宇宙を舞台にした映画の人気ランキング 1位 スター・ウォーズ、2位 猿の惑星

本文へジャンプします。


住まい・生活 2017年9月22日

天気についてのアンケート・ランキング 第2弾

「天気予報は主になにでチェックしていますか?」「傘を持っていくのは降水確率何%から?」「好きなお天気キャスター・気象予報士は?」「お月見と言って、思い浮かぶ食べ物は?」など“天気”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年09月08日~2017年09月14日/有効回答数:2,577



レポート07 宇宙を舞台にした映画の人気ランキング 1位 スター・ウォーズ、2位 猿の惑星

宇宙を舞台にした映画で見たことがあるものは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

宇宙を舞台にした映画で見たことがあるものについての調査です。総合ランキングの1位は「スター・ウォーズ」で67.2%、2位は「猿の惑星」で64.5%、3位は「エイリアン」で50.9%、4位は「2001年宇宙の旅」で45.1%、5位は「アルマゲドン」で44.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「スター・ウォーズ」 67.2%
2位 「猿の惑星」 64.5%
3位 「エイリアン」 50.9%
4位 「2001年宇宙の旅」 45.1%
5位 「アルマゲドン」 44.0%
6位 「スター・トレック」 39.3%
7位 「アポロ13」 36.9%
8位 「オデッセイ」 17.5%
9位 「ゼログラビティ」 15.0%
10位 「スペース・カウボーイ」 13.0%

■50代以下の1位は「スター・ウォーズ」、60代以上の1位は「猿の惑星」

年代別にみてみると、1位は50代以下では「スター・ウォーズ」、60代以上では「猿の惑星」と、年代によって異なりました。「スター・ウォーズ」は60代以上の2位に入り、「猿の惑星」は、40代・50代の2位に入るなど、この2作品は幅広い層に人気があることがわかりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「スター・ウォーズ」 50.0%
2位 「アルマゲドン」 38.6%
3位 「猿の惑星」 34.3%
4位 「エイリアン」 31.4%
5位 「アポロ13」 30.0%
6位 「ゼログラビティ」 21.4%
7位 「オデッセイ」 20.0%

【40代】
1位 「スター・ウォーズ」 64.7%
2位 「猿の惑星」 48.9%
3位 「エイリアン」 48.3%
4位 「アルマゲドン」 45.2%
5位 「2001年宇宙の旅」 33.8%
6位 「アポロ13」 33.3%
7位 「スター・トレック」 30.3%

【50代】
1位 「スター・ウォーズ」 74.2%
2位 「猿の惑星」 70.6%
3位 「エイリアン」 59.6%
4位 「2001年宇宙の旅」 53.0%
5位 「アルマゲドン」 51.9%
6位 「スター・トレック」 50.8%
7位 「アポロ13」 41.7%

【60代以上】
1位 「猿の惑星」 68.3%
2位 「スター・ウォーズ」 63.8%
3位 「エイリアン」 46.6%
4位 「2001年宇宙の旅」 45.6%
5位 「アルマゲドン」 38.0%
6位 「アポロ13」 36.2%
7位 「スター・トレック」 35.9%

ちなみに男女別にみるとすべての映画で男性が女性を上回る結果になっていました。中でも差が大きかったのは「スター・トレック」「猿の惑星」で10%以上の差がありました。

「調査団員の声」では、宇宙を舞台にした映画やアニメで好きな作品とその理由を教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

ライフ:「あの生命体」を創造した脚本チームに完敗の思い。恐ろしくも、その発想に感慨無量!ラストシーンから推測すると続編があるみたいで、期待しています。 66才  東京都  既婚 男性

今年の夏公開作品なんですね。気になって感想をあさってしまいましたが、生命体が恐ろしすぎて…> < 続編があったらさらにすごいことになりそうですね…ブルブル。調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

