パスタの嫌なところランキング 1位は食べるときソースが服につく

本文へジャンプします。


何でも調査団
グルメ 2016年1月15日

パスタ・スパゲッティについてのアンケート・ランキング

「パスタ・スパゲッティの好きなソースは?」「好きなパスタ・スパゲッティの麺のゆで加減は?」「パスタ・スパゲッティの嫌いな点は?」など“パスタ・スパゲッティ”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2015年12月25日~2016年1月7日/有効回答数:3,426



レポート06 パスタの嫌なところランキング 1位は食べるときソースが服につく

パスタ・スパゲッティのココが嫌だ!というところは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

「特に嫌なところはない」の32%を除いて総計を見ると、1位は「食べるときソースが服につく」で31%、2位は3つが同率で「店で食べると、量が少ないことが多い」「作り置きできない」「ゆで加減が難しい」で17%でした。

■女性は「作り置きできない」「カロリーが高い」などが男性より気になる
男女別に見ると、大きな差が出た項目は「作り置きできない」(16%差)、「カロリーが高い」(11%差)、「にんにくが入っていてニオイが気になる」(8%差)、「食べるときソースが服につく」(7%差)でいずれも女性の割合が高くなっていました。

ちなみに、専業主婦だけでみると、「作り置きできない」が39%で1位!できたてのおいしいパスタを家族に食べてもらいたいということでしょうか★愛情を感じますね(>▽<)b

「調査団員の声」では、パスタ・スパゲッティにまつわる失敗談を教えていただきました。
調査団編集部:カワンヌ副団長

調査団員の声
60代男性

昼休みにタラコスパゲッティの美味しい店に行き、普通盛を頼んだところ、店員が誤って大盛りを持ってきた。間違っている旨伝えたところ、後ろの席にいた社内一の美人社員(部下)が注文したものであった。互いになんとなく体裁が悪くなり、沈黙して食べたが、後で大笑いした。 65才  長野県  既婚 男性

あわわ、店員さんの気持ちもわからなくないですが、なんと気まずい(´▽`) でも美人さんがモリモリごはんを食べていると、なんだか好感度UPしちゃいます♪調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

お昼にナポリタンを食べていて、服に散ってしまい、汚した。シルクのスーツだったので、クリーニングに4000円もかかってしまいました。高いナポリタンになりました(^_^;)。 60才  広島県  既婚 女性

4000円のナポリタン…つらいですね(;▽;)よりにもよって…って思いますが、意外と汚してもいい服を着ているときははねないんですよね。汗 空気を読めないナポリタンなんだから><調査団編集部:カワンヌ副団長

50代男性

ローマのレストランでパスタが何度でもお代わりできるのを良いことに好き放題食べたら、それは前菜で後から出て来たメインの肉料理が食べれなくてガッカリした事があります。パスタがスープと同じ前菜だと言う事をしみじみと経験しました。 55才  東京都  既婚 男性

パスタが前菜か~、それは日本にはない考えですよね。しかも絶対本場のパスタなんておいしいからいっぱい食べちゃいますし、それはしょうがないです、うん(`・ω・´)調査団編集部:マリカナ団長

40代女性

数年前、一人分のパスタをレンジで早く茹でられる容器が、百均ショップに売っていると聞き、パスタ好きな私はすぐ買いに行きました。買っていざ使おうとした時、うわ!、やっちまった!。家のレンジに入らないサイズだったのです。パスタはかなり長いので、容器もかなり長いことにうっかり気付きませんでした…。 46才  東京都  未婚 女性

40代男性

闘病中に出張した折。時間がない中の昼食で、仕事をしていた施設内の食堂に6人くらいで行きました。なぜか、6人とも同じメニューを注文。いわゆるトマトソースペペロンチーノみたいなメニューだったのですが。治療薬の関係で、少々刺激に弱くなってはいたのですが、食事療法の逆効果で、刺激物や辛味には慣れもありました。……が。6人分を一気に調理したようです。他の5人は、エキスだけの辛味、でも私のお皿は…最後に盛り付けたのでしょうね…、唐辛子の輪切りがありえないくらい、皿の底に沈んでいました。それはそれは罰ゲームのような辛味で。旨味も何も知ったこっちゃない、ただただ”痛い(イタイではない)”スパゲッティ。時間も無いし、頑張って食べるのだけれども、みんなに周回遅れを食らう勢い。でもここで食べとかないと、付近にコンビニなどもない田舎町でのお仕事だったので、とにかくお腹に入れたい…ってなことで、「熱帯の真夏か?」くらいの大汗を極寒の北国でかきながら、うっすら涙も浮かべて完食しました。引きが強すぎだよなぁ…。 46才  東京都  未婚 男性

