本文へジャンプします。

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾

本文へジャンプします。


定年・退職・老後の生活 2012年12月7日

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾

「定年後(60歳以降の)普段の過ごし方は?」「定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?」「人生を振り返ってみて、1番つらかったなぁと思う年代はいつごろですか?」など“定年”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月23日~11月29日/有効回答数:3,329

調査レポート

レポート01 定年を意識し始めるきっかけ 1位は「周りの人が定年を迎えた」

定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?
※定年を迎えていない人(定年と関係ない人)は、何がきっかけになると思いますか?想像してお答えください。(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「周りの人が定年を迎えた」で34%、次いで「体力がおちてきた」で25%、「誕生日」で23%でした。

男女で比較すると、男性の方が多いのは「仕事の内容が変わってきた」「給料の額が変わった」など仕事関連。女性の方が多いのは「家族や友人とそれに関係する話題をした(話題をふられた)」「ニュースや雑誌などで関係する話題がでた」など周りの影響が大きいようです。

定年前の人と定年後の人で比較すると、定年後の人が言うきっかけトップ3は「周りの人が定年を迎えた」「誕生日」「給料の額が変わった」なのに対し、定年前の人が想像するきっかけトップ3は「周りの人が定年を迎えた」「体力がおちてきた」「特にきっかけはない」とギャップが出ているのが特徴的。

「体力がおちてきた」の差がすごく出てますね! 定年後の人は、やはり元気な方が多いようです。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

「給料の額」「仕事の内容」はその逆ですね。定年後の人の方が強く感じているようです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

年齢と共に管理する立場に変わっていくんですかね。私も団長としてしっかり管理していかなければと思います。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート02 定年後のために貯めていた資金「1000万円以上」が57%と半数超え

「定年後(60歳以降)のために」貯めていた資金はどのくらいですか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、どのくらいまで貯めればいいと思うかあてはまるものをお選びください。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「3000万円以上」で21%、次いで「1500万以上~3000万未満」で19%、「1000万以上~1500万未満」で17%でした。「1000万円以上」という人が57%と半数超えの一方、「500万円未満」が24%と、皆さん比較的多めに貯めていたようです。

定年前の人と定年後の人で比較すると、定年前の人が思う貯めればよいと思う金額の方が高くなっています。特に「1000万円以上」において6%の差が出ていました。定年後の人だけを見ると、定年前の人よりも「100万円以上~500万円未満」の人が多くなっていますが、「1000万円以上」の人は53%と全体的にはきちんと貯めている人が多いようです。

1000万以上が半分以上! けっこうみんな貯めてるんだな!

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

これ、退職金も入ってるんですかね?

調査団編集部:マリカナ副団長

入ってるでしょう。退職金をもらってる、もらってないで金額に差が出ている気がしますね。

調査団編集部:マリカナ副団長

レポート03 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」

定年後(60歳以降の)普段の過ごし方についてお聞きします。
日々家事以外で「主に」どんなことをされていますか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、定年後普段どんなことをしていると思うか、想像でお答えください。
複数ある場合は、よりよくしていることを【最大3つまで】ご選択ください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「趣味(習い事として、でない場合)」で44%と約半数。2位は「仕事」で31%、3位は同率で「運動」「テレビを見ている」で22%でした。

男女で比較すると、「仕事」や「運動」「テレビを見ている」は男性の方が高く、「パート・アルバイト」や「買い物・ショッピング」「習い事」「友達・知人との交流/おしゃべり」は女性の方が高く、特に「友達・知人との交流/おしゃべり」は10%以上高くなっていました。

定年前の人と定年後の人で比較すると、「趣味」「仕事」「パート・アルバイト」「ごろごろしている」は定年前の人の方が高くなっていましたが、「運動」「ガーデニング・庭や植物の手入れ」は定年後の方が10%以上高い回答率となっています。

ちなみに、「その他」のフリーアンサーでは「ボランティア活動」という声が非常に多く寄せられました。

定年している人だけ見ると、定年後の過ごし方は、趣味、運動、テレビ、庭の手入れ…皆さん非常にアクティブですね。

調査団編集部:ポンシュク団長

俺も定年したら畑で「カブ」を育てて過ごしたいね! がはははは!