一時「銀河英雄伝説」にはまり、原作小説・アニメ・コミックまでは追いかけましたが、舞台までは追い切れませんでした。ファンが「帝国軍派」と「同盟軍派」にきっちりと分かれていたのが印象的でしたが、私自身は両方に好きなキャラがいるという半端なファンでした。 67才  埼玉県  既婚 女性

『銀河英雄伝説』今年再アニメ化で話題ですね! 見たことがないので、再アニメ化の際はぜひ見たいと思います★私は「帝国軍派」と「同盟軍派」どっちになるんだろう>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

「ガタカ」。主人公の頑張りに勇気をもらった。絶対に破れない、生まれ持った定めという鋼鉄のような壁も努力すれば越えられる。絶対に諦めてはいけないということを教えられた。あと映画中、主人公が足を切断し身長を伸ばす手術をおこなったが、近未来の手術かと思ってたが実際に現在行われている手術だという事を知り驚き。 52才  大阪府  既婚 男性

『ガタカ』という作品、知らなかったので調べてみたらとっても深いお話ですね。「適正者」と「不適正者」、でもそれだけでは人間の価値は決まらないというか…感想を読んだ後でも改めて映画を見てみたいなって思いました(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

私が好きな作品は「オデッセイ」です。マット・デイモン演じる主人公が逆境の中でも、地球に帰るという目標に向かって立ち向かっていく姿に感動しました。 40才  群馬県  未婚 男性

40代男性

「機動戦士ガンダム(いわゆるファーストガンダム)」です。当時としてはかなり現実的だった一方で、男尊女卑の側面が否めない作ではありますが…。主人公が「すごい」という基本は抑えつつ、でも絶対ではないという設定は、それまでの根性ロボットものには無かったし「高性能でも使いこなせなければ意味がない」「最上機種も時がたてば新型に負ける」など、現実世界では当たり前のことがキチンと描かれたという意味でもロボットアニメのターニングポイントになっていると思います。冷静に考えれば、結構荒唐無稽なところも多々ありますが、まだまだ夢があった時代。夢と現実のすり合わせで苦労している・割り切っている点も誠実で好きですね。 48才  東京都  未婚 男性

50代男性

『スタートレック』が好きです。派手さこそ他の映画に比べて劣るかもしれませんが、根底に人間としての道徳観や倫理観を感じ、ある程度の年齢に達した子供たちに観てほしいと考えています。『スターウォーズ』大好きの息子は小学生の時にリブート版『スタートレック』を観てファンになりましたが、中学生になりテレビ版の数々を観るようになり、それぞれのエピソードのテーマの深さに感じ入ったようです。 51才  北海道  既婚 男性

50代男性

「2001年宇宙の旅」です。アポロ11号の月面着陸から数年後の中学生時代に友達と映画館で見て強烈なインパクトを受けました。まだ21世紀が程遠い20世紀少年の私にとっては作品のシリアス性とは別次元で未来の世界に希望を感じた事を覚えてます。ただ、現実はもっとシリアスで木星への有人飛行どころか人工知能のコンピューターもまだまだ先です。ましては戦争にテロ、宇宙旅行に希望を抱いたあの頃の時代が懐かしいです。 57才  三重県  既婚 男性

60代男性

ジョディー・フォスター主演の映画「コンタクト」は何度も見ました。非常に大きなテーマを扱っていましたが、わかりやすくテンポもよく映画として良品でした。天文学者のカール・セーガンの著作が原作らしいですが、それだけに科学的にしっかりと裏付けされた脚本には感心しました。 61才  大阪府  未婚 男性

50代女性

エイリアンの衝撃は最大でした。「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」という公開当時のキャッチコピーも良かったです。ケーブルの映画チャンネルなどでまとめて放送していると何度でも観てしまいます。 52才  東京都  既婚 女性

40代男性

銀河鉄道999。ゴダイゴのテーマソングが懐かしい。機械化人に母親を殺された主人公の星野鉄郎が、アンドロメダ星雲にある無料で機械の身体をくれるという星を目指し、謎の美女メーテルとともに銀河超特急999号に乗り込む物語。鉄郎は終点駅に到着し、機械の体になることを勧められますが拒否する。なぜなら鉄郎は旅を通じて、永遠の命よりも限られた命を一生懸命生きることの大切さを学んだから。小さいながら生きることの意味を考えさせられたアニメなので、とても印象に残っています。 47才  千葉県  未婚 男性