50代女性

イタリアに旅行中。日本語のメニューが無くバジリコを頼んだらバジリコのスープのみだった。友人はロッソを注文。赤はポモドーロとおもいこんでいたら唐辛子や香辛料で真っ赤なスパゲティー。「ピカンテ(辛い)」と彼女は言えず「ホット!ホット!」の連発。店員はお皿を触って「熱くはないよ。」とイタリア語で言っているのは理解出来たが。 50才  福岡県  既婚 女性

50代女性

今から40年近い前のこと。イタリアの有名な遺跡の町ポンペイでパスタを食べたが、野外のようなところで着席すると皿にうっすりと白い灰が積もっていて(ベスビオス火山灰?!)まさかと思ったけどそのままその上にトマトケチャップのソースのかかったパスタがどっさりと載せられ(>_<)毒?くわば灰まで?!と、、、おいしかったですよ。 57才  千葉県  既婚 女性

50代男性

タイのバンコクで入ったイタリアンレストランのメニュー表記は「タイ語」と「イタリア語」だった。よく分からないので店員に簡単なタイ語で「アライ(何?)」と尋ねたら、両手の人差し指と中指でハサミを作りチョキチョキとしたので「あーカニの何かだな!」と思い込んで注文したら「ザリガニ」がそのままの姿でパスタの中に入っていた。 54才  東京都  既婚 男性

60代女性

ワインを入れるのに 棚にあるのをドバドバと入れました。高いワインだったらしくて使ったとは言えなかった。でも主人は減っているとは気が付かなかったので 黙っていました。 料理用の在庫は絶えず確認しておかなくては反省。 73才  埼玉県  既婚 女性

60代男性

時はバブル時代。原宿の東郷神社近くのパスタ専門店に大好きだった女性を誘った。麺の種類とソースを組み合わせて頼むのだが、知ったかぶりをして「この麺と魚介にはこのソースが合うから」と頼んだら、店員が微笑を浮かべながらことごとく否定。「こちらの麺には、このソースがお勧めです」と。たしかにお勧めされたパスタは美味しく、面子丸つぶれ。好きな人の前で知ったかぶりをした私が悪いんですけどね。でも、その時に戻って注文をやり直したい…。 61才  東京都  既婚 男性

50代男性

これは外食の炒飯にも言えるのですが、見た目の量よりも腹に溜まるんですねパスタは。特に1.6ミリ以上の太めになると茹で上がりはかなりボリューミーになってしまうのですが、ついそれを忘れて(大体食事の支度をしている時は腹をすかせているため)目分量を誤ることも珍しくないのです。で、食い意地で全部食べ切る。年1回の人間ドックでお世話になる管理栄養士の先生、なかなか痩せないのはこういうことだったのですよ。 50才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

我が家には自慢の大理石の円形テーブルがある。これまでウドンに始まりソバなどの手打ちパーティが開かれて盛り上がってきた。それではとデュラムセモリナ粉とオリ-ブオイルを買ってきて生パスタでパーティを開いた。硬質の粉なので打つのにそれほど苦労せず、美味しさにみな大満足。で、失敗といえばオリーブ油の汚れを落とす手間とそれ以来皆が食べたがるので、手打ちの手間が少し増えたことぐらいでした、すいません。 72才  東京都  既婚 男性

50代女性

本格的なイタリアンレストランが珍しかった頃(というか自分が初めて行った時)、唐辛子の入ったオイルを少しかけてもあまり変化を感じなかったので、思い切りかけた(多分大さじ1ぱいくらい)ところ、どんどんあとから効いてきて、食べ終わった頃には真冬なのに汗だらだらになっていた。美味しいパスタだったはずなのに、汗の思い出しかない。 52才  東京都  未婚 女性

