本文へジャンプします。

年末年始についてのアンケート・ランキング 第5弾

本文へジャンプします。


時事・季節 2017年12月29日

年末年始についてのアンケート・ランキング 第5弾

「年賀状は何枚くらい出す?」「年賀状は手書き派、印刷派?」「初詣には行きますか?」など“年末年始”に関することをアンケート調査しました
アンケート実施日時:2017年12月15日~2017年12月21日/有効回答数:2,552

調査レポート

レポート01 新年のあいさつは「年賀状でする」が81.2%、「メールでする」が27.8%

友人、知人、親戚への新年のあいさつは何でしますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

友人、知人、親戚への新年のあいさつを何でするかについての調査です。総合で最も多かったのは「年賀状」で81.2%、次いで「メール」で27.8%、「対面で挨拶」で24.7%の順でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「年賀状」 81.2%
2位 「メール」 27.8%
3位 「対面で挨拶」 24.7%
4位 「LINE」 11.5%
5位 「Facebook」 5.4%

■年賀状での挨拶は上の世代ほど多く、LINEや対面での挨拶は若い世代ほど多い

年代別でみてみると、年賀状での挨拶は上の世代ほど多く、LINEや対面での挨拶は若い世代ほど多いということがわかりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「年賀状」 56.1%
2位 「対面で挨拶」 31.6%
3位 「メール」 28.1%
4位 「LINE」 24.6%
5位 「Twitter」 5.3%

【40代】
1位 「年賀状」 72.7%
2位 「メール」 32.2%
3位 「対面で挨拶」 29.2%
4位 「LINE」 18.8%
5位 「Facebook」 7.2%

【50代】
1位 「年賀状」 77.3%
2位 「メール」 28.3%
3位 「対面で挨拶」 27.0%
4位 「LINE」 13.7%
5位 「Facebook」 8.0%

【60代以上】
1位 「年賀状」 88.5%
2位 「メール」 25.7%
3位 「対面で挨拶」 21.5%
4位 「LINE」 6.2%
5位 「Facebook」 3.0%

ちなみに男女別にみてみると、差が大きかったのは、メール(15.9%差)、LINE(11.6%差)でいずれも男性より女性のほうが割合が高くなっていました。また、その他には「電話」との回答が複数ありました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート02 年賀状を出さない人は17.6%、100枚以上出す人は14.5%

年賀状は何枚くらい出しますか?

グラフ
編集部まとめ

年賀状を出す枚数についての調査です。総合で多かったのは「50~99枚」が22.0%、次いで「10~29枚」が18.8%、「0枚(出さない、喪中)」が17.6%でした。

総合での分布は以下のとおりです。
 「0枚(出さない、喪中)」 17.6%
 「1~9枚」 9.8%
 「10~29枚」 18.8%
 「30~49枚」 17.4%
 「50~99枚」 22.0%
 「100~199枚」 11.3%
 「200~299枚」 2.1%
 「300~499枚」 0.9%
 「500枚以上」 0.2%

■30代以下で年賀状を出さない人は38.6%

年代別で年賀状を「出さない人」の割合をみてみると、60代以上では10.9%ですが、若い世代になるほど割合が高くなり、30代以下では38.6%になっていました。

年代別で年賀状を出さない人の割合は以下のとおりです。
「30代以下」 38.6%
「40代」 27.5%
「50代」 20.5%
「60代以上」 10.9%

ちなみに2015年12月のレポートでは30代以下で年賀状を出さない人の割合は、22.3%でした。2年間での差は16.3%で、それだけ年賀状を出さない人が増えていることになりますね。

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート03 去年と比べて年賀状を出す枚数は「変わらない」が48.9%

去年と比べて年賀状を出す枚数は増えましたか?

グラフ
編集部まとめ

去年と比べて年賀状を出す枚数が増えたかどうかについての調査です。総合で最も多かったのは「変わらない」で48.9%、次いで「減った」で37.0%、「増えた」で2.2%の順でした。

■60代以上では「減った」がもっとも多く47.3%

年代別にみてみると、50代以下では「変わらない」の割合が最も多くなっていましたが、60代以上では「減った」が最も多くなっていました。

ちなみに未既婚別でみると、「減った」という人の割合は、18%差で既婚者のほうが多くなっていました。また、「もともと年賀状を出さない」という割合は、20%差で未婚者のほうが多くなっていました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート04 年賀状は「両面印刷派(ひと言コメントを入れる)」が64.7%

年賀状は手書き派?印刷派?

