みんなが考えた流行語大賞 1位は「忖度(そんたく)」

本文へジャンプします。


時事・季節 2017年11月30日

2017年についてのアンケート・ランキング

「今年(2017年)を【漢字1文字】で表すなら?」「2017年に起こったニュースで、印象深かったものは?」「あなたが考える流行語大賞は?」など“2017年”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年11月17日~2017年11月23日/有効回答数:2,345件



レポート03 みんなが考えた流行語大賞 1位は「忖度(そんたく)」

あなたが考える2017年の流行語大賞は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「あなたが考える2017年の流行語大賞は?」という調査です。「特にない」の17.7%を除くと総合ランキングの1位は「忖度(そんたく)」で48.4%、2位は「ちーがーうーだーろー!」で17.6%、僅差で3位は「インスタ映え」で17.5%、4位は「○○ファースト」で11.3%、5位は「35億」で10.4%という結果でした。

総合ランキングは以下のとおりです。
1位 「忖度(そんたく)」 48.4%
2位 「ちーがーうーだーろー!」 17.6%
3位 「インスタ映え」 17.5%
4位 「○○ファースト」 11.3%
5位 「35億」 10.4%
6位 「Jアラート」 8.9%
7位 「うんこ漢字ドリル」 8.3%
8位 「フェイクニュース」 7.6%
9位 「プレミアムフライデー」 3.9%
10位 「働き方改革」 3.6%

■男女とも1位は 「忖度(そんたく)」

男女別でみてみると、男女とも1位は「忖度(そんたく)」でした。2位は異なり男性は「ちーがーうーだーろー!」でしたが、女性は「インスタ映え」でした。また、男女で差が大きかったのは「インスタ映え」と「35億」でいずれも10%程度の差をつけて女性が多くなっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「忖度(そんたく)」 49.2%
2位 「ちーがーうーだーろー!」 18.6%
3位 「インスタ映え」 15.8%
4位 「○○ファースト」 12.0%
5位 「Jアラート」 8.9%
6位 「35億」 8.5%
7位 「うんこ漢字ドリル」 7.9%
8位 「フェイクニュース」 7.6%
9位 「働き方改革」 3.9%
10位 「魔の2回生」 3.7%

【女性】
1位 「忖度(そんたく)」 44.9%
2位 「インスタ映え」 26.3%
3位 「35億」 17.7%
4位 「ちーがーうーだーろー!」 11.5%
5位 「うんこ漢字ドリル」 9.3%
6位 「○○ファースト」 8.4%
6位 「Jアラート」 8.4%
8位 「フェイクニュース」 7.6%
9位 「プレミアムフライデー」 5.3%
10位 「ワンオペ育児」 4.1%

ちなみに年代別でみてみても、1位はすべての世代で「忖度(そんたく)」でした。2位は、50代以下は「インスタ映え」、60代以上は「ちーがーうーだーろー!」と年代で異なっていました(´▽`)

「調査団員の声」では、2017年に流行していた言葉のなかで、特に印象深かった言葉とその理由を教えていただきました~

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

忖度。まず「そんたく」って読めなかった。一応ビジネス用語なのですが「〇社の意向の便宜をはかる」は言うけど「〇社の意向を忖度する」なんて言ったこともないし使ったこともない。でも「便宜をはかる」って言葉を使うとあんまり良くないイメージがあるけど「忖度する」って言うとその辺がボヤけ、逆にいいことしたみたいに感じる。これは有難い。今後は「忖度」という言葉を使って大いに“忖度”しようと思ってしまいました。。。 52才  東京都  既婚 男性

「忖度」が今年の1位でした★私も読めなかったです(T▽T)でも、知ってからは、あちこちで使いまくりました>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代女性

○○ファースト:汎用性がありアレンジがきいて元ネタの共有もできて簡単に使える…これこそ流行語と思います。難しい英語ではないし、これまでこういう表現を聞かなかったのが意外でした。 69才  大阪府  未婚 女性

