人生が楽しい!輝いている!と感じる要因ランキング 1位は「仕事」

本文へジャンプします。


定年・退職・老後の生活 2012年12月7日

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾

「定年後(60歳以降の)普段の過ごし方は?」「定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?」「人生を振り返ってみて、1番つらかったなぁと思う年代はいつごろですか?」など“定年”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月23日~11月29日/有効回答数:3,329



レポート10 人生が楽しい!輝いている!と感じる要因ランキング 1位は「仕事」

前問にて、「特にどこが楽しい、という年代はない」「そもそも楽しくなかった」以外を選択した方にお聞きします。
その時「楽しかった、輝いていた」と思った要因はなんでしたか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると1位は「仕事(やりがい、出世など)」で31%と3人に1人が回答しています。次いで「人間関係に恵まれていた」で18%、同率12票差で「学校生活(行事や勉強など)」と続きました。

男女で比較すると、「仕事」は男性の方が女性よりも10%高くなっていましたが、その他の項目はほぼ全て女性の方が高くなっています。女性の方が複数の要因により楽しい!と感じているようです。

年代別に見ると、30代以下は「学校生活」が飛びぬけて高く36%。60代以上では「仕事」が40%超え、さらに「健康な体」や「経済状況」といった項目も他の世代よりも高い回答率でした。

1つだけでなく、いろいろなことが充実していると楽しいって思いますね。私も仕事と子育てと充実している今が1番楽しいです。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

30代以下は「学校生活」ですか~。確かに学生時代のことってすごく鮮明に残ってます。特に小学校時代とか、いっぱい勉強したなぁ…。

調査団編集部:マリカナ副団長

それ、楽しかった要因ですか?w 私、「その他」のコメントの「バブル世代なので、日々の生活を本当に楽しんでました。」っていうのがうらやましいです! バブル経験したかったですねぇ。

「調査団員の声」では、楽しかったこと、輝いていたことを具体的に教えていただいたのでご紹介します。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
50代女性

若いころは力任せで体力的にも無理していたし、周囲への思いやりまで気が回らず大変失礼なことをしてきたと思い、思い出すだけで恥ずかしい。今なら人生の知恵も知識も積み重ねてきたし、前の私よりずっとましだと思える。過去より今の方が絶対いいし、これからは体力的にもつらくなるだろうが、今よりさらにいい自分がいると思うと未来は明るい。 54才  千葉県  既婚 女性

50代女性

一緒になれない人だと思っていた人と結婚できた。自分の人生の中でそれ以上の幸せはないと感じている。 57才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

定年時、経済的には一応の安定を確保できていた。その後息子が就職し、結婚し、孫が生まれて、これで漸く私の人生のフルコースをやり遂げた実感を持つことが出来た昨今である。 75才  千葉県  既婚 男性

60代女性

結婚退職をして、子供が出来て、若さに任せ家族で海に山にと遊びまわっても、疲れもせず、毎日があっという間にすぎて行きました。今は、動く前に、よこらしょ…なんて掛け声がつきそう~~ 71才  北海道  既婚 女性

60代男性

この歳で、学生身分で勉学と仲間とのサークル活動、課外セミナー等を楽しんでいる。 74才  兵庫県  既婚 男性

60代女性

子供達が独立して責任がなくなりました。夫婦二人でのんびりと心配ごとなく暮らせる現在が一番だから。孫は可愛いだけです。育てる直接の責任者は親ですから私は高見の見物という立場。あぁ~こんな立場って本当に嬉しい。 70才  埼玉県  既婚 女性

30代男性

学生は時間があるが、お金が無いし、親の制約もあった。社会に出たら自分の責任で自分の道を決めることができる。しかも、それを行うためのお金も入ってくる。この裁量範囲の拡大は何事にもかえられない。社会人は当然辛いことがあるが、楽しい事の方が多い。奥様という元をただせば他人との共同生活は新たな発見だらけ。助けてもらうことがおおいが、議論して違う視点を見いだせるというのは刺激的だ。さらに、産まれた子供が成長して、そして子育てを通じて自分も成長できる。今人生の師匠は子供かもしれない。すべてが直球、理性なしの本能丸出しのぶつかりは本当に勉強になる。そして、たまに見せる子供の優しさが本当にうれしい。恥ずかしながら子供に自分の未熟さを気づかされることがある。健康に問題なく、かつ家庭の構築もでき、自ら経済的に自立できる、という今の時期は最高なのではないだろうか?今後さらに楽しい時期が来るよう努力したい。 36才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

