本文へジャンプします。

Wi-Fiについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
携帯電話・スマホ 2019年8月2日

Wi-Fiについてのアンケート・ランキング

「フリーWi-Fi は使う?」「モバイルのデータ通信量がオーバーしたらどうする?」「分かるようで分からないIT・ネット用語は?」など“Wi-Fi”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2019年07月05日~2019年07月18日/有効回答数:2,179

調査レポート

レポート01 15.5%は「フリーWi-Fiは怖くて(よくわからなくて)使ったことがない」

フリーWi-Fiは利用しますか?

グラフ
編集部まとめ

フリーWi-Fiを利用しているかどうか調査しました。総合で「Wi-Fiが使える機器を持っていない」の13.0%を除くと、最も多かったのは「接続先を選んでたまに使っている」で47.8%、次いで「怖くて(よく分からなくて)全く使ったことはない」で15.5%、「使ったことはないが、使いたいと思っている」で9.3%の順でした。

■若い世代ほどフリーWi-Fiを使う人が多い

年代別にみてみても、すべての世代で「接続先を選んでたまに使っている」が最も多くなっていました。利用率は、30代以下は69.6%に対し、上の世代ほど割合は減り、60代以上では37.1%になるなど、若い世代ほど率が高くなる傾向がありました。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
「接続先を選んでたまに使っている」 69.6%
「怖くて(よく分からなくて)全く使ったことはない」 13.0%
「接続先を気にせず頻繁に使っている」 8.7%
「Wi-Fiが使える機器を持っていない」 4.3%
「わからない」 4.3%

【40代】
「接続先を選んでたまに使っている」 58.1%
「怖くて(よく分からなくて)全く使ったことはない」 12.6%
「使ったことはないが、使いたいと思っている」 8.9%
「接続先を気にせず頻繁に使っている」 7.8%
「Wi-Fiが使える機器を持っていない」 7.4%
「わからない」 5.2%

【50代】
「接続先を選んでたまに使っている」 57.6%
「怖くて(よく分からなくて)全く使ったことはない」 13.7%
「使ったことはないが、使いたいと思っている」 6.7%
「接続先を気にせず頻繁に使っている」 9.6%
「Wi-Fiが使える機器を持っていない」 9.4%
「わからない」 3.0%

【60代以上】
「接続先を選んでたまに使っている」 37.1%
「怖くて(よく分からなくて)全く使ったことはない」 17.5%
「使ったことはないが、使いたいと思っている」 12.3%
「接続先を気にせず頻繁に使っている」 7.6%
「Wi-Fiが使える機器を持っていない」 17.8%
「わからない」 7.7%

ちなみに地域別でみてると、「接続先を選んでたまに使っている」が多かったのは九州の54.1%、中国・四国の50.9%でした。少なかったのは、北海道の43.2%、北陸・甲信越の46.4%でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート02 フリーWi-Fiの利用場所ランキング、1位 ホテル、2位 ファーストフード店

外出先でフリーWi-Fi に接続したことのある場所はどこですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

外出先でフリーWi-Fi に接続したことのある場所について調査しました。「Wi-Fiに接続したことはない」の38.5%を除くと総合で1位は「ホテル」で34.6%、2位は「ファーストフード店・コーヒーショップ」で25.8%、3位は「鉄道・駅」で23.5%、4位は「飛行機・空港」で16.8%、同じく4位は「コンビニ」で16.8%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ホテル」 34.6%
2位 「ファーストフード店・コーヒーショップ」 25.8%
3位 「鉄道・駅」 23.5%
4位 「飛行機・空港」 16.8%
4位 「コンビニ」 16.8%
6位 「携帯電話ショップ」 16.2%
7位 「自治体が提供しているスポット(役所、観光地など)」 14.4%
8位 「ショッピングセンター」 12.3%
9位 「レストラン」 11.3%
10位 「スーパー・ドラッグストア」 6.0%

■1位は30代以下が同率でファーストフード店と駅、40代以上がホテル

年代別に1位をみてみると、30代以下は同率で「ファーストフード店・コーヒーショップ」と「鉄道・駅」 、40代以上は「ホテル」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「ファーストフード店・コーヒーショップ」 34.8%
1位 「鉄道・駅」 34.8%
3位 「ホテル」 30.4%
3位 「携帯電話ショップ」 30.4%
3位 「自治体が提供しているスポット(役所、観光地など)」 30.4%

