約半数が「住む場所を決める際に地域の治安チェックをしない」と回答

本文へジャンプします。


何でも調査団
住まい・生活 2018年7月6日

治安についてのアンケート・ランキング

「防犯用品で使っている・使ってみたいものは?」「オレオレ詐欺対策でやっていることは?」「防犯カメラの大量設置についてどう思う?」など“治安”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年06月22日~2018年06月28日/有効回答数:2,401



レポート01 約半数が「住む場所を決める際に地域の治安チェックをしない」と回答

住む場所を決める時に地域の治安はチェックしましたか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

住む場所を決める時に地域の治安はチェックするかどうかを調査をしました。「自分で住む場所を決ていないのでわからない」の20.3%を除くと、総合で最も多かったのは「地域の治安は特にチェックしていない」で49.8%、次いで「自分で実際に周辺を回ってチェックした」で21.4%、「自治体の情報をチェックした」で9.1%の順でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「地域の治安は特にチェックしていない」 49.8%
「自分で実際に周辺を回ってチェックした」 21.4%
「自治体の情報をチェックした」 9.1%
「ネットの口コミをチェックした」 3.0%
「自分で住む場所を決ていないのでわからない」 20.3%

■関東と関西は他の地域より自分で実際に周辺を回ってチェックする人が多い

地域別に見てみてもすべての地域で「地域の治安は特にチェックしていない」が最も多くなっていました。「自分で実際に周辺を回ってチェックした」を見てみると、ほとんどの地域は20%未満でしたが、関西(23.8%)と関東(23.1%)のみ20%を超えており、他の地域より多くなっていました。

ちなみに年代別で見てみても、すべての世代で「特にチェックしない」が多くなっていました。「実際に周辺を回ってチェックした」は上の世代ほど多くなっていました~。

「調査団員の声」では、地域の治安や実際に経験したことなど、ご意見や思うことを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
40代女性

以前の住居は「社宅」とも言ってよいところで、しかも「単身者向け」で同じ組織に勤務していても,付き合いがほとんどない。回覧板もまともに回すことができない程度の人間も多い。そんなところに、ストーカーじみた行為をする人間に自宅を突き止められ、押しかけられたりした為、現在の住居を決めるきっかけとなったのは「自治会(町内会)」の組織があったから。それを調べる為に下見をしていたのではないが、「自治会」があることを知り、「近所の目」がある安全(とまではいかないかもしれないが)と安心感から、他の候補地でなく現在の住居を選んだ。 46才  静岡県  未婚 女性

家を突きとめられるのは怖いですね。。自治会など周りに目があるかどうか、というのは重要ですね!調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

とにかく「治安」などという言葉とは無縁の田舎に住んでいるので、子供の上京の時には気を使いました。ネットで調べて実際に現地を歩いて、最終的には「派出所」が近いということで住むことを決めたようなところがあります。やはり警察官が近くにいるという安心感は離れて暮らす親にとっても大きかったです。 54才  長野県  既婚 男性

気づきませんでしたが、派出所や交番の近くにあるというのは安心感がありますね~。調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

防犯やテロ対策という誰もが反対できない錦の御旗のもと、戦前のような思想統制・相互監視社会に逆戻りしかねない人権侵害が行われていないか、主権者である国民として注意が必要だとあえて言っておきたい。私のマンションでは集合ポストにチラシ類の投函禁止の掲示が出されたが、これが選挙の際の法定ビラ(各政党が政策を訴えるために自由な配布が認められている、民主主義にとって重要な手段)の配布を住居侵入罪で逮捕するという、行き過ぎた取締りの口実になっていることを指摘した。防犯カメラは、いつ、どんな目的で画像を再生したか、管理組合の総会で報告することになっている。 62才  東京都  既婚 男性

防犯カメラの映像を見られる人がいるという意識をしたことがなかったのですが、確かにそのとおりですね!見た人の記録を残しいて報告しているのはいいですね!調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

古い昔の町、昔そこそこ発展した町で家を建てた。趣味と感覚に合って住んだが治安がいいとは言えなかった。住んでわかることが多いし、住民との接触が無いため情報が得られなかったことと、インターネット情報は皆無、住民の聞き取り情報のみ、それも地域閉鎖的なところが多く情報も取れなかった。施錠なし、隣なら、誰でも入れるような状態、施錠すると白い目で見られた。(私は施錠しました)大変な所に家を建てたもでした。今は様変わりして、不自由はないですが将来は過疎化と高齢化がすごいですね。 69才  岐阜県  既婚 男性

