鉄道旅行で利用したい列車の人気ランキング 1位 ななつ星in九州

本文へジャンプします。


旅行・おでかけ 2017年9月1日

列車・鉄道についてのアンケート・ランキング

「鉄道旅行の魅力は?」「鉄道旅行で訪れてみたい地域は?」「鉄道旅行で利用してみたい列車は?」「鉄道好きだと思う芸能人は?」など“列車・鉄道”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2017年08月18日~2017年08月24日/有効回答数:2,761



レポート05 鉄道旅行で利用したい列車の人気ランキング 1位 ななつ星in九州

今後、鉄道旅行で利用してみたい列車は?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

鉄道旅行で利用したい列車についての調査です。総合ランキングの1位は「ななつ星in九州」で33.9%、2位は「北海道新幹線」で31.0%、3位は「サンライズ出雲・瀬戸」で23.8%、4位は「三陸鉄道」で23.6%、5位は「トワイライトエクスプレス瑞風」で18.8%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「ななつ星in九州」33.9%
2位 「北海道新幹線」31.0%
3位 「サンライズ出雲・瀬戸」23.8%
4位 「三陸鉄道」23.6%
5位 「トワイライトエクスプレス瑞風」18.8%
6位 「トランスイート四季島」18.5%
7位 「トロッコわたらせ渓谷号」17.9%
8位 「SLやまぐち号」16.8%
9位 「リゾートしらかみ」16.4%
10位 「嵯峨野トロッコ列車」16.3%

■「北海道新幹線」「ななつ星in九州」がともに4つの地域で1位に

地域別でみてみると、「北海道新幹線」は東日本の4つの地域で1位、「ななつ星in九州」は西日本の4つの地域で1位になっていました。また、「三陸鉄道」はすべての地域で5位以内に入っていました。

地域別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【北海道】
1位 「北海道新幹線」31.6%
2位 「三陸鉄道」24.8%
3位 「ななつ星in九州」23.1%
4位 「トランスイート四季島」15.4%
4位 「リゾートしらかみ」15.4%

【東北】
1位 「北海道新幹線」42.0%
2位 「ななつ星in九州」33.6%
3位 「トランスイート四季島」28.0%
4位 「リゾートしらかみ」23.1%
5位 「三陸鉄道」21.7%

【関東】
1位 「北海道新幹線」33.9%
2位 「ななつ星in九州」32.4%
3位 「サンライズ出雲・瀬戸」29.2%
4位 「三陸鉄道」26.4%
5位 「トランスイート四季島22.2%

【北陸・甲信越】
1位 「北海道新幹線」35.3%
2位 「ななつ星in九州」32.0%
3位 「トランスイート四季島」24.2%
4位 「サンライズ出雲・瀬戸」22.9%
5位 「三陸鉄道」17.6%

【東海】
1位 「ななつ星in九州」38.2%
2位 「北海道新幹線」28.7%
3位 「トワイライトエクスプレス瑞風」22.1%
4位 「三陸鉄道」19.5%
5位 「サンライズ出雲・瀬戸」18.4%

【関西】
1位 「ななつ星in九州」37.8%
2位 「トワイライトエクスプレス瑞風」28.5%
3位 「北海道新幹線」25.4%
4位 「SLやまぐち号」22.4%
5位 「三陸鉄道」22.2%

【中国・四国】
1位 「ななつ星in九州」37.1%
2位 「北海道新幹線」25.0%
3位 「トワイライトエクスプレス瑞風」23.6%
4位 「サンライズ出雲・瀬戸」20.7%
5位 「三陸鉄道」17.1%

【九州】
1位 「ななつ星in九州」 37.4%
2位 「或る列車」 25.2%
3位 「SLやまぐち号」 24.3%
4位 「三陸鉄道」 20.9%
5位 「北海道新幹線」 17.4%

ちなみに年代別でみると、「三陸鉄道」の60代以上での人気が他の世代よりひときわ高くなっているのが特徴的でした。「三陸鉄道」といえば、テレビドラマ「あまちゃん」!あの行進曲のような元気のでるテーマ曲が今でも思い浮かびます★

「調査団員の声」では、これまでに思い出に残っている列車について教えていただきました!