60代男性

パスタ専門店に行ったらソバ屋かラーメン屋かわからないほどズーズーとすざましい音を立てて食べる田舎者だらけで気分が悪く成った。海外ではスープやパスタを他人が頼むと食べ終わるまで席を変えてもらうかその店を出る。これは実際の話し。 67才  東京都  既婚 男性

50代女性

あまり親しくない人と食事をする際パスタを注文したところ、フォークにパスタを巻いて食べるため無意識の内に大口を開けて食べている自分にその時初めて気付き、さすがに大口は開けづらく半分そこそこしか食べることが出来なかった。 55才  福岡県  既婚 女性

40代女性

マカロニを茹でていて宅配が来たので応対していたら、ベロベロに伸びきってくっついて、鍋の形の塊になってしまったこと。ニョッキだと思いながら食べたけれどマズかった 45才  埼玉県  未婚 女性

40代女性

年をとってきてどうしてもバジルや明太子がジャストに歯の隙間に入り込んでしまい、とれない。あまりにもジャストフィットしすぎて気づかずにいることが…(泣) 46才  大阪府  既婚 女性

40代男性

もう無くなってしまったお店なのですが、そこで初めて食べたペペロンチーノのあまりの美味しさに、なんとかコピー(職業は調理師です)しようと四苦八苦しましたが、同じものは作れませんでした。他店のペペロンチーノを食べて参考にしようとは考えませんでした。それから数年経ち、ペペロンチーノが美味しいと評判のお店でペペロンチーノを頼んだところ、わたくしの作るレベルよりもやや低いものが出てきて、ああこんなんで良いんだ、あの店のレベルが高かったんだ、と腑に落ちて、それ以来、ペペロンチーノを食べることは無くなりました。つまり、あれ以下は最早ペペロンチーノではない、となってしまったのでした。 49才  北海道  既婚 男性

40代男性

パスタを茹でている最中電話が鳴って、、、懐かしい友人からだった、それであまりの懐かしさに話の花が。気がついたらちょうどいいゆで時間だったので、話ながら火を止めた、同時に宅配のピンポンが急いで出たら着払いの荷物、お金を払って、荷物をもらい、電話に戻ってたのしい時間を過ごしました~。ってことでパスタはブニョブニョにフヤケて新種の生物かと思うような状態。 42才  東京都  既婚 男性

40代女性

10代の頃、一人暮らしを始めたばかりの時、試行錯誤しながら料理に挑戦していました。レトルトのスープパスタのソースがとても美味しくて自分でも作ってみようとコンソメスープに玉ねぎと茸を煮込んで醤油で味つけをしてパスタにかけて食べてみました。完璧にできたと思ったのですが食べてびっくり、恐ろしく不味くて、そう簡単にパスタのソースは作れないのだと深く深く反省しました。 41才  長野県  未婚 女性

40代男性

ローマで得意先を接待。ガイドブックに載っていた地元民が集うパスタ屋を予約したが、ガイドブックの地図が間違っていてそこは大使館だった。英語のできるタクシードライバーだったので、お店に電話して大体の位置を確認したが、そこは自動車立ち入り禁止。泣きそうになりながら近所の人に聞きながらやっと到着。さすがに現地の生パスタが素晴らしく、得意先も満足(ハプニングも)。 49才  東京都  未婚 男性

60代女性

イタリアで食べたパスタを再現したくて、現地で聞いたこつ、塩はがっちりひとつかみ(ひとつまみではなくて)たっぷりいれてゆでると聞いたので、がっつり入れて茹でたら塩辛すぎて食べられなかった。なぜなら茹でるときの鍋の大きさが全然違うし当然麺も少ないし、大きな勘違い。 66才  東京都  未婚 女性

60代男性

失敗談と言うほどのことではないが、スパゲティーの食べ方のマナーに反して、長い麺を食べる時、つい、日本蕎麦やうどんを食べる時みたいに、すすって食べてしまう。すすり込んだ後に気がつき、周りの人の目を気にしなければならないので、外食としてのスパゲティーは嫌いです。 67才  大阪府  未婚 男性