40代女性

スター・ウォーズが大好き。当時、小学校4年生で旧3部作シリーズの5作目から見ています。洋画で大作を見たのがスター・ウォーズシリーズが初だったので、TVで4作目を見てからすぐファンになってそれからずっと。当時は今のようにCG編集もすごくはなかった時代に、広い宇宙に宇宙船が浮かんでいてすごい戦闘を繰り広げているなんて、その世界観に圧倒されっぱなしでした。 45才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

すごーくマニアックですが「無限のリヴァイアス」というのが印象に残っています。しっかり大人になってからの作品でしたが、とても意味深で深い作品です。大人が居なくなった極限の環境で子供(未成年)が葛藤していくというよくある物語でしたが、人間の闇がしっかり描かれていたからかもしれません。明るいものでは「機動戦艦ナデシコ」。こちらも大人になって見たものですが、謎のオモイカネと会話する女の子の存在がツボでした。 50才  福岡県  未婚 女性

60代女性

昔々NHKで放送していた「宇宙船シリカ」が強く印象に残っています。ストーリーは忘れましたが、オープニングのアニメ風動画と主題歌はよく覚えています。あと「謎の円盤UFO」に出てくるバッタのようなムーンホッパーには、機械や宇宙への夢をかき立てられました。 61才  大阪府  既婚 女性

40代男性

「機動戦士ガンダム」シリーズ。初代ガンダムは再放送で見たのですが、あのインパクトは忘れられません。モビルスーツの種類の豊富さや、キャラクターの個性が印象に残っています。シリアスな場面もありつつ、ギャグな面がたまに入るのも面白いです。LD-BOX(古い!)を購入して、いまでもたまに見ています。 42才  東京都  未婚 男性

40代女性

「モーレツ宇宙海賊(パイレーツ)」がお気に入りです。女子高生が主役の話ですが、SFとしてもきちんとしているのと、話のオチがすかっとする感じがいいです。 47才  千葉県  既婚 女性

40代女性

SF好きなので沢山の作品を観過ぎて、最近何が一番いいのか判らなくなっています。なので誰にもお勧めできて楽しく軽い乗りで観られる「メン・イン・ブラック」三部作、イチオシにしておきます。トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスのコンビ、また観られないかなと思っています。 48才  東京都  未婚 女性

40代男性

「トップをねらえ」。浦島効果をうまく描写し、旧友との時間軸での別れを切なく表現している部分が好きです。ラスト近くのブラックホール生成時、近くに居た主人公が親友に向かって叫んだ「ごめんキミコ(親友名)!もう会えない!(時間軸的に)」は涙ものでした。 48才  東京都  未婚 男性

60代男性

「アルマゲドン」です。地球を救うためにの使命感を持って出かけて行った者とその家族たちの姿が印象的でした。絶対に成功してほしいとの思いとともに、全員帰ってきてほしい思いが、何時の間にか家族の一員になっていました。エアロスミスの歌うテーマ曲も素晴らしかった。何回も見ちゃいました。 75才  東京都  既婚 男性

50代男性

アポロ13。当時の科学技術の最先端を行くミッション、そこで起こった事故と頭脳・英知を駆使した生還劇でありながら、死からの復活のモチーフを何度も繰り返し、登場人物たちは不思議な運命の力に翻弄され続ける描き方が好きです。 50才  新潟県  既婚 男性

60代男性

TVの連続物だが「宇宙家族ロビンソン」が好きだった。ドクタースミスとフライデーの掛け合いが面白いのと、たまに地球に帰れそうになるのに結局だめになるハラハラ感がたまらなかった。 60才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