調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
40代男性

子供のころは乗り物全般が苦手で、東海道新幹線に乗っても、必ず嘔吐していました…。夢の超特急。壁にはスピードメーター。いつか使ってみたいと思っていた食堂車。びゅわーんびゅわーんと…でも、幼い私にとっては酔っても窓も開けられず、途中下車も難しい拷問のような電車でした。あることが契機になって乗り物全般に強くなり、新幹線も500系くらいまでは長距離移動は腰がつらかったけど、700Aになってからの進化はすばらしく、喫煙室まであるおもてなし精神。寝台車やリゾート観光列車のようなトピックは無いけれど、新幹線っていいなーと思います。 48才  東京都  未婚 男性

新幹線、便利だし快適ですよね♪ 私もいいなーと思います(*´∀`*) あと“あること”がとっても気になりますw調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

60年~65年くらい前の子供のころ、小学校の長期休みの時によく母の実家の長岡に行きました。その時乗ったのは上野発の普通列車。一駅一駅止まり、駅によっては何分も停車する鈍行列車でしたが、その分田園風景や利根川上流の渓谷を思う存分楽しめました。それが今でも列車の旅が好きな背景のような気がします。夜行列車に乗ったこともあり、子供のころには、夜行列車の通路にほかの乗客と一緒に新聞紙を敷いてごろ寝をしたのも楽しい思い出です。大人になっても仙台への旅や、山陰への旅、北陸への旅など、夜行急行や夜行寝台を好んで使いました。 66才  千葉県  既婚 男性

子供の頃 経験したいい思い出って、大人になっても鮮やかに残ってますよね、不思議>ω<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

5年位前に当時中1の鉄ヲタ倅と寝台特急「あけぼの」で青森まで乗りました。寝台列車が廃止になりつつあるなかで廃止前でしたので観光客ではなく普通に移動する人々が多かったです。暗闇の吹雪の中を走る外の薄暗い景色。時々止まる駅からの眺めはとても神秘的でした。ソロという客車での乗り心地は、30年位前に乗った「みずほ」寝台よりは乗り心地はよかったです。それでも廃止の噂はあったので「あけぼの」の車両はあまり整備されておらず所々錆が浮いていて痛々しかったです。お手軽に乗れる寝台列車が次々廃止になり寂しい限りです。 51才  東京都  未婚 女性

寝台列車、私も北海道に行くときに北斗星に乗ったことがあるのですが、とっても新鮮でもう一度乗りたいな~と思っていたらなくなってしまってさみしいです(・ω・`)調査団編集部:マリカナ団長

60代男性

学生時代の夏休みに友人と自転車で「東京→大阪」を走った時、往路は臨時の夜行列車(臨行です:臨時銀河だったかな?)だった。夜中にお腹が空いたので通りかかった車掌さんに名古屋で「きしめん」が買えるか聞いたら「買える」とのことだったが、いざ着いてみると到着ホームの売店は既に閉店していた。限られた停車時間で隣のホームまで地下道をくぐって走って行き、ビールを各1杯ずつ買うのが精一杯だった。翌朝、到着した東京駅の丸の内口の南端の改札を出たところで自転車を組み立てていたら助役さんが来て「ここでそういうことをしてもらっては困ります。」と云われてしまった。「今、大阪から列車で到着したところで、これを組み立てないと走り出せません。」と云ったら「そうでしたか!お気をつけて。」と敬礼して云い残して彼は去って行きました。 61才  京都府  既婚 男性