50代男性

夜路の歩道で前に女性が歩いていると、勘違いされないかな…と緊張してしまいます。途中で曲がってくれるとホッとするのですが、大通りから曲がる場所が同じだったりするとホント困っちゃう。基本ゆっくり歩いて距離を開けるようにしますが、急いでるときはバタバタと慌ててる「ふり」をして女性を抜き去り、その後もスマホや腕時計を大げさに見たりして急いでる「ふり」します。女性が安心して歩ける。それが同じ道を行く男のエチケット。そう思ってます。 53才  東京都  既婚 男性

50代女性

我が家があるのは古い住宅地で、引っ越してきた40年前はまだまだお屋敷のような大きな家が多く、そのため塀や生垣が長く続く道は暗く、何度か痴漢にあったことも。高齢化と共に大きな家は売却され新しい家がどんどん建てられ、駅前にはマンションも増えて、住宅密集地と化している。昭和の家屋がどんどんなくなり、箱のような家が増えて風情はなくなったが、駅で降りる人が増え、道は家の明かりが照らし、夜遅くても以前より安心して歩けるようになった。 56才  大阪府  未婚 女性

40代男性

子どもの頃は隣近所や地域のひと同士につながりがあって、自然と防犯や安全に対してのネットのようなものができていたと思う。自分の父親もよく「火の用心」の見回りに参加していたっけ。今は核家族化が進んで新しい町に住んだりして、そのようなつながりもなくなってしまったが、そろそろ本気で「地域」で暮らすことについてひとりひとりが考えるべきだと思う。小さい子の見守りもそうだけど、地震のときとか非常時にも必要になってくるわけだし。 45才  東京都  既婚 男性

40代男性

一度実家から出て8年ほどアパートで暮らして、実家の隣に家を建てて戻ってきました。決め手となったのは、地域住民とのコミュニケーションがしっかり残っていた!と言うのが一番の理由です。近隣住民、自治会との付き合いが煩わしいと言う世の中ですが、実際にはメリットも沢山あると感じました。気軽に挨拶が出来る事や農家さんからのお裾分け、子供達の通学時は近隣住民の見守り、大人子供を含めお互いに顔が分かっている事での安心感等々、お金じゃ買えないコミニュケーションが沢山ありました。近所付き合いは意外と楽しい!と言う事が良く分かりました。 46才  茨城県  既婚 男性

50代男性

ほぼ同じ地域に30年くらい住んでいます。そのうち、1995年から15年居住したアパートでだけ自転車が三回盗まれました。一度は鍵をかけ忘れていた結果だったのですが、他の二度は鍵を壊されています。(要するに、自転車側での対策は無駄だったと言うことです。)しかし、2010年から居住しているマンション(部屋数約200室)では、今度は窃盗被害はまったく聞いたことがありません。ここのマンションは、管理会社と住民理事会がしっかりしていてモラルも高く、窃盗もゴミの不法投棄もここ5年では一度も無く、何よりも、敷地内で会えば、住民同士で必ず挨拶がある、という点が良いと思います。また、敷地内に壊れているところ、整理できていないところがなく、まったく知らない人が見ても、少なくとも外観では、築20年以上たっているようには見えないくらい隙がありません。従って、不審者(少なくとも、今まで見かけたことがない人)が敷地内に入ってきたらすごく目立つようになっています。その代わり、このマンションの管理費はこの地域の相場よりやや高めです。ですので、マンションの場合は、管理体制は防犯上重要であると考えます。 55才  千葉県  既婚 男性

50代男性

町内会で防犯のためのビデオを設置し始めたが、そのビデオの映像をみることの出来る人と、そうでない人との間で、監視する人、監視される人の立場の違いができ、プライバシーの侵害が町内の人によって犯されるのではないかと不安に思う。昔は、ご近所同士で不審者が現れたら報告し合ったり、法事や旅行などで長く不在するときは、留守の間宜しくお願いしますと挨拶したものだが、最近は、ご近所の人との交流もうすれ、逆に警戒しなければならない。実際に不審者が出ているのは確かだが、ご近所の人も警戒しなければならない、そういう時代だと思う。 54才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