学生時代は地元を離れていたので、妻とは遠距離恋愛でした。時々車を飛ばして遊びに来てくれたのを思い出します。今でも変わりなく、とても大切に愛してくれています。 53才  福島県  既婚 男性

40代女性

物心付いてから年下からも馬鹿にされるようなイジメラレっ子(肥満・内向的)でしたが中学入学と同時に始めた部活で自分に自信を持てるようになったから。最初は同期から足手まとい的な扱いを受ける程下手でしたが顧問の先生の指導を素直に地道に続けていくことで半年後には努力が結果に反映され、学年別の大会で優勝。地元ではその後も良い成績を収めることが出来、高校も特待で進学できました。部活だけではなく勉強も生活の面でも人の話を素直に受け止め努力していけば必ず結果は出るんだ、最初から諦めることは無いんだということを学べた時期 41才  北海道  既婚 女性

60代男性

中学から高校にかけて野球部に入っていた。中学校は強豪チームであったが、高校(当時の新設校)は出当時は、ガッツもあったと思っている。今でも、中高の野球部のメンバーとは定期的に酒を酌み交わす中である。 65才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

仕事上は実に多忙な時期であったが、家庭的にも子供も育って行き充実していて何も心配が無く家内にまかせっきりであったし、仕事でも全世界を又に掛けて飛び回っていて、行く先々の人達との交遊も出来仕事も順調に捗り、生活面での経済も豊かであったので実に充実した生活が送れたと現在も思っている。 83才  東京都  既婚 男性

60代女性

気の合う上司や同僚に恵まれ、勤務評定は常にトップクラスでした。仕事も超多忙でしたが週末は深夜まで遊んだりと、バブル期を体験できたことも良かったと思います。仕事の内容も総務・経理・資金と内勤の主な職務を経験しました。ある程度の事は判断を任されていたし、周囲の信頼も得て充実した毎日でした。総合職、一般職の別もない時代で、上司の引きもありましたが自分でもよく働いたと自負しています。OB会では「あの頃はお互いに楽しかったね」と当時の話題で盛り上がります。 64才  大阪府  未婚 女性

60代男性

いろいろな資格を取得して、特にパイロットになる為の訓練時代からの仲間(先輩・後輩共に)と仕事を一緒にし、日本国内・海外を飛び回っていた頃が、自分としては、輝いていたと思うし、懐かしいですね! 60才  東京都  既婚 男性

50代男性

過去を振り返ってみて、楽しかった時期もあるにはあったが輝いていたと言う程ではない。経済的に余裕のある現在のほうがマシだ。でも体が元気なら今後も色々なチャレンジや勉強もできるし、恋愛や結婚だって可能性が無くもない。自分の人生はまだまだ未来に向かって発展途上だと思いたい。 54才  新潟県  未婚 男性

50代女性

40歳の時、参加していたプロジェクトチームが解散され、失意の中で関連会社に出向。しかし、新しい環境の中で腐らずにがむしゃらに頑張って自分の別の強みを身に付け1年で出向解除。その後の新しい仕事の中で素晴らしい出会いがあり、最高のチームを作れたと実感。さらに新しい領域の職種に就いて充実。そして本社の新設部署立ち上げのメンバーとして本社に復帰。そこで自分が改善・実現したかったことに取り組んで、とても充実した時期を過ごせた。 54才  千葉県  未婚 女性

60代男性

高度成長期で会社の業績は右肩上がり。会社ではコンピュータの初導入で本社へ転勤、転勤後は海外視察、海外短期留学、大学での研修の機会を与えてくれ、実務では思い切り仕事を任せてくれた。 72才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

単身赴任中だけど夫は優しいし、二人居る子供も成人してそれぞれ仕事をしている。経済的にもさほど困っていない。親は其々に、病気や認知症があっても私を困らせるようなことはない。私のできる範囲のお世話で満足してくれている様子。義母もいつも褒めてくれる良い関係。一緒に旅行やランチ、お酒を楽しむ友人にも複数恵まれている。充分に幸せ。ありがたく思う。 55才  北海道  既婚 女性

30代女性

若い頃は、とにかく色々な事を経験したくてフリーターだった時代も長く、色々なことに足を突っ込んだりしてきましたが、今のようにインターネットがなかったので、それでも色んな事を知る機会は少なかったのが残念だとも思いますが、代わりに今、自分で使えるお金がある、自分で自由に動けるといった事をいかして、ネットからの情報を使って、色んな事を知る事ができる!やる事ができる!これはもう幸せだなぁ、と思います。 38才  神奈川県  未婚 女性