【40代】
1位 「ホテル」 37.4%
2位 「ファーストフード店・コーヒーショップ」 33.7%
3位 「鉄道・駅」 28.9%
4位 「コンビニ」 23.7%
5位 「携帯電話ショップ」 19.3%

【50代】
1位 「ホテル」 44.0%
2位 「ファーストフード店・コーヒーショップ」 34.4%
3位 「鉄道・駅」 29.6%
4位 「コンビニ」 23.0%
5位 「飛行機・空港」 20.9%

【60代以上】
1位 「ホテル」 25.6%
2位 「鉄道・駅」 16.4%
3位 「ファーストフード店・コーヒーショップ」 15.7%
4位 「飛行機・空港」 13.3%
5位 「携帯電話ショップ」 12.2%

ちなみにその他では「病院」「スポーツジム」「自動車販売店」「高速道路のSA」などが複数寄せられていました!

「調査団員の声」では、外出先でネットに接続しようとして便利だった場所や接続で困ったことなどの印象的だったエピソードを教えてただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

ファミレスでWi-Fiがつながると喜んで接続しようとしたら、やたらと接続方法が面倒で、やっとつながったと思ったら速度がまったく出ず、動画を見ることもできなかった。不十分なサービスは提供しない方がいいのではないかと思いました。Wi-Fiのあるなしではなく、十分に速度が出ないと意味がない時代になった。 53才  神奈川県  未婚 男性

せっかくつながったのに、ページが読み込まれないこと、確かによくあります★ちょっとがっかりしちゃいますー調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

出張先の、イギリスのホテルのWi-Fiは全くのフリーでパスワードも無かったので、非常に不安でした。私個人のパソコンを接続するのは非常にためらいましたが、世界的に有名なセキュリティソフトの力を信じて利用しました。その後、とくに困ったことは起きていないのでよかったのですが、1泊だけだったら利用しないと思います。 51才  千葉県  既婚 男性

いくら無料で使えても、パスワード無しだとやっぱり不安ですよね。わたしも使うのに迷うかも調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

長い入院、闘病生活の時に病床で情報収集するにはWi-Fiが無いと不便でした。4年前には設置されていなかったWi-Fi、今は通院時でも不安なくスマホを眺めていられます。 60才  北海道  既婚 女性

病院でもWi-Fiが使えるようになっているんですね。待ち時間に使えるのは嬉しいです^▽^ 調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート03 フリーWi-Fiで接続して使うもの 1位 WEBの閲覧、2位 メール、メッセージ

外出先でフリーWi-Fi に接続して利用するものは何ですか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

外出先でフリーWi-Fi に接続して利用するものについて調査しました。総合で1位は「WEBサイトの閲覧・検索」で40.2%、2位は「メール、メッセージ」で33.2%、3位は「地図・乗り換え案内」で25.7%、4位は「SNS」で14.5%、5位は「ゲーム」で8.7%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「WEBサイトの閲覧・検索(観光スポット、お店情報など)」 40.2%
2位 「メール、メッセージ」 33.2%
3位 「地図・乗り換え案内」 25.7%
4位 「SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム等)」 14.5%
5位 「ゲーム」 8.7%
6位 「アプリのアップデート・インストール」 7.4%
7位 「仕事」 6.9%
8位 「新聞」 5.7%
9位 「動画」 5.2%
10位 「端末のアップデート」 4.9%

■30代以下は他の世代より動画で使う

年代別にみてみると、すべての世代で「WEBサイトの閲覧・検索」が1位になっていました。「動画」については、30代以下は17.4%だったのに対し、40代以上ではいずれも7%以下になるなど差があったが特徴的でした。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「WEBサイトの閲覧・検索(観光スポット、お店情報など)」 47.8%
2位 「メール、メッセージ」 39.1%
3位 「地図・乗り換え案内」 34.8%
4位 「SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム等)」 26.1%
5位 「ゲーム」 17.4%
5位 「動画」 17.4%

【40代】
1位 「WEBサイトの閲覧・検索(観光スポット、お店情報など)」 50.7%
2位 「メール、メッセージ」 28.1%
3位 「地図・乗り換え案内」 26.3%
4位 「SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム等)」 19.3%
5位 「ゲーム」 17.4%

【50代】
1位 「WEBサイトの閲覧・検索(観光スポット、お店情報など)」 49.0%
2位 「メール、メッセージ」 40.0%
3位 「地図・乗り換え案内」 30.5%
4位 「SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム等)」 19.3%
5位 「ゲーム」 11.7%