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

定年後の過ごし方か~、私のおじいちゃんも定年後、銅板細工を始めて、遊びに行くたび見せてくれますよ~。すっごく凝ってるんですよね。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート04 1日の中でさみしくなる時間帯 「ない」が半数以上

定年後(60歳以降の)普段の生活についてお聞きします。
1日の時間の中で、さみしくなる・人恋しくなる時間帯などありますか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、想像でお答えください。(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計では、「特にさみしくなる時間帯はない」がトップで46%、次いで「そもそもさみしくならない」で18%、「夕方」で14%と、「さみしくない」という回答が64%と半数以上でした。

さらに、定年前の人と定年後の人で比較すると、定年後の人の方が「特にさみしくなる時間帯はない」と回答しており、これは定年前の人の想像に対し、23%も高いという結果。「そもそもさみしくならない」も定年後の人の方が8%高く、定年後の人は全体で84%の人がさみしくない、と答えていました。

それを除くと、最も高いのは「夕方」、次いで「夜」「夜中」と朝よりは暗くなってからのようです。

「その他」の回答では「一日中」「24時間」「年中」という回答や「正月や盆などの長期休暇の時」という声も見られました。

調査依頼にて「遠方に高齢の両親が二人で住んでいます。私は仕事をしていてなかなか帰省がかないません。そこで、なるべく電話をするようにしていますが、人が一日で一番寂しいと感じる時間はいつごろなのでしょうか。もし、その時間に電話できれば一番うれしいと思うし、なるべくそうしようと思います。アンケートしていただけると助かります。」といただいたので調査したのですが…

調査団編集部:マリカナ副団長

これは…「安心して! さみしくないから!」という回答だととらえればよいんですかねぇ。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

いや、でも、さみしいさみしくないは別にして電話をもらったらご両親は嬉しいと思いますよ。私も母の誕生日には電話をしています。

「調査団員の声」では、なぜその時間帯がさみしいと感じるのか、理由を教えていただきましたのでご紹介します。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

調査団員の声
60代男性

【午前】定年以前であれば、仕事を開始し調子の上がってくる午前中なのに、退職後は在宅で特にすることがない日に、訳もなくソワソワして落ち着かない。登校している子どもたちを見ると、「ああ、今日も平日で、日常が動いているのに、自分はなす事がない。」と、手持ちぶさたの不安があったのだと思う。動物園の熊が野生を奪われ、狭い檻の中を訳もなく行ったり来たりうろつくのも同じかな? 72才  福岡県  既婚 男性

50代女性

【正午付近、夕方、夜】働いていた時とはあまりに時間の使い方が変わったと感じる時間帯だと思うから。昼食を食べる時、会社だったら出前のそばだったなぁとか、夕方は、今日は定時に帰れるかなとか、夜になったら、週何回は飲みに行っていたのにとか…それまでの生活とのギャップを感じてさみしくなると思う。 55才  千葉県  既婚 女性

50代男性

【夜、夜中】一日の中で比較的静かに一人で過ごせる時間帯。気を紛らわせることも特にやることも無い夜であれば、寝てしまうのが一番だが、人は考える葦。「杉下右京」の口癖ではないが、ついついつまらないことが気になってしまう。場合によっては、嫌な時でもある。 58才  福岡県  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート05 定年後の夫婦・家族関係は「特に変わらない」が77%

夫婦(パートナー)・または家族関係についてお聞きします。
ずばり、定年後(60歳以降)の関係はどうなりましたか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、想像してお答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計では「特に変わらない」が77%と断トツ。「前よりも良くなった」という人が9%、「前よりも悪くなった」という人が8%と、良い悪いは僅差でした。

定年前の人と定年後の人で比較すると、定年後の人の方が「前よりも良くなった」と答えている割合が高く12%、定年前の人が想像するよりも高い結果となりました。

「その他」のフリーアンサーでは「わからない、想像もつかない」という回答が多く見られました。

定年後の人で悪くなったという人はわずか6%ですね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

これはよかった! 将来に希望が持てました!

