次回(2022年)の冬季五輪の開催地が北京だと知っている人は17%

本文へジャンプします。


時事・季節 2018年2月2日

平昌五輪についてのアンケート・ランキング

「平昌五輪を楽しみにしていますか?」「注目している競技は?」「注目している日本人選手は?」「平昌五輪で日本選手団はメダルを何個獲得すると思いますか?」など“平昌五輪”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年01月12日~2018年01月25日/有効回答数:2,832



レポート07 次回(2022年)の冬季五輪の開催地が北京だと知っている人は17%

次回(2022年)の冬季五輪の開催地を知ってますか?(答えは北京)

グラフ
編集部まとめ

次回(2022年)の冬季五輪の開催地を知っているかについての調査です。総合では「知っている」 16.8%
「知らない」 83.2%という結果でした。

■北海道は「知っている」が26.5%と、他の地域より高い

地域別にみてみると、全国平均で「知っている」の割合は16.8%でしたが、北海道は26.5%と他の地域より多くなっていました。

地域別の「知っていた」の割合は以下のとおりです。
【北海道】   26.5%
【東北】    13.0%
【関東】    16.6%
【北陸・甲信越】12.5%
【東海】    16.2%
【関西】    18.9%
【中国・四国】 11.4%
【九州】    15.0%

ちなみに、年代別でみてみると、60代以上は「知っていた」人の割合が19.8%と他の世代よりやや多くなっていました! 実は私も知らなかったです(T▽T)

調査団編集部:カワンヌ副団長

平昌五輪についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 54.2%が「憲法を改正すべき」と回答
  2. 好きな野菜ランキング 男性1位は「キャベツ」女性1位は「トマト」
  3. ソチ五輪で気になる種目ランキング 1位は「フィギュアスケート」
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. 憲法9条に自衛隊の追記を「すべき」が「すべきではない」を上回る結果に
  7. 定年後の過ごし方ランキング トップ3は「趣味」「仕事」「運動」
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 平昌五輪の人気競技ランキング 1位 スキージャンプ、2位 フィギュアスケート
  10. 女性専用車両、女性だけでなく男性も半数以上は賛成派?

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官