グラフ
編集部まとめ

年賀状を印刷しているか、手書きにしてるかの調査です。「年賀状は出さない」の13.7%を除くと、総合で最も多かったのは「両面印刷(ひと言コメントを入れる)」で64.7%、次いで「宛名だけ手書き」で12.7%、「すべて手書き」で4.3%の順でした。

■上の世代ほど「両面印刷(ひと言コメントを入れる)」が多い

年代別でみてみると、両面印刷の割合は、30代以下では42.1%ですが、上の世代ほど割合が増え、60代以上では73.0%になっていました。

ちなみに地域別でみてみると、両面印刷の割合は、全国平均では64.7%でしたが、北陸・甲信越は74.8%と、他の地域より高くなっていました!

「調査団員の声」では年賀状についてエピソードや思い出を教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代女性

長年、年賀状というものは、新年明けて書くのが本当だろうと信じて、正月2日に一生懸命書きました。お正月休みでぐだぐだ過ごしたいところ、「書かなくちゃ!」の使命というか義務というか…自ら課したものとはいえ、なかなか辛いものがありました。3年前に改宗し、年賀状が発売されるとすぐに済ませ、辛さも解消されました。何故、愚直に明けてもいないのに明けましておめでとうとは書けないだろうと思っていたのか、我ながらあきれます。 71才  神奈川県  既婚 女性

まだ年が明けていないタイミングで「あけましておめでとう」と書くのは確かに不自然ですものね!でも辛さから解消されてよかったです>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

私は絵を描くのがあまりうまくない。それでも年賀状くらいは版画で刷ろうと毎年工夫して干支の動物を時間をかけて版木に彫り、バレンも買ってきて、一枚一枚丁寧に刷り上げて出した。ある年、蛇年のためにトグロを巻いたヘビをテーマにして多くの人に送ってところ、少したって友人の一人から「カタツムリの年賀状ありがとう」と書いた寒中見舞いがきた。えっ、ヘビの絵のはずなのにと、大いに落胆、その年は子供の描いた絵ですと、言い分けし続けることになってしまった。それ以後は、干支の漢字をやはり木版で彫ったものにかえたが、どうも当たり前の反応しかない。意を決して自分で描いたイラストに戻してみたが、十二支の動物はどれも難しく、毎年12月は何を描いたのか、分かってもらえるよう四苦八苦し続けることになってしまっている。 74才  東京都  既婚 男性

いや~、でも毎年、手で彫った版画の年賀状を送っているのが、本当にスゴイです!みなさん、楽しみにしていると思います(´▽`*)調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

高校生の時に郵便局で年賀状仕分けのバイトをしており、その時に印象深い年賀状がありました。子供が書いたものと思しき年賀状で、宛先に「やっくん(仮名)」差出人「けーすけ(仮名)」としか書いておらず、どちらの住所もない…。届けることも出来なければ、返すことも出来ず──でも、手書きのイラストにダイナミックな文字で「おめでとう!」と書かれているのを見ると「ああ…届けてあげたい」という気持ちにさせられたのですが…どうにもならず。郵便局の皆さんも、手も足も出ずに唸っておりました。サンタクロースだったら、届けられたかもしれませんが。 47才  神奈川県  未婚 女性

宛先の住所も差出人の住所もないと、さすがにきびしいですね!でも、郵便局の方の一所懸命届けようと努力する心意気が、すごくイイと思いました>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 初詣は「神社に行く」が67.0%、「初詣には行かない」は26.7%

初詣はどこに行きますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

初詣に行く場所について調査しました。「初詣は行かない」の26.7%を除くと総合で最も多かったのは「神社」で67.0%、次いで「お寺」で16.4%でした。

■他の地域より北海道、北陸・甲信越は初詣に行かない人が多い

地域別に初詣に「行かない人」をみてみると、全国平均の26.7%に対し、北海道は36.3%、北陸・甲信越は35.3%と、他の地域より高い割合になっていることがわかりました。

ちなみに未既婚別でみてみると、「初詣は行かない」人の割合は、未婚者37.6%に対し既婚者21.9%と、未婚者のほうが高い割合になっていることがわかりました~。また、その他には、「教会」という回答が複数ありました。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート06 初詣に行ったらすること 1位 おみくじをする、2位 お守りを買う

