大相撲の魅力の1位は「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」38.8%

本文へジャンプします。


何でも調査団
趣味・嗜好 2018年5月11日

相撲についてのアンケート・ランキング

「好きな現役力士は?」「歴代最強の横綱は?」「土俵の女人禁制についてどう思う?」「大相撲の魅力とは?」など“相撲”に関することをアンケート調査しました。

アンケート実施日時:2018年04月20日~2018年04月26日/有効回答数:2,541



レポート07 大相撲の魅力の1位は「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」38.8%

大相撲の魅力とは?(複数回答可)

グラフ
編集部まとめ

大相撲の魅力について調査しました。「特にない」の30.7%を除くと、総合で1位は「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」で38.8%、2位は「勝敗が分かりやすい」で29.2%、3位は「勝負が早く決まる」で26.9%、4位は「横綱、大関などの番付が楽しめる」で19.3%、5位は「伝統行事としても楽しめる」で19.2%という結果でした。

総合ランキングの詳細は以下のとおりです。
1位 「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」 38.8%
2位 「勝敗が分かりやすい」 29.2%
3位 「勝負が早く決まる」 26.9%
4位 「横綱、大関などの番付が楽しめる」 19.3%
5位 「伝統行事としても楽しめる」 19.2%
6位 「力士が大きくて迫力がある」 15.1%
7位 「ちょんまげとまわしのスタイルが独特」 9.2%

■男女とも1位は「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」

男女別にみてみても、1位は「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」と同じでした。男女で差が大きかったのは「勝敗が分かりやすい」(9.7%差)、「勝負が早く決まる」(9.9%差)で、いずれも男性のほうが高い割合になっていました。

男女別ランキングの詳細は以下のとおりです。
【男性】
1位 「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」 40.3%
2位 「勝敗が分かりやすい」 30.8%
3位 「勝負が早く決まる」 28.8%
4位 「横綱、大関などの番付が楽しめる」 19.6%
5位 「伝統行事としても楽しめる」 18.9%
6位 「力士が大きくて迫力がある」 15.4%
7位 「ちょんまげとまわしのスタイルが独特」 8.5%

【女性】
1位 「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」 31.6%
2位 「勝敗が分かりやすい」 21.1%
3位 「伝統行事としても楽しめる」 19.4%
4位 「勝負が早く決まる」 18.9%
5位 「横綱、大関などの番付が楽しめる」 16.5%
6位 「力士が大きくて迫力がある」 12.4%
7位 「ちょんまげとまわしのスタイルが独特」 11.5%

ちなみに年代別にみてみると、「小さい力士が大きい力士を倒すこともある」という回答は60代以上では46.4%と特に多くなっていました。また、その他の意見には「技の多彩さ」をあげている方が複数いっらっしゃいました~(´▽`)。

「調査団員の声」では、相撲についての思い出を教えていただきました~。

調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
50代男性

小学校の頃、体育の時間に相撲のトーナメントを行ったことがありました。砂場に土俵を画き、女子も混じってのトーナメントとなりましたが、僕の相手は女の子となりました。小さい頃から力比べなど苦手だった僕ですが、「女子なら勝てる」なんて甘く考えていました。結果は「まさか!」というか「やっぱり」というか、いとも簡単に投げられてしまいました。あれから相撲は見るのは好きでも、とるのは嫌いになりました。 53才  長野県  既婚 男性

小学校のころは女子のほうが体力があったりしますよね! 私のクラスでも腕相撲が一番強かったのは女子でした^▽^調査団編集部:カワンヌ副団長

60代男性

約40年前、九州場所前の朝稽古に高砂部屋にお邪魔したことが有ります。当時の人気力士、高見山を見てあまりの大きさにビックリ。ところが、親方がもう一人紹介してくれたのが、幕内デビュー前の小錦でした。高見山よりかなり大きくて、とても人とは思えませんでした。小錦が当時1歳の長男をだっこしてあげるから写真を撮ってもいいよと言ってくれたのですが、子供が怖がって近寄ってもくれず、残念ながら写真を諦めました。本場所で千代の富士との取り組みがが組まれ、千代の富士が土俵から突き飛ばされた相撲を見て、泣いている子供を無理やりにでも小錦に抱っこしてもらい写真を撮っておけばよかったなと後で思いました。朝稽古の後親方と一緒に食べましたちゃんこ鍋は本当に美味しかったです。 65才  千葉県  未婚 男性

