本文へジャンプします。

クリスマス・年末年始についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
時事・季節 2018年12月21日

クリスマス・年末年始についてのアンケート・ランキング

「クリスマスのイルミネーションを観にいく?」「除夜の鐘についてどう思う?」「年末年始にいつも見ている・楽しみにしているテレビ番組は?」など“クリスマス・年末年始”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年12月07日~2018年12月13日/有効回答数:2,316

調査レポート

レポート01 年末年始に楽しみなこと 1位 家族で団らんする、2位 おせち・お雑煮

年末年始に楽しみなことは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

年末年始に楽しみなことを調査しました。
「特にない」28.6%を除くと、総合で1位は「家族で団らんする」で29.2%、2位は「おせち・お雑煮」で27.4%、3位は「紅白・駅伝などのお正月特番」で22.7%、4位は「年越しそば」で20.0%、5位は「年賀状・年賀メール」で19.6%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「家族で団らんする」 29.2%
2位 「おせち・お雑煮」 27.4%
3位 「紅白・駅伝などのお正月特番」 22.7%
4位 「年越しそば」 20.0%
5位 「年賀状・年賀メール」 19.6%
6位 「初詣」 19.6%
7位 「忘年会・新年会などの宴会」 17.8%
8位 「年末ジャンボ宝くじ」 16.7%
9位 「クリスマス」 13.9%
10位 「イルミネーション」 11.9%

■1位は30代以下がお正月特番、40代・50代は家族団らん、60代以上はおせち・お雑煮

年代別に1位をみてみると、30代以下は「お正月特番」、40代・50代は「家族団らん」、60代以上は「おせち・お雑煮」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「紅白・駅伝などのお正月特番」 21.2%
2位 「家族で団らんする」 18.2%
2位 「クリスマス」 18.2%
4位 「おせち・お雑煮」 15.2%
4位 「初詣」 15.2%
4位 「忘年会・新年会などの宴会」 15.2%

【40代】
1位 「家族で団らんする」 20.3%
2位 「おせち・お雑煮」 20.0%
3位 「年越しそば」 18.5%
4位 「初詣」 18.2%
5位 「紅白・駅伝などのお正月特番」 16.1%
5位 「クリスマス」 16.1%

【50代】
1位 「家族で団らんする」 26.2%
2位 「紅白・駅伝などのお正月特番」 22.0%
3位 「おせち・お雑煮」 20.5%
4位 「年越しそば」 17.1%
5位 「年末ジャンボ宝くじ」 16.4%

【60代以上】
1位 「おせち・お雑煮」 35.1%
2位 「家族で団らんする」 34.4%
3位 「年賀状・年賀メール」 27.7%
4位 「紅白・駅伝などのお正月特番」 25.1%
5位 「初詣」 22.6%

ちなみに男女別では、男女ともに1位は「家族で団らんする」でした! その他では「ゆっくり休む」「ゆっくり寝る」などが複数ありました★

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート02 クリスマスは「好き派」が31.7% 、「どちらでもない」は58.4%

クリスマスは好きですか?

グラフ
編集部まとめ

クリスマスが好きかどうかを調査しました。総合で最も多かったのは「どぢらでもない」で58.4%、次いで「どちらかといえば好き」で28.1%、「どちらかといえば嫌い」で6.9%の順でした。
「大好き」と「どちらかといえば好き」を合算したものを【好き派】、「大嫌い」と「どちらかといえば嫌い」を合算したものを【嫌い派】とすると、【好き派】は31.7%、【嫌い派】は9.9%でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「大好き」 3.6%
「どちらかといえば好き」 28.1%
「どぢらでもない」 58.4%
「どちらかといえば嫌い」 6.9%
「大嫌い」 3.0%

■男女とも「どちらでもない」が最多、【好き派】は女性が多い

男女別にみてみても「どちらでもない」が最も多くなっていました。【好き派】は男性が28.4%に対して女性は44.8%と女性のほうが多くなっていました。

男女別の詳細は以下のとおりです。
【男性】
「大好き」 3.1%
「どちらかといえば好き」 25.3%
「どぢらでもない」 60.8%
「どちらかといえば嫌い」 7.3%
「大嫌い」 3.5%

【女性】
「大好き」 5.0%
「どちらかといえば好き」 39.8%
「どぢらでもない」 50.3%
「どちらかといえば嫌い」 4.5%
「大嫌い」 0.5%

ちなみに年代別にみてみても、すべての世代で「どぢらでもない」が多くなっていました。【好き派】は、30代以下が45.5%、40代が36.4%、50代が38.1%、60代以上が24.0%と、30代以下の割合が高くなっていました~。

調査団編集部:マリカナ団長

レポート03 42.2%がクリスマスのイルミネーションは「たまたまあったら観る」

クリスマスのイルミネーションを観にいきますか?