50代女性

よい思い出ではないのですが、子供が小学生の頃(当時はいわき在住)スーパーひたちを利用して、東京の実家に帰省していました。夏休みに子供と一緒に実家に行き、その帰りの列車での出来事です。一番先頭車両の一番前に指定がとれたので、子供は大喜びでした。ある駅に近づくと列車が大きな警笛を鳴らし、その後ゴトンと音がして駅のホームの手前で停車。何が起きたかわからず窓の外を見ると、沿線の人たちが列車の方を見ていました。残念なことに、人身事故でした。その後「列車の下にお客様がおられます」という遠回しのアナウンスで、確信しました。事故処理の間車両内に閉じ込められ、終わった後その列車でそのまま発車。先頭車両だったので乗り上げた感覚があり、なんだか嫌な気分で帰りました。 53才  福島県  既婚 女性

50代男性

1980年に上野から青森まで行った寝台特急(あけぼの?かな)、上野で18時くらいに乗って、青森着が朝でしたね。寝台は何寝台だったか忘れましたが、安い方だったと記憶しております。これから渡る北海道の事で頭がいっぱいでした。もう37年も前のことですので、詳細には思い出せませんが、社会人になって4年目で、休みが夏に1週間あり、それに合わせて一人旅しました。(前年に東北のバスツアーに行き、翌年、一人旅を計画した次第です)寝台の旅というのは、もう、減ってますが、高級志向になりましたので、もう行けませんねえ。 58才  千葉県  未婚 男性

60代男性

私の若いころの山行きには、夜行日帰りというのが流行っていました。夜10時過ぎに夜行列車で出かけ、翌朝暗いうちに現場に向かい、目標の山に登って戻ってくるというものでした。谷川岳を目指したときのこと、上野を出て朝四時前、土合駅に着きました。眠い目をこすりながらホームへ下りたってびっくり。ホームから駅舎に向かうまで400段の階段を上ることになったのです。準備運動も何もなしに20キロ以上のザックを背負ってイキナリの上りです。谷川では日本の3大急登といわれる西黒尾根を登ってきたのですが、出会いがしらのホームからの急登には驚かされました。 75才  東京都  既婚 男性

60代男性

夜行列車が少なくなって、あの旅の人間くさいが風景が薄れたように思う。かなり前だが、東北のある駅から椅子席の夜行急行に乗った。当時、次の朝から東京での仕事に行けるので、最も安上がりの人気列車だった。酔っ払って民謡を口づさむ男たち、骨壷を網棚に置いて沈みこむ黒い一団、早くもいびきをかくラリーマン風、そんな4人掛けの椅子席一つ一つに違う表情があった。その中でちょっとイケル顔の男に絡みつくように口説く、厚化粧の女の声が甘酸っぱく流れ、他の乗客たちが眠れずにガサゴソ寝苦しそうにしている。こんな物語を載せた列車が上野駅につく頃、別なホームには魚の担ぎやのおばさん達が元気一杯に降り立った。そんな日本の朝の風景はもう見られない。 73才  東京都  既婚 男性

50代男性

新幹線E1系「MAXとき」と681系「はくたか」北陸大好きの私たちは、両列車に何度お世話になったことか…ある冬の旅行の帰り、上り「はくたか」は直江津5分遅れで発車「なーに、ほくほく線で取り返すさ」と余裕だったけど、結局7分遅れで越後湯沢着で、新幹線への乗り継ぎ時間何と2分!「ヤバイ!」と叫びながら私達猛ダッシュ!新幹線は既に到着しててぎりぎりセーフ。窓外では他の旅客がゴジラの襲来から逃げる人々の如く走り来る!結局新幹線は5分遅れで越後湯沢を後にしたのです…が!ここでカミングアウト。私、実は乗り換え客が全部乗車するまで新幹線が発車しないの知ってて「うちらのダッシュでみんなついてくるよー (一一")」とイタズラ、もとい遅れを取り戻すカマをかけたのです。今は北陸新幹線で乗り継ぎダッシュはありません。でも駅で走るのは大変危険なので絶対やめましょう。それからあの時の旅客の皆さん、私のせいで走らせてしまい大変申し訳ありません…<(_ _)> 52才  東京都  既婚 男性