50代男性

小中学生の頃は「これからどんどん良くなる」「向かうところ敵なし」といった生活だった。家でも学校でもどんどん知識を吸収し、それ自体がとても楽しかった。また、趣味(鉄道模型・ラジオ工作・科学実験など)においても、今の子供たちのようにコンピューターゲームに走るのではなく、まだ物作り趣味が健全で、あちこちに部品や教材を売っている専門店があり、同好の友人たちと大いに趣味を楽しんだ時代であった。 50才  福岡県  未婚 男性

60代男性

大阪での赴任生活6年間で仕事の集大成が出来、単身生活ではなく夫婦一緒に生活、お互いの趣味の世界を満喫できた。 63才  愛知県  既婚 男性

40代女性

ともかく、エネルギッシュで、何事も、やってみようという、気概にあふれていましたね。学生だったこともありますが、周囲を巻き込んで、暴れていたなぁ…と思います。交友関係にも恵まれていたし…。ただ、あれから20数年たって、また、ひと暴れしようとは思っています。若い頃とは違ったやり方で、もちろんやることも違うのですが、輝いてみようと準備中です。. 46才  千葉県  未婚 女性

50代女性

30年やってきた本業とは別に、昨年趣味に関連した資格を取り、今年、副業としての一歩を踏み出しました。これからさらに開拓したいと考えているので、不安であると同時に希望にもなっています。昨年、離婚したあと恋人ができ、この年齢で恋愛できる喜びと苦しみをかみしめています。 56才  東京都  未婚 女性

50代男性

26~30としましたが、20~30が一番充実していたと思います。そのころは、いろんなものの部長、団長をしていたため、毎日のように会合にでたり、準備をしたりしていましたので、忙しく体が何個もほしいくらいでしたが、反対にいえば、すごく面白かったし、充実していました。その頃が懐かしくその頃の友人は、肩書なしで付き合える大事な友人です。 54才  大阪府  既婚 男性

60代男性

今のような自己保身の時代ではなく、仕事にもおつきあいにも失敗はつきものと考えられたおおらかな”やりたいことをやってみろ””問題があれば直せばいい”のお互いを認め合う時代だったので、自分の立場よりもワンランク上の仕事をどんどんやらせてくれたので、担当する仕事の管理上の判断までできたので、仕事は楽しくできたし、いろいろな世界も広かった。 62才  群馬県  未婚 男性

60代男性

兄弟・義兄弟との交流が主と思えるような生活を送っている。例えば、趣味のゴルフを一緒にプレーしたり、兄弟8人での旅行を行うなど楽しい生活を送っています。また、最近孫が2人できましたので更なる充実感を感じています。 62才  奈良県  既婚 男性

40代男性

同年代の連中も異口同音に「21~22歳(大学3、4年生)ぐらいがよかった」「今も精神年齢がその頃で止まっている」などと申します。当時は窮屈だと思っていたけど、振り返るとあの頃がいちばん行動に制約が少なかった。バブル景気の金銭的影響はあまりなかったけど、世の中に「元気」「希望」がありましたね。 48才  京都府  既婚 男性

60代男性

地方に単身赴任しその県における仕事の責任者として働いたが、組織内、関係先等で地元の人間のように受け入れてもらい、良好な人間関係に恵まれて、ストレスか少なく充実感を持って働くことができ、また、県内や近県の観光、温泉等々、地方での生活を妻と共に楽しむことが出来た。妻とともに楽しむ 81才  千葉県  既婚 男性

60代女性

夫を見送り、子供が順に独立していった50代は吹き荒れる嵐の中に居るような時期でした。以後年月を経て今、健康であることに何より感謝、その上で長年の仕事とは全く違う世界に」愉しみを深めていられることを、夫にも神にも感謝。音楽を聴いて、絵を描いて、雑文を書いて、多くはないが、長く交流する友人がいる。これまでのどの年代にも光の時、影の時が在りましたが、健康で穏やかな心で暮らせる今は、輝きこそしませんが、自分には「いぶし銀」の日々、かな。 75才  東京都  既婚 女性

60代女性

子育ては相談する人もなく大変だったが孫は少し客観的に見れ人生のご褒美だと思う。 60才  兵庫県  既婚 女性

40代女性

現在が一番充実している時で、それがまた一番つらいことでもあります。人生の中間点を過ぎると過去のことより今後の人生設計を見間違わないように勧めるめるのが大変難しい作業です、思考も行動範囲も狭くなり、健康管理も維持しないと楽しいその後の人生を全うできないため。 47才  東京都  既婚 女性