50代女性

家ではトマトソース系が好きですが、どんなに上手く食べたつもりでもあとでよく見るとどこかに必ずと言っていいほど赤いソースが跳ねてシミが出来てしまいます。だから外出先でパスタを食べるときはクリームソース系を頼むようにしています。 55才  兵庫県  既婚 女性

60代男性

レストランでボンゴレを食べた時、フォークではアサリが掬いにくいので箸にしたが、どうしてもうどん、ラーメンのように啜る食い方になり、静かなレストランにズルズルの音、顔を上げると周りの人の視線が…。理由に気付き恥ずかしかった。 73才  青森県  既婚 男性

40代男性

子供の頃、一人で留守番していて、ご飯を何か作ろうと思い、スパゲティがあったので1袋全部茹でたら大変な量になり、昼と夜の2回に分けて食べたけど、それでも食いきれないほどだった(笑)。 47才  埼玉県  未婚 男性

50代女性

初めての調理実習で、ミートソースを作ったとこのこと。先生が黒板に書いた塩の量(5人分)を一人分と間違えて計量した班のメンバーがいて、びっくりするほどしょっぱいミートソースができました!先生も驚いて、ザルで具を洗い、味の付け直しをして食べました!思っていたほど、まずくはなかったです。 57才  石川県  既婚 女性

50代男性

あるファミレスでミートスパを頼んだ。で、出てきたスパのソースが黄色い。ここのミートスパはそうなのかな?でも明らかに違うのは匂いがカレーなこと。何とパスタにカレーをかけて出してきたのです!見た目でおかしいと思わない店員に憤るも、なんか美味しそうだったので食べたら、これが意外といける!結局完食し、レジで「カレースパでした」と言ったら平身低頭大謝り!代金チャラにしてくれました。それ以来、家でたまにカレースパ作るようになったのですが、凝ったカレーより、普通のカレーのほうがおいしいのが不思議です。 50才  東京都  既婚 男性

50代男性

パスタ好きなので結構自分でも作ってみるのですが、調理段取りが下手なのでパスタの茹で上げからがバタバタしてしまいます。「なんでだろう?」なんて真剣に考えてみたのですが、どうやら簡単に作ろうと思いすぎたようで、「早茹で」なる麺を使用したことで2分ほどで茹で上がり、その後が忙しくなってしまうのだと気づきました。これからは普通の麺を使用し、余裕を持って段取りできるようにしてみます。多分これでバタバタすることも無くなり、美味しいパスタを食べることができると思います。笑 51才  長野県  既婚 男性

40代男性

学生のときファミリーレストランでアルバイトしていたときのこと。カルボナーラの作り方を教わったので、自分の賄い食に教わったとおりのカルボナーラを作った。それをお店の休憩室食べたらなんか物足りなく不味い味だった。よく考えたら、本来はソースに卵を落とさなくてはならないところを忘れてしまったことに気付いた。それ以来、調理手順を間違えないようにしていたことを覚えている。 45才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

小学校の給食で出たミートソース。明らかに麺は細めのうどん…だって、麺の色が白かったもの。だからうどんとスパゲティの違いはソーセージとハムのように太さだと思っていた。しかも給食のスパゲティはかなりやわらかい。あれがスパゲティと信じて育ち、レストランで食べたミートソースの麺が固いなと思った。最近、あれがアルデンテということを知り納得?何事も最初が肝心だな、と思う。 60才  宮城県  既婚 男性

60代男性

最初の頃(50年以上前)レストランで友人に倣って海鮮パスタを注文したが、食べ方がよく分からず、具とスープが随分残ってしまい、結局箸を頼んで具を食べ、また、スプーンでスープをすくって食べたことがありました。 その後、20年位はレストランでは注文したことがなかったのですが、ここ10年以上前から美味しいパスタやソースが出回る様になって、よく食べる様になりました。 71才  兵庫県  既婚 男性

60代男性

夫婦で初めて行ったお店で 妻はカルボナーラ、私はペペロンチーノをオーダーいたしました。あまりにも熱心に勧められるので、おすすめのグラスワインを頼んだのですが二人ともまったく受け入れることができませんでした。それ以来ずっと「おすすめワイン」はパスしております。あのときのソムリエさま ゴメンナサイ 74才  広島県  既婚 男性

