本文へジャンプします。

終活についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


定年・退職・老後の生活 2017年3月24日

終活についてのアンケート・ランキング

「終活として何をしていますか?」「終活を何歳ごろから考えていますか?」「終活に関して不安や心配な事はありますか?」「ご自身の葬儀や墓について、家族に希望を伝えたい項目は何ですか?」など“終活”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年03月10日~2017年03月16日/有効回答数:2,727件

調査レポート

レポート01 9割が「終活」という言葉を知っていると回答【終活に関する調査】

「終活」という言葉を知っていますか?
※「終活」とは「人生の終わりをより良いものとするため、事前に準備を行うこと」を指します。

グラフ
編集部まとめ

「『終活』という言葉を知っていますか?」という調査について、最も多かったのは「知っている」で67.7%、次いで「よく知っている」で20.2%、「あまり知らない」で10.2%の順でした。
「知っている」「よく知っている」を合わせると、87.8%が知っているとこになります。

■終活という言葉を知っている割合、男性は86%、女性は95%

男女別でみてみると、「知っている」「よく知っている」を合わせた割合は、男性86.1%、女性94.8%といずれも高く、中でも女性がより高い割合になっていました。

9割とはスゴイですね!
ちなみに年代別では、ほとんどの年代が85%前後でしたが、40代のみ89.5%と高くなっていました。上の世代ほど高くなると思っていたので、ちょっと意外です。

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 60代以上で「すでに終活」を始めている人は約2割【終活に関する調査】

「終活」(またはそれに相当すること)を始めていますか?

グラフ
編集部まとめ

「終活を始めていますか?」という調査について総計を見ると、最も多いのは「予定はないが時期が来たら始めたい」で59.6%、次いで「終活を行うつもりはない」で18.3%、「すでに始めている」で11.4%、「近いうちに始める予定である」で10.7%の順でした。

■60代以上では、すでに始めているが19%、近いうちに始めるが17%

年代別にみてみると、「予定はないが時期が来たら始めたい」という回答は、50代以下では6~7割でしたが、60代以上では46.9%に減少。「すでに始めている」は、50代以下では5%前後でしたが、60代以上では19.5%まで増えていました。なお、60代以上でも「終活を行うつもりはない」と回答している人も16.4%いました。

ちなみに、男女別で見てみると、「終活を行うつもりはない」という人の割合は女性10.8%に対し男性は20.3%と、女性より男性が約2倍、男性のほうが終活の予定がない人が多いという結果でした~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 終活ですることランキング 1位 財産整理、2位 資金計画、3位保険の整理

「終活」(またはそれに相当すること)として何をしていますか?または何をしようと考えていますか?

グラフ
編集部まとめ

「終活でしていること、しようとしていることは?」という調査の結果です。「特にない」の24.2%を除くと、総合ランキング1位は「自分の財産の整理」で40.9%、2位は「残りの人生で必要な資金計画」で28.5%、3位は「加入保険の整理・見直し」で21.3%、4位は「遺言書・遺産分与の作成」で18.6%、5位は「葬儀の準備」で17.2%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「自分の財産の整理」 40.9%
2位 「残りの人生で必要な資金計画」 28.5%
3位 「加入保険の整理・見直し」 21.3%
4位 「遺言書・遺産分与の作成」 18.6%
5位 「葬儀の準備」 17.2%
6位 「携帯電話等加入サービスのまとめ」 14.6%
7位 「親戚・友人・知人リストの作成」 14.5%
8位 「形見分け・遺品の整理」 14.0%
9位 「墓の準備」 11.6%
10位 「大切な人へのメッセージの作成」 9.9%

■「形見分け・遺品の整理」「親戚・友人・知人リストの作成」は、男性より女性がしたいと思っている

男女別にみてみると、ほとんどの選択肢で男性より女性のほうが多く、女性はさまざまな終活をしようとしていることがわかりました。特に差が開いていたのは「形見分け・遺品の整理」「親戚・友人・知人リストの作成」で、いずれも女性が6~8%高くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「自分の財産の整理」 40.4%
2位 「残りの人生で必要な資金計画」 28.5%
3位 「加入保険の整理・見直し」 21.0%
4位 「遺言書・遺産分与の作成」 18.3%
5位 「葬儀の準備」 17.0%
6位 「携帯電話等加入サービスのまとめ」 14.0%
7位 「親戚・友人・知人リストの作成」 13.0%
8位 「形見分け・遺品の整理」 12.4%
9位 「墓の準備」 11.4%
10位 「大切な人へのメッセージの作成」 8.8%

【女性】
1位 「自分の財産の整理」 44.2%
2位 「残りの人生で必要な資金計画」 27.7%
3位 「加入保険の整理・見直し」 23.1%
4位 「形見分け・遺品の整理」 20.8%
5位 「親戚・友人・知人リストの作成」 19.8%
6位 「遺言書・遺産分与の作成」 19.4%
7位 「葬儀の準備」 17.9%
8位 「携帯電話等加入サービスのまとめ」 16.5%
9位 「大切な人へのメッセージの作成」 14.2%
10位 「墓の準備」 11.7%

「その他」のフリーアンサーでは、持ち物、家、PCの整理など、「断捨離」系のことをするという意見もいただきました。なるほど、大事ですね!