60代男性

現在が夫婦とも健康で、子供3人共社会人となり娘は2年前に結婚し、特に問題もなく全員近場にいます。自分は定年後ヘルパーの資格を取得しデイサービスで3年ほど送迎のドライバーをしました。その後依頼を受け定年後の趣味として勉強してきた将棋や囲碁や数独パズルの件でボランティアとして高齢者の相手をしています。彼らに喜んでもらうことで自分も元気がもらえ無償では在りますがこの上ない充実感を得られます。健康を維持して許す限り続けていきたいと思います。 68才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

ダイエットをして理想の体重になったり、子供のころからあこがれていたピアノを習いはじめて、友人とバンドを組んで都内各所のライブハウスに出演したり、勤務先の会社で仕事ぶりが評価されたりと、今思い返すと不思議なほどいろいろなことが良い方向に向かっていた時期でした。 51才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

中学生の当時は結構荒れた学校に行っていたけど、それ自体も楽しかった。クラスには本当にいろいろな人がいて、人生で最もバラエティーに富んだ人々との出会いや共に生活する場を経験できた。以降の人生で社会を生き抜くための基礎がかなりついたように思う。学校の先生方もいろんな人がいたけど、どの先生も本気でぶつかってきてくれていた。だから、今の自分がいるんだと実感する。学校の先生は全体的には立派だと尊敬できた(反抗期なのでだいぶナメた態度でしたが、気持ちは伝わっていました)。総じて人生最大の充実期だったと確信できるのは中学の時なんだろうなと思う。小学生から中学生のときの経験がこれまでの人生の充実の基礎になった。 45才  北海道  未婚 男性

50代女性

学生時代も仕事を始めた頃も、結婚して子育てしていた時期も、もちろん現在も、それなりに必死で生活してきたけれど、後で振り返ってみると楽しかったことがいっぱい思い出される。これからの人生も、きっと振り返ってみれば楽しく思い出されることになるだろうと思う。 56才  兵庫県  既婚 女性

50代女性

高校生活は自由でとても楽しかった。気の合う友人たちとおしゃべりをしたり、部活動をしたり、帰りに何か食べたり、試験後に出かけたり、長期休みに旅行をしたり、今でもお付き合いができる貴重な友人ができた。高校時代が一番価値観の近い友人ができやすいと思う。 54才  千葉県  既婚 女性

40代女性

自分の言動に責任を持つということを学校側が徹底して教えてくれた。現在のようにモノや情報にあふれて、何をどう扱えばいいのかというようなことのなかった時代だったせいもあるだろうが、校則もある程度の範囲しか括らず、キツイとは思わなかったし、教師側も生徒を一人の人間として扱ってくれていたので、生活がしやすかった。 43才  京都府  既婚 女性

50代男性

仕事も覚え、ある程度自由に仕事ができた。しかも、平社員で責任感も薄く、怖いもの知らずで仕事をしていた。人との関係も広がる一方で、独身で、金に余裕もあり、毎日仕事しているのか、遊んでいるのか区別のがつかないくらい楽しく生活であった。 53才  東京都  既婚 男性

40代男性

その頃爆発的ブームだった(と、僕は思う)ミニFM局をやっていて、その繋がりで色んな人と知り会えたり、彼女が出来たり、無茶をしても体が付いて来ていた時代。今考えるとあの頃は色々有ったけど、一番楽しかった時だと思う。 47才  大阪府  既婚 男性

60代男性

まだ年齢的に管理職への昇進が気になる時期でないし、健康とエネルギー十分で、仕事も能率良く意欲満々でやることができた。職場の同年代の人々は職業的出世の競争相手としてでなく、むしろ仲間として楽しくコラボできた。仕事以外でも仲良く酒を酌み交わせた。やがて、この時期を過ぎ、昇進が脳裏をかすめる頃は、自分の仕事上の努力を周囲は理解してくれてないと、もんもんとする時期が到来したが、今思えば、職場の上司達は若い連中の仕事ぶりを冷静に評価していたのだということが、自分の年齢が進むにつれて、後で分かった。 72才  福岡県  既婚 男性

60代男性

会社の新システム導入に伴って、新しい組織の責任者に抜擢されたころ。それまでの経験を生かしながらも、未知の世界への挑戦になり、新しい仕事の開発と遂行に腕を振るうことができたことは、〝仕事人間〟として、、最も充実した時期になった。 73才  東京都  既婚 男性

40代女性

結婚できるとは思っていなかったのですが「貰ってやる」と言ってくれる人ができ、その頃は夫の給与も手当が結構ついたりして今よりも余裕があり、何より健康だったので(現在は給与カットの嵐と共に持病を抱えて厳しい状態です)。 45才  大阪府  既婚 女性

