【花粉症、苦しさレベル調査】苦しさ80%以上の人は約1割

本文へジャンプします。


何でも調査団
健康・病気・医療 2014年4月25日

花粉症についてのアンケート・ランキング

「花粉症がひどいのはいつですか?」「花粉症対策にしていることは?」など“花粉症”に関することをアンケート調査しました。
アンケート実施日時:2014年4月11日~2014年4月17日/有効回答数:4,784



レポート02 【花粉症、苦しさレベル調査】苦しさ80%以上の人は約1割

花粉症の苦しさレベル、どのくらいですか?
※季節によって異なる、という人は1番ひどい時でお答えください。

グラフ
編集部まとめ

「花粉症じゃない」人を除いて見ると、最も多かったのは「苦しさ30%程度:たまにつらいが生活に支障はあまりない」で43%、次いで「苦しさ60%程度:苦しいがなんとか生活できる」で31%。「苦しさ80%以上:生活に支障をきたすレベルでひどい」と答えたのは9%と約1割でした。

■30代以下の、約半数の人がつらい症状に苦しんでいる
年代別で見ると、「苦しさ60%以上」の人は30代以下で49%に対し、60代以上では31%と、若い世代の方が苦しさレベルが高い人の割合が高いようです。

私は迷わず「80%以上」です! 薬を飲まないともう呼吸困難で生きていけません…でもこのグラフを見ると、お仲間は少ないみたい…ですね…(´;ω;`)

「調査団員の声」では、花粉症でつらかったエピソードについてお聞きしました。
調査団編集部:マリカナ団長

調査団員の声
40代男性

とにかく目が痒く、くしゃみ&鼻水が止まりません。何だか熱っぽい感じもして、まるで風邪をひいたような感じです。最近は少し回復?していますが、仕事でお客様と打ち合わせの際、気がつくと「スーーー」っと鼻水が垂れています(泣)。サラサラの鼻水なので、本当に気がつかないんです。最悪です。。。 49才  奈良県  既婚 男性

あぁっサラサラの鼻水の厄介さ…! わかります! アイツ、気づかぬうちにスーーーっと垂れてくるんですよね(≧ヘ≦)キィィ腹立たしい!調査団編集部:カワンヌ副団長

40代女性

アレルギー性外耳道炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉喘息の4つの病名をいただいております。これだけあると小手先の対応では間に合わず戦隊ヒーローのような装備で外出せねばならず、それでも完全に防備することもできず、予防グッズと対策グッズで大荷物です。外出を要する用事はできる限り他の季節に回す、それができない場合は「恥ずかしい」という感情を捨て去る、という精神修養の場となります。 44才  東京都  既婚 女性

4つの病名 ( ;□;) それはおつらい…。私もかなりつらいので、少しでも楽になるなら何でもやる!くらいの気持ちで毎日挑んでます(つω;`) お互いがんばりましょう!調査団編集部:マリカナ団長

年代性別不明

目がかゆい。鼻がつまる。頭が痛い。すべてに不調です。気分も落ち込みます。くしゃみを辛抱しないといけない時は大変です。みなさんも想像していただけると思います。大きくくしゃみせず、小さくくしゃみする。コツがいります。ハンカチで口と鼻のあたりを押さえ、咳払いをする感じでやるんですが失敗するときもあります。そして、くしゃみが止まらなくなるのです。その場を離れ、思う存分くしゃみして鼻をかんで目を赤く腫らして、ため息をついて。もう慣れました、花粉症。私の場合、四月の中旬で治まります。

くしゃみって結構コツいりますよね? 「くしゅんっ」くらいが理想なんですが、「ブワァァァクショーーン!!!」みたいなのがうっかり出ちゃったときはもう逃げ出したくなります(TωT)調査団編集部:カワンヌ副団長

年代性別不明

花粉症という言葉がなかった時代から花粉症で悩まされてきました。中学生時代からです。今では睡眠時間も花粉症で息苦しく寝不足の上の寝不足です。薬も効きません。マスクも効きません。とにかくクシャミというより鼻が酷く出て、カピカピのがばがば。ヒリヒリのごそごそです。頭痛と熱も出ます。もちろん鼻の粘膜がやられて出血もあります。エピソードなんて500文字じゃ収まりません!

