本文へジャンプします。

電力自由化についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


時事・季節 2016年7月1日

電力自由化についてのアンケート・ランキング

「電力自由化にともない、電力会社を変えたいと思いますか?」「電力会社を選ぶ際、ポイントになる(と思う)のは?」「“夏”の電気代の節約方法、あなたが実践しているのは?」など“電力自由化”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年6月17日~2016年6月23日/有効回答数:3,121

調査レポート

レポート01 電力自由化の興味関心が「ある」人は46%、「ない」人は30%

電力自由化について、興味関心はどのくらいありますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「まぁまぁある(70%)」で34%、次いで「どちらともいえない(50%)」で24%。「ある派」をあわせると46%なのに対し、「ない派」は30%と、どちらかというと興味関心がある人のほうが多いようです。

■既婚者のほうが電力自由化に対する興味関心が高い
未既婚別でみると、興味関心が「ある派」は既婚者が49%と約半数なのに対し、未婚者は37%。未婚者は「ない派」が36%と、「ある派」と拮抗しており、既婚者のほうが電力自由化に対する興味関心が高いことがわかりました。

電力自由化への興味、「ある」が46%…意外と少ない…んでしょうか?(´▽`) 一時期テレビでよく特集をしていたので耳にはしているけど、実際に変えるかっていうと…という人が多いのかもしれませんね~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート02 電力自由化の情報収集先ランキング 1位はテレビのニュース番組

電力自由化の情報はどこから収集していますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「テレビのニュース番組」で48%、2位は「インターネットのニュース」で39%、3位は「新聞」で34%、4位は「電力会社のホームページ」で25%、5位は「テレビの関連特番」で17%でした。

■60代以上の半数以上が「新聞」で電力自由化の情報を収集している
年代別にみてみると、上の世代ほどいろいろなところから情報収集をしていることがわかります。特に差が出ていたのは「新聞」で、30代以下が16%なのに対し、60代以上は52%と半数超えで2位でした。

60代以上の「新聞」すごい高いですね!
そういえば以前「話題になっている情報・ニュースは、どこから仕入れることが多い?」というアンケートをとったときも同じ結果でしたよね!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート03 電力自由化で5割が電力会社を、電気代がいまより安くなるなら変更したい

電力自由化にともない、電力会社を変えたいと思いますか?

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、最も多かったのは「電気代がいまより安くなるなら変更したい」で47%と約半数、次いで「よくわからない」で24%。ちなみに、「すでに変更した」という人が7%でした。

■60代以上の約2割が、電気代がいまより安くなっても変更したくない
年代別で見ると、「電気代がいまより安くなっても変更したくない」と答えたのはほかの世代に比べ60代以上のみ多く、18%。レポート02ではさまざまな形で情報収集をしていた60代だけに、その結果でしょうか?

おおっ、すでに電力会社を変更した人、いらっしゃるんですね~!

「調査団員の声」では、そんな方々をはじめ、電力会社を変えた理由、変えたくない理由など、みなさまのご意見をお聞きしましたのでご紹介します~(´▽`)
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代男性

【すでに変更した】ガス給湯器が経年劣化により機能停止した。機器更新のネゴ中に、ガス+電気セット割の話題になり、比較した結果、スマートメータ切り替え済の我が家、即切り替え申し込み手続きを終えた。 75才  神奈川県  既婚 男性

なるほど~、機器の故障と電力自由化のタイミングがぴったり合ったのですね~(´▽`)すでに変更された方は7%なので、貴重なお話 感謝感謝です~♪調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

【電気代がいまより安くなっても変更したくない】まだまだ始まったばかりの制度で先行き不透明だから。折角変更したのに簡単に倒産などされてはたまらないし、一旦かえればなかなか次へ変更しにくいしので、この点だけ考えれば、ざっくり言って携帯電話のキャリア変更に近い気がしています。 52才  新潟県  未婚 男性

携帯電話のキャリア変更、以前より楽になったとはいえ、まだまだ大変ですよね(T▽T) 確かに、言われてみれば似ている気がします。調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