初詣に行ったら何をしますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

初詣に行ったらすることについての調査です。「初詣は行かない」の24.7%を除くと総合ランキング1位は「おみくじをする」で25.7%、2位は「お守りを買う」で21.2%、3位は「お札を買う」で14.4%、4位は「破魔矢を買う」で13.6%、5位は「煙を浴びる(常香炉)」で10.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「おみくじをする」 25.7%
2位 「お守りを買う」 21.2%
3位 「お札を買う」 14.4%
4位 「破魔矢を買う」 13.6%
5位 「煙を浴びる(常香炉)」 10.0%
6位 「屋台で買い物をする」 7.9%
7位 「墓参りをする」 3.9%

■30代以下の42.1% がおみくじをする

年代別にみてみると、「おみくじをする」割合は、30代以下は42.1%、40代は35.6%、50代は28.2%、60代以上は19.2%と若い世代ほど高い割合になっていました。また、60代以上のみ、「おみくじをする」割合より「お守りを買う」割合のほうが高くなっていました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「おみくじをする」 42.1%
2位 「お守りを買う」 24.6%
3位 「屋台で買い物をする」 14.0%
4位 「破魔矢を買う」 10.5%
4位 「煙を浴びる(常香炉)」 10.5%

【40代】
1位 「おみくじをする」 35.6%
2位 「お守りを買う」 25.2%
3位 「お札を買う」 11.3%
4位 「煙を浴びる(常香炉)」 9.3%
4位 「屋台で買い物をする」 9.3%

【50代】
1位 「おみくじをする」 28.2%
2位 「お守りを買う」 20.6%
3位 「お札を買う」 11.0%
3位 「破魔矢を買う」 11.0%
5位 「煙を浴びる(常香炉)」 9.6%

【60代以上】
1位 「お守りを買う」 19.8%
2位 「おみくじをする」 19.2%
3位 「お札を買う」 18.5%
4位 「破魔矢を買う」 17.3%
5位 「煙を浴びる(常香炉)」 10.5%

ちなみに年代と男女のクロス集計でみてみると、「おみくじをする」が最も多かったのは、30代以下の男性の45.5%、次いで40代女性の40.0%でした!

「調査団員の声」では初詣のエピソードや思い出を教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代男性

某有名神社にDJポリース参上!!「お寒い中のご参拝、混雑で大変ですが、必ず順番は来ます。いたわりあいの心で、少しだけ、少しだーけ辛抱してください」「はーい前へ進んで、ゆーっくりすすんでくださーい。急いでもご利益は変わらないですよ」「はーいストップ!ワオ素晴らしい!皆さん、ピタッ、と、止まった。ご協力ありがとうごさいます!」「今先頭は参拝の真っ最中です。私は一人の話聞くのやっとだけど、神様はみなさんのお願い聞いてくれる。スゴイですね。ありがたいですね…」お陰で楽しく参拝できました。サンクス!!DJポリス!! 52才  東京都  既婚 男性

DJポリスさん、スゴイ!イライラがつのるしつらい行列を楽しくしてくれてますね~。しかも明るい気分にしてくれるだけじゃなく、安全にもしてくれてますものね(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

夫と初詣に行くのですが、いつもおみくじを引くときには大吉が出るまで、何度も引いていて、それは意味あるのかな?と隣で見ていて思ってしまいます。そんな夫ですが、大吉はなかなか出ず、逆に凶をよく引いていて、すごいな!と思っています。 43才  東京都  既婚 女性

もしかすると神様も、諦めずに何度もトライするところを見てくれているかもしれませんね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

鎌倉で生まれ育ったので、子どもの頃は紅白歌合戦が終わると家族で鶴岡八幡宮へ出かけるのが恒例だった。深夜なのにものすごい人出で、本殿前の大階段はロープ規制され、警官が「八幡宮は逃げません」と言って笑いを取るのも毎年のお決まり。はぐれたら一巻の終わりだが、お守りを返しに離れる私に戻る場所がわかるように、今は亡き父が懐中電灯を回転灯のように回して合図してくれたのが思い出。 62才  東京都  既婚 男性

考えてみたら、初詣って家族との思い出がいっぱいつまったイベントなのかもしれませんね~>//<調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る
調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 好きなお餅の食べ方ランキング 1位 お雑煮、2位 磯辺焼き、3位 お汁粉
  2. 89.8%が北朝鮮情勢に関するニュースは「気になる」と回答
  3. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  4. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  5. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  6. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  7. 好きなラーメンのスープの味ランキング 1位は「しょうゆ」、2位は「味噌」
  8. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  9. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  10. 和食のいいところ 1位、2位は同率で「健康にいい」「季節感がある」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官