40代男性

当方、スギ花粉症のシーズンになると、、、①目がかゆい!涙目!充血!寝起きは目やに!②くしゃみが出だすと連発になる!勢いがひどいと腰にくる!③勝手に水っ洟が垂れてくる!鼻栓ティッシュ&マスクで武装!。。という状況になる日もあれば、天気予報で「花粉が非常に多い」日なんかでも平穏無事なこともあります。そんな気まぐれな花粉症持ちですが、酷い日はやっぱりツラい!激しいくしゃみで、鼻水とともに鼻栓ティッシュがポ~~ンと一日に何度も吹き飛んでいくのは、いろんな意味で困ります(笑) 45才  埼玉県  既婚 男性

60代男性

20年程前はひどくて、夜寝るときにはまくら元に洗面器に水を張りタオルを水に浸して鼻と口を覆うのを繰り返しておりました。また、鼻の奥の痛みと痒みではいっそ痛みだけにしようと割り箸を突っ込んでかき回そうと真剣に思いました(実際はしませんが)。 66才  神奈川県  未婚 男性

40代男性

花粉症歴ほぼ半世紀の私の追憶。子供の頃の春は辛い思い出が多い。春になると、私はくしゃみと鼻水と目ヤニ、そしてダルさでボーっとしていた。原因が特定できないのだろう「ただの鼻炎」「ただの目の炎症」と医者は私に言った。怠け者に映ったのだろう「ボサーっとするな」と先生や友人は私に言った…月日は流れ「花粉症」という春特有のアレルギー症状が報道によって広く認知されるようになった。私は社会人になったが、春は相変わらずボーっとしてしまう。しかし今は花粉症の薬をもらい「大変だね」と同僚や友人は言う。知ることの大切さ。知らないことの怖さ。花粉症ごときで…と思うかもしれないが、春はその事を強く思うのである。 48才  東京都  既婚 男性

60代女性

今年は軽いと思っていたが4月に入ってから急に鼻づまり、のどが痛い…という状態になり飲み薬が欠かせない。そのため今度は口の中がカラカラになり水分なしでは話もできない。マイポットなしでは苦しいです。中身がなくなると自販機に走ります。 66才  東京都  未婚 女性

50代女性

顔から体全体が痒くなり、特にまぶたはお岩さん状態になります。ひどい状態でも仕事のシフトのため頑張って出勤したのに、上司からよくその状態で仕事に来たなあと呆れられ、そんな状態なら休んでいいよと始めて優しい言葉をかけてもらいました。 51才  和歌山県  既婚 女性

50代女性

鼻は詰まりっぱなし。口でしか呼吸できない。鼻水流れっぱなし。自転車に乗っていたり、鼻もかめないほどのラッシュの電車に乗っているときに、マスクの底にあふれるほどたまることも。花粉の飛散の多い日には身体がだるく、頭は重く、時々心臓がバクバクしてきて、呼吸困難になりそうなほど苦しくなることも。目は真っ赤で猛烈にかゆくドロドロの涙が絶え間なく溢れ、目を取り出して水をかけて洗い流したくなる。体中あちこちかゆくなる。 57才  神奈川県  未婚 女性

50代女性

花粉症が始まったころは、とにかく目がかゆくてかゆくて、外を歩く時には目を押さえていました。泣きながら歩いているように見えたと思います。ほかにもそうやって歩いている人がいて、「ああ、あの人も花粉症か…。」と。また、頻繁に鼻をかむためのティッシュがもったいなくて、トレペで代用していたら、鼻のあたりの皮膚がカサカサに。 57才  東京都  既婚 女性

50代男性

何と言っても寝る時!鼻が詰まっていて鼻で呼吸ができないので、寝てる間は口を開けて呼吸をしているわけです。だから目を覚ました時、口の中がカラッカラ!!本当にカラッカラなんです。水を一杯飲んでも戻らない位カラッカラになります。それが毎日続きます! 55才  新潟県  未婚 男性

40代女性

元々花粉症とは別の鼻炎持ちで、くしゃみ鼻水が止まらず授業を受けられないので、中学生くらいから学校を休むこともありました。その後二十代後半から花粉症にもなり、とにかく鼻の症状がひどいです。鼻水もタラタラと言うレベルでなく、栓でもしていないと外出できない。くしゃみで体力を消耗して疲れるし、鼻炎薬を飲んでいても鼻が辛くて睡眠不足になります。今年はそれに加え喉もおかしくて、咳や痰が出て辛いです。 44才  東京都  未婚 女性

50代男性

ひょっとすると花粉症なのかもしれませんが、去年あたりから、春先は頭が重く、鼻水(水っ洟)が増えて、ティッシュペーパーが友達です。あ?のども今年は痛いな。 53才  鹿児島県  既婚 男性