グラフ
編集部まとめ

クリスマスのイルミネーションを観に行くかを調査しました。総合で最も多かったのは「たまたまあったら観る」で42.2%、次いで「特に観にいかない・興味が無い」で34.3%、「近くにあったら観にいく」で21.4%の順でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「人気のイルミネーションを観にいく」 2.2%
「近くにあったら観にいく」 21.4%
「たまたまあったら観る」 42.2%
「特に観にいかない・興味が無い」 34.3%

■上の世代ほど、積極的に見に行く

年代別にみてみても、すべての世代で「たまたまあったら観る」が最も多くなっていました。※30代以下は同率で「特に観にいかない・興味が無い」もありました。
「人気のイルミネーションを観にいく」と「近くにあったら観にいく」を合算したものを【積極的に見に行く】とすると、その割合は30代以下では9.1%、40代は20.3%、50代は22.3%、60代以上は25.4%と上の世代ほど割合が高くなっていました。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
「近くにあったら観にいく」 9.1%
「たまたまあったら観る」 45.5%
「特に観にいかない・興味が無い」 45.5%

【40代】
「人気のイルミネーションを観にいく」 3.6%
「近くにあったら観にいく」 16.7%
「たまたまあったら観る」 44.2%
「特に観にいかない・興味が無い」 35.5%

【50代】
「人気のイルミネーションを観にいく」 1.5%
「近くにあったら観にいく」 20.8%
「たまたまあったら観る」 46.6%
「特に観にいかない・興味が無い」 31.1%

【60代以上】
「人気のイルミネーションを観にいく」 2.0%
「近くにあったら観にいく」 23.4%
「たまたまあったら観る」 39.3%
「特に観にいかない・興味が無い」 35.3%

ちなみに男女別でみてみても、最も多いのは「たまたまあったら観る」でした。ついで多かったのは男性は「特に観にいかない・興味が無い」でしたが、女性は「近くにあったら観にいく」でした!

調査団編集部:カワンヌ副団長

レポート04 苦情が寄せられることもある「除夜の鐘」、82.3%は「そのまま続けるべき」

「除夜の鐘」が近隣住民から苦情が寄せられるケースもあるようですが、どう思いますか?

グラフ
編集部まとめ

「除夜の鐘」が近隣住民から苦情が寄せられるケースもあるようですが、どう思うか調査しました。総合で最も多かったのは「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」で82.3%、次いで「鐘を突く数を減らしたりして早めに終わらせるように工夫する」で5.0%、「近隣住民にも配慮して、昼間や夕方に行うべき」で2.6%の順でした。

■すべての世代で7割以上が「そのまま続けるべき」

年代別にみてみると、すべての世代で7割以上が「そのまま続けるべき」という回答になっていました。

年代別の詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」 75.8%
「鐘を突く数を減らしたりして早めに終わらせるように工夫する」 9.1%
「近隣住民にも配慮して、昼間や夕方に行うべき」 0.0%
「一切やら無くてもよい」 3.0%
「分からない」 12.1%

【40代】
「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」 71.2%
「鐘を突く数を減らしたりして早めに終わらせるように工夫する」 7.3%
「近隣住民にも配慮して、昼間や夕方に行うべき」 2.7%
「一切やら無くてもよい」 4.2%
「分からない」 10.9%
「その他」 3.6%

【50代】
「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」 81.4%
「鐘を突く数を減らしたりして早めに終わらせるように工夫する」 4.9%
「近隣住民にも配慮して、昼間や夕方に行うべき」 2.5%
「一切やら無くてもよい」 2.3%
「分からない」 6.6%
「その他」 2.2%

【60代以上】
「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」 86.8%
「鐘を突く数を減らしたりして早めに終わらせるように工夫する」 3.9%
「近隣住民にも配慮して、昼間や夕方に行うべき」 2.8%
「一切やら無くてもよい」 1.6%
「分からない」 3.8%
「その他」 1.0%

ちなみに、地域別で「大晦日の風物詩なのでそのまま続けるべき」の割合が最も高かったのは九州で88.3%でした。

「調査団員の声」では大晦日の日に行っていることについて教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
60代女性