【電気代がいまより安くなっても変更したくない】既存電力会社の提案プランで2年契約し、もう2ヶ月経っている。何よりも安定電力が望ましいし、相対的に多少安くなってもリスクを負う事態は避けたい。電力会社も今は乱立の状況だが、数年後はキッチリ淘汰されていることでしょう。時期をみて再検討したい。 68才  東京都  既婚 男性

「相対的に多少安くなってもリスクを負う事態は避けたい」というのが、とても納得の理由だな~と思いました。電力は生活に欠かせないだけに、リスクは怖いですもんね(´・ω・`)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート04 電力自由化「自分に合った料金メニューがわからない」人が3割

電力自由化でよくわからない・不安なことは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計をみると、1位は「自分に合った料金メニューがわからない」で30%、2位は同率「切り替えの手続きが面倒そう」と「電気の供給が安定しないのではないか」で28%でした。

■女性の3人に1人が「切り替えの手続きが面倒そう」だと思っている
男女別にみてみると、すべての選択肢において女性のほうが男性より高く、女性がさまざまな不安と疑問を抱えていることがわかります。特に差がついたのは「切り替えの手続きが面倒そう」で、男性が26%で3位なのに対し、女性は36%で1位でした。

女性1位が「切り替えの手続きが面倒そう」、年代別だと若い世代はこれが断トツ1位で39%でしたし、私も正直感じました^▽^実際はどうなんでしょう?

「調査団員の声」では、具体的に、電力自由化でわからない・不安なことを教えていただきました!
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

一度切り替えたら次に切り替える時は高くなる(噂で)とか、手続きのほとんどが「続きはウェヴで…!」が多くて私たちの世代はそれを見ただけで「あ~無理だ…」ってなってしまいます。 50才  愛知県  既婚 女性

「続きはWebで★」はCMとかでもよく見かけますが、まだまだハードル高いですよね。私も見てもよくわからないから、目の前で説明してくれ! ってよく思いますよ。笑^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

何処も安くなることをうたい文句にしているが、実際には条件があったり、関連商品を買ったりしたときにサービスが受けられるようなことだったりするらしいので、料金の比較がよく判らない。 66才  千葉県  既婚 男性

条件、曲者ですよね(・ω・`) 電気代と何かがトータルで見ると安くなる、といわれても、何かが電気代から遠くなればなるほどよくわからない…ってなってしまいます。汗調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

各社とも「Q&A」などの記述もあるようですが、それらはあくまで「モデルケース」であり、実際に切り替えして暫く利用してみた後、さらなる他社への切り替えを希望した際、それが円滑に叶うのかどうか、他社への変更を希望する際の条件も全社一律ではないですから、真の理解方法そのものがよくわからず、非常に不安です。 53才  京都府  既婚 男性

Q&Aってあまり細かく書かれていても見つけづらいですし、ざっくりしていると自分にあてはまらないことばかりだったり、で難しいですよね(T▽T)あくまで「モデルケース」その通りだな、と!調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 電力会社を選ぶポイントランキング 1位は「料金の安さ」で断トツ

電力会社を選ぶ際、ポイントになる(と思う)のは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計でみると、1位は「料金の安さ」で61%と断トツ。2位は「電気が安定供給されること」で44%、3位は「サポートの対応の良さ」で42%、4位は「料金メニューのわかりやすさ」で40%、5位は「料金メニューが自分に合っているか」で38%でした。

■男性はとにかく「料金」重視、女性はさまざまな要素を加味して選びたい
男女別に見てみると、「料金の安さ」「セット割など割引が魅力的であること」以外は男性より女性のほうが高く、男性はとにかく「料金」で、女性はいろいろな要素を総合して、電力会社を選びたいようです。

年代別で見ると30代以下は「料金の安さ」「料金メニューのわかりやすさ」が1位&2位で料金面を重視していて、上の世代は「電気が安定供給されること」や「サポートの対応の良さ」なども同じくらい重視していました~(´▽`)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート06 電気とセットで契約する「セット割」人気ランキング 1位はガス会社