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

男性は「良くなった」の方が多いんですが、女性は「悪くなった」の方が多いんですよね。気をつけなければ…

「調査団員の声」では、「前よりも悪くなった」と答えた方にその原因を教えていただきました。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

調査団員の声
50代女性

よく耳にする言葉に、「いつも一緒だと色々と相手の嫌な面が見えてくる」と聞くので。 50才  静岡県  既婚 女性

40代女性

主人は今55歳で10年前から名古屋に単身赴任中です。日頃から主人がいない生活にすっかり慣れてしまっています。定年で自宅に何時も居てるという事は、どう考えてもお互いストレスを感じてしまうはず。今でも、盆や正月の長期休みの際は、つまらないことで、けんかになります。 47才  大阪府  既婚 女性

60代男性

普段から別々に行動していて、定年後充分な時間が出来て単独行動が多いからだと思う。家にいる機会が少なくなり、話す機会も減ったからかな?時間があるからか、メールによる連絡が多くなって、会話をしなくなった。普段から話すことが無い、話したくない、一人になることが好き。 64才  岐阜県  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート06 よりよい夫婦・家族関係を維持するために必要だと思うこと調査

よりよい夫婦(パートナー)関係・または家族関係を維持するために必要だと思うことはありますか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、想像してお答えください。
複数ある場合は、より必要だと思うことを【最大3つまで】ご選択ください。

グラフ
編集部まとめ

総計では、「日常会話を積極的に」が44%で1位。次いで「健康面の維持」で34%、「一緒に居続けない/それぞれの時間を持つ」で29%でした。

男女で比較すると、男性の方が多いのは「一緒に外出する(近場、買い物など)」「一緒に旅行に行く」と一緒に行動するというもの、対して女性の方が多いのは「一緒に居続けない、それぞれの時間を持つ」が倍近くと意識の差が出ていました。また、「健康面の維持」「金銭面の不安をなくす」といった不安を持たない、という意見も女性の方が強くなっていました。

また、レポート05とのクロスで見てみると、「前よりも良くなった」という人が多く答えているのは「日常会話を積極的に」「一緒に外出する(近場、買い物など)」、逆に「前よりも悪くなった」という人が多く答えているのは「一緒に居続けない、それぞれの時間を持つ」「金銭面の不安をなくす」となっていたのも特徴的でした。

男性は「一緒にいるのがよい」、女性は「適度な距離感がある方がよい」、と。男女の意識差がはっきり出た結果になりましたね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

一緒に外出もするけど、プライベートな時間も大事にするっていうのが理想なのかもしれませんね~。確かにずっと1人はさみしいですけど、1人の時間もほしいですし。

調査団編集部:マリカナ副団長

記念日とかサプライズはそんなに高くないんだな。サプライズ…俺は好きだけどな、サプライズ!

「調査団員の声」では、具体的に実行していること・工夫していることを教えていただいたのでピックアップしました。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
40代男性

毎日の会話(これが結婚20年経った今でも弾むんですよね 笑)はもちろんですが、感謝の言葉を忘れないようにしています。「お疲れさん」「ありがとう」「おはよう」「おやすみ」こんな些細な言葉だけど、とっても大事なことだと思っています。 48才  長野県  既婚 男性

50代女性

妻側の不満はどうも「作る」ことより「かたづける」ことに夫が消極的というか、一切関心ないことが多いことのように思う。たとえば料理を作りっぱなしで思いっきり台所を散らかして食器洗いはしないなど。作りっぱなしの料理より、料理をしなくても片付けは全面的に引き受ける方が好感が持たれる。 54才  千葉県  既婚 女性