「調査団員の声」では、 「終活」(またはそれに相当すること)としてしてること、またはしようとしていることを具体的に教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

小学生の時から今に至るまで毎日書いている日記をどうにかしなくてはならない。早く処分するのは惜しいが、かといって、死んでからならまだしも、まだ生きているうちに誰かに読まれたらと思うととんでもなく恥ずかしい。事務的なことは事務的に処理すればいいだけだが、これについては、どのタイミングで処分するかがとても悩ましい。 50才  愛知県  既婚 女性

小学生の頃からいままで!? それは処分するなんてもったいないです> < でも日記は人に見られたら恥ずかしいですよね。汗 私はパソコンの中身を人に見られたくないので、何かあったら信頼しているマリカナ団長に叩き割ってもらいたいです!(笑)調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

2年後は70歳、それまでに身の回りの物を整理したい。日常使っているものは沢山あり、今要るもの、これから使うもの、もう使わないもの、時々使うもの、等々家中のものを整理し始めた。本、服、着物、趣味のもの、食料などある。老眼になって読書量激減、まずは本から始めた。そして、もう着ない服も履かない靴もスッキリと。しかし、着物の整理は随分思い切って実行、これからの人生を看過する機会にもなり、保険も見直した。整理すべきものはまだまだあり、家族が見てもわかる様、いずれ弱っていくだろう自分もわかる様、シンプルな生活を目指して身辺の整理を続けたい。 68才  神奈川県  既婚 女性

「いずれ弱っていくだろう自分もわかる様」というのがなるほどです~! 家族に面倒をかけないように、という声はたくさんいただきましたが、自分もどんどんわからなくなっていくからシンプルに、というのはとても納得でした(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

パソコンやクラウド、サーバ内のデータの始末。人に見られると恥ずかしいデータなどが自動的に消去されるように設定。若しくは、料金を払わないと削除されるようにする。 58才  埼玉県  既婚 男性

はっ! 叩き割るよりもこの方法のほうが確実なのでは!?Σ^▽^ちょ、ちょっと設定方法調べてきます!!調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート04 終活を始める年齢は、70歳~74歳が最も多い【終活に関する調査】

何歳ごろから「終活」を考えていますか、もしくは考えたいと思いますか?

グラフ
編集部まとめ

「何歳ごろから終活を考える?」という調査です。「開始時期を決めるつもりはない」の16.7%を除いて総計を見ると、最も多いのは「70歳~74歳」で16.5%、次いで「65歳~69歳」で16.2%、「60歳~64歳」で12.1%の順でした。

■終活を始める年齢は、上の世代になるほど遅くなる傾向

終活を始める年齢を年代別にみてみると、30代以下は「65歳~69歳」、40代は「60歳~64歳」、50代は「65歳~69歳」、60代以上では「70歳~74歳」が最も多く、40代が最も早く終活を始めたいと考えている、という結果になりました。

ちなみに最も多い開始年齢を男女別でみてみると、男性は「70歳~74歳」、女性は「60歳~64歳」と、男性に比べて女性のほうが10歳若い段階で終活を始めたいと考えているようでした~。私も始めるなら早めにやりたいなぁ…と思いつつ、結局ギリギリ(?)になりそうな予感が…(´▽`)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート05 終活をする理由、6割が「家族に迷惑をかけたくない」と回答

「終活」(またはそれに相当すること)をしようと考えている理由は何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「終活をしようとした理由」についての調査です。総合ランキング1位は「家族に迷惑をかけたくない」で59.3%、2位は「病気やけがで寝たきりになったときに備えて」で34.2%、3位は「自分の人生の終わり方は自分で決めたい」で21.3%という結果でした。

■既婚者が「家族に迷惑をかけたくない」という理由で終活を考える割合は、未婚者の1.5倍

未既婚別でみてみると、1位の「家族に迷惑をかけたくない」は、未婚者が43.7%なのに対し既婚者は66.9%と、1.5倍になっていました。
「友人や知人に迷惑をかけたくない」については、既婚者は10.8%なのに対し、未婚者が19.9%と、こちらは逆に未婚者が2倍程度になっていました。

ちなみに男女別では、全体的に女性が多くなっていて、女性のほうがさまざまな理由で終活を考えているようでした。終活を始めたいという年齢も女性のほうが早かったですし、終活でしようとしていることもいろいろあるみたいですし、女性は終活に対して感度が高いんですね!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート06 終活で不安・心配なことは「特にない」が3割超え、1位は「何から手をつけるか」

