2人に1人が経験している失敗は「電池切れで、写真が撮れなかった」

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2012年9月28日

写真・カメラについてのアンケート・ランキング

「よく撮る写真は?」「写真を撮る時の掛け声で使うのは?」など“写真・カメラ”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年9月14日~9月20日/有効回答数:3,433



レポート05 2人に1人が経験している失敗は「電池切れで、写真が撮れなかった」

カメラ・写真に関する失敗・トラブルで、経験したことがあるもの全てにチェックしてください。

グラフ
編集部まとめ

「電池切れで、写真が撮れなかった」が49%でトップ、2人に1人が経験しているようです。次いで「手振れ・ピンボケがひどくて、何の写真かわからなくなってしまった」で44%、「逆光になってしまい、とりたい人(物)が真っ黒になってしまった」で35%という結果となりました。

女性は、「メモリが一杯で、写真が撮れなかった」が男性より10%近く高くなっており、気軽によく撮る分、整理が追いついていないのかもしれません。

年代別で比較すると、「手振れ・ピンボケがひどくて、何の写真かわからなくなってしまった」や「自分の指が写真に入り込んでしまった」などは年代が上がると減っており、代わりに「逆光になってしまい、とりたい人(物)が真っ黒になってしまった」や「電池切れで、写真が撮れなかった」などが増えていました。

「その他」のフリーアンサーでは、「SDカード、メモリカードの入れ忘れ」が数多く見られました。

「得体の知れないものが映っていた」が気になりすぎるんですけど。

調査団編集部:ポンシュク団長

いやー! 私そういうのまったくダメなんでやめてください~!

調査団編集部:マリカナ副団長

あ、なんかこういうので怖がるのは女の子らしくてよろしい!

「調査団員の声」では具体的な失敗談、エピソードをピックアップ。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
60代女性

まだフィルムカメラを使っていたころ、長男の学位授与式の日、晴れの瞬間をと何枚もパチパチ撮りました。やがて、フィルムが入ってなかった事に気付きました。呆然自失!!息子には言えず……その時一緒にいた息子のガールフレンドが、そっと「大丈夫ですわたしのカメラでも撮りましたので、何枚かはあると思います」地獄で仏の優しい声でした。生活の目途の立った息子と結婚、以来20年、今でも優しい嫁です。 75才  東京都  既婚 女性

60代男性

古希の祝いで会社に同期入社と入社当時の会社の人事関係者を全国津々浦々から横浜のホテルに集合して貰い、いざ、記念写真を撮る段階になった。のだが…。撮影用具一式には不足はなっかったものの、宴会場が横幅がなく縦長で長方形のため、30数名が順列に並んでの集合写真撮影が出来ず、やむなく斜めから撮影する事になった。そのため、照明が充分に当たらなかったり、ストロボが均一に照射できなかったため、出来上がった写真の人の顔は真黄色。とんだ、記念記録(黄色)写真になってしまった。目出度い集いの記念写真だから情状酌量、いいだろう(イエローだろう)だって。くさいダジャレ。 72才  北海道  既婚 男性

50代女性

カバンに入れていたデジカメ。一緒に入っていたお茶の蓋がゆるく中身がこぼれてしまい、カメラも濡れてしまった。あわてて拭いてから電源を入れて様子をみたが、画面が真っ黒…。家に帰ってからよくよく調べてみると、そういう時はショートするので電源は絶対入れてはいけないのだと分かり、ガックリ。買って一年もたたないデジカメで、デザインなども気に入っていたので、しょうがない後継機は同じものが欲しいと探したが、店頭にはすでに無かった。機械オンチのわたし、機器類は濡らしたらよくよく乾かしてから電源を入れなくてはいけないと、学んだ… 52才  東京都  既婚 女性

60代男性

カメラが好きで、若い時から何台も(高級機もバカチョンも併せて数十台)買い込み、トシを取った今や貧乏人。それにどの機器にも思い入れがあり売却したり捨てたり出来ないで、今や収納場所にも困っている。棺桶に持って入るわけにもいかないし…。はて、困ったものだ。三脚とかカメラバッグとか引伸機とか現像用品とかも場所を取るんですよ。 73才  東京都  既婚 男性

60代男性

上を向いて空の写真を撮っていてバックしたら、足を引っかけて仰向きに倒れデジカメを落として壊れたことがある。 65才  東京都  未婚 男性

40代男性

フィルムカメラを使っていた頃、初めてのディズニーランドでの出来事。何故かわからないけど途中まで撮影済みのフィルムが先頭に戻っていて、写真を2重撮りしていた。現像したあと、写真屋さんにネガを見せられたときのショックはデカかった。デジカメではあり得ない懐かしい出来事。 42才  北海道  既婚 男性

60代男性

携帯をムーバからフォーマに変えて初めて携帯で写真を撮ろうとした時、カメラに切り替えて画面を見たら、何か写っていることは確かなんだけど、目標のものが画面に出てこない。良く良く考えたら、自分の手とストラップについていたものでレンズを塞いでいた。 70才  東京都  既婚 男性

