本文へジャンプします。

秋についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


時事・季節 2016年10月14日

秋についてのアンケート・ランキング

「◯◯の秋といえば?」「秋で思い出す食べ物は?」「秋らしい料理は?」「秋に行きたいのは?」「秋のいい点、悪い点は?」「ハロウィンでしたことがあるのは?」など“秋”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2016年09月30日~2016年10月06日/有効回答数:3,059

調査レポート

レポート01 「○○の秋といえば」ランキング 1位「食欲」2位「紅葉」3位「実り」

○○の秋といえば?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「食欲」で66%、2位は「紅葉」で53%と、ここまでが過半数超え。3位は「実り」で37%、4位は同率で「読書」「行楽」の34%でした。

■女性は男性より「食欲の秋」「読書の秋」「芸術の秋」と考えている
男女別に見てみると、差が大きかったのは「芸術の秋」(17%差)、「読書の秋」(14%差)、「食欲の秋」(10%差)でいずれも女性が多くなっていました。逆に男性が多かったのは「行楽の秋」(7%差)、「スポーツ・運動の秋」(4%差)でした。

ちなみに、年代別では、「紅葉の秋」と回答したのは60代以上が多く、ほかの世代より15~20%多くなっていました。また、若い世代ほど「食欲の秋」と回答する傾向がありました。つまり、若い世代の女性が一番「食欲の秋」だと、思っているようですね。はい、私もそう思ってます>▽<

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 「秋といえば?」で思い出す食べ物ランキング 1位「さんま」、2位「栗」

秋といえば? で思い出す食べ物は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「秋といえば?」で思い出す食べ物についてアンケート!

総合ランキングでは
1位 「さんま」 81%
2位 「栗」 68%
3位 「柿」 59%
4位 「松茸」 58%
5位 「新米」 45%
6位 「梨」 39%
7位 「ぶどう」 34%
8位 「銀杏」 32%
9位 「きのこ(松茸以外)」 29%
10位 「さつまいも」 23%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

1位には、焼いたにおいが秋を感じさせてくれる「さんま」が8割超えと断トツでした。

2位には「栗ご飯」「モンブラン」と、秋ならではの味覚を提供してくれる「栗」が約7割を獲得して入り、3位には、高級きのこ「松茸」をわずかに上回り「柿」がランクイン、「柿」に及ばなかったものの4位「松茸」までが過半数超えと人気でした。


■上の世代ほど「秋といえば?」で「新米」を思い出す。

年代別のランキングでは
【30代以下】
1位 「さんま」82%
2位 「栗」61%
3位 「柿」46%
4位 「松茸」45%
5位 「梨」41%
6位 「きのこ(松茸以外)」39%
7位 「新米」31%

【40代】
1位 「さんま」80%
2位 「栗」68%
3位 「松茸」48%
4位 「柿」48%
5位 「梨」43%
6位 「新米」38%
7位 「きのこ(松茸以外)」31%

【50代】
1位 「さんま」78%
2位 「栗」62%
3位 「松茸」50%
4位 「柿」50%
5位 「新米」39%
6位 「梨」34%
7位 「銀杏」32%

【60代以上】
1位 「さんま」83%
2位 「栗」73%
3位 「柿」71%
4位 「松茸」68%
5位 「新米」55%
6位 「ぶどう」44%
7位 「梨」41%

1位「さんま」2位「栗」は全世代で同じ順位という強さ。3位「柿」4位「松茸」は僅差で、40代、50代については順位が逆転し、3位「松茸」4位「柿」の順になっていました。

また、「新米」「ぶどう」は上の世代ほど、多くなっており、30代以下と60代以上で比較すると、それぞれ24%、18%の差がありました。

ちなみに、男女別でみると、全体的に女性のほうが多く選んでいて、特に差が出たのは、「さつまいも」(17%差)、「栗」(12%差)、「柿」(8%)でいずれも女性が多くなっていました。女性にスイーツは目がないですよね~。私はスイーツも好きですが、「新米」が楽しみです~(*´H`*)

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 秋らしい料理ランキング 1位は「さんまの塩焼き」、2位は「栗ごはん」

秋になると食べたくなる、秋らしい料理といえば?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「秋らしい料理」についてアンケート!

