よりよい夫婦・家族関係を維持するために必要だと思うこと調査

本文へジャンプします。


定年・退職・老後の生活 2012年12月7日

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾

「定年後(60歳以降の)普段の過ごし方は?」「定年を意識し始めるきっかけなどありましたか?」「人生を振り返ってみて、1番つらかったなぁと思う年代はいつごろですか?」など“定年”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月23日~11月29日/有効回答数:3,329



レポート06 よりよい夫婦・家族関係を維持するために必要だと思うこと調査

よりよい夫婦(パートナー)関係・または家族関係を維持するために必要だと思うことはありますか?
※定年を迎えていない人(60歳未満の人)は、想像してお答えください。
複数ある場合は、より必要だと思うことを【最大3つまで】ご選択ください。

グラフ
編集部まとめ

総計では、「日常会話を積極的に」が44%で1位。次いで「健康面の維持」で34%、「一緒に居続けない/それぞれの時間を持つ」で29%でした。

男女で比較すると、男性の方が多いのは「一緒に外出する(近場、買い物など)」「一緒に旅行に行く」と一緒に行動するというもの、対して女性の方が多いのは「一緒に居続けない、それぞれの時間を持つ」が倍近くと意識の差が出ていました。また、「健康面の維持」「金銭面の不安をなくす」といった不安を持たない、という意見も女性の方が強くなっていました。

また、レポート05とのクロスで見てみると、「前よりも良くなった」という人が多く答えているのは「日常会話を積極的に」「一緒に外出する(近場、買い物など)」、逆に「前よりも悪くなった」という人が多く答えているのは「一緒に居続けない、それぞれの時間を持つ」「金銭面の不安をなくす」となっていたのも特徴的でした。

男性は「一緒にいるのがよい」、女性は「適度な距離感がある方がよい」、と。男女の意識差がはっきり出た結果になりましたね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

一緒に外出もするけど、プライベートな時間も大事にするっていうのが理想なのかもしれませんね~。確かにずっと1人はさみしいですけど、1人の時間もほしいですし。

調査団編集部:マリカナ副団長

記念日とかサプライズはそんなに高くないんだな。サプライズ…俺は好きだけどな、サプライズ!

「調査団員の声」では、具体的に実行していること・工夫していることを教えていただいたのでピックアップしました。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
40代男性

毎日の会話(これが結婚20年経った今でも弾むんですよね 笑)はもちろんですが、感謝の言葉を忘れないようにしています。「お疲れさん」「ありがとう」「おはよう」「おやすみ」こんな些細な言葉だけど、とっても大事なことだと思っています。 48才  長野県  既婚 男性

50代女性

妻側の不満はどうも「作る」ことより「かたづける」ことに夫が消極的というか、一切関心ないことが多いことのように思う。たとえば料理を作りっぱなしで思いっきり台所を散らかして食器洗いはしないなど。作りっぱなしの料理より、料理をしなくても片付けは全面的に引き受ける方が好感が持たれる。 54才  千葉県  既婚 女性

60代男性

勤めていたときは今まで何十年も、夜も遅く帰ってきて、ほとんど家にいなかった亭主が、ある日突然一日じゅうごろごろしていて、三食きちんきちんと用意しなければならなくなれば、どんな奥さんでも亭主在宅ストレス症候群になります。兎に角何か趣味とか地域とのつながりを持つとかして常時家にいないことです。「亭主元気で留守がいい」は名言です。そしてたまに(たまにでいいのです)一緒に旅行しましょう。それと鉄則ですが、旅行は大体3日以内がいいでしょう。お互いの見たい処、行きたい処、現地で食べたいもの、買いたいもの(お土産など)が必ず食い違ってきて、旅の疲れも出てきて必ず夫婦喧嘩がはじまります。理想は一泊かせいぜい2泊です。 81才  北海道  既婚 男性