小錦さんは今まで見たことのない大きさの人だったと思うので、お子さんはちょっとビックリしちゃったかも知れませんね~(∩´∀`;)調査団編集部:マリカナ団長

60代女性

半世紀以上前の小学生の頃、場所中は栃若と朝潮のファンが毎日相撲の話。その頃、白黒テレビで昼間唯一の楽しみだった。我が家のテレビを近所の人や友達も見に来ていた。中高校生の頃は「巨人大鵬卵焼き」と言われ、全部好きだった。お弁当には毎日卵焼きが入っていて、近くの大鵬軒のラーメンは美味しかった。 70才  神奈川県  既婚 女性

なんか、幸せに包まれている感じがすごく伝わってきます! それにしてもラーメン屋さんの名前なっちゃうほど、大鵬さんは人気だったんですね>▽<調査団編集部:カワンヌ副団長

50代女性

ある日友人のお母さまが唐突にこう切り出した。「あなたたち、中卒の千代の富士と大卒の朝潮、結婚するならどっち?」私たち二人は即答した。「千代の富士!!」ウルフ千代の富士はとにかくかっこよかった。朝潮ももちろん好きだったけど。 53才  兵庫県  既婚 女性

60代男性

席をいくつか確保すると升席扱いになり、通常6千円ぐらいの席が倍の値段に跳ね上がります。会社の福利厚生事業で確保した席を、田舎の親父と親戚の叔父さんのために2枚買いました。自分のなけなしの小遣いからの出費は涙ものでしたが、親父たちの喜ぶ顔が見たかったので大分やせ我慢しました。ですが、入場券にかかれている料金は6千円程度だったので、升席なりのお弁当とかは出たものの親父たちの反応はいまいちでした。 75才  東京都  既婚 男性

50代男性

学生時代の春休み、春スキーの合宿での話。時は「若貴下剋上」スキーもそこそこに部屋に戻り、テレビの前にかじりつく。さてこれからって時、決まって食堂から夕食の案内が。そりゃー誰も行かないです。結びが終わった6時過ぎ、ぞろぞろやってくる学生にムッとする食堂のオバサン。で千秋楽、興奮冷めやらぬまま食堂へ行ってビックリ!メシがない!「あれー夕飯は?」に慌てたオバサン曰く「ゴメン!相撲が気になって…」なーんだ、オバサンも相撲ファンじゃん。結局皆で夕食準備手伝って「いただきまーす!」その後オバサンと片づけ&夜遅くまで相撲談議に花が咲いたのは言うまでもありません。 52才  東京都  既婚 男性

60代男性

小学生の頃には、よく、学校の運動場や砂場で、あるいは空き地の草むらや家のそばの道路(東京区内だったけどその頃はほとんど舗装されていない土の道だった)などで友達と相撲をやっていた。「おれは大晃だ!」とか「おれは若乃花!」とか「おれは栃錦!」とか、「明歩谷」になる者もいた。みんなそれぞれの自分のヒーローの取り口をまねて戦っていた。 67才  千葉県  既婚 男性

60代男性

テレビがなかった昔、場所が始まると鶏屋の店先でラジオを聞きながら力士の闘いぶりを想像していました。この店の親父さんは元力士という噂でした。1日が終わると親父さんは勝敗を◯と●で示した表を店の入り口に吊るしていました。子供達はそれを見て「ダレが勝った、ダレが負けた」といって騒いでいました。今では考えられない情景ですね。 87才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