40代男性

友人の結婚式の写真200枚以上をデジカメで撮影し、メモリカードからハードディスクに移動する時に、コピー&ペーストをせず切り取り&ペーストをしようとしている最中抗ウイルスソフトのアップデートが起動していまい、データを全て飛ばした。 42才  栃木県  既婚 男性

年代性別不明

中国に旅行に行き、数多くの写真を撮った。空港から帰りの電車の中でプレビューしていたが、「処理中、しばらくお待ちください」のメッセージを待ちきれず、色々なボタンを押しすぎて、SDカード内のデータがすべて壊れてしまった。

50代男性

うちの子を撮影していたところ、カメラを珍しがってレンズに手を伸ばしてきました。うまく避けたつもりだったのですが、実際にはレンズに指紋がしっかりとついてしまっており、そのあとで撮影した十数枚の写真は、指紋のついた部分だけボヤッとしている変な仕上がりになってしまいました。子供たちの表情がよかっただけに、撮影中にレンズのくもりに気が付かなかったことは残念でした。 50才  神奈川県  既婚 男性

60代女性

アフリカの某国で、警察署の裏庭で近くにいた子どもたちの写真を撮ったら、撮影禁止だと言うことで逮捕されそうになった。逮捕はされずにすんだが、撮影したフィルムを提出する羽目に。他の写真もあったのでいまだに残念。 64才  兵庫県  既婚 女性

40代男性

風景を撮ろうとファインダーに集中していたら、目の前にある溝に気がつかずカメラもろともおっこってしまった。カメラは大丈夫だったが、自分の腕と足は真っ青に腫れあがっていた。(全治一週間) 47才  東京都  既婚 男性

40代女性

子供が赤ちゃんの時に撮った写真でカメラの紐が写ってしまい、それが丁度子供をたたいてる様に見えて虐待写真!?っていまだに言われます… 46才  愛知県  既婚 女性

40代女性

新婚旅行で貸切タクシーの運転手さんに撮影を頼んでカメラを預けたら少し戸惑ってたけどいろいろ撮ってもらえた。後で現像したら1枚、おっちゃんのびっくり顔のドアップ(あごからの画角度で!)が入ってて大笑い!デジカメならその場で消して終わりだったろうなぁ。 45才  滋賀県  既婚 女性

50代男性

仲間同士露天風呂で記念写真を撮り、それを他の友人に披露していた時、映っていてはいけないものが映っていた。ちなみに男湯です。 51才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

水族館で生物に触れることのできる水槽があり、我を忘れて、コンパクトデジカメをその水槽の海水につけてしまった。修理に出したが、海水の為、修復不可の返事。かろうじて、SDカードの部分は海水につかず、記録した写真は無事だったのは不幸中の幸い。 56才  大分県  未婚 女性

60代男性

社会人になってはじめて関東方面に行った際、夜行列車のベッドの上(推測)に買ったばかりのカメラを置き忘れた。仕方なく着いた先の観光地の日光東照宮に行く道のカメラ屋さんで安いカメラを購入しました。手持ちの小遣いがいっぺんに減りました。使い捨てカメラが世に出るまでには20年ほど前でした。 66才  奈良県  既婚 男性

40代男性

旅行に行ったとき、写真を撮ろうと思ってかばんからカメラを出そうと思ったら、カメラが無い!家に置き忘れてきました。 47才  東京都  既婚 男性

40代男性

スナップ写真で、被写体以外の人達からは「上手いタイミングで撮れた」と誉められるが、被写体からは「なんでこんな所を撮った」と不評。つまり撮った全員から不評をかう事になり、記念写真や集合写真でしか人を撮らなくなった。 45才  京都府  未婚 男性

40代男性

こどもたちを引率して青少年宿泊施設へ一泊二日で合宿に出かけた晩、写真担当だった私は、晩恒例の肝だめしの時、他の大人が怖い話をしているときにストロボを炊いて写真を撮ったりして怖がらせていました。しかし、広場へ進むとシャッターが下りません。そして墓場へ着いた途端、触ってないのにシャッターが下りストロボが発光しました。帰ってきて現像してみるといろいろ写ってしまっていました。私がその写真の束を持っていて神社のお札二枚に挟んで保管していたんですが、怪談好きの友人が貸してくれというので貸したら交通事故に遭いました。そういうことが続いたので、神社で焼いてもらい今は現存しません。しかし、フィルムはどこかに今もあるはずです。 45才  大阪府  既婚 男性

写真・カメラについてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 利用しているセキュリティソフト1位はウイルスバスター
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  4. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  5. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  6. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  7. 好きなペットボトルのお茶ランキング 1位は「お~いお茶(伊藤園)」
  8. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  9. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  10. 欲しい「ドラえもん」のひみつ道具ランキング、1位「どこでもドア」が7割超え

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官