本文へジャンプします。

読書についてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2012年10月19日

読書についてのアンケート・ランキング

「1カ月の本代は?」「1番好きな作家を教えてください。」など“読書”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年10月5日~10月11日/有効回答数:3,299

調査レポート

レポート01 本を読む頻度調査&本を読まない理由ランキング!

どのくらいの頻度で本を読みますか?(雑誌・マンガなどは含みません)
本を読む頻度は「2~3カ月に1冊」から「ほとんど読まない」までの選択肢を選択された方にお聞きします。本を読まない理由は何ですか?

グラフ
編集部まとめ

本を読む頻度調査では、「月1冊以上」という人は51%と2人に1人は本を読む習慣があるようです。ちなみに「ほとんど読まない」という人は22%、と5人に1人でした。

男性より女性の方が本を読む傾向があり、さらに男女別での年代を比較してみると、男性は年を重ねるほど本を読む頻度が高くなり、反対に女性は40代をピークに段々頻度が低くなっていくのが特徴的でした。

本を読まない理由で1位となったのは「仕事などで時間がないから」で31%、次いで「インターネットのほうが面白いから」で30%、「読みたい本がないから」で26%となりました。

女性は「仕事などで時間がないから」が40%と断トツトップ。対して男性は「インターネットのほうが面白いから」が31%でトップ、「読みたい本がないから」も女性より10%近く高くなっていました。

職業別でみると、公務員と専門職の方が「仕事などで時間がないから」が50%を超えていました。また、会社役員/経営者は「インターネットの方が面白いから」という理由がトップ、定年退職者は「読みたい本がないから」が他の職業と比べて高く、公務員は「ぼけっとしていたいから」という回答が他の職業の倍以上でした。

ちなみに「その他」のフリーアンサーでは、「目が疲れるから」「視力が弱くなったから」「老眼だから」が数多くみられました。

読んでいない方は、代わりにマンガを読んでいるかと思いきや「インターネット」に時間を割いていると。なるほど、私もネットに読書時間を取られていますねえ…。

調査団編集部:ポンシュク団長

時間は自分でつくるもんだぜ! ワイルドだろう? ガハハ!

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

…無意味なコメントが挟まりましたが…。それにしても半数が月に1冊以上は読んでるんですね。これは想像してたよりも多いです。調査団の皆さんは読書好きと言えそうですね。

「調査団員の声」では、普段本を読む人より本をあまり読まない方に、読書の素晴らしさを伝える一言をいただきましたのでピックアップいたします。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

調査団員の声
40代男性

一人の人間が経験できることってたかが知れてますよね。でも、本を読むと他人が経験したこと(それが物語だったとしても)を間接的に経験できちゃうんですよ。これってすごくないですか!? 自分一人の経験だけで一生を過ごしちゃうんじゃ、一人分の人生しか生きられない。でも、本を通じて他人の経験もいっぱい経験できたら、何倍もの人生を生きたことになると思いませんか? 本屋さんにはいろんな人の人生がいっぱい並んでいるのに、スルーしちゃうなんてもったいない! 46才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

始めからまじめに読み始めることはない。気になる本を何の気なしにぱらぱらめくって、面白そうな文字と出会ったらそこから読み始めれば良い。そして気になることが増えたら、始めにもどって読めば良い。教科書や参考書を解読するのではないから、律儀に本と向き合わなくていい。覗き見するくらいの気分で。 52才  東京都  既婚 女性

60代男性

文章を通じ、登場人物の風体・性格や情景を自分で想像するのが楽しい。テレビドラマも好きだが、映像を追うのが主になり想像力はあまり掻き立てられない。それに、本は自分の都合で時間さえあれば何時でも何処でも読めるのが嬉しい。本に馴染みのない方は、よく読まれている本を手にとって開いてみて下さい。単行本ではなく文庫本で充分、先ずは「読者大賞」受賞作あたりが適当でしょうか。 70才  東京都  未婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート02 1カ月の本代、「1,000円以下」「1,000円~3,000円」が同率27%でトップ