50代女性

トワイライトエクスプレスの思い出が心に残っています。走り始めて間もない頃に大阪から北海道行きに乗りました。移りゆく車窓からの眺めレストランでの食事サロンカーでのひとときなどどれも忘れられません。大阪ー北海道間の運行がなくなる前にもう一度乗りたくてチケットをとりました。とれたチケットは運行終了間際の3月9日の北海道から大阪に向かうコース逆区間に乗ることができたのも忘れられない思い出です。二度のトワイライトエクスプレスの乗車は列車の中で流れた「いい日旅立ち」の曲とともにずっと心に残り続けると思います。 53才  和歌山県  既婚 女性

50代男性

ほくほく線を走る特急はくたか。北陸新幹線が開業するまでは,在来線最速を誇っていた。単線なのに,速度は160km/hで田畑の真ん中や山中をほぼ真っすぐに走る。雪国なので,すれ違いはトンネル内の信号所で行われる。単線なので特急に追いつかれないようにするために,各駅電車も130km/hで走る(普通は特急でも110km/h)。鉄道信号も160km/h用は規格が無かったので新たに作られた(その後はスカイライナーにも採用)。今は「はくたか」は無いが、「スノーラビット」が走っている。 58才  埼玉県  既婚 男性

60代女性

小学生の頃、博多から飯塚市の祖父母の家に行くときには蒸気機関車を利用していました。トンネルに入る前には窓を閉めるのがお決まりでした。山越えをするのですが、途中でスイッチバックが行われ、博多に逆戻り?と不思議に思ったことを思い出します。蒸気機関車の「ポー」という音と通過した後の煙の匂いは、祖父母を思い出す懐かしいものです。 61才  福岡県  未婚 女性

40代男性

夏休みに軽井沢へ行くのに特急「あさま」に乗ったこと。特に横川と軽井沢の区間は思い出に残っています。碓氷峠を登るため、先頭車両に機関車を連結するので、その時間を利用して峠の釜めしを購入。釜めしを食べながらトンネルの数を数えました。釜めしを食べ終わる頃ちょうと軽井沢に到着。列車から降り、涼しい風が通り抜けると「ああ、軽井沢に着いた」と実感しました。 47才  千葉県  未婚 男性

60代男性

もうずっと昔、奥羽線だったと思いますが、蒸気機関車に乗って旅をしました。窓を開けて気持ち良く風に当たっていたのですが、そのうちトンネルに入りました。たちまち社内は煙だらけに。トンネルに入る時の汽笛を合図に窓を閉めないといけなかったのですが、知らずにむせ返ることになりました。 68才  大阪府  既婚 男性

40代男性

一番最初に乗った列車が箱根登山鉄道のためか最も印象に残っています。山間部に入った途端に現れる長いトンネルや出山の鉄橋の高さにわくわくドキドキしましたが、驚いたのはスイッチバックでした。連れて行ってくれた祖父は何も説明をしてくれなかったので、反対方向に列車が走り始めた時に「この電車、山を下って行っちゃう。間違えて運転している!、それとも故障しているのに皆気が付いていないのでは?」などと真剣に心配して、ハラハラドキドキしたのを今でも覚えています。 48才  神奈川県  既婚 男性

50代男性

子どもの頃、列車で1時間ほどの距離にいた祖父母の家へ行くときに乗った普通列車。母と弟と三人で乗ったが冷凍みかんを食べたりお茶を飲んだり何のこともない時間だった。今思い出すと日常を離れた特別な時間だったような気がする。列車自体で思い出すのは2階建ての東北新幹線。仕事で一度だけ乗ったが大人のくせに少し興奮した。 55才  群馬県  既婚 男性

50代男性

幼少の頃の夏、母親の実家に行くとき、国鉄の地方支線にはまだSL列車が走っていた。幼いながら、その黒くて重厚感のある姿には、格好よさをおぼえた。冷房もない時代なので、夏の旅はとうぜん窓を開放していた。しかし、その途中トンネルがあり、そのたびに皆があわてて窓を閉める姿と、少しくさくて黒い煙も記憶に残っている。 57才  京都府  既婚 男性

