平成の「国内経済」の出来事といえば、1位はバブル崩壊

本文へジャンプします。


何でも調査団
時事・季節 2019年4月26日

平成振り返り(政治・経済・国際)についてのアンケート・ランキング

「平成で印象に残っている政治の出来事や経済の出来事、国際関係の出来事は?」など“平成の政治・経済・国際”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2019年03月29日~2019年04月11日/有効回答数:2,041



レポート03 平成の「国内経済」の出来事といえば、1位はバブル崩壊

平成の時代に印象に残っている「国内経済」の出来事は何ですか?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

平成の時代に印象に残っている「国内経済」の出来事はについて調査しました。総合で1位は「バブル崩壊(平成3年)」で54.7%、2位は「金融大手が相次ぎ破綻(平成9年)」で50.9%、3位は「消費税(3%)を施行(平成元年)」で46.5%、4位は「日本航空が経営破綻(平成22年)」で40.6%、5位は「消費税を8%に(平成26年)」で30.5%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「バブル崩壊、経済不況がはじまり低成長期へ(平成3年)」 54.7%
2位 「北海道拓殖銀行、山一証券など金融大手が相次いで経営破綻(平成9年)」 50.9%
3位 「竹下登内閣が消費税(3%)を施行(平成元年)」 46.5%
4位 「日本航空(JAL)が会社更生法適用で経営破綻、企業再生の道へ(平成22年)」 40.6%
5位 「安倍晋三内閣が消費税を8%に、17年ぶりの消費税増税断行(平成26年)」 30.5%
6位 「狂牛病(BSE)を発端にした牛肉産地偽装問題で社会が混乱(平成13年)」 27.9%
7位 「超円高、1ドル79円台に突入、巨額の貿易黒字を反映(平成7年)」 24.6%
8位 「東芝の不正会計問題が発覚、行政処分など大きな問題に(平成27年)」 18.7%
9位 「日本を含め11カ国が参加する環太平洋経済連携協定(TPP)が発効、米国は参加せず(平成30年)」 17.9%
10位 「流通大手「そごう」が巨額の負債を抱え民事再生法適用し経営破綻(平成12年)」 17.1%

■1位は30代以下が「消費税を施行」、40代・50代は「バブル崩壊」、60代以上は「金融大手が相次ぎ破綻」

年代別にみてみると、30代以下が「消費税(3%)を施行」、40代・50代は「バブル崩壊」、60代以上は「金融大手が相次ぎ破綻」と異なる結果になりました。

年代別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【30代以下】
1位 「竹下登内閣が消費税(3%)を施行(平成元年)」 38.5%
2位 「バブル崩壊、経済不況がはじまり低成長期へ(平成3年)」 34.6%
3位 「狂牛病(BSE)を発端にした牛肉産地偽装問題で社会が混乱(平成13年)」 26.9%
4位 「安倍晋三内閣が消費税を8%に、17年ぶりの消費税増税断行(平成26年)」 23.1%
5位 「日本航空(JAL)が会社更生法適用で経営破綻、企業再生の道へ(平成22年)」 19.2%

【40代】
1位 「バブル崩壊、経済不況がはじまり低成長期へ(平成3年)」 53.3%
2位 「竹下登内閣が消費税(3%)を施行(平成元年)」 49.3%
3位 「北海道拓殖銀行、山一証券など金融大手が相次いで経営破綻(平成9年)」 41.5%
4位 「狂牛病(BSE)を発端にした牛肉産地偽装問題で社会が混乱(平成13年)」 37.1%
5位 「日本航空(JAL)が会社更生法適用で経営破綻、企業再生の道へ(平成22年)」 33.8%

【50代】
1位 「バブル崩壊、経済不況がはじまり低成長期へ(平成3年)」 55.5%
2位 「北海道拓殖銀行、山一証券など金融大手が相次いで経営破綻(平成9年)」 48.5%
3位 「竹下登内閣が消費税(3%)を施行(平成元年)」 44.8%
4位 「日本航空(JAL)が会社更生法適用で経営破綻、企業再生の道へ(平成22年)」 38.3%
5位 「狂牛病(BSE)を発端にした牛肉産地偽装問題で社会が混乱(平成13年)」 30.8%

【60代以上】
1位 「北海道拓殖銀行、山一証券など金融大手が相次いで経営破綻(平成9年)」 56.7%
2位 「バブル崩壊、経済不況がはじまり低成長期へ(平成3年)」 54.8%
3位 「竹下登内閣が消費税(3%)を施行(平成元年)」 47.3%
4位 「日本航空(JAL)が会社更生法適用で経営破綻、企業再生の道へ(平成22年)」 44.9%
5位 「安倍晋三内閣が消費税を8%に、17年ぶりの消費税増税断行(平成26年)」 34.3%

ちなみに男女別にみると、1位は「バブル崩壊」で同じでした。2位は男性が「金融大手が相次ぎ破綻」で、女性は「消費税(3%)を施行」と異なる結果でした!

調査団編集部:カワンヌ副団長

平成振り返り(政治・経済・国際)についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. みんなが選ぶ今年(2019年)の漢字 1位は昨年と同じ「災」
  2. 朝食を食べない理由ランキング 1位は「起きる時間が遅かったから」
  3. 24.8% が肩こりや腰痛で仕事や学校を休んだことがある
  4. イギリスの企業といえば、1位 バーバリー、2位 ロールス・ロイス
  5. 日本人画家の人気ランキング 1位 葛飾北斎、2位 歌川広重
  6. 好きなきのこランキング、1位 しいたけ、2位 しめじ、3位 まいたけ
  7. 宅配便の不満ランキング、1位 配送料やサービス料金が高い
  8. 西洋人画家の人気ランキング 1位 モネ、2位 レオナルド・ダ・ヴィンチ
  9. 54.2%が「憲法を改正すべき」と回答
  10. 女性の体型、男性の好みは細めと太めなら「太め」

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官