40代男性

夜まともに寝られない。ので昼間でも眠い。とにかく一日中眠い。薬を飲んだら飲んだで抗ヒスタミン剤は眠くなるのが多く、とにかく一日中眠い。最近は眠くならない薬も出てきたようだが、口が渇くとか鼻の奥がカサカサした感じになるとか、どこかしら体調に影響が出るので出来れば飲みたくない。 48才  岡山県  未婚 男性

50代男性

今は薬を飲んでいるのでさほどではないが、ひどい時には①目がめちゃくちゃ痒くなるし、ごろごろ異物感が拭えなかった②鼻水は出放題でいくらティッシュでかむ、というより流れ出る鼻水を受け止める状態だった③時おりのくしゃみは場所と時を構わずで、大講堂での社長訓示なんかの時やセミナー・講演会の時でも勝手に出てしまった 57才  千葉県  既婚 男性

40代女性

ある年を境に春先に頭痛に悩むようになって、同僚に相談したら「花粉症ではないか」とのこと。病院に行き、花粉症と診断されました。生活に困るほどではないけれど、何かひどい病気ではないかと悩んでいたことがつらかった。分かった今では気持ちが楽です。 40才  長野県  未婚 女性

60代男性

花粉症じゃないと思いたいが、外に出た後は鼻がぐずつき、しばらくすると治る。軽度の花粉症かも知れない。しかし家の周りは杉の木だらけ。我が家だけで十数本もある。重症になったら大変だ!でも近所に花粉症の人は皆無。やっぱ大丈夫だろう。 63才  鹿児島県  未婚 男性

40代女性

5~6年前までは、化粧もできず、夜も鼻づまりで眠れずでしたが、現在ほぼ気にならないくらいの症状です。時々鼻がムズムズしてくしゃみが出る程度。花粉症って改善できるんだと思いました。 47才  神奈川県  既婚 女性

50代女性

一番辛かった時、鼻水が湯水のように出てくていた。かんでもかんでも本当に水のようなのがエンドレスで勝手に出て、下を向けない。ティッシュの箱をかかえていないといけない。くしゃみもしょっちゅう出てくる。目頭が痒くてたまらない。アトピー性皮膚炎が発症して顔が痒いし、化粧してもかくせない。 50才  広島県  既婚 女性

40代男性

名古屋に住んでいたときに、出張で東京に行くことがあってその際に窓を開けて寝ていたら花粉が大量にやってきたのか大量の鼻水が!24時近くだったのですが泊まっていた池袋から歌舞伎町まで電車で行って薬局で薬を買ったことがあります。池袋も薬局があったのかもしれないけれど、東京勤務時代によく行っていて土地勘のある歌舞伎町まで行かなければならず大変に困りました。花粉が大量でなければ……(その日の名古屋では花粉がたいしたことなかったのになぁという歯がゆさもありました)。 49才  新潟県  未婚 男性

40代女性

まだ花粉症が一般に知られていなかった頃、マスク姿を気味悪がられた悲しい経験があります。確かに、お風呂以外はずっとマスクしてましたから。食事も人を避けるようにして(ガサガサのはなを見られるのが嫌だった)短時間で済ませてましたしね。他人から見たら「変な人」だったのでしょう。 48才  静岡県  既婚 女性

40代女性

今は病院で処方してもらっている薬を飲んでいるので、一番ひどい症状は分かりません。かつては、鼻水もひどいのですが、とにかく目がかゆいくて痛い。時には頭痛もひどく、一日中頭痛でガンガン頭が響いてて仕事はもちろん、遊ぶのも辛いので、やはり頭痛薬を飲んでました。今でも、花粉がひどい日は頭痛や目がかゆくて痛い時もありますが、一番問題になる鼻水やくしゃみはほとんどありません。 40才  神奈川県  未婚 女性

60代男性

何歳くらいだったのか覚えていませんが気が付いたら花粉症症候群の仲間入りしていました。50歳代のある年は特に辛かったのを覚えています。仕事柄外出することが多くそんなある日、某医科大学付属病院の検査室(患者さんから採取した血液など検体を調べる部屋)へ訪問した時作業中に目はショボショボ、鼻は左右とも詰り半ば口呼吸になり、おまけに鼻水がたれてポケットティッシュで拭いながらの状態で「今の時期は大変ですね、辛いでしょう」と言ってくださいましたがお客様の前でこのようなことに遭遇するのは恥ずかしいやら情けないやら何とも複雑な思いでした。 63才  東京都  既婚 男性