1カ月の本代は?
月によってムラがある、という方も、平均してどのくらいかでお答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計では、「1,000円以下」「1,000円~3,000円」が同率27%でトップ。わずか20票差で「1,000円以下」の方が多い、という結果でした。「ほとんど読まないので0円」という人が24%なのに対し、「3,000円以上」という人が16%、あまり本にお金はかけていないようです。

女性より男性の方が、年代で見ると60代以上が他と比べてかけている金額が高めのようです。

また、「その他」のフリーアンサーでは「図書館利用なので0円」という回答が多く、その回答者は専業主婦、定年退職者の人が多くなっていました。

私も3,000円くらいかなあ…。うちは家族で回し読みしたりするので、まったく買わなくても新作が読めるのがありがたいです (○´▽`)b

調査団編集部:マリカナ副団長

私もそのくらいですね。旦那とシェアはしますけど、まるっきり趣味が合うわけじゃないので、顔文字使うほど喜ばしい状況じゃないです。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

私は5,000円以上買ってますねえ…。読み切れなくていつも複数の本を同時進行で読んだり「積ん読」になったりします。読書の時間を捻出しないとなあ…。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

レポート03 よく読む本のジャンル 1位は「ミステリー、ハードボイルド小説」

よく読む本のジャンルは?複数ある場合は【最大3個まで】としてお答えください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「ミステリー、ハードボイルド小説」で33%、2位は「歴史・時代小説」で30%、3位は「趣味」で22%とココまでが20%超えとなりました。

男女で比較すると、女性は「ミステリー、ハードボイルド小説」が45%と断トツトップ。さらに「エッセイ・随筆」「ファンタジー・幻想小説」「美容・健康・くらし・料理・子育て」が男性の倍近い結果となっていました。対して男性は「歴史・時代小説」「趣味」「実用書」「コンピュータ・IT」が女性の倍近い結果でした。

年代別に見ると、60代以上の「歴史・時代小説」「旅行」が他の年代と比べて突出しています。また若い世代ほど「ファンタジー・幻想小説」を読んでいるようです。

職業別では、会社役員/経営者の「歴史・時代小説」、主婦の「ミステリー、ハードボイルド小説」、専門職の「アート・建築・デザイン」が他の職業に比べて高いのが特徴的でした。

印象的には、京極夏彦や東野圭吾の登場以来、ずっとミステリーブーム続いてる感じがしますね。それ以前だと、西村京太郎や赤川次郎ですか。

調査団編集部:ポンシュク団長

ちょっと新幹線乗るときとか、西村京太郎ってちょうどいいんだよな。チューハイ飲みながら読むのに最高だね!

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

「歴史・時代小説」はロマンを求める男性が好み、「ミステリー」は現実的なドラマを求める女性が好む、という感じでしょうか。興味深いですね。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート04 本を買う場所調査! 1位は「商業施設内の書店」で40%

本をどこで入手することが多いですか?頻度の高い場所が複数ある場合は該当するもの全てにチェックしてください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「商業施設内の書店」で40%、2位は「大型書店(路面)」で38%、3位は「Amazonなどのオンラインの書店」で33%とココまでが30%超えでトップ3となりました。

女性は「Amazonなどのオンライン書店」「図書館」が男性よりも高く、男性は「大型書店(路面)」が高くなっていました。

年代別で見ると、若い世代ほど「Amazonなどのオンライン書店」が高く、図書館利用は60代以上が最も高くなっていました。

職業別では、会社役員/経営者は「大型書店(路面)」が55%と飛び抜けており、また専業主婦の「図書館」も他の職業に比べ10%以上高くなっていたのが特徴的でした。

「大型書店」で本を買っているのは、会社役員・経営者の方が多い、というのは面白い結果ですね。

調査団編集部:ポンシュク団長

そして専業主婦の方は「図書館」で入手することが多いらしく、ここも特徴的です。私も図書館はよく利用します。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「Amazonなどのオンラインの書店」の利用者もわりと多いですね。なんでもあるし、中古もあるし、なにより書店まで出かけなくても届けてくれるのが最高ですよね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