トランプ大統領のアメリカファーストに小池都知事の都民ファースト。私の場合は、団員ファーストとご飯ファーストかな(*´∀`人)調査団編集部:マリカナ団長

50代男性

うんこ漢字ドリル。ドリフターズの様なノリで世に出ていたらPTAが喰いついたと思うが、内容が深かったからか批判の声は小さかった様に思う。見た目が9割と言うが、あと1割の中身の重大さを感じさせられた。 53才  岡山県  既婚 男性

学生時代にこれがあったら、今ごろは漢字博士になっていたに違いない>▽<あっ、そしたらみなさんの温かい言葉も読めなかったのか!調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

「プレミアムフライデー」。流行するどころか全く実態が伴わない言葉として、却って印象深い。広告でプレミアムフライデーと書かれてて「あ、そうだっけ?」と思い出してすぐに忘れるような。月末最後の金曜日だからこそ「残業になるんじゃないか!」という怒りさえ沸く。こんな中途半端じゃなくて、法律で毎月1日休日を増やすくらいしないと無理だと思う。というか、そもそも「消費喚起」っていう趣旨が大失敗なのでは?失敗しすぎて印象深い。 51才  愛知県  既婚 女性

40代男性

流行語とは言えませんが…。広島カープファンの僕は、バティスタの通訳クレートさんの「カタコト通訳」がツボにはまりました。バティスタのヒーローインタビューで「100%を毎日、します」「また、明日きてください。ませんか」と緊張の中、一生懸命日本語に通訳するクレートさんの言葉は、僕にとっての流行語大賞です。 47才  千葉県  未婚 男性

50代男性

「空前絶後の」は世間的には第一位ではないだろうと思うが、家の目の前の小学校で子供たちがやたらと「いえー!」と反り返って叫びながら下校していくのを見るのは本当に面白かった。 54才  東京都  既婚 男性

60代女性

フェイクニュース。ネット時代において、誰もが情報を発信できるようになった半面、拡散できるようになった。他国の事例では、英国の欧州連合(EU)離脱に関する国民投票(ブレグジット)をめぐって、米大統領選では「ローマ法王がトランプ氏を支持」など、事後に発覚しても取り返しがつかない。フェイクニュースの怖いところは、尾ひれを付けて拡散をしていく。「フェイクニュースに騙されたくない」ならば事実確認はどこでするのか?時間的にも全ての情報をチェックするわけにもいかない。SNSやブログなどの便利さは常に危険にさらされているのかも知れない。 79才  滋賀県  既婚 女性

50代女性

インスタ映え。若者の間で流行しているインスタに写真をアップすることに必死になる人々に苦言を呈したい。某ホテルのスイーツバイキングに行った折、となりの若い女性グループがお皿何枚もにスイーツを盛り、大声で騒ぎながらたくさん写真を撮り、忙しそうにしているスタッフに写真を撮ることを要求。最終的にほどんどスイーツには手を付けずに帰っていったことにはとても腹が立った。パティシエが心を込めて作ったであろうスイーツは廃棄されるであろうし、その一皿があれば飢餓に苦しむ国の子供たち何人が命を救われるだろうと想像し、こんな若者たちに将来を託さなければならない日本の将来が不安になった。 57才  兵庫県  既婚 女性

40代男性

働き方改革。完全に実現すればよいが、現実は特定の業界で未だに長時間拘束が続いているから言葉倒れになりそう。また、これを20年前から徹底的に推進していれば日本は今の様に疲弊しきった社会にはなかったと思う。今からでもこれと同時に特定派遣法の完全撤廃とブラック企業の完全撲滅を行うべき。 41才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

Jアラートは流行語ではないと思いますが、危機を煽るばかりで何の役にも立っていないと感じます。警報が出た時点で、ミサイルは日本上空を通り過ぎているし、避難しようとしても避難先も整備されていないのに、庶民にどうしろというのでしょうか。 71才  埼玉県  既婚 男性

60代女性

将棋の藤井聡太四段の言葉から出てきた、「望外・僥倖・醍醐味・節目」です。語彙が豊富だと、物事を的確に表すことができ、言葉や文章に幅が出ます。もっと本を読んで、いろんな言葉を知って、応用していきたいです。 61才  大阪府  未婚 女性