総合ランキングでは
1位 「さんまの塩焼き」 65%
2位 「栗ごはん」 47%
3位 「松茸ごはん」 39%
4位 「松茸の土瓶蒸し」 25%
5位 「きのこごはん(松茸以外)」 21%
6位 「焼き芋」 20%
7位 「焼きナス」 16%
8位 「月見団子」 14%
9位 「秋鮭の塩焼き」 13%
10位 「モンブラン」 11%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

1位は「さんまの塩焼き」で65%と唯一の過半数超え。Q02で1位になった「さんま」が、料理でも1位になりました。

それ以降は、2位「栗ごはん」、3位 「松茸ごはん」、5位「きのこごはん(松茸以外)」と「ごはんもの」が続きます。やはり収穫されたばかりの「新米」と、旬の食材の組み合わせは強いようです。


■男性は「松茸」、女性は「スイーツ」が好き
男女別に見てみると、男性が多かったのは「松茸ごはん」(7%差)、「松茸の土瓶蒸し」(6%差)と、女性より「松茸料理」が好きなようです。一方、女性が多かったのは「モンブラン」(11%差)、「焼き芋」(10%差)、「栗ごはん」(9%差)、「かぼちゃのプリン」(8%差)と、スイーツ類を含めた、甘い料理が多くなっていました。

ちなみに、年代別で上の世代ほど好きだったのが、「松茸の土瓶蒸し」。30代以下と60代以上では差が大きく、なんと29%差がありました。逆に、若い世代ほど多かったのは「かぼちゃのプリン」でした!
私も、スイーツは好きですけど、最近は「さんまの塩焼き」とか、「きのこごはん」のような、「和食のよさ」に目覚めています★^▽^

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 秋に行きたいところランキング 1位「紅葉の名所」2位「温泉」3位「ドライブ」

秋に行きたいのは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

秋に行きたいところについてアンケート!

総合ランキングでは
1位 「紅葉の名所」 66%
2位 「温泉」 36%
3位 「ドライブ」 25%
4位 「果物狩り」 21%
5位 「公園・並木道」 19%
6位 「神社・仏閣」 16%
7位 「美術館・博物館」 14%
8位 「山(登山)」 10%
9位 「文化祭・学園祭」 8%
10位 「フードイベント」 4%
※同率の場合は、票数で順位づけ
でした。

「紅葉の名所」は66%で唯一の過半数超え。2位「温泉」 36%、3位「ドライブ」25%と合わせて、秋を楽しむ人も多いかもしれません。

「食欲の秋」に関連しては、4位に「果物狩り」 21%が入りました。また、一緒に紅葉を楽しむためか、5位「公園・並木道」19%や、6位「神社・仏閣」16%もランクイン。「芸術の秋」の代表とも言える「美術館・博物館」は7位にランクインしました。


■60代以上は、積極的に外出して秋を楽しむ

年代別のランキングでは
【30代以下】
1位 「紅葉の名所」52%
2位 「神社・仏閣」31%
3位 「公園・並木道」27%
4位 「ドライブ」25%
5位 「温泉」19%
6位 「美術館・博物館」15%
7位 「果物狩り」14%

【40代】
1位 「紅葉の名所」58%
2位 「温泉」27%
3位 「ドライブ」26%
4位 「公園・並木道」20%
5位 「果物狩り」15%
6位 「神社・仏閣」12%
7位 「美術館・博物館」10%

【50代】
1位 「紅葉の名所」59%
2位 「温泉」31%
3位 「ドライブ」25%
4位 「果物狩り」17%
5位 「公園・並木道」16%
6位 「神社・仏閣」12%
7位 「美術館・博物館」9%

【60代以上】
1位 「紅葉の名所」75%
2位 「温泉」45%
3位 「果物狩り」26%
4位 「ドライブ」26%
5位 「公園・並木道」21%
6位 「神社・仏閣」19%
7位 「美術館・博物館」18%

「紅葉の名所」は全世代で1位という圧倒的強さ。40代以上は比較的似たような傾向でした。「神社・仏閣」については、40代以上が1割台だったのに対し、30代以下は3割超えで2位に入るなど、ほかの世代とは異なっていました。

また、60代以上は全体的に率が高い傾向にあり、他の世代に比べ積極的に外出して秋を楽しむ傾向がみられました。

ちなみに、男女別でみると、男性がより多かったのが「温泉」「ドライブ」、女性が多かったのは「公園・並木道」「美術館・博物館」でした。私は、本場の米どころに新米を食べに行きたいなぁ~(*´H`*)

「調査団員の声」では、秋におすすめの観光スポットや行楽地を教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
30代男性

飛行機で新千歳空港に着陸する寸前の原野の紅葉がとても好きです。最近は離着陸時でもスマホで写真を撮ってよくなったので、撮影するタイミングが増えていいですよ。 39才  大阪府  未婚 男性