60代男性

勤めていたときは今まで何十年も、夜も遅く帰ってきて、ほとんど家にいなかった亭主が、ある日突然一日じゅうごろごろしていて、三食きちんきちんと用意しなければならなくなれば、どんな奥さんでも亭主在宅ストレス症候群になります。兎に角何か趣味とか地域とのつながりを持つとかして常時家にいないことです。「亭主元気で留守がいい」は名言です。そしてたまに(たまにでいいのです)一緒に旅行しましょう。それと鉄則ですが、旅行は大体3日以内がいいでしょう。お互いの見たい処、行きたい処、現地で食べたいもの、買いたいもの(お土産など)が必ず食い違ってきて、旅の疲れも出てきて必ず夫婦喧嘩がはじまります。理想は一泊かせいぜい2泊です。 81才  北海道  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート07 【年代別】人生で1番つらかった年代 「現在」が12%

人生を振り返ってみて、1番つらかったなぁと思う年代はいつごろですか?
年代問わず、現在だと思う方は、選択肢「現在」をお選びください。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、「特にどこがつらいという年代はない」が20%、「現在」が12%、その他はそれぞれバラバラと散っていました。

年代別に比較すると、30代以下は最も高いのが「現在」、次いで「26~30歳」「21~25歳」となっていました。

40代のトップ3は「現在」「41~45歳」「36~40歳」、50代のトップ3は「現在」「46歳~50歳」「41歳~45歳」とどちらも比較的最近に近い年代のようです。

60代以上は、「現在」という人が一気に減り、1位は「46歳~50歳」、次いで「41歳~45歳」「51歳~55歳」「56歳~60歳」となっていました。

「現在」っていう人が多いんですね。

調査団編集部:ポンシュク団長

「特にどこがつらいという年代はない」っていうのはわかりますね。年代っていうより、都度都度つらいことはあるけど、どこがって言われると悩みます。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「その他」の回答では「ずっとつらい、これからずっと」という回答もありました。が、がんばってください(´;ω;`)

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート08 【男女別】人生がつらいと感じる原因ランキング 1位は「人間関係」

前問にて、「特にどこがつらい、という年代はない」「そもそもつらくなかった」以外を選択した方にお聞きします。
その原因は主に何でしたか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると1位は「人間関係(学校、職場、周囲の人との)」で24%、2位は「お金に関すること」で20%、3位は「就職後の仕事関連」で16%となりました。

男女で比較すると、「お金に関すること」「就職後の仕事関連」「転職・退職など」「世の中の不況」など、お金と仕事は男性の方が高く、「人間関係」をはじめその他の項目はほぼすべて女性の方が高いという結果に。特に「子育て」「介護」は女性が男性の3倍以上でした。

年代別に見ると、若い世代ほど「人間関係」が高く、30代以下では30%超え。また「恋愛・結婚関連」や「学校生活」も30代以下が飛びぬけて高くなっていました。「定年前後」は60代以上が他の世代の5倍以上、「介護」は50代が最も高く、「お金に関すること」は40代が最も高いのも特徴的でした。

私も受験の頃つらかったなぁ…今でも夢に見ることありますもん。ナベカヅさんは子育てとかですかあ?

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

うーん…「子育て」は大変だけどつらい、っていうことはないですねぇ。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「その他」のコメントでは「離婚、浮気」が多かったですね。浮気の経験、3人に1人が「ある」(※「恋愛・結婚についての本音・実態調査」参照)ですしね…。皆さん、ほどほどに!