【60代以上】
1位 「WEBサイトの閲覧・検索(観光スポット、お店情報など)」 30.7%
2位 「メール、メッセージ」 28.3%
3位 「地図・乗り換え案内」 21.2%
4位 「SNS(Facebook、Twitter、インスタグラム等)」 9.2%
5位 「新聞」 6.5%

ちなみに男女別でみてみると、全体的に女性のほうが男性より様々なサービスを使っていました。男性のほうが多かったのは「新聞」「仕事」などでした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 データ通信量がオーバーした場合の対処で最も多いのは「低速のまま使う」

モバイル端末のデータ通信量がオーバーしてしまった時、どうしていますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

モバイル端末のデータ通信量がオーバーしてしまった時、どうしているか調査しました。「容量がオーバーしたことはない」の43.4%、「モバイル端末は持っていない」の22.8%を除くと、総合で最も多かったのは「そのまま低速状態で使っている」で16.4%、次いで「容量追加サービスを使う」で10.0%、「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」で8.0%の順でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「そのまま低速状態で使っている」 16.4%
2位 「容量追加サービスを使う」 10.0%
3位 「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」 8.0%
4位 「家族共有のプランに契約していて、使用量の少ない家族に分けてもらう」 1.5%
5位 「契約プランを変えて容量を上げる」 1.2%

■すべての世代で最も多いのは「低速のまま使う」

年代別にみてみても、すべての世代で最も多いのは「低速のまま使う」でした。30代以下は47.8%と全体平均の16.4%の2倍以上ありました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「そのまま低速状態で使っている」 47.8%
2位 「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」 8.7%
3位 「契約プランを変えて容量を上げる」 8.7%

【40代】
1位 「そのまま低速状態で使っている」 20.4%
2位 「容量追加サービスを使う」 11.1%
3位 「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」 6.7%

【50代】
1位 「そのまま低速状態で使っている」 16.9%
2位 「容量追加サービスを使う」 12.9%
3位 「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」 8.5%

【60代以上】
1位 「そのまま低速状態で使っている」 13.5%
2位 「容量追加サービスを使う」 7.4%
3位 「フリーWi-Fiが接続できる場所で使っている」 7.1%

ちなみに男女別にみてみても、ほとんどの差はありませんでした! 私も何度か低速になりましたが、あと1~2日我慢すればよかったので、そのまま使いました
^▽^

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート05 外付けのモバイルバッテリーを選ぶポイント、1位 容量、2位 価格、3位 重さ

外付けのモバイルバッテリーを選ぶポイントは何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

外付けのモバイルバッテリーを選ぶポイントについて調査しました。「外付けモバイルバッテリーは持っていない」の52.9%を除くと、総合ランキングで1位は「容量」で33.9%、2位は「価格」で26.5%、3位は「重さ」で17.8%、4位は「メーカー」で13.5%、5位は「安全機能・対策がされていること(過熱防止、ショート防止など)」で11.5%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「容量」 33.9%
2位 「価格」 26.5%
3位 「重さ」 17.8%
4位 「メーカー」 13.5%
5位 「安全機能・対策がされていること(過熱防止、ショート防止など)」 11.5%
6位 「充電速度」 9.6%
7位 「自分の持っている端末が対応機種に書かれていること」 6.7%
8位 「デザイン・カラー」 6.6%
8位 「残量表示が分かりやすいか」 6.6%
10位 「評判・レビュー」 5.1%

■30代以下の1位は「メーカー」、40代以上の1位は「容量」

年代別にみてみると、30代以下の1位は「メーカー」、40代以上の1位は「容量」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「メーカー」 43.5%
2位 「価格」 39.1%
3位 「容量」 34.8%
4位 「重さ」 17.4%
4位 「充電速度」 17.4%
4位 「PSE認証済みの機器かどうか」 17.4%

【40代】
1位 「容量」 41.5%
2位 「価格」 34.4%
3位 「重さ」 19.6%
4位 「メーカー」 13.3%
5位 「デザイン・カラー」 13.0%

【50代】
1位 「容量」 40.8%
2位 「価格」 29.3%
3位 「重さ」 22.4%
4位 「メーカー」 13.9%
5位 「安全機能・対策がされていること(過熱防止、ショート防止など)」 13.0%

【60代以上】
1位 「容量」 25.8%
2位 「価格」 21.2%
3位 「重さ」 13.7%
4位 「メーカー」 11.5%
5位 「安全機能・対策がされていること(過熱防止、ショート防止など)」 10.4%

