定年を意識し始めるきっかけ 1位は「周りの人が定年を迎えた」

本文へジャンプします。


何でも調査団
定年・退職・老後の生活 2012年12月7日

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾

「定年後(60歳以降の)普段の過ごし方は?」「定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?」「人生を振り返ってみて、1番つらかったなぁと思う年代はいつごろですか?」など“定年”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月23日~11月29日/有効回答数:3,329



レポート01 定年を意識し始めるきっかけ 1位は「周りの人が定年を迎えた」

定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?
※定年を迎えていない人(定年と関係ない人)は、何がきっかけになると思いますか?想像してお答えください。(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「周りの人が定年を迎えた」で34%、次いで「体力がおちてきた」で25%、「誕生日」で23%でした。

男女で比較すると、男性の方が多いのは「仕事の内容が変わってきた」「給料の額が変わった」など仕事関連。女性の方が多いのは「家族や友人とそれに関係する話題をした(話題をふられた)」「ニュースや雑誌などで関係する話題がでた」など周りの影響が大きいようです。

定年前の人と定年後の人で比較すると、定年後の人が言うきっかけトップ3は「周りの人が定年を迎えた」「誕生日」「給料の額が変わった」なのに対し、定年前の人が想像するきっかけトップ3は「周りの人が定年を迎えた」「体力がおちてきた」「特にきっかけはない」とギャップが出ているのが特徴的。

「体力がおちてきた」の差がすごく出てますね! 定年後の人は、やはり元気な方が多いようです。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

「給料の額」「仕事の内容」はその逆ですね。定年後の人の方が強く感じているようです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

年齢と共に管理する立場に変わっていくんですかね。私も団長としてしっかり管理していかなければと思います。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. グルメドラマの人気ランキング、1位 孤独のグルメ、2位 深夜食堂
  2. 登ったことのある山、富士山をおさえて、1位は「高尾山(東京)」
  3. 春ドラマの主演男優人気ランキング 1位 松重豊、2位 内藤剛志
  4. みんなのプロ野球優勝予想 セ・リーグは広島、パ・リーグはソフトバンク
  5. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  6. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  7. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  8. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  9. 【犬派 VS 猫派】好きな理由と苦手な理由を比較!
  10. 韓国と北朝鮮の今後は「韓国主導による統一」を望む人が43.8%で最多

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官