50代男性

自宅ではフォークでしか食べたことがなく(スプーンを使う食べ方は知らなかった)、社会人になって外食で初めてフォークとスプーンを使って食べる食べ方があるのを知って驚いた。見よう見まねで挑戦したが当然うまくいかず、いつまでたっても皿の上がきれいにならなかった、 53才  東京都  未婚 男性

40代女性

スプーンを使って食べるのが苦手でフォークしか使わないのですが、お店でスプーンが置いてあると、スプーンを使うのが正式なマナー?って迷ってしまいます。なので、いつもフォークに絡みやすいパスタを選んでしまい、同じメニュー注文になってしまいます。 48才  静岡県  未婚 女性

60代女性

かなり前の話ですが、同じ値段でM・Lサイズを選べたのですが、一度目はMサイズの普通サイズにしたのですが、後からLにすれば良かったと思い、2回目の時にはLを注文。デモですね~具の量は変わらなかった事や、やっぱり食べ過ぎたと…反省しました。 68才  神奈川県  既婚 女性

30代女性

家でパスタを茹でる時、うちにはパスタ鍋がないのでふつうにちょっと大きめの鍋で茹でるのだが、深くないしそれほど大きいわけでもないので茹でるのが大変。湯にすべてのパスタが浸かるのも時差が出るし、ふちぎりぎりまでお湯を張るので吹きこぼれやすいし。 38才  埼玉県  未婚 女性

50代女性

辛さが強いものは苦手ですが、アラビアータやペペロンチーノは好きなので、輪切りになっている唐辛子を全部よけてから食べていたところ、取りきれてなかった唐辛子がのどにひっかかってしまい、地獄でした。 51才  東京都  未婚 女性

50代女性

友達とよく行っておいたスパゲティー屋さんの鉄板焼きのナポリタンが好きでしたがアツアツで出てくる半熟卵がひかれた絶品の一品でしたが口の周り中ケチャップだらけ、口の周りをケチャップが輪どってました 56才  長野県  未婚 女性

60代男性

久しぶりでお勝手に立ち、ナポリタンをこしらえて、「できたよっ!」って振り向いたら娘が立っていて、ぶつかった拍子に娘の服に思いっきりかけてしまった。洋服も一食分も台無しにしてしまいました。 73才  東京都  既婚 男性

40代女性

フォークとスプーンで食べるパスタ。初めてのデートで肘をついてたべてしまいました。彼氏に思いっきり怒られて大反省。あれ以来デートでパスタにはいかなかったなぁ。 41才  東京都  未婚 女性

60代男性

夏パスタを食堂で食べ、隣の席に座った子にナポリタンソースをかけられたとき、白いシャッに付けられたとき、それ以来子供がはいる店は敬遠している 80才  愛知県  既婚 男性

50代女性

フォークでパスタを巻いていると量が多すぎて、一口で食べられないくらいになってしまった。ちょっと気取った席だったので恥ずかしかった… 52才  鹿児島県  既婚 女性

40代男性

外で食べるときは、美しく食べるのが難しいですね。また自分で作れる数少ないレシピなので、外食ではめったに食べません。 49才  東京都  既婚 男性

60代男性

スーツでYシャツで食べていた時トマトがはね白いYシャツにしみが出来てしまった。 73才  東京都  既婚 男性

50代男性

スープスパゲティの専門店がまだ珍しかった頃、一時間超の徒歩区間の途中にあったそういう店で、同行していたバンドメンバー一同とラーメンのようにすすり上げ、さあ行くかと残りの行程に移ったら、みんな重い腹をちゃぽちゃぽさせながら歩くことになった。 52才  東京都  既婚 男性

50代女性

名古屋めしなんですが、30年以上前に喫茶店で初めてあんかけパスタを食べた時(あんかけと言うと甘いイメージがありますよね)おもいっきりほお張ったらおもいっきりむせ込みました。ピリッと甘辛でした。 50才  愛知県  既婚 女性

30代女性

家で作った時は、どうしても麺同士がくっついてしまいます。原因が分からず、この間まで、そういうものでと思って食べていました。先月、原因が判明して、どうやら茹でる時の温度が原因だったみたいです。ずっと沸騰させればいいものだと思っていました、、、。 18才  北海道  未婚 女性

パスタ・スパゲッティについてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官