40代男性

あのブルゾン姉さんとwithBがやる「35億」ってインパクトありますよね。とても衝撃的でした。これからの時代、強気で頑張ろうって気になります。 48才  宮城県  既婚 男性

60代男性

「就活ブルー」という言葉ほど現代、いや未来の日本を表している言葉はないと思う。大学生がせっかく就職戦線を突破して来春の就職先が決まったのに、その多くが「その会社に満足せず、もっといい仕事があるはず」と不満をもらしているといわれています。その数がなんと全体の60%とか。この数年は、就職は売り手市場が続いているので、ちょっとした会社なら入るのは”カンタン“と学生たちは考えているとか。「果たしてそうなのだろうか?」と疑問を感じている人は多いことでしょう。隣の韓国でも就職難、少し前の日本でも就職氷河期という状況があったことは多くの人の記憶にあります。この現在をブルーだと思うタイプは、自分が目的とする会社に入る実力と運が足りなかったのだということを忘れているようです。しかし今、採用する側の会社も現状にあきれていて、何とかしたいと真剣に考えています。これからの新人は、本当に必要な精鋭だけにして、あとはITやロボットにする時代が一気にやってくる。この今年の言葉には、いずれ大学生の就職状況に大きな変革が起こる、そんな予感さえ感じています。 74才  東京都  既婚 男性

40代男性

流行語なんて、未だにあるのかどうか少々疑問。これだけ多様化が云われる時代にあって、誰もが口にするような流行「語」が毎年のように発生すると言いたがるのは、こじつけのように感じます。何度か耳にした、という単語はあると思いますが。それにネガティブな単語や政治がらみの単語も大賞には選ばれづらい。今年なら「大企業の不祥事」とか「政治家の醜聞」あるいは「文春の不正」なんてどうかと思いますが、どれも・・・ですよね。「今年の一文字」だってハッピーなものばかりではないのに、と思います。 48才  東京都  未婚 男性

50代女性

「このはーげー!」「ちーがーうーだーろー!」など豊田議員の発言。言葉は汚いが、言いたくなる気持ちはわかる。日本はまだまだ男社会。特に政界で女性ががんばるのは大変だろう。「だから女は」と言われたくないから自分はこんなにがんばっているのに、秘書がこんな状態ではいくら努力してもすべてが水の泡となる。特に秘書が男性だったから、余計に腹が立ったのだと思う。「男」の秘書がしっかりしていないせいで「だから女は」と言われるのは耐え難いことだ、と想像する。 56才  大阪府  未婚 女性

60代男性

忖度。いかにも日本人らしい言葉。オンリーワンだの個性的なことを言っているが、そもそも個人が確立していないので周りを・・・特に自分より上の人間に対していらぬ気遣いばかり。おもてなしと言えば聞こえはいいが、何事も度が過ぎれば愚かにしか見えない。みんなスマホという小さな箱ばかり見ていて、周りで何が起きているのか自分の目で見ようとしない。阻害されないように忖度しながら使うSNSなどスマホの中は忖度のかたまり。 62才  宮城県  既婚 男性

50代男性

国内でも海外でも今年は政治の動きに振り回された。それでも日本国民は賢明だから一部活動家を除いて過激なデモや暴動は起きないが、政治の世界では政策の違いだとか考え方の相違といったレベルではなく、もはや憎しみ合い・ののしり合ってのバトル状態。メディアがそれをセンセーショナルに煽りさらに劇場化を進める。これからも悪化することはあっても良くなることはないだろう。 55才  群馬県  既婚 男性

60代女性

「忖度」の意味が全く変わってしまった。謙虚な印象が、厚顔無恥な印象に変わり、言葉が軽くあしらわれる今の世相らしい。昔から日本では「言霊」と言われる程大事にしていた言葉と心の深さ。私が子供の頃は「そんなこと言うとバチがあたるよ」と大人に注意されていた。人に優しい気持ちを込めた言葉を使う機会が少なくなり、残念な気がする。 69才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

