本文へジャンプします。

仕事・ビジネスについてのアンケート・ランキング

本文へジャンプします。


何でも調査団
仕事・キャリア・資格 2012年11月16日

仕事・ビジネスについてのアンケート・ランキング

「有休(年休)は年間何日取っていますか?」「こんな上司は嫌だ!というものを選んでください」など“仕事・ビジネス”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2012年11月2日~11月8日/有効回答数:3,586

調査レポート

レポート01 デスクワーク中心の人が約半数!【仕事の形態・職種調査】

現在の仕事(パート・アルバイトも含みます)の形態・職種を教えてください。
現在は働いていないという方は、一番最後に働いていた仕事について教えてください。(以降の質問も同様です)

グラフ
編集部まとめ

最も多かったのは「デスクワーク中心(一般事務系)」で23%と断トツ。次いで「デスクワーク中心(その他)」で13%、「デスクワーク中心(デザイン、システム系)」で10%とデスクワークの人だけで46%、約半数となりました。

男女で比較すると、「デスクワーク中心(一般事務系)」や「接客・サービス業」「教職員」は女性が男性の約2倍、「デスクワーク中心(デザイン、システム系)」「経営・マネジメント」「工場(生産スタッフ)」「肉体労働」は男性が女性の2倍以上でした。

年代別で見ると、「デスクワーク中心(一般事務系)」や「接客・サービス業」は若い世代ほど高く、「経営・マネジメント」や「外回りの営業」は50代以上が多くなっています。

ちなみに地域別で見てみると、特徴的なのは「接客・サービス業」「工場(生産スタッフ)」で北陸・甲信越が、「今までに一度も働いたことがない」で東北が、「デスクワーク中心(デザイン、システム系)」で関東と九州が飛びぬけていた点でした。

ん? 我々って「デスクワーク」?

調査団編集部:ポンシュク団長

そうです。我々は「デスクワーク(その他)」です。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

団員さんの平均年齢層が現在50代前後くらいなので、「経営・マネジメント」の割合も高いですね。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

レポート02 出社時刻は、始業の「30分前 程度」がトップ!

出社時刻は、始業の何分前ですか?または何分前でしたか? 平均してお答え下さい。

グラフ
編集部まとめ

1位は「30分前 程度」で26%、同率 20票差で「15分前 程度」が2位、3位は「5分前 程度」で10%でした。

ぴったり~5分前に来る人が13%に対し、30分以上前に来る人が52%と皆さん比較的余裕をもって出社されているようです。

男女で比較すると、男性の方が女性より比較的早く出社しているようで、「30分以上前」はすべて男性の方が高く「ぴったり~15分前」は女性の方が高くなっています。

年代別では若い世代の方が「ぴったり~15分前」に来ており、40代以上の方が「30分以上前」に来ているようです。

ちなみに、地域別で見ると、「1時間前程度」で中国・四国が、「30分前程度」で北海道、東北、九州が飛びぬけているのが特徴的でした。

わりとみなさん、余裕もって出社されてますね。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

いまはフレックスのところが多いですが、それにしてもみなさん早めです。ちなみに私は10分前くらいです。

調査団編集部:マリカナ副団長

地域別の北海道、東北、九州の方が特にちょっと早めっていうのはなぜだろう。

調査団編集部:マリカナ副団長

レポート03 仕事場に行って必ずやる事&仕事中のリフレッシュ方法 1位は?

職場、仕事場に行って、必ずやる事は何ですか?または何でしたか?あてはまるものを全て選択してください。
パソコンを立ち上げる、機械の電源を入れるなど次の目的に移るための準備動作は含みません。
また、仕事中のリフレッシュ方法は?あてはまるものを全て選択してください。

グラフ
編集部まとめ

【職場、仕事場に行って、必ずやる事】総計の1位は「メールチェック」で41%、2位は「一日のスケジュールをチェック」で31%、3位は「着替える」で29%でした。

男女で比較すると「メールチェック」「ニュースチェック」「一日のスケジュールをチェック」とまず情報を確認するのは男性、「着替える」「掃除」「お茶を入れる」などまず身の回りを整えるところから始めるのは女性、という傾向が見えました。

レポート01の仕事の形態とクロスさせて見てみると、デスクワーク中心という人は「メールチェック」が、外回りの営業や接客・サービス業、工場(生産スタッフ)などは「着替える」が飛びぬけて高くなっていたのが特徴的でした。

【仕事中のリフレッシュ方法】1位は断トツ「コーヒーを飲む」で59%。2位は「同僚と話す」で28%、3位は「体を動かす、ストレッチ」で24%となりました。

男女で見ると、「コーヒーを飲む」「タバコを吸う」は男性の方が圧倒的に高く、「同僚と話す」「おやつを食べる」は女性の方が圧倒的に高いという結果に。特に「おやつを食べる」は女性が男性の約3倍でした。

うちの会社は服装自由なので、「着替える」っていうのは新鮮ですね。

調査団編集部:ポンシュク団長

職場に行ってすぐ「お茶を入れる」っていうのは、自分の分なのか、みなさんの分なのか、気になるところです。リフレッシュ方法の「おやつを食べる」は納得!