40代女性

ペットがいると良いよ~♪癒されるし、共通の話題ができるし、何しろペットを見ていると自然と笑顔になる♪ 48才  埼玉県  既婚 女性

50代男性

まだ定年ではありませんが、子供達も一人立ちし夫婦二人の生活をおくっています。恐らく今と定年後の違いは収入面だけだと思いますが、今と言うかずっと実行していることは、最低限のルールを守った上で互いに好きな事をやろうって事です。休みの時は私が食事を作ったり、パンを焼いたりしてますし、妻が実家に1週間ほど帰らねばならない時には、自炊し洗濯し、、、帰ってきた妻に出来るだけ余計な事をさせないようにもしています。買いものにも出来るだけ二人で出かけていますし、二人で会話をしながら過ごせる時間を多く取りつつ、あまり互いを干渉しないって事を心がけています。子供達もよく言うのですが、我が家はいつも仲間が気兼ねせずわいわいやってるようだねと、、、。何かの縁があって一緒になった妻、そして二人の間の子供達、この家族を絶対に不幸にはしないぞって気持ちで居続ける事が工夫と言えば工夫ですね。でも正直な所、みんなそんな事を意識して何かを実行したり工夫したりしてる訳じゃないんです。元々の我が家の生活スタイルがそうだったから、家族みんなそれが普通だと思ってるんじゃないでしょうか。 54才  千葉県  既婚 男性

50代男性

休日にはできる限り出かけることにしている。家庭内ではなかなか話しにくいことも車の中では話せるから。あと食事中はテレビを見ない。(食事をするところにテレビはありませんが)必然的に会話が生まれるので。 50才  群馬県  既婚 男性

60代男性

一緒に出かけたり、別々に行動したりしているが、行動予定表はお互いに分かるようにしてある。 68才  東京都  既婚 男性

40代女性

まだ、定年に達してはいないが、子供が自立したあとも配偶者と一生添い遂げたいと思っているので、その気持ちを忘れずに常に感謝の気持ちを持とうと心がけている。 48才  山形県  既婚 女性

60代女性

お互いに行動不干渉、大きな買い物は相談するが、趣味的なもの(衣服やPC関係の経費など)は各自の予算でまかなう。自立した同居人、ただし夕食はなるべく一緒に、近況を話し合う。 74才  滋賀県  既婚 女性

60代男性

食事のあとの洗い物を交代でしています、こんなに大変だとは知りませんでした。 67才  宮崎県  既婚 男性

60代男性

私の在宅時間が多くなったので、女房は今までのロスタイムを取り戻すべく趣味、サークル、旅行等出掛けているので、気持ち良く(?)送り出し留守番をしている/本音は1人で居た方が気楽だから 66才  北海道  既婚 男性

60代男性

定年までは家庭のことは全て任せて何も協力さえしていなかった。ところが反乱!口もきいてもらえなくなった。何が不満か分からなかった。そのご機嫌を取りながら探ったところ、やはり家事に協力しなかったことが(女の仕事と思って任せっきりになっていたことが不満)原因で話し合って自分の分担をはっきり決めたことが解決につながったようです。今は風呂掃除、掃除機かけ、布団の上げ下げ、は役目として実践、その他話しかけられた時ははっきり応答すること、これは大事だと思っています。 70才  千葉県  既婚 男性

40代女性

日々の出来事や取り留めもないことなども、お互いよく会話することで良好な関係を維持出来るのではないでしょうか、それがもとで喧嘩も頻繁に起こりますが夫婦ならではでないでしょうか。 47才  東京都  既婚 女性

60代男性

現役時代と同じような生活リズムを維持するために、朝食後は自室(仕事場)に行き昼食を一緒に取った後も18時くらいまで自室でゆくことで生活リズムを大きく変えないようにした。 72才  北海道  既婚 男性

40代女性

どういう行動をすれば相手が心地良くしていられるか、どういう言葉を言えば相手に自分の意思が正確に伝わるのか、実行する前に一度考えるようにしている。自分の都合だけを優先させることばかりでは、そもそも人間関係自体うまくいくはずがないと思う。 43才  京都府  既婚 女性

60代男性

60歳で定年、63歳まで嘱託勤務、現在はアルバイト勤務して、日頃の生活パターンを変えない様にしている、朝は早く起きて洗濯、ゴミ出しも亭主の仕事にしている。 64才  東京都  既婚 男性

60代男性

私はパソコンを長く扱っていますが、妻にパソコンを買ってやり初歩から教えながらインターネットなどから多くの情報を得て日常に反映させたり脳を使うように心掛けています 64才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

金銭面での不安を無くすのは今の日本じゃ不可能なので、せいぜい日常会話に付き合ったり、病気で余計な金が出て行かないよう運動したりして健康に機を使っています。 60才  愛知県  既婚 男性

年代性別不明

とにかく相手を拘束しない(自分も拘束されない) 相手に関して決め付けない、自分の考えを押し付けない。お互いの自由な時間を尊重する。必要以上に期待も幻滅もしない。お互い様ということを忘れない。家族としてじゃなく、一人の人間として向き合い、甘えすぎず、つかず離れずの距離感を大切にする。