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート09 【年代別】人生で1番楽しかった、輝いていた年代 1位は 「21歳~25歳」

人生を振り返ってみて、1番楽しかった!輝いていた!と思う年代はいつごろですか?
年代問わず、現在だと思う方は、選択肢「現在」をお選びください。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「21歳~25歳」で20%、次いで「16~20歳」「26歳~30歳」が同率で13%となっていました。

年代別に比較すると、30代以下は最も高いのが「16~20歳」、次いで「21~25歳」「特にどこが楽しい、という年代はない」となっていました。

40代、50代は「21~25歳」が断トツで20%超え、次いで「16~20歳」「26~30歳」でした。

60代以上は、「21~25歳」「26~30歳」「31~35歳」の順ですが、40歳以降も満遍なく散っており、人によりいろいろな年代が楽しい、と答えているようです。

また、男女で見ると「現在」という回答は女性が男性の倍以上、「25歳以下」は女性の方が高く、「26歳以上」は男性の方が高いという傾向がありました。

40代の「21~25歳」高いなあ! わかる! 俺もあの頃が1番輝いてた。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

私は「現在」です~。仕事して、お休みには旅行いったり買い物したりコンサート行ったり、いろいろ楽しいです♪

調査団編集部:マリカナ副団長

「振り返るのは棺桶に入る時でいい。人生、まだまだこれからです。」というコメントも「その他」でいただきました。染みますねえ。

調査団編集部:マリカナ副団長

レポート10 人生が楽しい!輝いている!と感じる要因ランキング 1位は「仕事」

前問にて、「特にどこが楽しい、という年代はない」「そもそも楽しくなかった」以外を選択した方にお聞きします。
その時「楽しかった、輝いていた」と思った要因はなんでしたか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると1位は「仕事(やりがい、出世など)」で31%と3人に1人が回答しています。次いで「人間関係に恵まれていた」で18%、同率12票差で「学校生活(行事や勉強など)」と続きました。

男女で比較すると、「仕事」は男性の方が女性よりも10%高くなっていましたが、その他の項目はほぼ全て女性の方が高くなっています。女性の方が複数の要因により楽しい!と感じているようです。

年代別に見ると、30代以下は「学校生活」が飛びぬけて高く36%。60代以上では「仕事」が40%超え、さらに「健康な体」や「経済状況」といった項目も他の世代よりも高い回答率でした。

1つだけでなく、いろいろなことが充実していると楽しいって思いますね。私も仕事と子育てと充実している今が1番楽しいです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

30代以下は「学校生活」ですか~。確かに学生時代のことってすごく鮮明に残ってます。特に小学校時代とか、いっぱい勉強したなぁ…。

調査団編集部:マリカナ副団長

それ、楽しかった要因ですか?w 私、「その他」のコメントの「バブル世代なので、日々の生活を本当に楽しんでました。」っていうのがうらやましいです! バブル経験したかったですねぇ。

「調査団員の声」では、楽しかったこと、輝いていたことを具体的に教えていただいたのでご紹介します。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
50代女性

若いころは力任せで体力的にも無理していたし、周囲への思いやりまで気が回らず大変失礼なことをしてきたと思い、思い出すだけで恥ずかしい。今なら人生の知恵も知識も積み重ねてきたし、前の私よりずっとましだと思える。過去より今の方が絶対いいし、これからは体力的にもつらくなるだろうが、今よりさらにいい自分がいると思うと未来は明るい。 54才  千葉県  既婚 女性

50代女性

一緒になれない人だと思っていた人と結婚できた。自分の人生の中でそれ以上の幸せはないと感じている。 57才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

定年時、経済的には一応の安定を確保できていた。その後息子が就職し、結婚し、孫が生まれて、これで漸く私の人生のフルコースをやり遂げた実感を持つことが出来た昨今である。 75才  千葉県  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きな80年代女性アイドルのランキング 1位 中森明菜、2位 小泉今日子
  2. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  3. 好きな70年代男性アイドルのランキング 1位 沢田研二、2位 西城秀樹
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  7. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」
  10. 昭和の歌番組 人気ランキング 1位 ザ・ベストテン、2位 夜のヒットスタジオ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官