レポート05 本を読む場所調査!トップ3は「自分の部屋」「リビング」「乗り物の中」

あなたが本を読む場所は?頻度の高い場所が複数ある場合は該当するもの全てにチェックしてください。

グラフ
編集部まとめ

トップは「自分の部屋・書斎」で43%、次いで「自宅のリビング」で36%、「通勤の電車など乗り物の中」で32%という結果でした。「ベッド・布団のなか」が23%で4位に続くのを見ると、自宅でゆっくり読んでいる人が多いようです。

女性は「自宅のリビング」が47%とトップなのに対し、男性は「自分の部屋、書斎」が45%でトップ。男性は1人で静かに読書しているようです。

年代別で見ると、50代までは「通勤の電車など乗り物の中」が高く、60代以上は「自宅のリビング」「自分の部屋・書斎」と自宅派が多いようです。

職業別で比較すると、専業主婦の「自宅のリビング」が64%と際立って高く、「自分の部屋・書斎」は会社役員/経営者、専門職、定年退職者が他の職業よりも10%以上高くなっていたのが特徴的。

「その他」のフリーアンサーでは「病院の待合室」が非常に多く見られました。

私は「布団の中」です。本読んでからだと、よく寝られます。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

私は「移動中」が多いですね~。荷物がただでさえ多いのでハードカバーだと死んじゃいそうになりますっ!

調査団編集部:マリカナ副団長

俺は「書斎」だな…。モーツァルトをかけて、パイプをくゆらせつつ、しぇーくすぴあなんぞを休日の午前中に…なんて言いてえなあ! 子どもの相手でせいいっぱいだよ!

調査団編集部:マリカナ副団長

レポート06 本を買うきっかけ 約半数の人が「書店でなんとなく」

本を買うきっかけは?(複数選択可)

グラフ
編集部まとめ

1位は「書店でなんとなく」で48%と断トツ。約半数の人が「書店でなんとなく」本を購入するようです。次いで「好きな作家の新刊が出たら」「新聞の書評」が同率28%で続きました。

女性は「好きな作家の新刊」「好きなシリーズの続編」が男性の倍となっており、好きなものに対する興味関心の強さがうかがえます。

年代が上がるにつれて、「新聞の書評」が高くなり、30代以下と60代以上では20%以上差が出ていました。一方で若い世代は「書店の紹介」「友人・知人の紹介」「ネットの口コミを見て」などおすすめされたものを読む、という傾向が見えます。

「その他」のフリーアンサーでは、「電車の中吊り広告」という回答が見られました。

「書店でなんとなく」ってことは、目的もなく本屋さんに行っている方が多いのですかね?

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

明確な目的があって、ついでに「なんとなく」買っちゃうパターンは私にも多いです。

調査団編集部:ポンシュク団長

俺も、なんとなく生きていて、なんとなく本屋に入って、なんとなく買っちゃうな。

調査団編集部:ポンシュク団長

レポート07 好きな作家 トップ3は「司馬遼太郎」「東野圭吾」「宮部みゆき」

1番好きな作家を教えてください。
※作家名のみを1人分だけ記入してください。正式な記述でお願いします。ひらがなや誤表記などの場合、集計から漏れる場合があります。「amazon.co.jp (http://www.amazon.co.jp/)」などで検索された上で入力ください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「司馬遼太郎」でフリーアンサーにも関わらず約100名の人が回答していました。次いで「東野圭吾」、「宮部みゆき」となりました。

年代別で見ると、50代までは「東野圭吾」がトップですが、60代以上に「司馬遼太郎」が圧倒的人気となり、総合1位に。

男女で比較すると、やはり「歴史・時代小説」好きが多い男性は「司馬遼太郎」、「ミステリー、ハードボイルド小説」好きが多い女性は「東野圭吾」がトップでした。

さらにココに年代をクロスすると、「松本清張」が60代以上の男女共に3位となっていたり、『ゴールデンスランバー』などで有名な「伊坂幸太郎」が30代以下に大人気であったり、と様々な特徴が見えました。60代以上の女性1位が「アガサクリスティ」という結果も非常に特徴的でした。