60代女性

記念日以外にも、たまに、車で、食事や喫茶に行って外食する。又、共通の友人と交流することによって、普段の生活感以外の満足感が出る。 64才  大阪府  既婚 女性

30代女性

定年した両親は、母の方がお友達と外出して父が家に居たり、別々の部屋でテレビを見たり、と自分の時間を持っています。しかし、仲はとても良いです。 39才  兵庫県  未婚 女性

40代男性

お互いの好きなことはそれぞれ趣味として時間を持ち、その中で健康を維持して相手を尊敬して適度な距離を保ち、時間を共有して生活すること。 43才  山形県  既婚 男性

60代男性

退職後すぐに家庭菜園用地が借りられたので、菜園に”勤務時代と同じような時間”に行くようにしています。家族はそれを“出勤”と云って、家にいない時間が確保されているのがいいようです。ただ、“お金を持ってくる”ものから、肥料代等の”お金がかかる”ものに変わったことは理解されていますが、採れた“野菜等はあまり持ってくるな”(持ってきた野菜に合わせた料理を作らなければならない、時期には同じものが続く等)のため、何を作ればいいのか、その工夫が大変です。菜園で体を動かすことに対して、今は何を作るか、どうしたらできるのかが頭の体操になっているので、バランスがとれているのかもしれません。 62才  群馬県  未婚 男性

50代男性

互いに仕事をしているので、食器洗いは自分がいつもやっている。買い物はほぼ一緒に行っている。掃除も率先してやる。これはずっと続けたい。 51才  東京都  既婚 男性

30代男性

まだ定年ではないが、週末の食事の用意、洗濯はほぼ私がやるようにしている。奥様にとっては当然助かることであるが、私自身もいい気分転換になる。いやいややっていないのが奥様にもわかるのか、週末や色々やってくれるから、平日頑張ろう、という気になってくれている(ような気がする)。 36才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

市の後年大学に席をおいた。パソコンを購入し操作ができるように努力した。今では、高年者向けのパソコン同好会を主宰しがんばっている。 79才  愛知県  既婚 男性

60代男性

定年前は付き合いがあり酒量も多かった。定年後自分のコントロールができ出し食事制限、ウォーキングなど健康に留意した。おかげで肝機能も回復し健康体となった。健康に不安を抱え家でダラダラしているのが一番家庭不和の元。 65才  愛媛県  既婚 男性

60代男性

今までも外の仕事は男の仕事としていた。家の外の仕事は自分がやっている。定年後は平日も出来るので妻は喜んでいる。 63才  千葉県  既婚 男性

60代男性

高齢になり妻の家事の負担が身体的にきつくなるのでグルメ情報を集めて外食を今迄より多くして負担軽減と会話を楽しんでいます。 81才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

夫婦の共通の趣味である旅行も、何時も一緒に行くのではなく、時々は、それぞれが単独で自分の友人と行くようにしています。これにより、留守番をしている時の寂しさから、一緒に居る時の安らぎが増すように思いますし、見聞を広め、行き先が固定化しない効果も出て来ていると思います。 64才  東京都  既婚 男性

60代男性

もともと趣味が違っていたので、それぞれの趣味を干渉せず共に止めなかったことが生活のハリになっているのでは、と思っている。 69才  神奈川県  既婚 男性

60代女性

曾孫の誕生で義母も喜び、私は孫の子守をすることになり息子夫婦も優しくなったような気がする。気難しい夫も、孫の顔を見ると機嫌がいい。新しい生命の誕生は、家族全員の喜びになり年寄りにも生きる力を与える。 64才  神奈川県  既婚 女性

50代男性

年金の試算、退職金の試算と運用方法の検討。プラス、財形貯蓄など、主に金銭面の不安をなくすための準備はもう始めています。 58才  東京都  既婚 男性

50代女性

一緒に笑う機会を多くする。笑うということはとっても大事。一緒に笑うことはその気持ちを共有することでもっと大事。 58才  神奈川県  既婚 女性

60代女性

夫は寡黙ですが、話を良く聴いてくれました。こちらは開放的、良く喋るという組み合わせでしたが、話題は選びました。夫が知らない自分の友人知人のことや、生活地近隣の愚痴などは意図して話題にはしません。話が気分良く弾むためには、相手の関心、関わりの範囲を知って話題を選ぶことが大事。日常生活の中で、自分で考えて対処することと、夫と共に考えてその先を決める事を分けることを心がけました。 75才  東京都  既婚 女性