60代女性

寝台列車の「サンライズ瀬戸」が良かった。動くホテル、寝ている間に高松まで行ってしまうのだ。道中暗く、寝てしまうのはもったいないような気分だが、ベッドに横になると眠ってしまった。目が覚めると外は明るくなり、それでも列車が力強く走っているのを実感。ゆっくり車窓を眺めてると、瀬戸大橋はあっという間に走り抜け、高松に到着。ホームでうどんを食べ、予讃線に乗り換えて松山へ。 69才  神奈川県  既婚 女性

60代男性

旧福知山線の生瀬-道場間はトンネルの連続で、SL時代には窓の開閉が大変でした。しかし、窓を開けたときに目に飛び込む武庫川の渓谷美は素晴らしく、煙が浸みて涙の出る目にも大変感動的でした。素晴らしい旅をしたという思い出の残る場所でした。今は、時折、廃線跡を散策して、いにしえを忍んでいます。 77才  大阪府  既婚 男性

60代男性

大学4年の夏に神奈川から宮崎まで旅行も兼ねて職員採用試験の為に鉄道を利用した。丁度大阪万博があって、夜行列車はどれも指定席が売り切れの中、運良く急行高千穂51号グリーンを確保できた。想像したとおり団体で満席だったが京都を過ぎたらガラガラになり山陽本線通過中では2両のグリーン車に乗車していたのは自分だけだった。ゆっくり本を読み終えて宮崎駅まで途中、アカツキとか何本もの寝台特急に抜かされながら、エラく時間がかかった。採用結果は不合格だった。 68才  神奈川県  未婚 男性

50代女性

昨年娘の大学受験に同伴した折、大雨の影響で電車が遅延。次に来た新幹線に乗ろうとしたら電車の色が紫だったので、「これであってるのかな?」と恐々飛び乗った。停車駅を知らせるメロディがどこかで聞いたことのある音楽だなぁと思っていたが、目的の駅に到着後、それが「エヴァンゲリオン仕様」のレアな新幹線だったと知った。その後娘は無事合格したので、今度は一号車のコックピット仕様の席を予約して乗ってみたいと思っている。 57才  兵庫県  既婚 女性

60代女性

昭和51年の夏、職場の友達と北海道へ行ったときのことです。利尻・礼文へ渡ったあと、稚内から浜頓別音威子府名寄(天北線?)を通って、旭川に戻ってきたのですが、黒いディーゼル車かなんかで、しかもたった2両で、乗客も私たちのほかひとりかふたり。東京の10両編成の超満員の電車ばかり見てきたわたしにはたいへんな驚きでした。 65才  神奈川県  既婚 女性

40代男性

福岡県から大分県にある日田彦山線です。田川後藤寺駅か添田駅で待ち合わせで2時間待ちましたが、日田方面は自分1人だけでした。夕方の通勤ラッシュの時間なのに、宝珠山駅で降りるまでずっと1りでした。昼間なら平気ですが、次第に夜になって山の中をずっと走っているので不安でした。ほとんどが無人駅で真っ暗なので、夜はやめた方が良いですね。そう!数週間前に洪水で線路と橋が流されてしまった辺りです!!親戚が住んでますが、当分遊びに行けません。 46才  埼玉県  未婚 男性

50代男性

学生時代に登場した(今でも残っていますが)「青春18きっぷ」を利用して、日本中を各駅停車で旅行していた時に乗った、門司発福知山行きの824列車が懐かしいです。朝5時20分に出発し夜23時51分に終点福知山に到着するという、旧型の客車でゆったり山陰本線を走る各駅停車に、一日かけて乗ったのはまだ国鉄の時代です。 54才  埼玉県  既婚 男性

30代女性

旅費を安く済ませようとして函館から東京まで割安切符で行き、そこから普通列車で静岡・浜松まで行きました。ほぼ12時間新幹線を含めて電車に乗っていたことになります。戻りのときはさすがに快速か何かを使いましたが……。今は北海道新幹線があるのでもう少し早く行けるのかもしれませんが、飛行機のほうが安くなっているかもしれません。 39才  北海道  未婚 女性

