「親友」は「いる」が47%、「いない」が27%という結果に

本文へジャンプします。


何でも調査団
家族・友達・人間関係 2012年11月23日

人間関係についてのアンケート・ランキング

「“親友”はいますか?」「人間関係を円滑にするポイントは?」など“人間関係”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月9日~11月15日/有効回答数:3,340



レポート02 「親友」は「いる」が47%、「いない」が27%という結果に

「親友」はいますか?

グラフ
編集部まとめ

「いる」という人が47%と約半数。対して、「いない」という人が27%と約3割という結果に。ちなみに、「以前はいた」という人が14%、「自分では親友と思っているが、相手がそう思っているかはわからない」という人が11%でした。

男女で比較すると、男性は年代が上がるほど「いる」という人の割合が高くなっており、60代以上では50%を超えています。一方女性は、30代以下と60代以上が40代、50代よりも約10%「いる」という人の割合が高くなっていました。

ちなみに職業別で見ると、「会社役員/経営者」において「いる」と答えた人の割合が60%と他の職業よりも10%近く高くなっていました。

あたし、「親友」っていないかもしれない。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

またなんか今日は爆弾発言が続きますね…でも「親友」って人によって定義が違いますよね。

調査団編集部:ポンシュク団長

というわけで皆さんの「親友」の定義を見ていきましょう。ちなみに私は「親友」いますっ!

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
50代男性

会って話して、疲れるのが他人、疲れないのが友人、疲れが取れるのが親友。 53才  愛知県  未婚 男性

年代性別不明

お互いに、99.9%の本音が言えて、相手の本音が聞けて、かつお互いに、共感できること。その前提に、他言無用が存在する。これが条件でしょうか…長い人生、全く他人同士の中で、0.1%位は、どうしてもいえないこと、または、言わない方が相手への思いやりってことはあると思います。でも、それ以外のことを共有できる親友は、何よりも素晴らしい。家族って、言ってはいけない、ストレートに言わない方が良いことって、意外と多いんですよね。そういう意味で、親友の存在は大切です。

40代男性

ふと「いま、アイツなにしてるかな…」と頭に浮かぶヤツ(このあとソイツに連絡するとは限らない) 47才  東京都  既婚 男性

30代女性

自分の欠点など自分という人間そのものを丸ごと受け入れてくれ、なおかつ自分が一番どん底の状態(置かれている環境・周りからの評価・精神的状態・経済状況など全てにおいて)にある時でも自分から離れずに暖かく見守り支えてくれる友人(自分の状態が良いときは誰でも親しくしてくれる。どん底状態に陥って初めて誰が自分にとって親友なのかが分かると思う)。 35才  東京都  既婚 女性

60代男性

「その程度のことを」「そんなことを」ということでも話をし、お願いもできること。 62才  群馬県  未婚 男性

40代女性

家族のようにいつも一緒に居るわけじゃない。恋人のように毎日のように会いたい訳じゃない。でも自分の喜怒哀楽を共有して欲しい、相手の喜怒哀楽も自分が共有して喜び事は倍にしてあげたいし、悲しみ事は半分にしてあげたい。そう思える相手。家族よりは少し距離がある分、家族よりちょっと気楽に話せる家族に準じる存在。 47才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

一生つきあい続ける。何でも話せる。泊りがけの旅行に誘える。 51才  京都府  既婚 女性

40代男性

会う機会が少なく久しぶりでも、気兼ねせずに連絡を取り合える。変な優越感や劣等感などを抱かないで話しあえて、良い点・悪い点なども指摘しあえる。お金の貸し借りは絶対にしないが、食事やちょっとした事はお互いが出しあう事もあるが、決して相手に甘えない。 41才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

私は、親友という形を好まない。プライベートの事までさらけ出すといういわゆる親友はいない。しかし、多くの友達がいて、必要に応じて語り合い、相談できる人がいれば十分ではないかと考えている。 69才  東京都  既婚 男性

60代女性

線路のように、相手との距離を付かず離れずで、お互い思いやる同じ価値観のある相手。 62才  埼玉県  既婚 女性

50代男性

素での付き合いが出来て、お互いの思いや考えが通じる。たとえ、相手に非があったとしても許せるし、相手が困っていれば、自分を犠牲にしても助けることが出来る。しかし、家族、恋人ではない。 58才  福岡県  既婚 男性

30代女性

端的に言えば、自分にとって大切な人だと思える人。互いの短所を知っていても、それを攻撃したり利用したりしない。相手がより良い状態になるように、率直に忠告や意見を言ってくれる。 39才  千葉県  既婚 女性

50代男性

損得抜きで、ふとしたことで話したいと思う相手。話の内容は何でもあり。これはちょっとやめておこうというような気が起こる相手は親友ではないと思う。そういう相手はたくさんいるが、なんでも話と見たいと思う相手はなかなかいない。 53才  東京都  既婚 男性

50代女性

旅先でその人が好きな物を見たら思い出す。なおかつその人の為にそれを購入してプレゼントしてあげたくなる。身内以外ではそれが親友と感じる。 53才  東京都  既婚 女性

40代男性

何でも話せる。こいつに騙されるなら仕方がないと思える。騙さざるをえないどうしようもない理由があるはずと納得できるから。 43才  愛知県  既婚 男性

30代男性

「この人になら、相談できる。」「この人に頼られるのは嬉しいし、少々のことならやってあげたい」と、思える人。 自分に何か有った時「この人なら助けてくれる」その人に何か有った時「駆けつけたい」と思える人。 36才  北海道  既婚 男性

40代女性

こころのひだひだの奥のところまで話せる相手。こんな話をしたら軽蔑されるだろう、という範疇も吐露できる相手。 41才  香川県  未婚 女性

30代男性

若いころはお互いの家で飲明かせればそれで良かったが、結婚後、特に子供ができてからは家族ぐるみで付き合える関係。なおかつ過去に共有できる思い出があること。つまりどれだけ久しぶりに再会しても話題が尽きないような関係。 36才  石川県  既婚 男性

40代女性

年賀状を出す・出さないを迷わずに出せること。忙しくて会えなくても、友達と思えること。 48才  大阪府  既婚 女性

60代女性

若いころから今に至るまで親友の定義が分からず、「いない」と答えました。良い友達は数人いますが、それぞれ個性ありいろいろな面で違っています。もっと言えばそれぞれが欠点をもっています。長い付き合いの間にそれらが分かり、こちらの欠点も晒して付き合いは続いています。認めたり引いたり、怒ったり許したり、べたべたといつも一緒にいるという仲ではありません。付かず離れずの間合いがいいというか、もしかしたらこういう友人も「親友」の内でしょうか? 私は「親友」という言葉は使いたくないのですが。 75才  東京都  既婚 女性

人間関係についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 住まいの中でおしゃれだといいなと思う場所 1位は「リビング」
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. 昼食時によく飲むものランキング 1位 緑茶、2位 コーヒー
  4. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安
  5. みんなの思う歴代の最強横綱ランキング、1位 千代の富士、2位 大鵬
  6. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 入院したときつらかったことランキング 1位は「お風呂に入れない」
  9. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  10. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官