こんなの知っている人はあまり居ないと思いますが、テレビの草創期に「宇宙船エンゼル号の冒険」という実写版のドラマがありました。エンゼル号は光子ロケットエンジンを持っていて光と同じ速さで飛ぶことができるのです。これに乗ったヒーローが宇宙に存在する悪と戦うのですが、この番組の提供は森永製菓でキャラメルが飛び出す宇宙銃が当たる懸賞があって一生懸命応募したものです。一回も当たりませんでしたが。 68才  大阪府  既婚 男性

40代男性

銀河鉄道999。夜空に飛び立つSLの外観と、機関室内部のハイテクっぽい描写。訪れる様々な不思議な惑星での話。車掌さんなどの魅力的な脇役。すべてが子供心にワクワクした。 45才  茨城県  既婚 男性

40代女性

中学生の時にハマった銀河英雄伝説が今でも大好きです。魅力的なキャラクターが多く、30年経った今でもラインハルト様には萌えます。優れた独裁政治(帝政)か、腐った民主主義か、年を取った今でこそ奥深いテーマだと思います。 44才  静岡県  既婚 女性

40代男性

アニメ「トップをねらえ!」が単純なロボット系宇宙戦争の話ではなく、相対性理論でよく光と時間の流れの関係の例として用いられるウラシマ効果を取り入れた点が今でも斬新な感覚で面白いと思います。 41才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

猿の惑星:異次元の世界に迷い込んだものと思っていたら、とある海岸に打ち上げられたように横たわっていたのはあの「自由の女神」像であることで、なんと自分達が未来の地球に来ていたことを知り、人間世界が滅びていたことに愕然とするところが極めて印象的である。 70才  大阪府  既婚 男性

40代男性

機動戦士 ガンダム!!今の現実の世界にも当てはまる国家間のいざこざや、独立をめぐる様々な様子・人々の葛藤・戦争の恐怖・人の生死。そういった描写と共にあるモビルスーツと言うロボット兵器。しかし男子が熱狂するに値する宇宙ロボット戦争の架空のストーリー。30年以上が経っても今もなお新しいアニメが出来続け、多種多様なグッズも衰える事を知らない売り上げ。なんといっても世界でも知られる存在。かつて近隣諸国では日本の軍備にガンダムが実在するのではとまで噂があったほど。。。今も大好き。。。ちなみに男女ではこの理由への理解が別なので男性に読んで欲しい感想。 44才  東京都  既婚 男性

60代女性

「2001年宇宙の旅」:最高のSF映画だと思いました。映像(CGなんかなかったのに!)が素晴らしかったし、音楽も印象的でした。もちろん「2010年宇宙の旅」も観ました。その後、レーザーディスク(!)を両方買い今でも時々家で観ています。さらに本もみな(2001年、2010年、2061年、3001年)読みました。わたしにとって、木星はちょっと特別な星になっています。 65才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

テレビドラマ「宇宙家族ロビンソン」。たぶん小学校入学前後に兄と観ていたと思う。細かい内容はあまり覚えていないけれど、ロビンソン家とロボットのフライデーが好きで、ドクター・スミスは嫌なヤツだったけれど、とても楽しく観ていた記憶がある。 56才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

『銀河鉄道999』は好きでしたよ。原作の生命賛歌が好きな上、同性ですがメーテルに憧れたんですよ。テレビで時々観ている程度でしたけれど(映像のほうは)。宇宙にも鉄道にも特に興味があるわけじゃないですが、宇宙空間を各駅停車が走ってるって、やはり素敵ですよね(まぁ、あれは、死出の旅のメタファーなんですが)。 51才  千葉県  未婚 女性

50代男性

銀河鉄道999です。主人公の星野鉄郎とメーテルと太陽系から銀河系、銀河系外まで機械の身体をもらいに毎週わくわくしながら一緒に旅をした気分で見ていました。毎回出てくる車掌さんの正体が未だにわからないので、いつか松本零士さんに質問したいと思う今日この頃です(笑)。追伸:先日、銀河鉄道999の豪華本10冊セットを購入しました(中古ですが…)。 57才  鹿児島県  既婚 男性

