名作だと思うシリーズ映画 1位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2012年9月21日

映画についてのアンケート・ランキング

「名作と言われる次のシリーズ映画のうち、あなたが最も好きなのは?」「映画女優で最も美しいと思う人は?」など“映画”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年9月7日~9月13日/有効回答数:3,673



レポート05 名作だと思うシリーズ映画 1位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

名作と言われる次のシリーズ映画のうち、あなたが最も好きなのは?

グラフ
編集部まとめ

「特にない/分からない」の13%を除くと、1位は30代以下で高い支持を集めた「バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年~)」で13%、2位は40代、50代に人気な「スター・ウォーズ(1977年~)」で12%、3位は60代以上に大人気の「男はつらいよ(1969年~)」で11%となりました。

年代で見ると、「男はつらいよ」以外にも「007」「ゴッドファーザー」「釣りバカ日誌」は60代以上において突出して高くなっていました。

女性は、「ハリー・ポッター」をはじめ比較的新しいシリーズの回答が高く、また「特にない/分からない」が男性の10%に対して20%と、シリーズものはあまり好きではないようです。

「その他」のフリーアンサーでは「ターミネーター」「スタートレック」「ランボー」「踊る大捜査線」などが多く見られました。

1位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」なんだ! これは意外! 確かに続きが出来たら見たい!

調査団編集部:ポンシュク団長

しかも支持している世代が若いんですよね。テレビの影響なんですかね。個人的には「釣りバカ」の続きが見たい。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

俺は「ゴッドファーザー」だなあ…でもあれは綺麗に終わってるからな…あー最初から全部見てえ!

「調査団員の声」には熱いコメントがたくさん寄せられていますのでぜひご覧ください。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

調査団員の声
40代男性

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】この手のシリーズは、回を重ねるごとにつまらなくなるが『バック・トゥ・ザ・フーチャー』だけは別格。ストーリーは面白いし、マーティーとドクの掛け合いも楽しい。実際、昔に戻って若かりし頃のオヤジとオフクロにあったらどうしよう。。。! 42才  神奈川県  未婚 男性

40代女性

【男はつらいよ】最近みはじめた映画。寅さんの優しさや人情に感動できる年齢になったんだとつくづく実感する。若いころにみた時はそんなに感動すらしなかったのに、年月を重ねてみると寅さんの映画っていいものなのだなーと思いつつもときどき切なくなる。優しすぎるよ!寅さんって思えてならない。 46才  埼玉県  既婚 女性

40代男性

【スター・ウォーズ】学生時代映画のファンクラブに入っていた。映画のファンクラブ自体普通では無い。28年経ってストーリーが繋がるなんて、ただすごいの一言。後半のエピソード1が公開された頃、エピソード3を見るまでは絶対死ねないと思った。 46才  岩手県  既婚 男性

40代女性

【その他:踊る大捜査線】テレビシリーズから全て観ています。いかりや長介さんが大好きで、長さんが出演されていなかったら観ていなかったと思います。お亡くなりになられたのが本当に残念でなりません。 45才  神奈川県  既婚 女性

60代女性

【007】将来その様な車が走るのだろうと期待させるのと、絶対勧善懲悪で主人公は、危険を右左交わし、そしてちょっぴり大人の香りを。現実離れをしていたが、夢を抱かせる安心して見る事が出来るアクション映画だった。 66才  宮城県  未婚 女性

40代女性

【ハリー・ポッター】子供も一緒に見られるから^^1作目を見たとき幼かった子供達。当初はハリーの凄さにただ圧巻されるだけでしたが、最近DVDで見た時は物語の内容を理解し登場人物の気持ちを考えたり…大人になったなぁと。 41才  北海道  既婚 女性

50代男性

【ゴッドファーザー】否定していた一族の仕事をすると決めた後のアル・パチーノの演技、映画全体を貫く息の詰まるような緊張感、今は亡きマーロン・ブランドの、一歩離れたような演技と存在感、孫と遊んでいたトウモロコシ畑で、或る意味幸せに亡くなるシーンは忘れ難い。後年は様式美に凝り固まってしまうが、初期のコッポラが収益を意識せざるを得なかった時に、本人が追求したかった映像と見事に融合していると思う。 53才  千葉県  未婚 男性

50代男性

【ロッキー】若い時に彼女と映画館でロッキーを見て最初は、つまらない映画と思って見ていましたが、途中から映画に没頭して最後のラストシーンでは、彼女とロッキーを応援していました。 55才  愛知県  既婚 男性