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

職場に行って必ずやる事も、リフレッシュ方法も「タバコ」が意外と多いですね。だいぶ減ったのかなと思っていたのですが、まだまだたくさんの人が吸っているようです。

「調査団員の声」では、皆さんの具体的なリフレッシュ方法をいただきましたのでご紹介します!

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

調査団員の声
50代男性

洗面所で鏡に向かって百面相をする。事務仕事を黙々と続けていると、無表情で顔もこわばっているのでストレッチによい。また落ち込んだ時などは、おかしな顔をすると自分でもバカバカしくなり吹っ切れます。これは本当!ぜひお試し下さい! 50才  北海道  既婚 男性

40代女性

昔、雇用機会均等法ができたころ、女性にお茶汲みをさせるなんて!!って風潮がありましたけど、デスクを少し離れて給湯室へ行ってお茶汲みって、息抜きができるひとときです。周りの人に喜ばれるし、一石二鳥です。 47才  鹿児島県  未婚 女性

50代男性

いわゆる自立訓練法がいい。椅子にやや浅く腰かけ手は膝の上でリラックスする。頭はうなだれて目をつぶって「とても落ち着いている…」と心で唱える。このまま5分間くらい。これ簡単な医療行為だとか。 51才  埼玉県  既婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート04 【仕事の形態・職種別】仕事の満足度調査。最も満足度が高かったのは…

職場・仕事場に対し、満足していますか?または満足していましたか? 総合的に判断し、お答えください。

グラフ
編集部まとめ

総計では、「まぁ満足している」がトップで43%、次いで「どちらとも言えない」が24%、「あまり満足していない」で18%という結果に。

「非常に満足している」「まぁ満足している」と【満足している人】は50%に対し、「あまり満足していない」「全く満足していない」と【満足していない人】は25%と、比較的満足度は高いよう。

年代別に見ると、年代が上がるほど満足度が高く、特に60代以上で「非常に満足している」と答えた人は他の世代の倍以上でした。

レポート01の仕事の形態・職種とクロスすると、「経営・マネジメント」「教職員」「専門職」の満足度が他と比べて圧倒的に高く、「肉体労働」の満足度が低いという結果に。

ところで皆さんは満足してますか? 私は「まぁ満足」でしょうか。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

私も「まぁ満足」でしょうか。慣れてしまったのでなんとも比較しようがないですけども。

調査団編集部:ポンシュク団長

「非常に満足」といえるのはうらやましいね。いや、俺も満足はしているんだけどもさ。そこまで迷いなく言い切れるのはすごいよなあ。

「調査団員の声」では、そう回答した理由について、いろいろコメントいただいたのでご紹介したいと思います。

調査団編集部:ポンシュク団長

調査団員の声
50代男性

【まぁ満足している】現在の給料をもらえる会社は他にない、全て悪いわけでは無いのだから、自分にあっている事、仕事でも楽しい事がある以上は、努めているしかない、で!あれば、少しでも楽しく仕事しようと走る事が大切であり少しでも満足したと言う感情に心を変化させなければ、続きません 52才  東京都  既婚 男性

40代男性

【どちらとも言えない】不満は無いし、経歴から言って収入も高く望める訳もない。ストレスは少ないが、やりがいもない。ある意味自分で望んだ姿なのかもしれないが、面白みはない。先行きは不安だらけだが、豊かな老後を望めるほどの仕事はしていない。 47才  栃木県  既婚 男性

60代女性

【まぁ満足している】私立学校という特別な環境という面もあるかもしれないがほとんど人の移動がなく、ある意味では家族のみたいでした。先輩はよく面倒を見て下さいましたし、居心地はよかったです。たまに異色というか 自立、孤立を好む方はウザイ?と思うのか輪の中に入ろうとせず辞めていく人もいましたが 特に問題もなく食事会やお花見は退職した今も続いてます  64才  宮城県  既婚 女性

調査団員の声をもっと見る

レポート05 ワークライフバランスの比率&有休取得は年間何日か調査

ワークライフバランスの比率は?仕事重視ですか?それともプライベート重視ですか? あてはまるものを選択してください。
また、有休(年休)は年間何日取っていますか?または取っていましたか? バラつきがある場合は、平均してあてはまるものを選択してください。

