戦争の記憶を後世に伝える方法は72.3%が「学校のカリキュラムで教育」

本文へジャンプします。


何でも調査団
時事・季節 2018年8月10日

戦争・国防についてのアンケート・ランキング

「見たことのある日本に関係する戦争映画は?」「戦争の記憶を後世に伝えていくには、どのような方法がいい?」「日本の防衛費はGDPの何%がいいと思う?」など“戦争・国防”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年07月27日~2018年08月02日/有効回答数:2,396



レポート05 戦争の記憶を後世に伝える方法は72.3%が「学校のカリキュラムで教育」

戦争の記憶を後世に伝えていくには、どのような方法がいいと思いますか?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

戦争の記憶を後世に伝えていくには、どのような方法がいいと思うか調査しました。総合で1位は「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」で72.3%、2位は「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」で48.6%、3位は「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」で42.7%、4位は「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」で39.5%、5位は「関連映画・テレビ・アニメ・漫画作品を通じて伝えていく」で33.7%という結果でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
1位 「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」 72.3%
2位 「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」 48.6%
3位 「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」 42.7%
4位 「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」 39.5%
5位 「関連映画・テレビ・アニメ・漫画作品を通じて伝えていく」 33.7%
6位 「語り部のように伝えられる人に代々受け継いでいく」 32.7%
7位 「家族で話し合う機会を設ける」 25.4%
8位 「関連書籍や絵本を多く出版して目に触れる機会を増やす」 22.7%
9位 「シンポジウムやリアルのフォーラムをもっと開催する」 18.3%
10位 「疑似体験できるアトラクション施設を作る(VRなど最新技術を使う)」 8.8%

■すべての世代で「学校のカリキュラムで教育」が最も多い

年代別にみてみても、すべての世代で「学校のカリキュラムでしっかり教育する」でした。2位は30代以下では「戦争に関係した日はメディアが欠かさず報道する」でしたが、40代以上は「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」でした。また、30代以下の「語り部のように伝えられる人に代々受け継いでいく」は他の世代より多かったのが特徴的でした。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」 65.8%
2位 「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」 50.0%
3位 「語り部のように伝えられる人に代々受け継いでいく」 47.4%
4位 「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」 42.1%
5位 「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」 39.5%

【40代】
1位 「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」 60.5%
2位 「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」 39.5%
3位 「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」 39.2%
3位 「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」 39.2%
5位 「関連映画・テレビ・アニメ・漫画作品を通じて伝えていく」 31.1%

【50代】
1位 「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」 72.9%
2位 「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」 46.0%
3位 「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」 45.3%
4位 「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」 40.1%
5位 「関連映画・テレビ・アニメ・漫画作品を通じて伝えていく」 34.6%

【60代以上】
1位 「学校のカリキュラムでしっかり教育する(戦争の悲惨さ・平和の大切さの両面)」 76.1%
2位 「資料館や戦争遺跡を整備して訪れやすくする」 53.8%
3位 「戦争に関係した日(終戦記念日、空襲の日など)はメディアが欠かさず報道する」 45.5%
4位 「ネットやデジタルを活用してアーカイブしていく」 35.3%
5位 「関連映画・テレビ・アニメ・漫画作品を通じて伝えていく」 33.6%

その他では「バイアスをかけず、正確に事実のみを伝える事」との意見が多く寄せられていました! また「なぜ戦争が起きてしまったのかを伝える」も複数ありました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

戦争・国防についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 夏のエアコン/クーラーの設定温度は28度が最多
  2. スマホでよく利用するアプリランキング 1位 天気、2位 SNS・コミュニケーション
  3. 日本に関係する戦争映画の人気ランキング、1位 火垂るの墓、2位 八甲田山
  4. 行ったことのある日本の戦争関連施設ランキング、1位 原爆ドーム
  5. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  6. マクドナルドの人気ハンバーガーランキング 1位はフィレオフィッシュ
  7. お金をかけてでもこだわりたい家電 TOP3は「冷蔵庫」「テレビ」「エアコン」
  8. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  9. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  10. 現役力士の人気ランキング 1位 稀勢の里、2位 遠藤、3位 高安

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官