「終活」に関して不安や心配な事はありますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

終活に関する不安や心配な事の調査です。「特にない」の31.1%を除き、総合ランキング1位になったのは「何から手をつければよいかわからない」で18.4%、2位は「自分がちゃんとできるのかが不安」で17.4%、3位は「残りの人生で必要な金額がわからない」で13.7%、4位は「相談できる相手がいない」で11.3%、5位は「いつから始めればよいかわからない」で10.3%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「何から手をつければよいかわからない」 18.4%
2位 「自分がちゃんとできるのかが不安」 17.4%
3位 「残りの人生で必要な金額がわからない」 13.7%
4位 「相談できる相手がいない」 11.3%
5位 「いつから始めればよいかわからない」 10.3%
6位 「書いた希望通りに物事が進むかが不安」 10.0%
7位 「自分が死んだあとの家族やペットの生活」 9.5%
8位 「自分の葬儀をどう準備すればよいかわからない」 5.4%
9位 「誰に何を相続するのが良いかわからない」 4.5%
10位 「遺言書に何を書けばよいかわからない」 3.4%

■「残りの人生で必要な金額」「自分でできるか」は男性より女性が心配している

男女別にみてみると、特に差がついたのは「残りの人生で必要な金額がわからない」「自分がちゃんとできるのかが不安」「書いた希望通りに物事が進むかが不安」で、いずれも女性のほうが男性よりもより多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「何から手をつければよいかわからない」 17.4%
2位 「自分がちゃんとできるのかが不安」 15.8%
3位 「残りの人生で必要な金額がわからない」 12.2%
4位 「相談できる相手がいない」 11.5%
5位 「いつから始めればよいかわからない」 10.3%
6位 「自分が死んだあとの家族やペットの生活」 8.9%
7位 「書いた希望通りに物事が進むかが不安」 8.7%
8位 「自分の葬儀をどう準備すればよいかわからない」 5.3%
9位 「誰に何を相続するのが良いかわからない」 4.3%
10位 「遺言書に何を書けばよいかわからない」 3.6%

【女性】
1位 「自分がちゃんとできるのかが不安」 24.0%
2位 「何から手をつければよいかわからない」 22.7%
3位 「残りの人生で必要な金額がわからない」 20.8%
4位 「書いた希望通りに物事が進むかが不安」 15.4%
5位 「自分が死んだあとの家族やペットの生活」 12.5%
6位 「相談できる相手がいない」 10.2%
7位 「いつから始めればよいかわからない」 9.8%
8位 「誰に何を相続するのが良いかわからない」 5.8%
9位 「自分の葬儀をどう準備すればよいかわからない」 5.6%
10位 「自分がどのお墓に入るのがよいかわからない」 4.0%

ちなみに年代別で「終活に不安や心配はない」をみてみると、最も割合が高かったのは60代以上で、50代と比べても2割以上も高かったです。もう手をつけ始めた人が増えたためでしょうか?(´▽`)

「調査団員の声」では、 「終活」に関する不安なこと、不安に対して実施しようとしていることを教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

何が何でもピンピンコロリで逝くことを心掛けて居る。遺書は書いた、遺産はゼロ、トラブルの保険で弁護士への依頼は完了、墓の処置も終わったし私名義の諸々の処理のノートも完成はしているが、中々お迎えのお呼びが掛からない。 76才  東京都  既婚 男性

遺書に弁護士さんへの依頼、お墓のこと、処理ノートまで! 準備万端ですね、すごいです~(´▽`) そんなそんな、まだまだご健在なのは何よりですよ~! お体大事にされて、引き続き何でも調査団にお付き合いいただけるとうれしいです♪調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

仕事場の人が、自分が死んだ時、棺桶に入れてもらいたいものリストを用意しているのを見て、驚きました。でも、たしかに事前に用意しておけば、好きなものに囲まれるし、残された方も助かるのかな、と自分も興味を持ちました。 43才  東京都  既婚 女性

棺桶に入れてもらいたいものリスト、いいですね! 好きなものに囲まれる…なんてステキな響き>▽< 今だったらイケメンの写真とキレイなお花かなー★調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

私にとって、何よりの心配は、私自身のことではなく、今手元にいるインコたちのこと。誰にも頼れないし、路頭に迷わせることなく、見送るためにも、ともかく健康に気をつけることと、去年仕事場で大怪我をした折、痛感しました。体調管理には、気をつけるようになりましたね。 50才  千葉県  未婚 女性

大怪我、大丈夫でしたか?(´;ω;`) インコちゃん(くん?)のためにも、ぜひ元気でいてください~!調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート07 自分の葬儀・墓に関する要望ランキング 1位は「形式」2位は「葬儀の費用」