ある夜遅く、自転車に乗り、もう一台を引いて走っていた。盗んだのではなく、遠くにある駐車場との連絡用の2台目の自転車を持ち帰るところだった.その時、突然、後ろでライトが光った。なんとパトカー。不審者としてつけていたらしいのだが、全く気づかせないテクニックには感心した。もう一つは、駅のホームからも見える広い駐車場に、私はホロのついた車を駐車していた。人目にもつきやすく安心して置いていたのだが、ある日、ギヤボックス回りに菓子クズが散らばっていた。自分や家族も食べない種類と気が付いた。車を見直すと、ソフトなウインドウに手が入りそうな傷がある。そこでやっと気づいた私は、夜中にそっと中を覗き込んだ。なんと少年がスヤスヤ寝ているではないか。すぐに交番に行き警官に報告、パトカーも出動して不法侵入で逮捕してもらった。なんと車上強盗を続ける家出少年だった。被害は、ソフトな窓を破られただけだが、ホロ交換や保険の自己負担分など高いものについた。それにしても担当したおまわりさん、「私の当直の日にこんなことが起こるなんて」とぼやき続け、犯人が逃げないか緊張しっぱなしだった。治安を守るのも大変なことなんですね。 74才  東京都  既婚 男性

30代男性

東日本震災から既に7年が過ぎますが、私の住むいわき市では、避難者が多く流入し交通や病院などが混雑するなど、影響がまだ残っています。避難者と既存住民の認識の差で揉め事になったという話も聞きましたし、自動車運転が荒い人が目立ったり、ゴミ処分ルールや、歩行者や自転車にも交通ルールを守らない人も目立つなど、震災前から比べると色々な意味で、“ゆとり”や“余裕”が無い人達が増えたように感じます。私自身も震災と原発事故の直接な被災者となり、親戚には津波に襲われて命の危険に晒された方も、原発事故の“帰宅困難地域”となり帰る場所を失った方も、震災後に体調を崩し亡くなった方もいます。私にとって大切な人も、震災後に病気で亡くなりました。これら全てを“治安”として扱っていいのかわかりませんが、東日本震災で“私の社会”が変わったことは事実であり、失ってしまったものの方が多いと感じます。 37才  福島県  未婚 男性

40代男性

今まで住んだ街や職場のあった街での経験からですが、地域のつながりはある程度ある街の方が、また警察官や地域の人によるパトロールのある街の方が治安は良い場合が多いと感じました。しかし、地域のつながりの強さよりも居住している人や店舗・会社などの経営者や従業員等の防犯・治安意識の高さと何か事があった(ありそうな)場合に行動や実行ができる人の有無の方が重要だと感じています。実際に、そういう街は住みやすく、金銭的な防犯コストは余り掛かっていませんでした。 48才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

以前海外に住んでいた時、家の敷地内は暗くしていると防犯上よくないので街灯などをつけて明るくしていた。門灯はもちろん塀の上などにも街灯をつけていたが日本は夜、家の周りを明るくしていない、街灯があるとはいえ玄関ドア付近は灯りをつけていない家が多いと思う。家人が皆帰ってきたら消してしまうのか、設備があっても一晩中灯りをつけている家が少なくちょっと引っ込んだ場所の家など、防犯上怖いと思う。 53才  東京都  既婚 女性

50代男性

私はマンションに住んでいるが、元々の住人である地元商店街の方たちの方が、ガラが悪く治安を悪化させている。警察や自治体の言うことにも従わず、自分たちのルールを押しつけ、気に入らないことがあると、待ち伏せをして恫喝してくる。田舎の商店街の方は人情があるかのようなテレビの街歩き番組は、幻想だなぁと実感している。 50才  愛知県  既婚 男性

60代男性

40年前に周囲が全て田んぼだった100軒程の新開住宅地に引っ越してきました。 その頃は殆どの家庭がサラリーマンで、昼間の目が少なく、女性の洗濯物泥棒や空き巣等が年に二、三回ありましたが、10年、20年過ぎて、田んぼが住宅で埋められるようになると、次第に犯罪が少なくなりました。 隣近所の目の多さ、親密さが増し情報交換や気づきが増えると犯罪が減り、現在は不安なく生活しています。 74才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

不審者情報とか空き巣狙いの情報とか、いろいろ流れてきますが、我が家のある地域は自治会が本当にしっかりしていて、それが防犯上本当に役に立っていると思います。最近、自治会からの脱退や最初から入らない転入者が増えていて、悲しい思いをしています。自治会の防犯委員の方々は、この地域に住んでいる方々全てを分け隔てなく、同じように見回っていますよ。そのことだけでもご理解ください。 53才  茨城県  既婚 男性

