筆頭に50代、40代も多くの人が対策しているよう。
ただし「近所づきあいを心がけている」については40代は30代以下と近い回答率まで下がり、50代、60代以上が突出する結果になっていたのが特徴的でした。

男女別で見ると、女性の方がいろいろやってますね! 総計の1位、2位は50%超えですよ。あとは、「洗濯物や表札などで、性別や人数などがわからないようにしている」が男性より14%も高くて、わかるわかる!って思いました。女性1人で住んでいるって思われると危ないっていいますもんね><

「調査団の声」では、これは効果的だと思っている防犯対策を教えていただきました!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代女性

防犯ステッカーは意外と効果があるようである。ベランダの目立たない場所にわかりにくいように干していた下着を盗まれてから、「防犯センサー設定」、「防犯カメラ設定」、「アラーム設定」等々と書かれたステッカーをドアや窓に貼っているのだが、現在のところ、それ以来被害に遭ったことがない。 46才  東京都  既婚 女性

防犯ステッカーですか、なるほど~! 警備会社のシールとかもはってあること自体に意味があるっていいますもんね。調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

入口のカギを複数つける。ガラスはヒビがいっても外から手を伸ばして開けられないようにするなど、とにかく侵入に時間がかかるようにすること。それと高齢であれば、若い人が一緒に住むか、または住んでいるように見せかける。多分、皆さん、いろいろあると思いますが犯罪者がこの調査を見ていないことを祈ります。

ふむふむ、女性の1人暮らしは男の人がいるように見せた方がいい~っていうのはよく聞きますが、高齢の方は若い人と住んでるように見せるっていうテクニックもあるんですね!>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

やっぱりご近所付き合いだと思います。普通にご挨拶を交わす、立ち話をする、くらいのことですが、お互いを知っているのと全く知らないのとでは違うと思います。海外で生活していた時、徹夜明けでまだ薄暗い朝方ににコンビニエンスストアに行こうと歩いていたら、近所のおじいちゃんが追いかけてきて「こんな時間に女の子が独り歩きしちゃいかん!」とコンビニまで一緒に行ってくれました。その間ずっとお説教される羽目になったのですが、顔見知りだからこそ心配してくれたんだなぁ、ご近所付き合いって大事だなぁと感じました。 46才  東京都  未婚 女性

ずっとお説教はつらいですが心配ゆえだと思えば、やさしいご近所さんですね(*´▽`*) 女性が夜道に一人歩きは危ないですもん。調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 外出時している防犯対策 1位は「貴重品の身に付け方を工夫する」

外出時の防犯・護身用に、行っていることはありますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「貴重品の身に付け方を工夫する(かばんの下の方に隠すなど)」で23%、2位は「人通りの少ないところは通らない」で21%、3位は「バッグをショルダーなど、とられにくいものにする」で20%。レポート05の家での防犯対策に比べて全体的に回答率が低い傾向でした。

■女性の約8割が外出時何らかの防犯対策をしている
男女別で見ると、男性は「特に何もしていない」が49%と半数に対し女性は21%、総計のトップ3なども30%以上が行っていると答えており、外出時の対策をしている女性は多いようです。

女性は8割が何かしら対策をしているんですね。私は…うーん、特に何もしていない…です。。スマホのGPS機能とか、何かあったときにいいんだろうなぁって思うけどバッテリーの消耗が早くなるのが嫌でONにできません…(笑)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート07 相手がわからない電話、名前を名乗って出る人は約2割

電話に出る時、相手がわからない場合、その相手が誰かわかる前に名前を名乗って出ますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「相手がわかる(名乗る)まで、自分の名前は名乗らない」が72%と多数派。「はい、●●です」と出るのは21%となりました。

■相手がわかるまで出ない人も
「その他」では、「知らない電話番号は出ない(相手がわからない時は出ない)」「仕事では名乗るが、自宅では名乗らない」「ナンバーディスプレーで確認してから出る」「留守電にしておいて、出る必要のある相手の時だけ出る」などの意見が多く寄せられていました。

男女別だと、男性の方が「はい、●●です」が10%近く高いですね。仕事などのクセなのか、家の電話にあまり出る機会がなくて相手がわかっているから? なのでしょうか。
私は、「その他」にあがっていた人と一緒で仕事では名乗りますが、プライベートだと名乗らないですね。勧誘の電話とかだとイヤですもんね><

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. ビールに合うおつまみの人気ランキング 1位 枝豆、2位 焼き鳥、3位 唐揚げ
  2. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  3. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  4. 好感をもつ男性のネクタイの色 TOP3は「紺」「青」「水色」
  5. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」
  6. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  7. 1番好きなインスタントラーメン&カップラーメンのブランド調査
  8. 0時前には寝る人、30代以下は37%、60代以上は76%
  9. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  10. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官