50代男性

特定の作品ではないのですが、惑星探査機の「はやぶさ」関連の作品が好きです。擬人化されたはやぶさの扱い、我が子のように見守る科学者達の眼差し、最期は自分の身を犠牲にして惑星の破片を地球に届けたはやぶさ。そして、なんと言ってもこれが実話である事。もう、こういう話にめちゃくちゃ弱いです(^_^;) 52才  大阪府  既婚 男性

50代女性

宇宙海賊キャプテンハーロック! なにしろハーロックがかっこ良くて、声優の井上真樹夫さんのイケボイスもぴったりで大好きでした。宇宙の広がりを感じさせる音楽も素晴らしい作品でした。他にも伝説巨人イデオンや、機動戦士ガンダムなどアニオタの私には語り尽くせないお題です(笑)。 57才  東京都  既婚 女性

30代男性

宇宙戦艦ヤマトも良いのですが、やはり自分は機動戦士ガンダムがどんなSFアニメ作品の中でもだんとつの一番ですね。敵が絶対悪デスラー総統と違いシャアなどの人間模様を描いている点が素晴らしい。主役アムロは強過ぎて◎ 39才  栃木県  未婚 男性

60代男性

「宇宙戦争」。子供の頃に見た映画であるが、驚くほど上手に出来ていたと今でも思い出す事と、地球人の頭ではとうてい及ばない高等な技術等を持った宇宙人でも、地球人をむしばむ劣った細菌で全滅させられた結末にも驚きが。 75才  静岡県  既婚 男性

60代女性

「スペース・カウボーイ」は、がんばるおじさんたちの感動的な映画だった。トミー・リー・ジョーンズが好きなこともあるが印象的な映画だった。日本映画では「宇宙兄弟」。宇宙と兄弟愛と、そして宇宙の旅そのものではなく、訓練、それも精神的なものであったりして、華やかな宇宙飛行士というだけでなく違う一面が見られたのも面白かった。 60才  東京都  未婚 女性

40代女性

サジタリウス。なぜか憎めない登場人物とちょっと不思議なオープニング曲。♪~どこから見てもスーパーマンじゃない、スペースオペラの主役になれない、危機一髪でも出てこない、ご期待通りに働かな~い(笑)。 43才  兵庫県  未婚 女性

50代女性

「レインボー戦隊ロビン」。50年ぐらい前に現在のテレ朝で放送していたアニメ。その頃はカラーではなく白黒でした。少年と6人のロボットが、なんとか星人と戦うアニメ。6人のロボットが少年をフォローしながら一致団結して戦うのがカッコ良かった。 53才  東京都  未婚 女性

30代女性

「カウボーイ・ビバップ」が大好きです。アニメですが大人向けな渋い雰囲気がかっこいい!人類は地球から様々な星にちらばっています。あんな未来に行ってみたい!と思わせてくれる作品です。 32才  宮城県  未婚 女性

50代女性

私が通っていた吹奏楽部の得意曲が『宇宙戦艦ヤマト』のテーマソングで、毎年1年生が入部する4月には誰が聞いても「へたくそだな~」なできばえでした。それが夏休みの特訓を終えると見違えるほどの演奏になり、卒業式では感動的な『宇宙戦艦ヤマト』で3年生を送り出してくれました。あの曲を聴くとアニメもさることながら吹奏楽部のみんなの懸命な姿を思い出して熱いものがこみ上げます。 50才  東京都  未婚 女性

40代男性

機動戦艦ナデシコですね。タイトルからしてパロディ満載に見えながら、設定・作画・ストーリー展開ともよく作りこまれていて面白かったです。続編も期待されていたのに、現実社会のしがらみで破談になった世知辛さも話題になります。 42才  東京都  未婚 男性

50代男性

「謎の円盤UFO」と「スペース1999」。CG全盛の今からすればチャチに見えるかもしれませんが、実写独特のリアル感と世界観がよかったです。 51才  茨城県  未婚 男性