60代女性

花粉歴 もう35年目 初期は死んだ方がましと思ったが 今は我慢できる範囲 過去の例で言えば 白目が痒みで ぶよぶよになるほど掻いてしまう 鼻が完全にふさがり 点鼻薬は流れ出る 耳がツーンと塞がって水さえ飲むのが苦しい ティッシュボックスをぶら下げて歩く 口呼吸なので喉が赤くなり口は熱っぽく乾く身体に合う薬を見つけるまでが大変でした 強いと このまま心臓が止まるのかと思うほど 身体中が冷たくなってしまうし弱いと何の役にも立たない 当時はマスク・サングラス・帽子で怪しいスタイルでした 64才  東京都  既婚 女性

60代女性

40年程前、まだ花粉症と言う言葉がなかったときから、春になるとアレルギー性鼻炎と診断され1ヶ月ほど続いていました。その後だんだんひどくなり鼻水は流れっぱなし、目の周りはしわしわ、頭がボーっとして寝込んでしまうほどでしたが、その後、私にあう薬にめぐり合い、かなり楽になりました。45歳を過ぎたころから、反応が鈍くなったのか、だんだん楽になり、今は薬を飲まなくでも大丈夫です。 67才  千葉県  既婚 女性

40代男性

夜寝ている間に薬が切れて呼吸が苦して目が覚めたり、日中、会議の折に薬が切れて、鼻水が止まらなくなる。ティッシュが手放せないのはもちろんだが、100円均一のものだと鼻近辺が擦り切れて痛いので、高価なティシュを使わざるを得ず、小遣いが苦しくなる。 49才  岡山県  既婚 男性

年代性別不明

とりあえず鼻が詰まって鼻呼吸できず、飲食のとき呼吸できずしんどい。目もかゆくてかゆくてこするせいもあるけど、目の周りも炎症で赤くてまるで泣き腫らした目のようで困った。自分ではないが、たぶん近隣の住民の方。普通のめがねの上に水中眼鏡(海女さんがするような一眼の大きいやつ)をして帽子、マスクと肌が出ている部分がない。目の症状も鼻の症状もひどいんだろうな。一瞬ぎょっとしたけど、よほど酷い花粉症なんだろうなぁ。気持ちは分かると思ったのでした。あと…粘膜という粘膜がかゆくなる。鼻・目はもちろん、耳も。で、ちょっと言いにくいけど…ショーツに花粉が付いていたら…油断して外干しの下着を付けた日にかぎってオシモが痒くなることが(恥)でも友達もそうだっていってたから、意外な盲点なのかな?

50代女性

薬を飲めば症状は治まるので、それほど辛くなりませんが、ピーク時はかなり苦しいです。目が充血してかゆくなるので花粉症用の目薬は手放せません。また、皮膚全体が軽く炎症を起こしているらしく肌荒れがひどくなってファンデーションが使えません。 50才  鹿児島県  既婚 女性

60代男性

洟がでるのではなく、壊れた水道の蛇口から水が滴るような感じで止めどなく、まともに洟をかんでいると、鼻の付け根が割れてくる状態になります。目は目頭が痛がゆく瞼をこすってばかりで、そのうち、瞼が腫れてきます。一番ひどいときは目やにが出始め、朝起きるとき目やにが接着剤のように瞼をくっつけてしまいます。指で量瞼を拡げて視界を保ち、水で瞼の目やにを溶かす有様です。もちろん、目全体が自分の目ではないような腫れ目となり、まともに、相手の目を見ることが辛くなります。 66才  新潟県  既婚 男性

50代女性

「花粉症」が一般的に知られる前から花粉症でした。鼻風邪が長引くなぁと思っていましたが、あれが花粉症だったんですよね。35年くらい前の話です。当時、電車に乗って通勤していたのですが、電車の中でくしゃみが止まらず、くしゃみをすると鼻水が出て、鼻をかむと、またくしゃみが出るの繰り返し。ティッシュがいくらあっても足りませんでした。若い女の子がみっともなかったですねぇ。当時は、微熱が出て体調が悪くなるほどひどかったです。ところが、今は年のせいで、すごく楽になりました。 58才  東京都  未婚 女性

60代男性

特に酷いのは目です!毎日ショボショボして霞んで見えます。ティッシュで拭き取ると数十秒は大丈夫ですが、すぐにまたウルウルして霞んでしまいます。鬱陶しくて邪魔臭くてイライラします。既にこの状態が30年続いています。なんとかして???!! 61才  愛知県  既婚 男性

50代男性

大学の1年まではとてもひどい花粉症だった。桜が満開の場所や山の近くに行く際、その頃はティッシュがあること自体知らなかったので、いつもハンドタオルか洋服の裾で鼻をぬぐっていた。 56才  鳥取県  既婚 男性