まだ小学生の頃、北海道の片田舎にも大相撲の巡業場所があり、見に行きたくてしようがなかった。が、入場料金が高く諦めていた。所が、相撲好きだった私の事を知っている姉がお金を出して呉れて、最高の思いで初めて大相撲を見ることが出来た。その時の嬉しさ感動は今でも忘れられない。当時は横綱千代の山、吉葉山の時代だ。 78才  北海道  既婚 男性

50代女性

母の職場でお相撲観戦券の斡旋があって、毎回すごい倍率で抽選が行われているようでした。母も毎回申し込んでました。何度か当選して、父と兄がお相撲観戦に。升席で飲んだり食べたりしながらお相撲を観て、帰宅後も話が弾んで楽しそうでした。男同士なんてそんな機会でもなければ一緒に出かけることもないですしね。 51才  東京都  未婚 女性

30代男性

数年前に初めて大相撲を見に行きました。せっかく行くのだからと最初の取り組み(朝8時ごろ)から見始め、やはり最初の方はあっけなくペタンと倒れてしまうような取り組みが多かったですが、幕内に入ってからはバシーンと音が聞こえる激しい立ち会いで、やはりランクが違うと迫力も全く違うんだなと実感しました。 37才  大阪府  既婚 男性

60代男性

父親はスポーツマンで野球や水泳(遠泳が得意)をやっていて相撲も自分で星取表を記入して道路に張り出していた。身体が小さいので好きな相撲は職場の相撲クラブの行司をやっていた。本場所には必ず1回は連れて行ってくれた。お陰で僕の相撲好きを育ててくれた。懐かしいな! 86才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

小学生の時、近くの神社で初めて本物の相撲を見ました。最後の取り組みが「栃錦」対「若乃花」。若乃花が土俵際で弓なりになってこらえ、最後は初めて見た豪快な打っちゃり。栃錦が土俵下に転げ落ちたのを見て興奮したのを今でも忘れません。 74才  群馬県  既婚 男性

40代男性

北の湖の最後の土俵入り(翌日から休場→引退した)をテレビでリアルタイムに見たが、鬼気迫るというか、その雰囲気に場内が静まり、柏手を打つ音が響き渡っていた事を思い出す。後にも先にもあれほどの神々しい土俵入りは見たことがない。 48才  大阪府  既婚 男性

50代男性

曙が横綱になる頃は、曙が度を超して強いことの面白さと、同世代の特徴ある力士たちの誰が曙を投げられるのか、という観点の面白さがあって、テレビで見ていてとても楽しかった。あれは「伝統の国技だから」などではなかった。 55才  東京都  既婚 男性

60代男性

初めての国技間での大相撲観戦、その迫力は今でも身震いするほど勝負に真剣さが伝わり、忘れられない。病みつきになり何回も観戦させていただいている。歴史を十分鑑みその時代に流されないよう頑強に頑張ってください。 75才  東京都  既婚 男性

60代男性

幼い頃、故郷の田舎町に大相撲の一行がやってきた。我が家の隣の小さな商人宿にも三段目と序二段の力士が泊まることになった。新聞か雑誌でしか見たことがなく明け荷に感動したり、まわしを見て「あれ洗わないんだよ」と知ったかぶりを家族にしていたことが思い出される。ところが一行が去ったあと「相撲取りが風呂に入った後、頭につける油のせいで洗うのが大変」という噂が飛んだ。これは後に、大げさだったことがわかった。でも、力士が髪を洗う時は、しばらく熱湯に髪を浸して油を落とし、その後シャンプーを大量に使うという。江戸時代は元禄頃に定着したびん付け油またはすき油と呼ばれ、木?などから作る植物油だという。ちょん髷が激しい動きで崩れないよう“頭のビン”つまり左右の髪の毛につけたからこう呼ばれた。でも、香りは力士用だけのものだという。ある相撲部屋からもうちょっといい香りにできない? と言われて、いろいろやりとりしながら、今ファンに人気のある香りになったのだとか。大相撲はこうした小さなことも伝統を変更を加えながら伝統を守り続けているのです。 74才  東京都  既婚 男性