60代男性

仕事の関係で会社の人について行ってもらって「こんな良い所はない」と言われて、引っ越しまで1週間しかなかった為、急遽そこに引っ越してみたが、引っ越してから地元の人に聞くと、そんなところには地元の人は住まないといわれた。確かに住んでみて、その地域は雰囲気も住んでいる人も感じはよくなかった。不動産屋もよそから来るよく知らない人間を狙って案内していたようである。 60才  京都府  未婚 男性

60代男性

私は学童の帰校時に見守り隊として参加していますが、その傍らでは警官が二三任人で一時停止違反を取り締まっている。児童の犯罪が増えている昨今、子供が帰校している時間帯だけでも、学童を見守ってほしいと思います。確かに一時停止は交通ルール上では大変重要なポイントです。が、ついでに学童も見てほしいと思います。おまわりさんのポイントになるかは知りませんが・・。 76才  東京都  既婚 男性

60代男性

50年前には夏の夜二階の窓は開けっ放しで寝るのは当たり前だった。道路ではご近所の人たちと挨拶するのも当たり前だった。最近の状況はその両方とも夢の又夢で全く出来ていない。生活が豊かになった分こころが貧しくなったという人もいるが。共働きして子供を他人に預ける生活が本当に「豊か」といえるのか。 80才  愛知県  既婚 男性

50代男性

自宅を購入する際に決め手のひとつになったのは、隣近所の方々でした。きちんと挨拶してくれて、こういう方々が隣人なら安心だと思いました。その後約10年になりますが、みなさんと仲良くさせてもらっています。やはり地域でコミュニケーションが活発になることが、重要な治安対策のひとつだと思います。 51才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

私は単身赴任で今の市に来ました。今のアパートは10年間住んだ同じ市内から3kmくらいの所に移りましたが、理由は、当時近くにあった警察署が他へ移転して、近くで犯罪が増えたからです。警察署が移転するって聞いたことがありませんが、やはり、安全じゃなくなりました。 59才  千葉県  未婚 男性

60代男性

近頃は、不法入国の外国人の犯罪が増えている。近所で、不法入国外国人数名の空き巣狙いがあり、親戚と買い物から帰ったら、中で仕事している最中で、見張りが帰宅を見つけて、玄関から入った瞬間に窓から逃げて行った、後日掴まり実況見分を警官立ち合いで行っていた。 67才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

おんぼろアパートで、コンクリート土台部分が共同車庫になっているのだが、入居して3ヶ月くらい後にスタッドレスタイヤ4本が盗まれた。また、車上荒らしにもあった。しかし、仕事の時間帯が変わったため、同じアパートのおばちゃんと会う機会が増え、挨拶からバカ話、稀に政治の話など、妙な所で情報収集している(笑)。「おはようございます。どこ行くの?」「病院に行きます」「どこが悪いの?」「アタマです」「それは知ってるから」なんて具合。 47才  北海道  未婚 男性

50代男性

怪しいヒトに「財布を落としてお金がありません……」といって声をかけられたことがありました。続けて彼が「一応警察に届けたのですが……」といった時、私はすかさず「じゃあ、警察に任せるしかないね」といってその場をそそくさと立ち去りました。電車賃程度なら交番でお金を借してもらえるというのを聞いたことがあるのでなぜ彼がそうしなかったのかものすごく気になりました。 52才  大阪府  未婚 男性

60代女性

学童の見守りは拠点も大切だが、普段から登下校に合わせて住民の目がある方が防犯に役立つ。こちらから声をかけて良いものか迷うが、子どもから「こんにちは」と言われるとホッとする。人とすれ違う時挨拶、会釈ができると犯罪の減少にもつながると思います。個人情報保護で連絡網を作らないのはマイナス面もあると思います。それを悪用しない環境を作る方がいいのでは? 69才  大阪府  既婚 女性

60代男性

付け入るスキを見せないことが肝要では。自転車にはこれ見よがしに二重ロックをかけます。部屋のドアホンには「アポなし面会お断り」と貼り紙しておき、その故をもって相手にせず門前払いすればヤクザみたいな訪問販売・勧誘に取り付く島を与えずに済みます。と言うか、ドアを見た時点で「脈なし」と判断してさっさとツギを探すのがカシコイ外務員なのでしょうね。はい。 71才  愛知県  未婚 男性