50代男性

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】Back to the Future 2でMac(plus?)が未来の骨董品屋のショーウインドウに並んでいるのに感動したが、実際の未来になった今、骨董品屋という実在店舗ではなく、ネットオークションという仮想店舗に並んでいることに、映画以上に現実が進んでしまったことを思い、感動している。 50才  福岡県  未婚 男性

60代男性

【釣りバカ日誌】各回毎にマドンナが変わりながら最後はハッピーエンドでおわる、出演者の個性がとても面白いハッピーにしてくれる作品である。 65才  栃木県  既婚 男性

50代女性

【スター・ウォーズ】夢・希望を忘れること無く、運命に立ち向かっていく主人公たち…宇宙という壮大な場所で、もしかしたら未来に起こるかもしれない戦いを通し、その時にどうあるべきか…人の心に住む悪魔と、対峙する為に正義の心を磨く…だが心の闇を衝かれて落ちて行く者の切なさと、それでも立ち向かう強い心達…色んなことを教えられる作品です 54才  奈良県  既婚 女性

60代男性

【スーパーマン】30代の頃で、日本が経済成長期で車の普及、家電製品とドンドン新しい商品が生まれていました。テレビを買って見たのがスーパーマンでした。子供達は風呂敷をマントの代わりにしていました。 60才  京都府  既婚 男性

年代性別不明

【エイリアン】高校時代に学校をサボって足しげく通った映画館で、何度となく見たのが「エイリアン2」。当時SFであり、ホラーであり、アクションでもあった、画期的で斬新な設定の映画として夢中になった記憶が残っている。J・キャメロン監督の全盛期とも呼べる時代、その代表的な作品だと思う。

30代男性

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】中学校の授業中に授業時間を潰して見せてくれたことが非常に印象に残っている。楽しいいい先生だった。 39才  東京都  未婚 男性

50代男性

【ダイ・ハード】平凡な刑事が必ずどこかで事件に巻き込まれるが解決してしまう。ストーリー展開がわかっているのにドキドキしながら何回も見てしまう。人間臭くて、でもヒーローになってしまうブルース・ウィルスはカッコイイ!!どの作品を見てもスカっとするから好きです。 50才  群馬県  既婚 男性

50代男性

【ゴッドファーザー】マフィアの話だが 普通の人生がいかに大切で尊いものかがわかるから。権力、財力をあらゆる悪事を行使して手にいれても 最終的に幸せと思えるのは何なのかを 考えさせられる。 58才  千葉県  未婚 男性

50代女性

【釣りバカ日誌】亡くなった父がとにかく、「釣りバカ日誌」が大好きでTV放映されるたびに家族で観ていました。ハマちゃんの人懐こさや家族思いの優しさ、スーさんとの愉快なやり取りなど、人生を楽しむ極意を教えて貰った気がします。 50才  東京都  未婚 女性

40代男性

【ロード・オブ・ザ・リング】難解な小説も読んでいて大好きな本の一冊でした。スケールが大きすぎ、映像化は不可能と思っていましたが、よくここまで、はしょるところははしょりながらも、本質を逃さず、映像化でき、なおかつ初めて観た人でもある程度分かる作品に仕上げた完成度の高さは秀逸です。 46才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

【ゴジラ】半世紀も前に作られた古い映画なのに、現在を反映または示唆しているように感じることがある。「怪獣」が出てくるが、実はかなり内容が深い映画なのだと思う。 49才  東京都  既婚 男性

60代女性

【男はつらいよ】「男はつらいよ」の始めの頃は、若い娘の私は映画館にいくのが恥ずかしかった。おっさんばっかりの観客に混じり、スタートの寅さんの夢の場面では、まるで子供の様に観客皆で大笑い。結婚して、お正月の2日は夫も子供も出かけるので、私は寅さんに会いに映画館へ。この頃は寅さんも有名になり、観客層も拡大。そのうち、子供の教科書にとらさんが登場、驚いた。サザエさんも寅さんも、日本人の家庭生活の紹介だ。人情溢れる家族や近所つきあいは、私の育つ昭和30年代までは確かにあった。だから、寅さんの古い映画をみても、おいちゃんおばちゃんの気持ちはよくわかる。その中で、ちょっと素直になれない寅さんの気持ちもよくわかる。田舎には今もそのしがらみは良くも悪くも残っているが、都会に来て40年「隣は何をする人ぞ」の集まりだ。ご近所だけでなく、少し行動範囲を広げると気の合う仲間も見つかる。結婚して初めての生活環境でも、子育てや仕事や趣味などを通して友人も増えた。が、寅さんのファンはさすがに少なくちょっと残念。ところが不思議なことに、柴又の団子屋さんと鯉料理のコースは女性に人気だ。 64才  神奈川県  既婚 女性

映画についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官