飛行機から見る紅葉、イイですね! 着陸時ってそういえば降りた後のこと考えてそわそわしちゃって、落ち着いて外見てなかったかも!空からの景色、次は堪能します>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

尾瀬の燃えるような紅葉の、目を見張るような美しさは忘れられません。また秋の大和路を散策するのもお勧めです。古代の雰囲気をじっくり味わえます。この際、明日香の里の民宿に泊まるのをお勧めします。同宿の旅人達と美味しい飛鳥鍋をいただきながら、秋の夜のおしゃべりを楽しむのは良い思い出になります。 73才  千葉県  既婚 女性

忘れられないという景色、どんなものか見てみたいです~。他の旅人とその土地の料理を食べる、というのも非日常感があっていいですね~(´▽`人)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

紅葉の時期にカヤックに乗り込んでの湖上散歩がいいですよ。下から見上げる紅葉の鮮やかさに感動しますし、水面に映る色づいた山の美しさも最高です。 55才  埼玉県  既婚 男性

湖からの紅葉、ステキ★>///< いいですね! でもカヤックは難しそうです…私にできるかな^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 秋のいいなと思うことランキング 1位は「暑すぎず寒すぎない」

秋のいいな、と思うところは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「暑すぎず寒すぎない」で68%、2位は「カラッとしている、湿度が低い」で56%、3位は同率で「紅葉がきれい」「食べ物が美味しい」の52%と、ここまでが過半数超え。5位は「空気が澄んでいる」の43%でした。

■60代以上では、他の世代よりさまざまなことに秋の良さを感じている
年代別に見てみると、60代は他の世代に比べてさまざまなことに秋の良さを感じているようです。特に「紅葉がきれい」については、次に多かった40代より20%も多く、「空気が澄んでいる」についても、次に多かった50代より19%も多い結果になっていました。

ちなみに、男女別では、女性のほうが「星や夜空がきれい」「温かいもの(食べ物・飲み物)が美味しく感じる」という意見が多かったです! 会社から帰るとき、肉まんの誘惑と戦う日々が始まりますね>▽<

「調査団員の声」では、「秋っていいな」と感じたエピソードを教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

きんもくせいの香りですね。秋の大好きな香りです。稲が実って、カキの実が赤くなり、栗ご飯を食べて、銀杏を焼いて。五感で秋を楽しめることが一番好きです。私の誕生日も秋です。 50才  愛知県  未婚 女性

五感で秋を楽しむ、いいですね~(*´∀`*) 歩いていて感じるきんもくせいの香りも好きですが、特に秋の栗ごはんは、ごはん好きとしてはたまらないものがあります///調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

空が、雲が綺麗に見える時。風が爽やかに感じた時。秋の花々が風に揺れる時。でも、一番は、秋刀魚を焼いている匂いが、あちこちの家庭から漂っている時!(笑) 52才  埼玉県  既婚 女性

私もサンマのにおいがすると秋! って思います(^q^)やっぱり塩焼きにして大根おろしで白いごはんと一緒に…(ジュルリ)調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

涼しさを感じるころになると、お誘いメールが届き始めます。映画・ウォーキング・ランチ等々。みんな暑いのが苦手なのか、人と会って話したくなる季節のようです。各々のスケジュールが合わないときは、忘年会の約束になります。 60才  大阪府  未婚 女性

確かに夏は暑くてできるだけ室内にいたい…って思っちゃいますが、秋は外を歩くもの心地よくなって、いろんなところに出かけたくなりますね♪(´▽`)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 秋の嫌だなと思うことランキング 1位は台風が多い、2位は暗くなるのが早い

秋の嫌だな、と思うところは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「台風が多い」で56%と過半数、2位は「暗くなるのが早い」で45%、3位は「服装が難しい」で24%、4位は「観光地が混んでいる」の21%、5位は「冬の気配を感じるところ」の18%でした。

■女性は男性より、秋に太ることや秋の服装を気にしている
男女別に見てみると、差が大きかったのは、「太る」(13%差)、「服装が難しい」(11%差)で、いずれも女性が多くなっていました。女性の方が、体型やファッションなどの容姿を気にしているようでした。

「太る」は女性だと5位に入っていましたが、秋は食べ物がおいしいのでいっぱい食べちゃって気づいたら…って多いですよね、わかります~(´▽`A)そうならないように気をつけつつ、秋ファッションを楽しみたいです~♪

調査団編集部:マリカナ団長

レポート07 男性のなんと8割がハロウィンは「特に何もしない」と回答

ハロウィンにしたことがあるのは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

ハロウィンにしたことアンケート!

