男女で意識差 定年後の生きがい男性は「パートナー」女性は…

本文へジャンプします。


定年・退職・老後の生活 2012年8月3日

定年(60歳以降の生活)についてのアンケート・ランキング【前編】

「定年後(もしくは60歳以降)にやり始めたこと、以前より意識的に増やしたものは何ですか?」「定年後の生きがいは何ですか?」など“定年(60歳以降の生活)”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年7月20日~7月26日/有効回答数:3,607



レポート04 男女で意識差 定年後の生きがい男性は「パートナー」女性は…

定年後(もしくは60歳以降)の生きがいは何ですか?
まだ定年を迎えていない方(「定年」に当てはまらない方で60歳未満の方)は、定年後、何が生きがいになっていると思いますか?

グラフ
編集部まとめ

「定年前の人」が、定年後の生きがいになるのではないかと思っているものは、1位が「パートナーの存在」で36%、次いで「健康を維持すること」「趣味や習い事」「旅行」がわずか数票差で同率となりました。

対して実際の「定年後の人」の生きがい1位は「健康を維持すること」で55%と半数以上。また、回答を男女で比較すると「パートナーの存在」という回答は男性44%に対し、女性が21%となんと半分。その分、女性は「1人で気ままに自由を楽しむ」や「友人との交流」「勉強などで知識を深める」「おいしいものを食べる」などパートナー以外に関わることを多くあげています。男女の意識の差が見られる結果となりました。

前もどっかで言ったけどさあ、男性は奥さんを生きがいにしているのに、女性はあんまり生きがいにしていないってのは、なかなか切ないぜ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

いや、私も旦那に「君が生きがいだ」って言われたらちょっと重いけど。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

えっと…その一方で女性は友達との交流を生きがいにしていますね。まあ、そんな奥さんを許す男性の皆さんの懐が深いってことで、よろしいですか。どっちにしても切ないなあ。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

定年(60歳以降の生活)についてのアンケート・ランキング【前編】
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 大河ドラマ主演男優 人気ランキング トップ3は渡辺謙、堺雅人、岡田准一
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. みんなが見た韓国ドラマ ランキング 1位は「宮廷女官チャングムの誓い」
  4. 好きな回転寿司チェーンランキング 1位はスシロー、2位は無添くら寿司
  5. 好きなコンビニランキング 1位は「セブンイレブン」が44%で断トツ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官