ご自身の葬儀や墓について、家族に希望を伝えたい項目(内容)は何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

ご自身の葬儀や墓について、家族に希望を伝えたい項目ランキングです。「特にない」の46.7%を除くと、総合ランキング1位は、「形式(一般葬儀、家族葬など)」で35.9%、2位は「葬儀の費用」で14.6%、3位は「参列者・連絡先」で10.8%、4位は「埋葬方法」で10.0%、5位は「遺影に使う写真」で8.2%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「形式(一般葬儀、家族葬など)」 35.9%
2位 「葬儀の費用」 14.6%
3位 「参列者・連絡先」 10.8%
4位 「埋葬方法」 10.0%
5位 「遺影に使う写真」 8.2%
6位 「先祖の墓に入るか、新規購入するか」 5.9%
7位 「葬儀の宗派」 5.8%
8位 「棺に一緒に入れるもの」 5.8%
9位 「葬儀の場所」 5.6%
10位 「葬儀社」 4.3%

■「遺影に使う写真」「棺に一緒に入れるもの」は男性より女性が気にしている

男女別に見てみると、特に差がついたのは「遺影に使う写真」「棺に一緒に入れるもの」で、いずれも男性より女性のほうが多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「形式(一般葬儀、家族葬など)」 35.4%
2位 「葬儀の費用」 14.2%
3位 「参列者・連絡先」 10.1%
4位 「埋葬方法」 9.4%
5位 「遺影に使う写真」 6.9%
6位 「先祖の墓に入るか、新規購入するか」 5.3%
7位 「葬儀の宗派」 6.0%
8位 「棺に一緒に入れるもの」 4.6%
9位 「葬儀の場所」 5.5%
10位 「葬儀社」 4.4%

【女性】
1位 「形式(一般葬儀、家族葬など)」 37.9%
2位 「葬儀の費用」 15.2%
3位 「参列者・連絡先」 13.1%
4位 「埋葬方法」 12.5%
5位 「遺影に使う写真」 12.5%
6位 「棺に一緒に入れるもの」 9.2%
7位 「先祖の墓に入るか、新規購入するか」 8.1%
8位 「お墓の形式・値段(新規購入の場合)」 5.6%
9位 「葬儀の場所」 5.4%
10位 「葬儀の宗派」 4.0%

特に希望はないので、面倒がないように取り仕切る人にお任せしたいです^▽^
あ、でも、やっぱり写真は気になりますねw 最近は着飾った写真を遺影用に撮る写真館が女性に人気らしいです。気になります!

「調査団員の声」では、葬儀やお墓についての希望を、具体的に教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

私自身は「葬儀一切不要」と言ってあるが、息子に言わせると「自分の社会的立場も有るので何もしないわけにはいかない」と言われている。死後は私の自由にはならないので、基本は葬儀不要だが、結果はなる様になれと言った感じ。 80才  千葉県  既婚 男性

なるほど、息子さんの言うこともわかりますね。私も両親が「葬儀は不要だから」と言ってもたぶんやるだろうなー> <調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

祖母の供養をしてくれているお寺の住職さんが大好きです。自分の祖父のように感じていて勝手に大好きなので、住職さんに私の葬儀をしてほしいので・・・住職さん、どうかずっとずっと長生きしてくださいね! 42才  東京都  未婚 女性

そんなにも大好きな住職さんがいらっしゃるなんて、いいですね~(*´▽`*) 私もその住職さんが長生きするようにお祈りします~!調査団編集部:マリカナ団長

40代男性

家内の実父が先日亡くなり、昨日葬儀を行ったばかりで、つい先程家内の実家から帰ってきてメール等をチェックしていたらこのアンケートがあり、少し不思議な縁を感じています。葬儀は家族葬で行ったため、ささやかながら最後のお別れが出来たと思います。しかし義父は終活等は行っていなかったことから、残された家族が病院や役所の手続きだけでなく、様々なことについて一つ一つ調べたり確認していたことから、自分の場合は出来るだけ前もって自分自身である程度はやっておかないと残された家族に迷惑をかけてしまうなと思いました。 49才  兵庫県  既婚 男性

おおっ、なんというタイミング。そして実体験からの声、ありがとうございます! やっぱりある程度はやらないと残された家族は大変なんですね。わかってはいたけど、改めて終活の重要さを実感します> <調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 東北の人気観光スポットランキング 1位 中尊寺、2位 松島
  2. 東北の人気ご当地グルメランキング 1位 牛タン、2位 笹かまぼこ
  3. 目玉焼きにかけるものは、6割が「醤油」と回答
  4. 東北出身の女性芸能人といえば 1位 あき竹城、2位 佐々木希
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. 男女で差が? お金以外に財布に入れているものランキング
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  10. 東北出身の男性芸能人といえば 1位 吉幾三、2位 サンドウィッチマン

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官