50代女性

猿の惑星ジェネシス。地球で一番偉いのは人間だと勘違いしていることを教えてくれる。動物は人間のための道具ではない。人間が生きるために動物を犠牲にするのは間違っていることを多くの人に知ってもらえる映画。 56才  埼玉県  既婚 女性

50代女性

沢山ありすぎ!あえて「銀河旋風ブライガー」カッコよかったんです。科学的に見ればいろいろ突っ込みどころはありますが、アニメだからいいんです! 52才  大阪府  既婚 女性

40代男性

10年くらい前に見た、今をときめく新海誠監督の作品「ほしのこえ」が印象に残っている。高校生が制服で宇宙船を操縦するとか、よく考えると変なところもあったなぁ。 48才  新潟県  既婚 男性

50代男性

宇宙を舞台とした映画・アニメとなると、個人的には「2001年宇宙の旅」でしょうか。小学校低学年の頃からSFは大好きで、本・マンガ・アニメ・映画・ドラマできる限りチェックしていましたが、宇宙を舞台となるとキューブリック監督の名前を不滅にしたこの映画が白眉と言えると思います。他の宇宙を舞台とした映画と異なるのが「無重力」「真空」「暗黒」「絶対的な孤独」、そして「不可解さ」が全て完璧に表現されているところです。当時の観客は「実際に宇宙でロケをしました。」と言われたら信じた人が結構いたのではないかと思います。「SF映画はリアリティが全て」などというつもりはありませんが、他のSF映画の監督のほとんどが予算の都合からかあちこちで妥協しているところが見えたりします。しかしキューブリック監督は、この映画では細部にわたってこだわりまくっています。2001年が過ぎてからすでに16年たった今でもこの映画の中の世界に現実が追いついていませんが、そのためか今見ても全く古さを感じません。おそらくSFファンの中には、ボーマン船長に憧れている人たちが多くいるはずです。 55才  千葉県  既婚 男性

50代男性

ギャラクシー・クエスト(Galaxy Quest)名作です。基本パロディ映画なのですが、中盤からどんどん舞台設定に引き込まれ最後はほろりとさせられます。お勧め。 50才  千葉県  未婚 男性

40代女性

アニメではないのですが、今テレビでやっている戦隊シリーズの「キューレンジャー」は戦士たちがさまざまな星から宇宙の平和を守るために集まって、それぞれが個性的な見た目やキャラクターをしていて、子供と一緒につい夢中になって見ています。すでにキュー(9人)レンジャーではなく11人くらいいて「まだ増える?」と楽しみです。 43才  東京都  既婚 女性

50代男性

海外アニメ。子供の頃に「マンガキッドボックス」か何かで放映していた『キャプテンブリープ』という、デフォルメが行き過ぎて抽象的なほどのアニメが好きだった。宇宙忍者ゴームズとかUバードとか、ああいうのも面白かったけど次元が違った。 54才  東京都  既婚 男性

60代男性

スター・トレック。子供だった頃から観ていた宇宙物シリーズ。TVやスクリーンに登場する特殊メイクのいろいろなキャラクターに目を見張ったものです。自分にとって宇宙物作品の最も記憶に残っている、はしりの作品となっています。 68才  東京都  既婚 男性

60代女性

スタートレック。「宇宙大作戦」の頃から大好きで何度も観ていました。映画になり益々見るようになりました。船長・スポック・ドクターの絡みに味があり「DVD」は全作揃えて今でも時々見直しています。 64才  岐阜県  既婚 女性

天気についてのアンケート・ランキング 第2弾
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  2. 掃除機メーカーの人気ランキング 1位 パナソニック、2位 東芝、3位 日立
  3. みんなが選ぶ今年(2017年)の漢字 1位は「乱」。新党の混乱、企業不祥事などが理由
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  7. 2017年 印象に残ったニュースランキング 1位 金正男氏暗殺、2位 小林麻央さん死去
  8. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」
  9. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」
  10. 冬のいいところランキング 第1位は「空気がきれい・澄んでいる」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官