40代男性

ひょんなことから高砂部屋に招かれた事があります。子供の頃大関朝潮として有名だった親方とお会いでき部屋の見学から一緒に会話や写真も撮ってもらい私は嬉しくて少しはしゃぎたかったのですが、その時はまだ朝青龍の事件の尾を引いている時期だったためか、親方に元気がなく他の参加者(後援会人達)からも厳しい意見を言う人達もおり、時々場が重い空気につつまれるため、楽しさを素直に表現できなかったのは少し残念でした。 48才  神奈川県  既婚 男性

40代男性

巨体が遠慮なくぶつかり合う迫力。音や息遣い。そして古式ゆかしい手順。TVで観ても会場で観ても魅力があるのですが、ただ一つ、あの匂いが好きになれません。香りというのでしょうか…マゲを結うための油の匂いですね。汗の臭いと混じって、なんとも。あれが魅力の一つというのもわからなくはないのですが、どうしても慣れません…。 49才  東京都  未婚 男性

50代男性

子供の時、亡き横綱北の湖がイベントにきていて、無表情かつ強すぎて悪役っぽい雰囲気だったのが、ちびっ子相撲に特別参加してニコニコしながら子どもたちと触れ合っている姿を見て、かっこいいなぁと見直した記憶がある。北の湖のように強い! でも気は優しくて、力持ち。そんな理想の横綱がまた登場してくれることを、今も夢見ています。 52才  埼玉県  未婚 男性

60代男性

幼い頃は遊びも少なく小学校時代はよく友達と相撲を取っていたと思う。塾などもあまりなくとにかく日が暮れるまで体を動かしていた時代だった。テレビも家庭に無く街でも数件あった時代で夕方は相撲放送をみんなで見てワイワイ話していた時代だった。遠い良き昭和の時代。 68才  千葉県  既婚 男性

60代男性

鏡里全盛時代の子供の頃に大相撲の名古屋場所に連れて行ってもらったことがありますが、安い「一般席」からは遠くて結局よく見えなかったです。し、そのころ名物の「氷柱」なんて気やすめのオマジナイにもならず、とにかく暑かったことを覚えています。ま、一回でエエとすべしなのでしょうね。はい。 71才  愛知県  未婚 男性

50代男性

子供の頃、相撲好きの祖母に連れられて、本場所や相撲部屋によく行きました、当時から身体の大きな自分は力士や親方衆に「でかいな、将来はおすもうさんだ」と言われましたが子供心で「裸で恥ずかしいから嫌だ」と余り良いイメージがありませんでした。今は孫を力士にしたい爺です。 54才  神奈川県  未婚 男性

60代男性

小学校の相撲大会。身長順に並んで闘っていって、5人連続で勝てば勝ち抜け。リハーサルではいつも勝ち抜けていたが、本大会で前の並びの一人が番狂わせを起して勝ったために対戦相手が一人ずれて4人抜いた後の5人目に強い相手と当たることに。大好きな女のコの前でみごとに土俵に転がされた。 61才  埼玉県  既婚 男性

40代男性

昔、父親から取引先に自宅に土俵がある社長がいると聞き、驚いたことがあります。その息子さんが武双山関。なので、十両の頃から応援していました。その社長さんが息子より才能があると見込んでいたのが、雅山関。今でも茨城出身の力士は気になる。今は、稀勢の里関、高安関を応援しています。 47才  千葉県  未婚 男性

50代男性

子供の頃、その激しさで対戦が楽しみだったのが、富士桜と麒麟児の戦いです。壮絶なツッパリあいで、ほぼいつも時間前に立っていました。そして、千秋楽は輪島と北の湖の横綱対決。電気店のテレビ売り場の前は人だかりでした。ガッチリ体形の輪島を応援していましたが、北の湖は強かったです。 57才  北海道  未婚 男性