これは面白い結果ですねー。女性は年代問わずミステリー好きなことがうかがえます。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

30代以下女性の人気トップ3の「伊坂幸太郎」「宮部みゆき」「東野圭吾」は私も確かによく読みますね。世代って出るんですねー。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

それにしても、司馬さんは圧倒的な人気ですね。なんとなく調査団の皆さんの嗜好というか、キャラクターが見えたような気がして嬉しいです。

「調査団員の声」では、その作家を選んだ理由をいただきましたので掲載いたします。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

調査団員の声
50代男性

【江戸川乱歩】小学校を卒業するまで「読書嫌い」だった私を、180度正反対の「読書好き」に変えてしまった作家。もともとはラジオドラマで聞いた「怪人二十面相」が面白く、原作を読んでみようと思ったのがきっかけですが、少年向きの健全な作品ばかりではなく、大人の世界を垣間見るような妖しい雰囲気を漂わせる作品も多く、中学生だった私は夢中になって読みふけりました。大人になってからも、ひと時現実から離れて、未知の異空間に心を遊ばせてみたいときには必ず手に取っています。日本探偵小説の父であり、没後数十年経っても幅広い世代から支持されている乱歩。今や日本文学の古典的作品として位置づけられている彼の諸作を愛読できることを、幸せに思っています。 50才  神奈川県  既婚 男性

50代女性

【東野圭吾】作品を読み進めていく中で作家さんの 頭の良さが感じ取れ、軽妙な謎解きにどんどん惹かれていきます。東野圭吾作品は何度も読み返すのは勿論のこと、映画化されたものは全て観ています。 56才  東京都  既婚 女性

50代男性

【司馬遼太郎】日本を題材にした作品を多く残した作家、評論家。作品は、歴史小説やエッセイが中心で映像化された物も多い。我々が抱く歴史上の人物の印象は、彼の作品によるところが大きいとも言えそう。作者が持つ歴史観や人物イメージ等が作品に表れるのは、ある意味で仕方がないことだが、彼の場合も例外なく賛否両論と聞く。しかし、活きている間には、何冊かの作品を読んでおきたい作家の一人だと思う。 58才  福岡県  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート08 みんなが1番最近読んだ本は『謎解きはディナーのあとで』

1番最近読んだ本のタイトルと作家名を教えてください。
選択肢は、最近のベストセラーを挙げましたが、その中に無い場合は「その他」で自由記述をお願いします。

グラフ
編集部まとめ

総計では、『謎解きはディナーのあとで』がトップで98人が最近読んだと回答、次いで『体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食』で80人、『舟を編む』で53人でした。

『スティーブ・ジョブズ』や『聞く力 心をひらく35のヒント』などビジネス系はやはり男性の方が、『人生がときめく片づけの魔法』は女性の、特に専業主婦の人が読んでいる人数が多い結果となりました。

「その他」のフリーアンサーでは『天地明察』『1Q84』『のぼうの城』『神様のカルテ』が複数名から寄せられましたが、他にも非常に様々なタイトルをあげていただきました。

ちなみに、「特にどれも読んでない」と回答した人はちょうど半数でした。

あ、私いまちょうど『光圀伝』読んでますが、面白いですね~。ちなみにマリカナは『人生がときめく片づけの魔法』の著者の近藤麻理恵さんに似てなくもないです。

調査団編集部:ポンシュク団長

似てないし、片づけられないですよ~! 私は『50歳を超えても30代に見える生き方』を父にプレゼントしました。一種のプレッシャーです。

調査団編集部:マリカナ副団長

俺は『采配』だな。オレ流。いつか俺の采配ぶりも本にしてほしいもんだ。

「調査団員の声」では、その本を読んだきっかけと感想をいただいたのでご紹介します。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
40代女性