60代女性

鼻水、くしゃみ、鼻づまりティッシュは、あっという間になくなります。ゴミ箱もすぐにティッシュでいっぱいになります。目もかゆく極力我慢していますが辛いです。食事の支度をする時は鼻にティッシュを丸めて入れていますそうしないと鼻水がズルズルと(T_T) 60才  東京都  既婚 女性

40代男性

鼻が詰まって息ができないので口で呼吸するが、寝ているときは口の中が完全に乾く。常に目がうるうるしているので、意外と女の子にモテたりする。目のかゆさは尋常ではない。まぶたの裏側を歯ブラシでこすりたいぐらいカユイ書き出したらきり無い。。。 49才  茨城県  既婚 男性

30代女性

生活に支障がでないときはまったくケロッとしたものだが、ひとたび発症すると目はかゆいし鼻もぐずぐずになるし咳まで出る始末。(日によって発症したりしなかったりなのでタチが悪い)咳のし過ぎで毛細血管が切れたのか、咳をするたびに血の味がした時には「私、死ぬかも」と思った。 24才  神奈川県  既婚 女性

60代女性

その年によって症状の程度が違います。ひどい時は『目のふちが痒くてたまりません。目を取り出してから ふちを歯ブラシで思いっきり擦りたいです』『鼻水が絶えず続きます。吸入の薬を吸っても大して効果なし。』『くしゃみが出始めると、連続してなのでこまる。』自宅でなら何とかなりますが、外出時は マスクしてるので 鼻をかむのも大変。風邪が流行っている時など 他人の目が 風邪ひきの人かと嫌な目で見られるのが すごくつらいです。 71才  埼玉県  既婚 女性

40代男性

1-2月から薬を飲み始め、症状が出ないように抑え込むのですが、それでもピーク時には止まらないクシャミと壊れた蛇口の如く流れ続ける鼻水で全く集中力がキープできず、単なる迷惑親父となってしまう日が2-3日あります。そして、多分鼻や喉の粘膜が弱るせいだと思うのですが、その後必ず風邪をひいてしまうのが春の定例行事です。 48才  東京都  既婚 男性

花粉症についてのアンケート・ランキング
ページTOPに戻る



何でも調査団とは?
ニフティをご利用いただいている、
みなさまのことをもっと知りたい!

健康、恋愛、生活、マネー、ビジネスなど、「みなさまが日々暮らす中で、どんなことを思っているのか?」という声を届けていただく場所が「@nifty何でも調査団」です。
「調査団員(アンケート対象者)」の方から興味のある調査テーマを募集して、そのアンケート調査結果を「何でも調査団」が毎週分析、レポートしていきます。 ※@nifty会員なら誰でも無料で調査団員になることができます。

あなたの声が反映されるチャンス!
気になる調査テーマをみなさまから大募集!
調査団員のコメントは、サイトに掲載されるチャンスも!

みなさまから日頃の気になる調査テーマを募集して、編集部が調査を実施します。
アンケート内のコメントは、編集部が厳選の上、調査団員の方のものを対象に掲載させていただきます。
あなたの声をたくさんの人に届けるチャンスです!

newsお知らせ・メディア掲載実績
contactデータ利用についての
お問い合わせ
人気レポートランキング
  1. 入院したときにあると便利だと思ったものランキング1位は娯楽品
  2. アメリカで連想するものトップ3は「星条旗・国歌」「野球」「ハリウッド映画」
  3. ハンバーガーチェーンの人気ランキング 1位はモスバーガー
  4. 好きなおでんの具ランキング 1位 大根、2位 たまご、3位 こんにゃく
  5. 焼き魚の人気ランキング 1位 サンマ、2位 鮭、3位 サバ
  6. 【男女別】靴のサイズ 最も多かったのは男性「25.5cm」女性「23.5cm」
  7. 果物の難読漢字 読めない人が多いのは、甘蕉、葡萄柚、鳳梨、甜瓜
  8. 高級ファッションブランドの人気ランキング、1位 バーバリー
  9. 人気の袋麺、サッポロ一番みそ、塩がワンツートップ
  10. 好きな出前メニューはやはり鉄板の1位ピザ、2位寿司・海鮮丼

編集部員ご紹介

マリカナ団長 穏やかだけど怒ると怖い。しっかり者に見えて意外と抜けているところも…。
カワンヌ副団長 とにかく元気いっぱい!流行に敏感でミーハー、美少年好きのイマドキ女子。
OB&OG
ポンシュク元団長
ヨシダ元主任分析官 ナベカヅ元情報分析官 ヨーダ元心理分析官