40代女性

中学の頃に家族と長野へ行った時、特急あずさの指定席を買っていたら、事故か何かで運休になり、別の列車の自由席に振り替えられてしまいました。行楽シーズンで混んでおり、座れる席も無いので、他の方に申し訳なかったけれど、半分以上の時間を食堂車で過ごしました。また、そこで食べたミートソーススパゲティも不味かったです。長野に到着してからは楽しかったけれど、列車の思い出として今も忘れられません。 48才  東京都  未婚 女性

40代女性

高校生の時、修学旅行で九州から北陸まで、寝台列車を借り切って一晩かけて移動しました。その当時は、みんなと一緒で楽しいけれど、狭い車内に長時間いておもしろくない、なんて思っていましたが、今寝台列車で旅しようと思うとなかなかできないので、すごく贅沢な体験だったなーと、また行きたい!と思います。 43才  東京都  既婚 女性

50代女性

箱根登山電車に初めて乗った時、スイッチバックは衝撃的でした。あれ?あれ?何で?戻っちゃうの?!ときょろきょろする私に両親が大笑いしたのを覚えています。夏休みに母の叔父を訪ねる時に乗った八高線で手動ドアを経験しました。青い稲が風に吹かれて波打つように揺れ、鷺が飛ぶ、そんな田園風景を眺めたのを覚えています。 50才  東京都  未婚 女性

40代男性

子供の頃、東京に住んでいて、大阪の祖母の家に帰省する時は新幹線で旅行したのが良い思い出。冷凍みかんや駅弁とプラスチック容器の暖かいお茶を買ってもらって、新幹線から見える富士山が楽しみでした。今じゃお茶はペットボトルだし、冷凍みかんも溶ける間もなく着いてしまう。リニアモーターカーが当たり前の時代になると、駅弁を食べる時間も無くなるのだろうと少し寂しいですね。 46才  北海道  未婚 男性

60代女性

蒸気機関車に乗った苦い思い出です。子供の頃は蒸気機関車は普通のことでした。 (今では貴重な経験として皆さん楽しんでらっしゃる。)何しろ煙・油煙が凄い。トンネルの中では窓を閉めても 遠慮なく隙間から入ってきます。 テレビニュース蒸気機関車が記念で走ったなどというのを見ると、あの煙は本物だったら さぞいやがられるだろうなど 懐かしく思い出します。 74才  埼玉県  既婚 女性

50代男性

高松在住なので、今唯一残っている寝台列車のサンライズ瀬戸を良く利用します。車両は、寝心地もいいですし、児島から坂出の間の瀬戸大橋の区間は、電車の下(橋の下)をタンカーやフェリーが通っていたりします。電車の下を巨大タンカーが通っているのが見える、なんていう経験は、日本中でこの列車しかできないと思います。 57才  香川県  既婚 男性

50代男性

「急行ばんだい」幼い頃、電気機関車に牽かれたチョコレート色の客車で、背もたれが垂直な板張りのボックスシート。エアコンなどなく、窓は全開。ゆっくり流れる景色を見ながら、おばあちゃんの家に向かった夏休み。田園広がる中でのカーブで、長編成の機関車や客車が見えた景色は、今でもはっきり覚えています。 58才  東京都  未婚 男性

50代女性

富山駅から宇奈月駅まで。子供のころに行ってはずなのだけどほとんど記憶がなく、大人になってから、母と行ってきた。宇奈月に到着して、散策してお昼食べて帰ってくる、主な目的が電車に乗ること。泊まるわけでも温泉につかるわけでもないので、つまらないかもしれないけど、なかなか楽しかったです。 55才  東京都  未婚 女性

50代男性

寝台急行北国に乗って関西から新潟にスキーに行ってその日の夜にまた北国で帰るという0泊弾丸スキーに行ったことがあります。寝台ですから足を伸ばして横になれるのでスキー場についても足がむくんでおらず、帰りもぐっすり眠ることができるので快適でした。北国がなくなって寂しく思っています。 51才  奈良県  未婚 男性