50代女性

刑務所が近くにあるので、出所した人がコンビニで無銭飲食をしたり自転車を盗んで逃げていったということを聞く。刑務所からの脱獄は今のところないが、そういったことが起きたときはどう対処すればいいのかわからない。数年前も入管に引き渡さなくてはならない受刑者を釈放しており、そのことを刑務所側が隠していたので刑務所の対応には不信感しかない 51才  愛知県  既婚 女性

60代女性

普通に暮らしているうえで何も問題はなかったが、転勤で関西に住んでいた時に、いつも通っているところが、暴力団の事務所だったらしく、抗争があったみたいで、しばらく警察の装甲車が止まっていて、怖かった。見ただけではよくわからないし、結構どこにでもあるものではあるのかな、通常は一般の市民に影響は無いように思う。もちろんいてほしくはないですが。 61才  東京都  未婚 女性

60代男性

田舎なので自治会の活動が多すぎる。翌月の予定を決める際は自治会活動をチェックしてから決めないと予定がたたない。本来ボランティアなのに、河川清掃、道づくり、山の下刈りなどあり、欠席すると出不足金を取られる。高齢化が進み危険な場所も多く今後の運営に疑問を感じる。 67才  長野県  既婚 男性

60代男性

最近、インバウンドなどの関係で民泊が多くなってきていますが、旅行者か不審者かわからない輩が増えてきている。民泊の法律が改正されたのかもわかりませんが、民泊所とわかるようにしてもらわないと、民泊の場所を探している姿が不審者にみえることが多い。 68才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

最初に独り暮らしを始めた地域は不動産価格の安い地域でしたが、暴走族などの不良が多かったり、ご近所トラブルを招くようなガラの悪い人も目立ちました。多少無理をしても、ある程度の値段のする場所に住むべきだなと思いました。その後、教訓を活かして2回転居しましたが、安心して住めています。 59才  東京都  未婚 男性

60代男性

70歳から88歳の3月まで防犯関係のボランティアに携わったが、結論から言えば「空しい」の一言だった。勿論心ある人もたくさん居たが心無い蔭口の多さに傷ついた。警察の態度も決して温かいものではなく「下っ引き」程度にしか思って居なかったのではないだろうか。 88才  京都府  既婚 男性

60代男性

鍵には出来心での空き巣を防ぐ程度の効果はあると思います。どんなに堅剛な鍵でも力ずくで入ろうとする泥棒には効き目があるはずもありません。ならば施錠は不要か?さすがにそれもできません。結局きちんと施錠して出かけています。 63才  大阪府  未婚 男性

50代女性

今のひとつ前の場所は、小中学校と公園だったため、夜は人通りもなく、バスも早くに終わってしまって、結構怖かった。ストーカーにもあったしそれ以上の被害にも遭いそうになった。住宅街って本当に怖い。独り暮らしなら駅近で大通りに面した所がいい。 52才  東京都  未婚 女性

60代男性

付近で空巣・車上荒らしが発生したとき以来、自治会で定期に夜間の防犯パトロールを実施している。ただ定期のパトロールでは不十分なので通勤帰宅その他に注意を払うべく自治会の申し合わせとしている。なおパトカーの不定期巡回もお願いしている。 71才  千葉県  既婚 男性

60代男性

時々,様々な形での異常者が居るようだが,近隣の住民は直ぐに警察などに通報しているようで,パトカーが直ぐ来る.これが行きすぎて,善意のボランティア活動にも通報されパトカーが呼ばれ,個人情報を根掘り葉掘り聞かれて閉口した経験あり. 75才  東京都  既婚 男性

50代女性

マンションのエントランスで会う人は住人か否かにかかわらず、「おはようございます。」、「こんにちは」などの挨拶をするようにしている。後ろ暗いことのある人は接触を他人との好まないと思うので、ささやかな抑止力になることを期待して。 59才  神奈川県  未婚 女性

50代男性

自治会で消化器を自治会の中のすべての道路に設置している。実際の火事などでは屋外ではあまり使えないと思われるが,消化器を設置している自治会は,盗難や放火などの犯罪が少ないことが明らかになっている。市町村でも補助金を出している。 59才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

駅の駐輪場が有料になったら、自転車の盗難が殆どなくなった。こうした小さな窃盗事件は大きな事件の火種となるものであり、警鐘を鳴らしていたのだが警察も行政も動こうとしなかった。思わぬ副作用で事件の芽が摘み取られた形になった。 76才  千葉県  既婚 男性