グラフ
編集部まとめ

【ワークライフバランスの比率】は、「どちらかというと仕事重視 仕事重視率70%」が37%、「どちらも同じくらい仕事もプライベートも半分ずつ 仕事重視率50%」が34%とこの2つが断トツ。

【仕事重視率70%以上の人】は43%に対し、【仕事重視率30%以下の人】21%と、仕事重視の人の方が多いようです。

年代別で見ると、年代が上がるほど仕事重視派が増えており、60代以上では【仕事重視率70%以上の人】が58%と30代以下の約2倍でした。

【年休取得に関して】は「7~10日」が最も高く17%、次いで「4~6日」で16%、「1~3日」で13%となりました。「有休(年休)がない/付与されなかったので答えられない」という人も16%いました。

レポート01の仕事の形態・職種とクロスしてみてみると、「肉体労働」や「接客・サービス業」は「有休(年休)がない/付与されなかったので答えられない」と回答した人の割合が高く、「11日以上」有休を消化している人が多いのは、全ての「デスクワーク中心」の人および「工場(生産スタッフ)」でした。

「満足度」が高い方は「仕事重視」なんですね。そりゃそうか。

調査団編集部:ポンシュク団長

60代以上は仕事一筋の方が多いな。今の日本を作った働き者の世代だからなあ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

にしても「有休ゼロ」の人がけっこう多いなあ…みなさんご自愛を。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート06 【残業は月平均どのくらいか調査】「1~20時間」という人が33%

残業は月平均どのくらい行っていますか?または行っていましたか? 時季、その時所属している部署などにより差がある場合、全体平均でお答えください。

グラフ
編集部まとめ

残業は月に「1~20時間」が断トツトップで33%。次いで「21~40時間」で17%、「0時間」で13%となりました。

男女で比較すると、「20時間以下」という人は女性が58%に対し男性が43%、「40時間以上」という人は女性が7%に対し、男性が14%と男性の方が残業をしているようです。

レポート01の仕事の形態・職種とクロスして見てみると、「40時間以上」残業している人が多いのは「デスクワーク中心(デザイン、システム系)」と「経営・マネジメント」、逆に少なかったのは「デスクワーク中心(一般事務系)」と「接客・サービス業」でした。

残業が少ない職業でも「残業の概念がない」だけで、実際は長く働いていらっしゃる方が多いですよね。

調査団編集部:ポンシュク団長

みんなよく働いているなあ。俺は自分が恥ずかしくなってきたよ。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

もっと他に反省すべきところもあるような気がしますが。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート07 仕事を続けていく上で重要だと思うことランキング

仕事を続けていく上で重要だと思うことは何ですか?複数ある場合は、特に重視する点を【3つまで】選択してください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「自分の適性にあった仕事であること」で45%、2位は「賃金(給料・ボーナス)が良いこと」で39%、3位は「やりがいのある仕事であること」で37%でした。

男女で見てみると、男性の方が高いのは「賃金(給料・ボーナス)が良いこと」「やりがいのある仕事であること」「自分のやりたい仕事ができること」と仕事の内容に関わるもの、一方で女性の方が高いのは「社内の雰囲気がよいこと」「よい同僚、仲間がいること」「交通の便がよいこと」など周囲の環境に関わるものでした。

レポート01の仕事の形態・職種別で見ると、「経営・マネジメント」の人が他と比べて飛びぬけて高いのは「やりがいのある仕事であること」と「自分のやりたい仕事ができること」「将来性がある仕事であること」の3点。「将来性がある」を除き、「教職員」も同じポイントが抜きん出ていました。

また、「デスクワーク中心」の人が飛びぬけて高かったのは「やりがいのある仕事であること」、「デスクワーク中心(一般事務系)」と「内勤の営業」は「社内の雰囲気がよいこと」の項目が非常に高くなっていたのも特徴的でした。

「やりがいのある仕事」は「経営・マネジメント」と「教職員」の方が飛びぬけてますね。興味深いです。

調査団編集部:ポンシュク団長

俺も先生には憧れたもんなあ。『熱中時代』の水谷豊のように俺はなるはずだった。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

やっぱり会社は「雰囲気」とか「人」とか大事ですよねえ。もちろんお金も大事なんですけど。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート08 現状の自分に不足していて今後特に欲しい能力 1位は「体力」

現状の自分に不足していて、今後特に欲しいと思う、働く上で必要な能力はありますか?あてはまるものを全て選択してください。

グラフ
編集部まとめ

1位は「体力」で39%、2位は「専門性の高い知識」で31%、3位は「円滑にコミュニケーションがとれる力」で29%でした。

年代別で見ると、「体力」は全年代満遍なく高くなっており、「専門性の高い知識」「円滑にコミュニケーションがとれる力」は若い世代、特に30代以下で突出して高くなっています。

さすが年の功で、ほぼ全ての項目において50代、60代以上が低くなっており、「特になし」も60代以上では10%を超えていました。

男女で比較すると、女性の方が特に高いのは「体力」、男性の方が特に高いのは「幅広い人脈をもっていること」でした。

「体力」欲しいよなあ…体力さえあれば、もっと遊んで、もっと仕事して、もっと遊んで…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

えー。私は「知識」だなあ。がんばってるんですがっ!