50代女性

岡山~大阪~豊中と各駅列車でおばあちゃんと親戚の家に年2回行ってました。まだ山陽新幹線はなく山陽本線を4時間近くかけて。駅名は全部覚えていました。列車で食べるお弁当とお茶(ふにゃふにゃの器)が楽しみでした。今の山陽本線は結構乗り換えないと大阪まで各駅で行けません。多くの駅が木造だったと思います。おばあちゃんと共に思い出になっています。 57才  岡山県  未婚 女性

60代女性

高校の修学旅行で乗った三段式寝台車です。寝台は、クラスの出席番号順だったので、3の倍数番号だった私は、上段・中段・下段の上段になりました。上段は天井が迫っていて、眠りにくそうでした。寝返りを打って、寝台から落ちないか心配だったので、天井からぶら下がっているベルトをつかんだまま寝てしまいました。 61才  大阪府  未婚 女性

60代女性

昔、玉電という路面電車がありまして、渋谷から二子玉川まで、世田谷の親戚の家に行くのに、いつも乗っていました。親戚の家は、ただホームがあるだけの小さな駅の近くで、帰るときはよく見送りのいとこと一緒にレールの上で遊んでいました。振動で電車が来るとわかると、すかさずホームに上がって待つのです。のんびりした時代でした。 61才  東京都  既婚 女性

60代男性

SL 時代の山陰線。冷房などない時分のことで、窓を開けて風を入れているのですが、トンネルが近づくと旅慣れた方には事前に分かるのですね、「煙が入る!」と、その方の音頭であわてて窓を閉めるのです。抜けるとまた開けて、一同ふう。初めて乗って何も知らない小学生の私にはオドロキの体験でした。はい。 70才  愛知県  未婚 男性

50代男性

会社の褒章休暇で、生まれて初めて新幹線のグリーン車に乗って、東京から博多まで行きました。関門海峡を見たくて、博多から門司港まで戻ったのですが、乗った普通電車の車両の、天井にある捕まる棒のドア付近での部分が、大きな円形をしていたが記憶に残っています。一般車両でも、その土地によって色々な形があるのものだと感心しました。 56才  北海道  未婚 男性

40代女性

小5の夏休みに乗った、寝台列車(ブルートレイン?!)です。確か始発駅(九州)から終点の上野駅まで乗換え無しで行ったと思います。列車内に2泊程して、夜寝る前に2人の弟達と寝台の上と下を独り占めするか?とか長時間の旅で張り切りすぎて目的地に着く前に具合が悪くなったりした事が思い出されます。 48才  静岡県  既婚 女性

30代男性

今から20年ほど前にJR小海線(山梨県・長野県)を走るトロッコ列車に乗ったときのこと。ほぼ満席で指定券がとりづらかったのですが、当日乗ってみてびっくり。突然車内で結婚式が始まりました。なんでも小海線が縁で結ばれたお二人だったとか。車内で誓い合う二人とトロッコ列車と併進する祝福の騎馬隊。指定券が取りづらかったのは参列者が確保していたからのようです。全く関係ない私でしたが「証人」になってしまいました。お幸せに…。 39才  東京都  未婚 男性

40代男性

確かに一番情緒があるのは、嵐山のトロッコや箱根の登山電車ですね。明らかに普段とは違う気分が楽しめます。それはそれで一番びっくりはやっぱり初めて新幹線 当時はひかり ですね、に乗った衝撃は忘れられないですね。関係ないがリニアを愛地球博で体験をさせてもらったが、これも乗ったらびっくりするんだろうなぁ… 49才  岡山県  未婚 男性

50代女性

子供のころ北海道の室蘭に親せきがおり、両親に連れられて愛知から室蘭まで丸2日かけて乗り継いで行きました。最初は普通電車、新幹線に乗り、上野から常磐線経由のブルートレインで青森まで電車の中で一泊、青函連絡船に乗り換え北海道へ、函館本線、室蘭本線と乗り継ぎました。不思議なほど、楽しかったです。 51才  愛知県  未婚 女性