電気とセットで契約する「セット割」を提供する企業で、魅力的なのは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「ガス会社(ガス代など)」で43%、2位は「携帯電話会社(携帯料金など)」で26%、3位は「通信会社(ネット料金など)」で22%、4位は「クレジットカード(ポイント還元など)」で15%、5位は「ガソリンスタンド(ガソリン代など)」で12%でした。

■男性は「ガソリンスタンド」女性は「スーパーマーケット」
男女別で見ると、「ガソリンスタンド」は男性のほうが5%高く、逆に「スーパーマーケット」は女性のほうが5%高いという結果に。やはりそれぞれ利用頻度が高いものを魅力的だと感じるようです。

ココは「通信会社」が1位になってほしかったところですが(涙)リアルな声ということで素直に受け止めますね(;▽;)お客さまの声をいつでもリアルにお届けする、何でも調査団を引き続きどうぞよろしくお願いします★

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート07 夏の電気代の節約方法ランキング 1位は使わない電気をこまめに消す

“夏”の電気代の節約方法、あなたが実践しているのは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「使わない電気をこまめに消す」で51%、2位は「エアコンの温度設定を上げる」で47%、3位は「LED照明に買い替える」で32%、4位は「温水洗浄、便座暖房の設定温度を低めに」で27%、5位は「使わない家電のコンセントを抜く」で24%でした。

■上の世代がさまざまな電気の節約方法を実践している
年代別で見ると、「使わない家電のコンセントを抜く」「エアコンを使わない」以外は上の世代ほど高く、上の世代がさまざまな電気代の節約方法を実践していることがわかります。特に差がついたのは「LED照明に買い替える」で30代以下が17%なのに対し、60代以上は41%と倍以上でした。

30代以下の「エアコンを使わない」が30%と3位でしたが、今年は猛暑になるみたいなので無理はしないでくださいね~(´;ω;`)

「調査団員の声」では、実際に実践して、効果があったと感じた電気代の節約方法を教えていただきました~。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代女性

20年以上つかっていたエアコン・冷蔵庫が壊れたため買い換えたら、電気代がとても安くなりました。夏場でひと月1万円以上下がったのはとてもうれしい。 52才  千葉県  既婚 女性

エアコン・冷蔵庫の買い替えで、夏場にひと月1万円以上安く!?Σ(`・Д・ノ)ノ それはすごいです~! 新しい家電は省エネって本当なんですね。調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

午後の時間帯は家に居ないのが一番。仕事、学校、デイサービス、習い事など。とにかく午後はどこかに行って自宅以外のエアコンで涼をとる。 54才  大阪府  未婚 女性

自宅にいたらエアコンつけちゃいますもんね! そういえば昔はよく夏、図書館で過ごしたなーw^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

最初の契約アンペアは50でしたが、5年前から一人暮らしになったため、アンペアを見直して40に。しばらくして、40でも多いと感じて30に。戸建でも一人暮らしなら30で十分なのですが、冬と夏は家電を使う順番を間違うとブレーカーが落ちてあわてます。エアコンは最初の5分はとても電気を使うので、エアコンをつけて5分たったら電子レンジを使う。電子レンジを先に使いたかったらエアコンはしばらく我慢ということに。契約して2年くらいたちますが、今でもうっかりミスしてます。夜やっちゃうと、真っ暗になるので大変。でも、アンペア数を下げると電気代が下がるだけでなく、電気の使い方を意識するようになるという利点もありますよ。 60才  東京都  未婚 女性

契約アンペアの見直しが電気の使い方を意識するきっかけになる、という考え方ステキです~(*´∀`*) 確かに普段落ちないのに、突然ブレーカーが落ちたら、いま電気をいつもより使ったんだ、って気づけますもんね。調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  2. 掃除機メーカーの人気ランキング 1位 パナソニック、2位 東芝、3位 日立
  3. みんなが選ぶ今年(2017年)の漢字 1位は「乱」。新党の混乱、企業不祥事などが理由
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  7. 2017年 印象に残ったニュースランキング 1位 金正男氏暗殺、2位 小林麻央さん死去
  8. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」
  9. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」
  10. 冬のいいところランキング 第1位は「空気がきれい・澄んでいる」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官