インスタ映え。写真を撮って大勢の人に見せるということが喜びになるということなのだろうが、食事に行っても食べることより写真を撮ることに熱中している様子を見ると、どうなんだろうと思ってしまう。言葉で書くより手っ取り早いということもあるのだろうが、これも言葉が廃れていくのではと気になる。いずれも老人の繰り言ではあろうが。 68才  大阪府  既婚 男性

60代男性

働き方改革。言うのは簡単だが、本当の改革がこの日本で出来る日が来るのか、はなはだ疑問。その1つ「プレミアム・フライデー」の盛り上がらない原因を真剣に考えていない我々はもっと考えなくてはいけない。渦中の働き盛りの人達が、何故、身近なところから改革しようとしないのか不思議でしょうがない。 60才  愛知県  既婚 男性

50代女性

「ちーがーうーだーろー」。国民の代表である国会議員が密室の車内の中で発した言葉。自分が納得出来なければ罵倒したり暴力振るったり…ばかばかしくて、嘆かわしく思った。国民の血税を使って国民から信用されて選出された身分なのに…起こってはいけない事件だったと思う。 52才  静岡県  既婚 女性

60代男性

「男女の関係はない。」と言っていた山尾議員。無所属から出馬、かろうじて当選したら今度は不倫疑惑相手の弁護士を制政策顧問にした。開いた口が塞がらない。どういう神経の持ち主なのだろう?これには一票を投じた支持者も頭を抱えるだろう。 67才  高知県  既婚 男性

60代男性

フェイクニュース。権力の都合による言論弾圧のような気もするが、根拠のない報道は日本の新聞でも問題になったことがあり、しっかり事実と分かるような報道をしてもらいたいと思った。ネット上でもデマがあふれている。 69才  東京都  既婚 男性

60代女性

印象深かったとは言えないけれども、気になったのがプレミアムフライデー。バカバカしいほどに言葉が空回りし、冗談のネタにはなっても、これを実行しようなどと口に出すのもはばかられる、無駄なスローガンだと思います。 71才  神奈川県  既婚 女性

40代男性

インスタ映え。もともとSNSに食べた料理などをアップするのを見るのが鬱陶しいと思っていたのに、それが「インスタ映え」という言葉のせいでますます流行ってしまい、さらに鬱陶しくなった。まさに「インスタ蝿」。 46才  福岡県  未婚 男性

50代男性

やっぱ「うんこ漢字ドリル」じゃないですかね。これは子供の心をガッチリと掴んだと思います。英語英語の世の中で、漢字も読めない書けない大人が増えている日本において、このドリルは救世主だと思います。 50才  栃木県  既婚 男性

40代女性

都民ファーストの小池さん。選挙前までは女性初の総理大臣を期待してしまいましたが、何だか違う方向へ行ってしまい残念でした。でも東京オリンピックに向けて、これからの都政をしっかり行ってほしいと思います。 43才  東京都  既婚 女性

60代男性

超高齢社会。少子化と合わせ今、手をつけねばならぬ事。消費税アップで子供に向ける事もひとつ、介護問題・家or施設・地域の活性化など。公共事業や防衛問題などは二の次。生活密着問題を優先すべきと思います。 76才  千葉県  既婚 男性

40代男性

プレミアムフライデーはすごくよい制度なのに、企業の協力がなく成功しなかったのが残念。働き方改革やライフスタイルバランスを考えてもよい制度なので、再設計してまた取り入れられるように工夫してほしい。 41才  大阪府  未婚 男性

60代女性

人間、誰しも本音は『自分ファースト』なのは当たり前です。でもそれをあからさまに「自分さえ良ければ他はどうでもよい」と前面に堂々と押し出したり行動するのには厭きれます。 75才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

働き方改革。若い人の働き過ぎによる自殺などあってはならない。昔とは違いITなど駆使して効率よく仕事をして、家庭などでくつろいでほしい。 62才  東京都  既婚 男性

40代男性

やはり「忖度」ですかね。上の人がはっきり言わずに匂わせて、部下が判断して勝手に動く。いかにも日本らしい習慣ですが、改めなければならないと思わせられました。 49才  埼玉県  未婚 男性