総合ランキングでは
1位 「ハロウィン期間限定のお菓子を買う」9%
2位 「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を食べる」7%
3位 「子供たちにお菓子を配る」5%
4位 「ハロウィンモチーフのグッズ(雑貨など)を買う」5%
5位 「家にハロウィンにちなんだ飾りつけをする」4%
6位 「トリック・オア・トリートと言う」 4%
7位 「遊園地などのハロウィンイベントに行く」 4%
8位 「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を作る」 2%
9位 「町などで開催されているハロウィンイベントに行く」 2%
10位 「仮装をする」 2%
※同率の場合は、票数で順位づけ。
でした。

「特にない」を除いた総合ランキングでは、「ハロウィン期間限定のお菓子を買う」「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を食べる」「子供たちにお菓子を配る」の上位3位までがお菓子や食べ物に関するものでした。街で仮装する人を見かけますが、実際に自分が「仮装をする」と答えたのは、2%と非常に少数派でした。

なお、「特にない」と答えた人が79%もいて、ハロウィンにちなんだことをしない人は約8割いるようです。


■男性の84%がハロウィンにちなんでしたことは「特にない」

男女別のランキングでは
【男性】
1位 「ハロウィン期間限定のお菓子を買う」5%
2位 「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を食べる」5%
3位 「子供たちにお菓子を配る」4%
4位 「遊園地などのハロウィンイベントに行く」 3%
5位 「家にハロウィンにちなんだ飾りつけをする」3%

【女性】
1位 「ハロウィン期間限定のお菓子を買う」25%
2位 「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を食べる」18%
3位 「ハロウィンモチーフのグッズ(雑貨など)を買う」12%
4位 「家にハロウィンにちなんだ飾りつけをする」9%
5位 「子供たちにお菓子を配る」8%

男性と女性では、ハロウィンでしていることに大きな差が出ました。順位では男女とも、1位に「ハロウィン期間限定のお菓子を買う」、2位に「ハロウィンにちなんだ料理・お菓子を食べる」が入っていました。しかし、得票率を見ると、それぞれ20%差、13%差と大きく女性が上回っていました。「子供たちにお菓子を配る」は、男性3位、女性5位で、男性のほうが子どもたちにお菓子を配っているように見えますが、得票率では女性が男性の倍を獲得しており、女性のほうが配っているようです。

また、「特にない」と答えたのは、女性が59%に対し、男性は84%にも達し、男性のほとんどがハロウィンに関心がないようでした。

ハロウィンになると、仮装をして楽しんでいます!いつも会っている友達と仮装していると、普段とは世界がちがって見えて、楽しいですよ★今年こそは、マリカナ団長にも仮装してもらいたいな>▽<

「調査団員の声」では、ハロウィンにまつわる思い出を教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

30年前、新入社員の頃、先輩の家で飲み会があると誘われて行くと、皆仮装していて、???!びっくりしていると「そのまま来たのか、しょうがない…」と、突然包帯を巻かれ、「ミイラ男、透明人間でもいいか…」と言われた。ハロウィンデビューだったが、当時はETの映画で観た位で、ハロウィンが何日かも知らなかった。 57才  秋田県  既婚 男性

30年前からハロウィンを! それは行ってびっくりですね。笑^▽^ しかも包帯でミイラ男に、というのもスゴイですw調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

数年前に近所の子供たちが突然訪問して来て、「お菓子をくれないといたずらをする」と脅してきた。理由を聞いたらハロウィンだからとのことだったので、買い置きのお菓子を与えた。翌年も来るかと待っていたら来なかった。多分学校で注意されたのであろう。 69才  神奈川県  既婚 男性

トリックオアトリートが日本語になるとちょっと怖いですね。汗w(´▽`) 待っていたのに来なかったのは残念…。調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

夫がハロウィン嫌いなので、うちでは何もしません。そのかわりといっては何ですが、ニフティのインターポットのお庭づくり、アバターのファッションなどでハロウィンを楽しんでいます。今年も、どんなアイテムが出るかな、どんなふうにお庭を飾ろうか、今からワクワクしています。 56才  東京都  既婚 女性

旦那さんの知らないハロウィンの楽しみ方ですね。インターポット、ご利用いただきありがとうございます★>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きな80年代女性アイドルのランキング 1位 中森明菜、2位 小泉今日子
  2. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  3. 好きな70年代男性アイドルのランキング 1位 沢田研二、2位 西城秀樹
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  7. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」
  10. 昭和の歌番組 人気ランキング 1位 ザ・ベストテン、2位 夜のヒットスタジオ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官