40代女性

なるべく会話をオープンにするように心がけています。隠しごとからいろいろ妙なことになるものだと考えています。 40才  千葉県  未婚 女性

60代男性

工夫と言う訳ではないが、うれしい事・嫌な事・冗談話 等々を常時言える事。言った後に気まずくなる事もあるが、流行と同じく、ぐるぐる繰り返されていくうちに親近感が保たれると思っています。 62才  奈良県  既婚 男性

60代男性

二人で外食する、買い物する、コンサートへ行く、映画を観る、などなど。趣味など共通の目的を持つ事が大切。 61才  神奈川県  未婚 男性

60代男性

互いの交友関係の飲み会、旅行などには、お互いが気兼ねなく出かけられるように、協力し合っている。 61才  東京都  既婚 男性

60代男性

朝飯後の片付けの手伝い、ごみの排出など自分がやると決めたことが終ると、妻は1階、自分は2階に分かれて、それぞれの時間を持っている。自分の時間は新聞閲読、パソコン、E-Mailの処理などが主。昼食後はそれぞれに読書や室内での趣味、週に何回かは2人で食品等の買物、時に亭主は魚の調理等を引き受けている。 81才  千葉県  既婚 男性

40代女性

独身なので家族はないけど、親戚づきあいとして、妹夫婦の宅を年1回以上は訪ねるようにしている。 41才  香川県  未婚 女性

60代男性

会社在職中はできなかった海外旅行を、夫婦で2年に1回程度行くようにしている。以前から私の退職後の夢だったが、妻に任せきりだった家事や育児などの苦労に対する慰労と、罪滅ぼしの意味もある。 73才  東京都  既婚 男性

60代女性

お互い自立のためにまず、夫に3品位料理を作れるように指導する、これは大切なことと思います。 67才  神奈川県  既婚 女性

50代男性

夫婦で、そんなに遠くでもないし、長期でもない、体力的にも金銭的にも負担の少ない小旅行に出かけます。良い景色に出合って、温泉に入って、家では食べないようなご馳走をいただいて、その土地の人と出会うような、のんびりとした旅です。旅は心を豊かにしてくれます。 51才  大阪府  既婚 男性

60代男性

アルバイトでかせいで年1回は旅行と記念日のプレゼントをわすれないようにしている。 63才  東京都  既婚 男性

60代男性

ほとんど家にいなかったので、定年後、日常生活の快適さを求めてのリホームの実施。仕事での旅行は多かったが、夫婦での旅行は数えるほどてあったので、定年後は元気なうちに楽しめと、夫婦でのツアー旅行を多くしている。 65才  香川県  既婚 男性

60代男性

子供世帯が共稼ぎの為、孫の面倒を看る機会が多く、孫が双方の癒しとなっている。 70才  滋賀県  既婚 男性

60代男性

加齢と共にボケない様に夫婦の会話を絶やさない事が大切で、その為には出来るだけ一緒に外出や旅行をしたりして話題を豊富にして置く。それと健康維持に一番大切な事は食事だと思っている。色々な物を満遍無く食べて、且つ、笑いを絶やさない事だと思っている。その為に多くの友人との交遊は勿論の事、子供や孫達と年に6回位会食や一緒に旅行をする様にしている。勿論その費用は全額我々夫婦の支払いで行っているので皆喜んで来て呉れ笑いが絶えない。我々夫婦の考えはお金と言うものはあの世へ持って行けるものではないので溜める必要は無く、皆と楽しむ為のものだと心得ているので手元にお金が無くても一向に寂しくないし、年金も健康を維持するだけのものがあれば良しとしている。それで一番大切な事はお金を出して上げたと恩に着せない様に平等の立場で何事も振る舞うことである。 83才  東京都  既婚 男性

定年についてのアンケート・ランキング 第2弾
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 宇宙を舞台にした映画の人気ランキング 1位 スター・ウォーズ、2位 猿の惑星
  2. 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」
  3. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  4. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  7. アメリカで連想するものトップ3は「星条旗・国歌」「野球」「ハリウッド映画」
  8. 使っている財布の値段「1万円未満」という人は57%
  9. 好きな動物ランキング 1位 犬、2位 猫、3位 ペンギン
  10. 犬派は63.0%、猫派は37.0%【犬と猫、どちらが好きかの調査】

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官