60代男性

今から十数年前、子供が大阪に住んでおり、交通費を安く上げるため&時間を有効に使うため、ムーンライト山陽に乗って会いに行きました。ちょうど夏だったので青春18きっぷを使いました。お客さんは余り居なかったので、快適に過ごせました。今はもうムーンライト山陽は走っていないので寂しいですね。 69才  広島県  既婚 男性

60代男性

20歳の時(56年前)友人と二人で山口県の秋吉台、秋芳洞、に旅行したのですが、当時はまだ現在のように交通機関が便利でなく、神戸を夜中に出発して、早朝に山口県に到着するような夜行の旅でした。また、帰りは山陰まわりで、ある駅で2~3時間待たされて神戸に着いたのは昼すぎでした。今考えると随分のんびりしていたんですね。 76才  兵庫県  既婚 男性

50代女性

小学生の頃、千葉の房総西線(現在の内房線は、当時そう呼ばれていました)にはまだ蒸気機関車が走っていて、夏休みに家族で海に行ったとき、トンネルに差し掛かると窓を閉めたことを覚えています。おそらく昭和42年頃のことですが、その当時でも千葉で蒸気機関車は珍しかったように思います。 57才  東京都  既婚 女性

50代女性

寝台特急さくら、東京から佐世保まで。それに行きはカシオペア、帰りは北斗星のゼロ泊3日の北海道の旅。寝台列車がなくなりつつあって寂しいけど、寝ている間にすごい距離が移動できるところがとてもよい。乗ってるだけでまたもとのところに戻って来る豪華列車は全く興味がない。 58才  千葉県  既婚 女性

60代男性

昔、北海道に行ったとき、帰りに台風で青函連絡船が欠航になり、予約していた青森から大阪までの寝台列車に乗れなくて、急行で一晩かけて上野まで行ったときの事が忘れられませんね。外は真っ暗でしたがときおり花火などが見えたりして、真っ暗な車窓を眺めていましたね。なんだったのかな…。 71才  兵庫県  既婚 男性

50代男性

50年以上前の事ではありますが、京都から四国に行くのに、宇高連絡船の出航地の宇部まで夜行列車で行った記憶があります。結構混んでいて、向かい合った椅子の間の床で寝た記憶が残っていますが、あれはあれで今の世では経験できないような経験をしたんだなぁと懐かしく思います。 59才  千葉県  既婚 男性

60代女性

SLに郷愁を感じるようだが、あれは、其れ程快適なものではない。トンネルが近くなると窓を閉める。当時の列車は立て付けが悪くすんなりとはしまってくれない。モタモタしているとトンネルに入ってしまう。窓の開いた状態でトンネルに入るのは悲惨だ。楽しくない思い出で申し訳ない。 61才  神奈川県  既婚 女性

列車・鉄道についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る

何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

アンケートに答えるほど、豪華なプレゼントが当たる!
「何でも調査団」では
“答えて得するキャンペーン”を定期的に実施中!

アンケート回答数により、応募できるプレゼントが変わります。回答数が多いほど、豪華なプレゼントをご用意していますので、団員登録後はぜひ多くのアンケートに答えてキャンペーンにご応募ください!

“答えて得するキャンペーン” 詳細はこちら

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 東北の人気観光スポットランキング 1位 中尊寺、2位 松島
  2. 東北の人気ご当地グルメランキング 1位 牛タン、2位 笹かまぼこ
  3. 目玉焼きにかけるものは、6割が「醤油」と回答
  4. 東北出身の女性芸能人といえば 1位 あき竹城、2位 佐々木希
  5. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  6. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  7. 男女で差が? お金以外に財布に入れているものランキング
  8. 好きな魚1位は 男性「マグロ」70%、女性「サケ」76%
  9. 好きな映画のジャンルランキング 1位「アクション」43%、2位「SF」41%
  10. 東北出身の男性芸能人といえば 1位 吉幾三、2位 サンドウィッチマン

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官