【『舟を編む』 三浦しをん】辞書を編集する人たちの話というのが気になっていて、本屋さんで通りすがりにひょいと手に取っていました。高校生のころ文系を選んでいたら、こんな人生もアリだったかなーと懐かしく(?)思いました。 40才  神奈川県  未婚 女性

40代女性

【『体脂肪計タニタの社員食堂 500kcalのまんぷく定食』 タニタ】夏バテついでに、(健康的に)やせたいな…と思い買ってしまいました。材料の工夫でお腹も満たされるし、彩もきれいにできて家族にも好評で嬉しかった。因みに、美味しすぎて痩せなかったよ! 46才  愛知県  既婚 女性

60代女性

【『謎解きはディナーのあとで』 東川篤哉】WEBで人気があるということが分かり読んでみました。短編で飽きないで一気に読みました。普通では想像できない設定は面白かったです。 61才  千葉県  未婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート09 職業別で比較! 読んだことがある昭和のベストセラーランキング

昭和のベストセラー、読んだことがあるのは?

グラフ
編集部まとめ

トップは『砂の器』で31%、同率17票差で『日本沈没』が続き、さらに『雪国』 が30%とこの3作品が30%超えとなりました。

男女で比較すると、男性のトップ3位は『日本沈没』『雪国』『砂の器』、対して、女性のトップ3は『窓ぎわのトットちゃん』『砂の器』『怪人二十面相』となりました。特に女性の『窓ぎわのトットちゃん』は53%、なんと2人に1人が読んだことがあると回答していました。

年代別で見ると、30代以下、40代はいずれも1位が『怪人二十面相』、50代は『日本沈没』、60代以上は『竜馬がゆく』がそれぞれ1位でした。

職業別で比較すると、専業主婦の58%が『窓ぎわのトットちゃん』を読んだと回答している他、専門職の人の49%、ほぼ半数が『どくとるマンボウ航海記』を、定年退職者の同じく49%が『日本沈没』を読んだと回答していました。

こちらは職業別で調べてみたら面白かったです。分析コメントに記載した以外にも、会社員の方は『日本沈没』、会社役員/経営者の方は『竜馬がゆく』、公務員の方は『雪国』がそれぞれ1位と、うなずいてしまう結果だと思います。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

おもしろいですねー! それでも総合で1位は『砂の器』ですか。あれは映画も素晴らしいですよね。あの曲が頭から離れない。

調査団編集部:ポンシュク団長

それにしても『日本沈没』とか『ノストラダムスの大予言』とか、意外とみんな読んでるんだなあw なんだか親近感が湧いたよ。

調査団編集部:ポンシュク団長

レポート10 好きな日本の文豪ランキング 1位は「夏目漱石」

いわゆる「日本の文豪」、誰が好き?複数いる場合は【最大3人まで】としてお答えください。

グラフ
編集部まとめ

「特にいない」の39%を除くと、1位は「夏目漱石」で31%と3人に1人が選択し、断トツ。2位は「芥川龍之介」で20%、3位は「山本周五郎」「太宰治」が同率12%となりました。

年代別で見ると、全体的に60代以上の回答がほぼ全てにおいて高く、特に「山本周五郎」は他の倍以上の回答率となっていました。唯一若い世代の人の方が高い回答となったのは「太宰治」でした。「30代以下は「特にいない」が半数を超えており、日本の文豪に思い入れがある人は少ないようです。

職業別で見ると、公務員や専門職の人の「夏目漱石」、定年退職者の「山本周五郎」「川端康成」、会社役員/経営者の「三島由紀夫」「島崎藤村」が他の職業に比べて飛びぬけていたのが特徴的でした。

「夏目漱石」とか「樋口一葉」とか、お札に載るくらいだからやっぱりすごいんだよな。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

どんな価値基準ですかそれ。年代別にみると、比較的若い層からも人気なのは、「夏目漱石」「芥川龍之介」「太宰治」ですね。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

60代以上から突出して人気があったのは「山本周五郎」。渋い。人情モノとかたまらないですよね。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官