憲法9条の自衛隊明記の影響は、4割が「米国などの戦争に巻き込まれる」

本文へジャンプします。


何でも調査団
時事・季節 2018年2月16日

憲法改正についてのアンケート・ランキング

「憲法改正の国民投票に行く?」「憲法9条に自衛隊を追記すべき?」「憲法9条があると、他国から侵略されない?」「憲法改正は必要?」など“憲法改正”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年02月02日~2018年02月08日/有効回答数:2,744



レポート04 憲法9条の自衛隊明記の影響は、4割が「米国などの戦争に巻き込まれる」

憲法9条(戦力不保持を定めた条文)に「自衛隊(国防軍)」が明記された場合、どのような影響があると思いますか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

憲法9条(戦力不保持を定めた条文)に「自衛隊(国防軍)」が明記された場合の影響についてどう思うか調査しました。総合の1位は「米国など関係する国の戦争に巻き込まれる」で41.4%、2位は「平和憲法としての意味合いが無くなる」で36.7%、3位は「海外で日本人がトラブルに遭遇したとき、迅速な救出作業が可能になる」で31.7%、4位は「徴兵制復活の懸念がある」で26.6%、5位は「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」で25.9%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「米国など関係する国の戦争に巻き込まれる」 41.4%
2位 「平和憲法としての意味合いが無くなる」 36.7%
3位 「海外で日本人がトラブルに遭遇したとき、迅速な救出作業が可能になる」 31.7%
4位 「徴兵制復活の懸念がある」 26.6%
5位 「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」 25.9%
6位 「アジア諸国との関係性が悪くなる」 25.5%
6位 「PKOなどでの国際的な役割・存在感が向上する」 25.5%
8位 「防衛予算が増して国の予算編成が難しくなる」 25.3%
9位 「自発的に戦争ができる国になる」 24.1%
10位 「テロ組織からの攻撃がある」 16.7%

■男性は女性より「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」ことを期待している

男女別でみてみると、3位までは同じ順位になっていました。男女で差が大きかったのは「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」(11.8%差)、「PKOなどでの国際的な役割・存在感が向上する」(9.9%差)で、男性が多くなっていました。女性の意見が多く差が大きかったのは「米国など関係する国の戦争に巻き込まれる」(11.8%差)でした。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「米国など関係する国の戦争に巻き込まれる」 39.3%
2位 「平和憲法としての意味合いが無くなる」 35.8%
3位 「海外で日本人がトラブルに遭遇したとき、迅速な救出作業が可能になる」 31.6%
4位 「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」 26.9%
5位 「PKOなどでの国際的な役割・存在感が向上する」 26.4%
6位 「徴兵制復活の懸念がある」 26.3%
7位 「アジア諸国との関係性が悪くなる」 24.9%
7位 「防衛予算が増して国の予算編成が難しくなる」 24.9%
9位 「自発的に戦争ができる国になる」 24.7%
10位 「文民統制(シビリアンコントロール)が崩壊する」 16.4%

【女性】
1位 「米国など関係する国の戦争に巻き込まれる」 51.1%
2位 「平和憲法としての意味合いが無くなる」 42.6%
3位 「海外で日本人がトラブルに遭遇したとき、迅速な救出作業が可能になる」 30.1%
4位 「徴兵制復活の懸念がある」 26.8%
5位 「防衛予算が増して国の予算編成が難しくなる」 25.9%
6位 「アジア諸国との関係性が悪くなる」 24.0%
7位 「テロ組織からの攻撃がある」 22.1%
8位 「自発的に戦争ができる国になる」 21.9%
9位 「PKOなどでの国際的な役割・存在感が向上する」 16.5%
10位 「自衛隊員がより結束して活動できるようになる」 15.1%

ちなみに年代別にみると、1位はすべての世代で総合と同じ「戦争に巻き込まれる」でした。2位は40代以外は順位が総合と同じ「平和憲法としての意味合い喪失」でしたが、40代のみ「海外でのトラブルで、迅速な救出作業が可能になる」が入っていました。

調査団編集部:マリカナ団長

憲法改正についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. ないと困る大物家電、TOP3は「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」
  2. 家電の失敗、1位は「使ってない機能があり宝の持ち腐れ」
  3. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  4. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  8. 【魚料理の好き度調査】好き派が87.7%に対し、嫌い派は11.2%
  9. 家電の買い替えタイミング、1位は「調子が悪くなってきたら」
  10. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官