除夜の鐘はテレビで見ていたが、数年前から旅行先で除夜の鐘を撞き年を越している。永平寺の鐘の音は、テレビで聴くよりとても良かった。薬師寺では鐘撞きに参加もできた。勿論年越しそばも頂いてから。 70才  神奈川県  既婚 女性

旅行先で除夜の鐘をつくなんて思いつきませんでした。いいですね~。有名なお寺の鐘はどんな音がするか、聞いてみたくなりました~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

大晦日に用意するのは、年越しそば、餃子、レアチーズケーキ、なぜかって言われると返事に窮するのですが、この3点は、結婚39年以来続けている年末の料理です。多分、好きな料理など勝手に食べたいものを選んだと思います。ちなみにレアチーズケーキは手作り、夫婦の共同作業です。たっぷり食べられますからね。 65才  埼玉県  既婚 男性

えっ、レアチーズケーキで年越し? と思ったけど、結婚以来、ずっと続けて一緒に料理をしてるなんて、これはウラヤマシすぎるー>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

当地の古くからの家では、大晦日は昔から「年取り」と呼ばれ、1歳年を取るのを家族みんなで祝います。松飾りを家や敷地内のお明神様などに飾り、門の所で世帯主、その家の男子がお神酒や塩、水でお清めして1年の無事を祈ります。テーブルに並んだ夜のご馳走にはナメタガレイの煮物や、タラの吸い物などが欠かせません。世帯主が「結構なお年取りでございます」とあいさつすると、家族みんなで同じ言葉であいさつします。お神酒をみんなで頂きその後は「いただきます」。男性陣は日付が変わって新年になってもお酒をいただき、元日から「いい朝」を迎えます。 59才  宮城県  既婚 男性

私の年越しは、ジルベスターコンサートをみて、近所のお寺に除夜の鐘をつきに行く程度ですけど、こういう伝統的な年越しもいいですね~(´▽`*)調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声をもっと見る

レポート05 年末年始の人気番組ランキング、1位 箱根駅伝、2位 紅白歌合戦

年末年始にいつも見ている・楽しみにしているテレビ番組は何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

年末年始にいつも見ている・楽しみにしているテレビ番組について調査しました。「特にない」の27.1%を除くと、総合で1位は「箱根駅伝」で39.8%、2位は「紅白歌合戦」で33.2%、3位は「行く年来る年」で20.7%、4位は「ガキの使いやあらへんで!・絶対に笑ってはいけないシリーズ」で16.5%、5位は「芸能人格付けチェック!」で16.0%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「箱根駅伝」 39.8%
2位 「紅白歌合戦」 33.2%
3位 「行く年来る年」 20.7%
4位 「ガキの使いやあらへんで!・絶対に笑ってはいけないシリーズ」 16.5%
5位 「芸能人格付けチェック!」 16.0%
6位 「ニューイヤー駅伝」 15.0%
7位 「相棒元旦スペシャル」 10.6%
8位 「笑点のお正月特番」 8.3%
9位 「日本レコード大賞」 7.7%
10位 「ぐるナイ・おもしろ荘」 5.2%

■1位は30代以下が「ガキの使いやあらへんで!」、40代・50代が「紅白歌合戦」、60代以上は「箱根駅伝」

年代別に1位をみてみると、30代以下は「ガキの使いやあらへんで!」、40代・50代は「紅白歌合戦」、60代以上は「箱根駅伝」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「ガキの使いやあらへんで!・絶対に笑ってはいけないシリーズ」 39.4%
2位 「箱根駅伝」 18.2%
2位 「紅白歌合戦」 18.2%
2位 「行く年来る年」 18.2%
5位 「相棒元旦スペシャル」 15.2%

【40代】
1位 「紅白歌合戦」 28.5%
2位 「箱根駅伝」 27.9%
3位 「ガキの使いやあらへんで!・絶対に笑ってはいけないシリーズ」 24.2%
4位 「芸能人格付けチェック!」 16.4%
5位 「ニューイヤー駅伝」 11.5%

【50代】
1位 「紅白歌合戦」 32.2%
2位 「箱根駅伝」 32.0%
3位 「ガキの使いやあらへんで!・絶対に笑ってはいけないシリーズ」 23.9%
4位 「芸能人格付けチェック!」 18.9%
5位 「行く年来る年」 13.8%

【60代以上】
1位 「箱根駅伝」 50.2%
2位 「紅白歌合戦」 35.0%
3位 「行く年来る年」 28.0%
4位 「ニューイヤー駅伝」 21.0%
5位 「芸能人格付けチェック!」 14.1%

ちなみに地域別でみてみても1位は、ほとんどが「箱根駅伝」でしたが、北陸・甲信越、関西、中国・四国は「紅白歌合戦」が1位でした!