ちなみに男女別でみてみると、1~4位まで総合と同じ順位でした。5位は男性が「安全機能・対策がされていること」、女性は「充電速度」と異なる結果になりました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート06 分かるようで分からないIT・ネット用語、1位 FinTech、2位 MVNO

分かるようで分からないIT・ネット用語はどれですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

分かるようで分からないIT・ネット用語について調査しました。
総合ランキングで

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「FinTech(フィンテック)」 60.6%
2位 「MVNO」 48.9%
3位 「Bot(ボット)」 47.9%
4位 「AR」 44.7%
5位 「GAFA」 42.6%
6位 「テザリング」 39.8%
7位 「ステマ(ステルスマーケティング)」 37.9%
8位 「エゴサーチ」 37.5%
9位 「IoT」 32.9%
10位 「VR」 24.1%

■年代によって差が大きかったのは「エゴサーチ」

年代別にみてみると、すべての世代で「FinTech」でした。年代によって差が大きかったのは「エゴサーチ」で、60代以上では48.2%が分からないと回答していましたが、若い世代ほど分からないと回答する人は減り、30代以下では4.3%のみになりました。

年代別は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「FinTech(フィンテック)」 52.2%
2位 「テザリング」 39.1%
3位 「MVNO」 34.8%
4位 「IoT」 30.4%
5位 「GAFA」 26.1%

【40代】
1位 「FinTech(フィンテック)」 58.5%
2位 「MVNO」 42.6%
3位 「GAFA」 40.7%
4位 「AR」 37.4%
5位 「Bot(ボット)」 36.3%

【50代】
1位 「FinTech(フィンテック)」 60.9%
2位 「MVNO」 46.4%
3位 「Bot(ボット)」 45.6%
4位 「GAFA」 44.6%
5位 「AR」 40.7%

【60代以上】
1位 「FinTech(フィンテック)」 60.3%
2位 「Bot(ボット)」 52.9%
3位 「MVNO」 51.8%
4位 「AR」 50.2%
5位 「エゴサーチ」 48.2%

ちなみに男女別にみてみても、いずれもFinTechが1位になっていました。2位は男性が「Bot」、女性が「MVNO」と異なる結果になりました!

「調査団員の声」では、最近知った・気になっているIT・ネット関連の用語とその理由を教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

blue tooth.4年4か月使ったスマホの機種変を現在検討中。情報収集の過程で「イヤホンジャック」の無い機種が存在することを知り、blue toothという言葉が意味することを知りました。しかしいつの間にか、電源アダプターの規格が変わっていたり、ストラップの穴が無くなっていたり、時代の変化を感じずにはいられません。 52才  埼玉県  既婚 男性

通勤で使っていますが、ワイヤーがないって便利ですよ~。もう戻れません調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

スマートと名付ける製品はセキュリティーやプライバシーに問題ある物が目立ちます。誰にとってのスマートなのか考えてしまいます。泥棒や顧客データを集めたい企業にとってスマートなだけで、消費者にとってはスマートではなかったりするので。 53才  東京都  未婚 男性

スマートさってなんだろう?と逆に考えさせられることも起こっていますよね★ 調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

「バズる」。SNSあんまやってない私、最初は電車でJKが、次に会社の若手が「バズってるじゃん!!」っての聞いたとき、文章の打ち間違い?(=バグ)のことかと思った。で尋ねると…なーるほど($・・)/~~~ 「バズる」の語源はいろいろだけど、言葉自体バズった影響で、IT業界では「バズマーケティング」というのも出来たとか。そういうわけで、調査団の私の投稿もバズれ!!…って、それはないか…。 54才  東京都  既婚 男性

みごとに編集部でバズっちゃいましたよ~♪(´▽`) またバズり投稿お待ちしてま~す調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 病院選びは57.5%が通いやすさを重視
  2. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  3. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  4. 演奏できるようになりたい楽器ランキング、1位 ピアノ、2位ギター
  5. 宅配便の不満ランキング、1位 配送料やサービス料金が高い
  6. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  7. 年をとったと思う瞬間1位は「人の名前や言葉がすぐにでてこないとき」
  8. 和服の似合う女優ランキング 1位 岩下志麻、2位 吉永小百合、3位 八千草薫
  9. 西洋人画家の人気ランキング 1位 モネ、2位 レオナルド・ダ・ヴィンチ
  10. 韓国に対する印象の調査では、良いが4.1%、悪いが84.2%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官