50代男性

小さいころから親父を抜く事を夢にしていました。素晴らしい親父を早くに亡くしましたが、その親父を抜く事を目標としていました。大した目標ではありません。親父よりも早く結婚し、子供を持ち、広い庭付きの一戸建ての家を自力で建てるのが目標です。難しいのは一戸建ての家でした、、、資金が必要だったから仕方が無い事です。でも何とか26歳の時に無理せず家を建てる事ができました。これは全て今の会社のおかげです。年収等はここでは言えませんが、恐らく当時の平均年収よりもはるかに上だったと思います。かと言って、厳しいノルマ制度とかではなく、自分の知識と提案力が会社に、、、いた上司に認められ始めた時期だったと思います。26歳と言うのは自分でも、自分自身の転機の年なんですよ。この年から今まで、厳しい環境の中でも順調に突き進んでこれたと思います。年収が一気に上がったのもこの時期からなので。どうして26歳から30歳っていう時期は忘れられないですね。 54才  千葉県  既婚 男性

40代女性

子供3人保育園、小学生の頃なので、体力的にも時間的にもきつかったはずだが、振り返ってみると一番充実していたように思う。小さいながらもマイホームが持てたことも、精神的に安心感があった。 49才  愛媛県  既婚 女性

60代男性

20代に3人の息子をもうけ子供たちの勉強の成績や健康そして進学。特にいじめにあったとき妻は苦労したが私は彼を抱き勇気づけられた。アトピーの病院捜しもつらかった。しかし仕事はバブル時代で自身の遊び息子たちの学校のPTA活動も十二分にでき今はその頃よく頑張れたと思います。一番輝いていたからできたのでしょう。ふりかえればよくできたと驚くほどに感激します。 64才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

大学生活は楽しいというか充実していてクラブ活動仲間とは卒後50年以上経た今日でも家族ぐるみの付き合いです。また就職後も時間だけ努めれば給料が貰えるという安易な感覚で楽しかったです。 74才  東京都  既婚 男性

60代男性

定年後の生活に不安を抱えていましたが、子供たちが結婚独立し、経済的ににも年金とバイトである程度の安定が約束されることがはっきりしました。時間的にも余裕ができたため趣味の写真や夫婦での旅行などが応分の範囲内で楽しめるようになりました。贅沢とはいえませんが身の丈にあった楽しみがある程度不自由なく楽しめる開放感はそれまでの生活になかっただけに何とも言えない開放感でした。現役時代のストレスとノルマから開放され、これからの生活がバラ色に輝いて見えたほどです。今までの苦労のご褒美、と感じました。 70才  千葉県  既婚 男性

60代男性

目茶苦茶に仕事をした。夜帰るのはほとんど終電後だったのでタクシーだった。自分のやったことで会社が動くとか大きなことに結びつく実感があった。そんなことが出来たのも上司が自分をうまく使ってくれたからで、またそんな状態に文句も言わなかった家族のお陰だということは随分後になって感じた。 63才  大阪府  既婚 男性

60代男性

再就職の際して、平成時代に入り観光開発ブームになり、希望に燃えて採用された新操業の第3セクター観光開発会社で未知の業務に取り組んだ頃。 81才  岡山県  既婚 男性

60代男性

見合い結婚したが、両親が共稼ぎ(妻が官公庁勤め)に理解が無く、両親、親戚の大反対を押し切り、実家を出てた。トタン張の農機具倉庫の2階での間借り生活、水道もなく鍋、薬缶、皿もない、何もかにも不自由な生活であったが張り合いがあった。給料日安い家庭用品を少しずつ買う楽しみがあった。水道が無いので近所の川で洗濯、冬、川の雪に穴をあけ洗濯をしたが若かったのか妻はつらいと思わなかったと言う。二人とも必死だったのだがあのころが一番楽しかった感じがします。 70才  青森県  既婚 男性

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. お好み焼きはご飯のおかずになるか、ならないか調査。多数派は…
  2. レトルトカレーの人気ランキング 1位 ボンカレー、2位ククレカレー
  3. お酒で失敗したことがある人は3人に2人&具体的な失敗ランキング
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. 好きなカップ麺ランキング1位「カップヌードル」2位「日清のどん兵衛」
  7. お好み焼き・たこ焼きのチェーン店 人気ランキング 1位は「築地銀だこ」
  8. 焼き餃子に「醤油+酢+ラー油」をつけるのは6割、「醤油+ラー油」は2割
  9. パクチーの好き嫌い調査、【好き派】は16%、【嫌い派】は47%
  10. お好み焼きにかけるもの人気1位はお好み焼き用ソース、2位はかつお節

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官