「調査団員の声」では年末年始のテレビ番組についての思い出やご意見を教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
50代女性

知人が出るようになり箱根駅伝を見出したらその後も毎年欠かさず見るようになってしまった。予選会も気になり新聞やネット等でチェックするようになった。当日は朝ご飯後から見始めて二日間とも家族揃って終わるまでTV前から動けない。 58才  神奈川県  既婚 女性

駅伝って、途中で何が起こるかわかちないし、一度見始めると、私もテレビの前から動けなくなっちゃいます>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

ウィーンフィルニューイヤーコンサートですね。何度も見てますが、今年も帰省して見ます。一年が始まると感じます。いろいろな番組が新年にありますが、気持ちを引き締めるためにこれを見ています。何と言っても指揮者が誰になるのか毎年楽しみですね。過去に日本人では小澤征爾さんだけですが、私はマゼールさんやアッバドさんの指揮が好きでした。2019年はティーレマンさんの指揮です。(偶然ですが私と同い年です。)アンコールで演奏される「ラデツキー行進曲」と「美しく青きドナウ」は定番ですね。気楽に過ごすのもいいんですが、最近は書初めなどしませんので、これが私には合っているようです。 59才  千葉県  未婚 男性

私もニューイヤーコンサート見ています~。ウィーンフィルの柔らかな音とともに優雅で華麗に踊るバレエ。お正月から幸せな気分になります~(´▽`*) 調査団編集部:マリカナ団長

50代女性

子供たちの帰省に合わせ、秋から撮りためた子供たちが好きそうな映画やお笑い番組を家族みんなでのんびり観る。「ママはきっと録画してくれている」との期待と実家でリラックスしてTVを見る子供たちの姿を見るのは家族の平和を感じるひとときである。 58才  兵庫県  既婚 女性

家族が集まるお正月なちらではのテレビの楽しみ方ですね★ こういう愛情あふれるテレビの楽しみ方もあったなんて>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声をもっと見る

レポート06 年賀状を卒業した人は13.0% 、出す人の中央値は「30~49枚」

年賀状は何枚くらい出しますか?

グラフ
編集部まとめ

年賀状は何枚くらい出すか、調査しました。総合で出す人の中央値をとると「30~49枚」でした。また、「年賀状は卒業したので今後は出さない」という人は13.0%でした。

総合の詳細は以下のとおりです。
「1~9枚」 8.7%
「10~29枚」 18.9%
「30~49枚」 15.7%
「50~99枚」 22.0%
「100~199枚」 9.8%
「200~299枚」 2.4%
「300枚以上」 0.7%
「年賀状は卒業したので今後は出さない」 13.0%
「喪中なので出せない」 3.8%
「今年は出さない(次の年は出すかもしれない)」 3.2%
「その他」 1.8%

■年賀状を卒業した人は若い世代ほど多い

年代別に中央値をみてみると、40代以下は「10~29枚」、50代は「30~49枚」、60代以上は「50~99枚」と上の世代ほど多くの年賀状を出していることがわかりました。
「年賀状は卒業したので今後は出さない」は、30代以下が27.3%、40代が17.0%、50代が15.3%、60代以上が9.1%と若い世代ほど高くなっていました。

ちなみに地域別でみてみるとほとんどの地域の中央値は「30~49枚」でしたが、北海道と中国・四国は中央値が「50~99枚」と他の地域より多くなっていました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査レポート

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 韓国に対する印象の調査では、良いが4.1%、悪いが84.2%
  2. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  3. 演奏できるようになりたい楽器ランキング、1位 ピアノ、2位ギター
  4. 平成に国内で起きた災害で印象的なもの 1位 東日本大震災 87.8%
  5. 日本政府の半導体材料の輸出統制措置は賛成が83.1%、反対が8.5%
  6. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  7. 42.1%が日韓基本条約を締結した時点で強制徴用の個人の請求権は消滅と回答
  8. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  9. 離婚するのではと心配してしまう夫婦ランキング 1位は「浪費癖がある」
  10. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官