60代男性

子供の頃は学校の運動場の片隅に土俵があり、帰りによく皆で相撲をした。自分は小さい方であったので、大柄の同級生で何度対戦しても勝てない友達がいた。ただ一度だけ思い切り突っ張りとおし、変化したら転がすことができ、皆に褒められた。今でも嬉しい思い出として残っている。 67才  長野県  既婚 男性

60代男性

小学生の頃(昭37位)です。いつも父親はテレビで相撲を見ていました。同じ時間帯に私の見たい番組があり、早く相撲中継が終わらないかなと思っていました。あの頃は相撲なんかやらなければ良いのにと思っていましたが、今の私は、あの頃の父親と同じになり相撲を見ています。 67才  愛知県  既婚 男性

60代女性

子供の頃は、家族全員でテレビで大相撲を見ていました。テレビの前で、大声で応援したことや大鵬の体の美しさを思い出します。この頃は、不祥事や弱い者いじめの相撲界の体質がいやで見る気がしなくなりました。純粋に相撲を楽しんでいた子供の頃が懐かしいです。 71才  東京都  既婚 女性

60代男性

50年くらい前ですが、中学か高校の頃、部屋の見学に行きました。その際、現役力士に体当たりする催しがあり、挑戦。マットに突っ込んでいき当たったような、また内臓が激しく揺さぶり返された感触に驚いたものでした。相手は、微動だにしていませんでした。 68才  東京都  既婚 男性

40代男性

子供の頃、父親が良く大相撲を見ていて、放送時間帯が子供向けアニメの放送時間と被ってたので、子供の頃は面白みはもちろん解らず、相撲を憎くすらありましたがw今となっては相撲の楽しみ方も覚え、相撲をよく見ていた父親の気持ちが分かるようになりましたね 42才  岩手県  未婚 男性

30代男性

地方巡業の会場設営のバイトをしたことがあります。会場設営というのでてっきりイスを並べたり番号札を付ける作業かと思いきや、まさかのやぐらと土俵作り。実際に力士が立つ場所を作るとは思っていなかったので、すごくいい体験になりました。 38才  青森県  未婚 男性

60代男性

ずっと昔の蔵前国技館。一番上の椅子席が500円位だった子供の頃、母と一緒に観た事がありましたが、土俵が遠すぎて、力士がまるで米粒みたいに小さかった(笑)のをハッキリと覚えています。もちろん、誰だかさっぱり判りませんでした。 63才  東京都  既婚 男性

50代男性

興行が催される体育施設で母親が飲食と小売りの商売をしており、その関係で母親はかなり有名力士とお友達だった。その頃、自分はもう子どもではなかったので直接に力士と触れ合うこともなかったが、よく母親からは自慢話を聞かされた。 55才  群馬県  既婚 男性

40代女性

今子供が通っているスポーツ教室では、お友達との相撲での勝負も毎回あり、勝ったり、負けたりしながらも、子供たちは毎回この相撲の勝負を楽しんでやっています。負けて、本気で悔しがって泣いているところもかわいいです。 44才  東京都  既婚 女性

60代男性

子どもの頃、国技館で相撲を観て、間近に見た力士の肌つやに見とれてしまった。肌色と言うよりもオレンジ色でツヤツヤと輝いて見えた。その頃は白黒テレビだったので、テレビで見る印象とは全く違う世界のように感じた。 71才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

今も解説などで活躍中の舞の海さんの現役時代はとても魅力的でした。単に「勝てばいい」というだけでなく、こうした「観戦者を楽しませる力士」の登場による新たな思い出ができることを期待したいですね。 54才  京都府  既婚 男性

60代男性

蔵前に国技館があった頃、もう40年くらい前に升席で相撲観戦しました。高見山などが現役でした。テレビと違い、ライブだと、力士が大きいことにビックリしました。やはり、生で見るに越したことは無かったですね。 65才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