50代男性

プレミアムフライデー(笑)。浅はかな考えでくだらない法案を立ち上げた、馬鹿な政府に対する見せしめとして、是非流行語大賞にしてさらし者にして頂きたいです。 52才  大阪府  既婚 男性

50代男性

「ボク、運命の人です。」偶然起きたようなことを経験することがあります。確率的にはゼロではないので起こるわけですが、やはり気になります。 56才  東京都  既婚 男性

40代女性

うんこ漢字ドリルは本当に面白いです。これが小学生の頃にあれば毎日楽しくて感じマニアになっていたかもと思うほど。もっとたくさんはやるといいですよね~。 43才  東京都  未婚 女性

30代男性

ワーカホリック。多分何割かのサラリーマンの間では流行っていたと思う。社畜の進化系であり、この先AIと仕事で渡り合えるのは彼らしかいないと断言できる。 29才  高知県  未婚 男性

60代男性

東大卒の女性議員の暴言で秘書が反論もできず男子として情けない。「ハゲ―!」どうせ秘書を辞めるなら直接怒鳴り返すか横っ面を張り飛ばして警察で黒白つけろ。 75才  大阪府  既婚 男性

60代男性

Jアラート。北朝鮮のミサイルに対して、まるで第二次大戦中のような対応しか出来ない行政のお粗末さ。70年間、何をやってきたのか情けない限り。 60才  栃木県  未婚 男性

40代女性

インスタ映え。去年の初めからインスタは使っていたので、何故今更こんなに盛り上がったのか不可解でした。正直「無駄な事にご苦労様」という感じです。 48才  東京都  未婚 女性

60代男性

政治家の不倫は政治家として失格ではあるが、国民の生活には関係ない。マスコミが騒ぎ過ぎ。もっと問題にすることが山積しています。 75才  山口県  既婚 男性

60代男性

議員は、選挙前はあんなに低姿勢なのに当選すると態度が豹変する。そんなに権力があるのか不思議です。議員は市民の公僕ではなかったのかな。 67才  愛知県  既婚 男性

40代女性

忖度。。。一度使ってみたいのかしら?と思うくらい、テレビのなかの人たちが連日にわったて連呼している様子は、とてもおかしかったです。 46才  神奈川県  既婚 女性

30代男性

働き方改革。昔のように家庭を顧みずにバリバリ働く時代は終了し、今後はワークライフバランスを重視する必要があると思ったから。 36才  富山県  未婚 男性

50代男性

○○ファースト。レディファーストのように相手を気遣う言葉では無く、今年は自分本位を相手に押し付けているようできらいです。 55才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

マスコミ報道のいい加減さ!次から次へとターゲットを変えては、視聴率?確保のために、いい加減な情報を流し続けている。 64才  岐阜県  既婚 男性

50代男性

「35億」。降ってわいた新人タレントが、今やドラマやバラエティー番組に引っ張りだこ。アメリカンドリームです。 53才  奈良県  既婚 男性

40代男性

けものフレンズ。内容もさることながら、後々の人気が昇り調子になったときのゴタゴタも印象的。 46才  岡山県  未婚 男性

60代男性

排除を入れて欲しかったですね。忖度も興味深いですね。忖度される側になってみたいですね。 64才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

共謀罪。国民の過半数の反対、海外からも大きな批判があったのに、すんなり可決してしまう。 58才  青森県  既婚 男性

60代男性

魔の2回生:投票する人が悪いのだけど、当選した方は自分の立ち位置を自覚してほしい。 74才  東京都  既婚 男性

2017年についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 2017年に活躍した芸能人ランキング 1位 ブルゾンちえみ、2位 加藤一二三
  2. 宝くじで「3億円」が当たった場合すること 1位は「貯金をする」
  3. 好きな80年代女性アイドルのランキング 1位 中森明菜、2位 小泉今日子
  4. 掃除機メーカーの人気ランキング 1位 パナソニック、2位 東芝、3位 日立
  5. 昭和の歌番組 人気ランキング 1位 ザ・ベストテン、2位 夜のヒットスタジオ
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  9. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  10. 年越しそばの具材で入れるものランキング 1位は「海老の天ぷら」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官