51.0%が救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知らないと回答

本文へジャンプします。


何でも調査団
健康・病気・医療 2019年10月25日

病院についてのアンケート・ランキング

「病院に行くのはどんな時?」「お薬手帳、使ってる?」「お医者さんの評価ポイントは?」など“病院”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2019年08月30日~2019年09月26日/有効回答数:2,318



レポート02 51.0%が救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知らないと回答

救急車を呼んだ方がいいか迷った時に問い合わせる連絡先を知っていますか?(例:東京消防庁救急相談センター:#7119、こども医療電話相談事業(全国):#8000)

グラフ
編集部まとめ

一部自治体で導入されている救急車を呼ぶか迷った時の問合せ先を知っているか調査しました。総合では、「知らない」 51.0%、「知っているが使ったことはない」40.4%、「知っていて使ったことがある」8.6%という結果でした。全ての自治体で導入されているわけではない制度ですが、救急車を呼ぶかどうかを相談できる先があることについて、まだ十分な認知がされていない状況がうかがえました。

■女性のほうが相談先を知っていて、利用率も高い傾向

男女別にみてみると、問合せ先を知っている、利用したことがあるのは女性55.3%、男性46.5%と女性の方が8.8ポイント高く、お子さんのいらっしゃる方が子供を病院に連れて行くなどで迷うことが多いからかと類推されました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「知らない」53.5%
「知っているが使ったことはない」39.08%
「知っていて使ったことがある」7.5%

【女性】
「知らない」44.7%
「知っているが使ったことはない」44.7%
「知っていて使ったことがある」10.7%

ちなみに、地域別でも差が出ており、「東北」「北陸・甲信越」「中国・四国」地方が65%近くが「知らない」という結果となっていました。都市部で導入されているので地域的な隔たりがあると考えられます。


調査団編集部:マリカナ団長

病院についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 病院選びは57.5%が通いやすさを重視
  2. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  3. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  4. 演奏できるようになりたい楽器ランキング、1位 ピアノ、2位ギター
  5. 宅配便の不満ランキング、1位 配送料やサービス料金が高い
  6. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  7. 年をとったと思う瞬間1位は「人の名前や言葉がすぐにでてこないとき」
  8. 和服の似合う女優ランキング 1位 岩下志麻、2位 吉永小百合、3位 八千草薫
  9. 西洋人画家の人気ランキング 1位 モネ、2位 レオナルド・ダ・ヴィンチ
  10. 韓国に対する印象の調査では、良いが4.1%、悪いが84.2%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官