調査団編集部:マリカナ副団長

君はまだ若いからなあ。俺も「体力」ですね。他のことは努力をすることは出来るけれども、体力は鍛えたところでつくとは限らないもんなあ。

「調査団員の声」では、理想の社会人像について語っていただきましたのでご紹介します。

調査団編集部:マリカナ副団長

調査団員の声
50代男性

自分の葬儀の時、本当に悲しんでくれる人がたくさんいる人柄がよい。 59才  岐阜県  既婚 男性

60代女性

職種、職場は違っても「この場に自分は必要なんだ」という自覚が大切。そのためには何が出来ればよいか、何が必要か、と自分の存在価値を自身で開拓していく姿勢が理想的。初めから居心地良く、やりがいのある仕事が待っている職場はありません。居心地良く、仕事をやりがいのあるものにしていくのは自分です。全体の環境を把握して、周囲にも目配り、気配り、その上で自分の仕事の熟達に努力、責任を持つ。自分への信頼を得て、初めて職場は居心地良く、働き甲斐のある場になるのでは。 75才  東京都  既婚 女性

30代男性

表向きなんてことない普通の人にみえて、仕事となるとどんな方法でもプロジェクト全体の向上のほか関係者全体の成績向上。プロジェクト完了後去る際に何事も問題を残さず去っていきもとの普通の人に戻る。 35才  千葉県  未婚 男性

調査団員の声をもっと見る

レポート09 【こんな部下は嫌だ!ランキング】1位は「責任感がない」

以下の中から、こんな部下は嫌だ!というものを選んでください。複数ある場合は【最大3つまで】として特に嫌なものを選んでください。

グラフ
編集部まとめ

総計で見ると、1位は「責任感がない」で35%、2位は「言い訳ばかりする」で34%、3位は「やる気がない、楽しそうじゃない」で30%とココまで全て30%超え。

年代別、特に「50代以下」と「60代以上」で比較すると、「50代以下」では「遅刻・欠勤が多い」が3位ですが、「60代以上」では5位、逆に「指示をしないと動けない」は「60代以上」では4位ですが、「50代以下」では7位と世代間によるギャップを感じます。

ちなみに男女で比較すると、男性の方が高いのは「責任感がない」「向上心がない」など仕事に関するものなのに対し、女性の方が高いのは「遅刻・欠勤が多い」「あいさつをしない」などマナー・常識に関するもの、という点が特徴的でした。

まあ、ここは誰もが思うところでしょうか。部下の方もそれはわかっているんでしょうけれども。

調査団編集部:ナベカヅ情報分析官

「遅刻・欠勤」は基本中の基本だな。だけど他の部分は主観もあるからなあ。なんともいえない。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

私もよく若いころは「楽しそうじゃない」と言われてましたねえ。別にそんなこともないんだけども、人から見たらそう見える、ってのはありますよね。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

レポート10 【こんな上司は嫌だ!ランキング】1位は「失敗を部下のせいにする」

以下の中から、こんな上司は嫌だ!というものを選んでください。複数ある場合は【最大3つまで】として特に嫌なものを選んでください。

グラフ
編集部まとめ

総計の1位は「失敗を部下のせいにする」で40%、2位は「無責任・頼りがいがない」で29%、同率 7票差で3位は「不公平・人によって態度を変える」でした。

レポート09に引き続き「50代以下」と「60代以上」で比較すると、「部下の手柄を横取りする」は「60代以上」では4位ですが「50代以下」では9位、「優柔不断」は「60代以上」では7位ですが「50代以下」ではランク外となっており、ココでも世代間の考えの違いが出ていました。

また、男女で比較すると、男性の方が高いのは「部下の手柄を横取りする」「優柔不断」と仕事に関するものなのに対し、女性の方が高いのは「パワハラまがいの行為をする」「不公平・人によって態度を変える」とコミュニケーション部分のもの、という結果となりました。

ヨシダさん、「話が長い」が全体の13%占めてますよ。

調査団編集部:ヨーダ心理分析官

って俺かよ! がんばってるんだよ俺だって…俺だって…。

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

ヨシダさんはいい管理職ですよ!(たぶん)

調査団編集部:ヨシダ主任分析官

調査レポート



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官