40代男性

一部の地域を除けば、所謂住居地域と呼ばれる場所の治安に差はないと思う。マンション等集合住宅に住んでいれば1軒くらいは面倒な家族がいるし、戸建に住んでいても近くの賃貸住宅に変な人が引っ越してくるかもしれない。昭和の中期のような、カギをかけずに出かけても大丈夫なんていうのは求めるほうが間違い。今現在治安が良い地域に住んでいるのだとしたら、ほとんど運と考えるべきと思う。 49才  愛知県  既婚 男性

40代男性

入居したマンションタイプの賃貸には、エントランスや駐車場に防犯カメラが。オートロックはないのですけど。まぁアピールなのかな、と思っていたのですが、たまたま近所でお仕事をすることになった際、先方から「あんまり治安良くないんですよ。警備員配置も考えた方がいいですよ」と。長い賃貸生活ですが、こういうアドバイスは初めてでした。今のところ特に実感はないのですれども…。 49才  東京都  未婚 男性

50代男性

もともと軽犯罪すらほとんど見かけないとても治安の良い土地柄だからなのか防犯の意識は高くない。今の住まいに関していえば道路挟んで向かい側に警察署。4階建てのマンションにエレベーターはなく階段もひとつしかない不便な建物なのだが逆に侵入した場合の逃げ道が限定されているため建物の不便な構造が防犯の役に立っているというのは皮肉な点。 55才  群馬県  既婚 男性

60代女性

うちのマンションに連続して泥棒が入ったことがあります。一回目は1戸、二回目は2戸、被害に遭いました。一回目と二回目の間は2カ月位あり、マンションの侵入された箇所に応急処置を施しましたが、本格的な対応はまだでした。それに加えて、戸別の対応もまちまちでした。防犯システムの弱点を突かれた場合、とにかく即対応が必要ですね。 62才  大阪府  未婚 女性

60代男性

近隣では、ひったくりと侵入盗が多い。ひったくりは若者が犯人であることが多いが、失業率が低くなってから減少したように思う。侵入盗は依然多いが、強硬な行為に及ぶものは外国人絡みが多い。後者は日本の経済状態とは無関係に惹き起こされるケースもあり、社会的及び個人的の双方でより防犯対策の必要性が大きいと考える。 63才  愛知県  既婚 男性

40代男性

車上荒らしの被害に遭いかけたことがあります。普段助手席側からドアを開けることはないのですが、ある日たまたま助手席側から開けようと鍵を差そうとしたら鍵穴周りに傷があるのを発見しました。何か盗られた形跡もなく、いつそんなことになったのかわかりませんが、怖いと思いました。 41才  群馬県  未婚 男性

50代男性

私が住んでいるのは、持ち家(一戸建て・マンション)が多い地域だが、最近になって数棟の賃貸アパートが建った。その途端、広くない(車同士の離合が少し難しい)道路を感覚的に猛スピード(恐らく50Km/h程度)で走り抜ける車が増えた。これも治安が悪化した予兆だと感じている。 53才  岡山県  既婚 男性

50代男性

地域は都会でありつつ下町の情緒の残る地味だが住みやすい街。しかし、マンションが近隣に増えて来て知らない新しい住人が越して来たり、ガキんちょの躾が十分に出来ていない若い親の家庭が増えたりとかで「ひったくり」等昔は無かったような犯罪も起こるようになったのが困る! 59才  大阪府  未婚 男性

60代男性

地域のまちづくり驚異会代表として、防犯・防災対策に携わっています。地域を守るため関係機関団体ての連絡連携を密にして、情報収集実態把握に重点を置き、対策につん揚げるよう努めています。特に防災に関しては、女性の積極的活用と言うことで、日本防火・防災協会の表彰も受けました。 70才  大阪府  未婚 男性

40代女性

現在の住まいで過して20年以上が経過しました。これまで近所で事件や事故等もなく、普段どおりの生活ができておりますが、過去に何度か日頃から家の施錠の大切さを痛感した事があります。近所やわが家にドロボーが入らないのは、近くの交番のお巡りさんのお陰だと思います。 49才  静岡県  既婚 女性

治安についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 冬の味覚の料理ランキング1位 おでん、2位 すき焼き、3位 カキフライ
  2. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  3. 33.0%は、会話が1週間に1回以下
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  6. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  7. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  8. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  9. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  10. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官