小学生の頃は、よく遊びで土相撲をやっていました。そして、運動系で唯一得意だった私は、強かった。しかし、時とともに野球を筆頭に球技が台頭し、相撲は消えて行ってしまった。大変寂しかった思いが残っています。 66才  東京都  既婚 男性

60代男性

60年ほど前(小学生のころ)村の素人相撲大会のこと。土俵下で出を待っている力士の前を横切って行く子供を諫め、張り手。「前を通るな」。相撲は怖いというのが第一印象。女人禁制を声高に言う女性首長に言われたくない。  71才  埼玉県  既婚 男性

50代男性

なぜか父親と初めてする勝負が相撲か腕相撲と思ってしまうのはやはり日本ならではの文化が根強いと思う。そんな私は相撲では息子が中学生まで威厳を保てたが50m走では幼稚園の年長の時には負けました。 55才  埼玉県  既婚 男性

50代女性

藤島部屋が阿佐ヶ谷にあったころ、その近所に住んでいる友達を車で迎えに行った。部屋の近辺は道が狭く、歩いていた力士が端によってくれたものの、免許取り立てで、横を通り過ぎるのにとても苦労した。 56才  東京都  既婚 女性

60代女性

50年前、私が小学生だった頃は小学校の校庭に土俵があり、毎年相撲大会が行われていました。強い女の子がいて、いつも負けて悔しい思いをしていました。今って土俵のある小学校ってあるんでしょうか。 62才  東京都  未婚 女性

50代男性

相撲が好きだった祖父は、テレビ中継が終わると「銭湯に行くぞ」と、幼い私を誘いにきた。熱い湯船に連れて行かれるのが嫌だったので、一緒に相撲中継を見るのも嫌だったなあ。50数年前の思い出。 57才  京都府  既婚 男性

60代女性

子供のころ夕食前の銭湯に行くと、場所中にはテレビは必ず大相撲中継を流していました。夕日が差し込む浴場の湯気の中で、呼び出しさんの声が心地よく響いて、子供でものんびりまったりしました。 62才  大阪府  未婚 女性

60代男性

護国神社の境内に土俵が常設され、学校の帰り道や遊びで友達と相撲をとり、神社の祭りでの相撲大会に出場することが楽しみであり、ガキ大将を打ち負かすことができることがうれしかった。 66才  静岡県  既婚 男性

40代女性

夕方アニメを見ていると、帰宅した父親が強引に大相撲中継にチャンネルを変えてしまって嫌だった。抗議すると「馬鹿! 今、〇〇〇の取り組みだ!」と怒鳴られて、本当にうんざりした。 41才  茨城県  既婚 女性

50代男性

おバカな中2の事ですが 蔵前国技館の花道で ジェシー高見山のお腹を ぐーで殴ったが メチャクチャ堅くって驚いた 今思えば 大関に大変失礼だったが ウインクされて驚いた 58才  神奈川県  既婚 男性

60代男性

栃若時代の相撲の面白さ、大鵬関の抜群の強さ。千代の富士関の方の弱さを鍛え大横砂に成る姿、が大相撲の思い出。自分の事は、小学生の時神社の相撲大会で優勝した事 77才  兵庫県  既婚 男性

40代女性

お正月に近くの神社に寺尾関が来たことがあり、亡くなる少し前の祖母を連れて見に行った。力士の中でもとてもかっこいい人だった。祖母の思い出と共にいい思い出です。 48才  東京都  未婚 女性

相撲についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 利用しているセキュリティソフト1位はウイルスバスター
  2. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  5. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  6. セキュリテソフト購入先1位は、公式サイト
  7. 90.6%がパソコンにセキュリティソフトを入れていると回答
  8. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  9. 好きなペットボトルのお茶ランキング 1位は「お~いお茶(伊藤園)」
  10. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官